【漢方体験Q&A】32歳 うつ、自律神経失調の妊活事情【体験談】

うつの治療は、薬を飲む治療が主流のようです。
赤ちゃんへの影響や自分の心の状態を考えて、思い悩む方が多いのではないのでしょうか。

今回は、うつ、自律神経失調症からの妊活体験談をお伝えします。

Q:相談内容

3年前に第一子を出産しました。

その後、精神的に落ち込んだり不眠状態が続いたので、心療内科にかかったところ「軽度うつ」という診断を受けました。

服薬治療を行い、少しずつうつ状態はよくなってきており、抗うつ剤は半年ほど前にやめている状態です。

しかし、ときおり強い不安感に襲われたり、電車の中で動悸などのパニック症状を感じることがあります。
夜の睡眠も、あまりよいとはいえません。

もうひとり子どもがほしいという思いがありますが、このような状態の私が新しい命を授かりたいと考えてもよいのでしょうか?
「子どもを欲しい」という前向きな気持ちはあるのですが、なによりも不安です。

A:タクヤ先生の回答


いろいろと思い悩むことが多いのは、子宝をご希望される方の特徴です。

とくに「うつだから」ということではなく、多くの方がそれぞれ悩んでいるようなので、悩んでいること自体を、不安に感じなくても大丈夫です。

精神的な不眠が続くのは、漢方でいうと「気血(きけつ)」の不足が原因になっています。

この方は、抗うつ剤などの服用はやめている状態なので、まずはこの消耗し、失ってしまった「気血」を補う漢方薬を用います。
そのうえで、日々の考え方や、生活リズムなどについて、詳しく指導いたしました。

【体験談】生活習慣を含む毎日の過ごし方の指導と漢方薬で元気な男の子を出産!


漢方相談のときに、気血を補う漢方薬を使うだけでなく、生活リズムの調整法、効果的な食べ物や、運動法などの指導をうけました。

その結果、睡眠の質が向上し、先生からも「最初は青白くなっておられたお顔にも赤みが戻り、言葉もハキハキと元気になられましたね」と言われました。

漢方をはじめて3ヶ月ほどたって、自分自身にもそれを実感できてきた頃に「自然妊娠に励んでみよう」という気落ちが芽生えました。

「あまり計画的すぎないように」といわれていたので、タイミングを図りつつも無理のないよう夫婦生活を行いました。

漢方を飲み始めてから6ヶ月目に、妊娠検査薬で陽性反応がでました。
その後は大きなトラブルも無く、元気な男の子を出産できました。

うつで辛かった毎日を思うと、大きく改善され、自信もできました。
何よりも、待望の赤ちゃんを抱くことができて、とてもうれしく思っています。
抗うつ剤が赤ちゃんに与える影響を考えて、すべてが真っ暗だったわたしが妊娠に踏み込めたのは、漢方と生活改善があったからだと思います。

今、うつで苦しんでいて妊娠を望んでいる方は、勝手に抗うつ剤を止めるのはお勧めしませんが、少しずつ先生と相談をしながら抗うつ剤を漢方に切り替えるなどで、妊娠できるように調整するといいかもしれません。

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー