妊娠中の便秘で悩んだら「オリゴ糖」がおすすめのワケ!効果やおすすめ商品は?

ひどい便秘に悩んでいる妊婦さんはたくさんいます。

改善したいけれど、赤ちゃんのことを考えて副作用が出やすい便秘薬や下剤を使いたくない妊婦さんも多いのではないでしょうか。

そこで、便秘解消によいとされるオリゴ糖が注目されています。

この記事では、オリゴ糖が妊婦さんにおすすめの理由や効果、おすすめの商品、効果的に摂取できる方法を紹介していきます。

≫妊婦さんにおすすめしたい、おいしく続けられる高品質なオリゴ糖って?

オリゴ糖が妊婦さんにおすすめな理由


オリゴ糖は「糖分」のひとつです。

オリゴ糖は、妊婦さんの身体に溜まった老廃物を、便と一緒に外に出し腸内環境を整えます。

市販の便秘薬と違い副作用のリスクもないので、妊娠中の便秘対策として注目している人が増えています。

オリゴ糖には、どんな働きがあるの?

オリゴ糖のもっとも注目するべき働きは、整腸作用です。

大腸内には、善玉菌、悪玉菌、中間菌(日和見菌)がいることで知られていますが、悪玉菌が増えると腸内環境が悪くなり、便秘や下痢という症状が現れやすくなります。

オリゴ糖は、善玉菌のエサになることで腸内の善玉菌を増やします

増えた善玉菌は、酸を出し腸内を酸性にし善玉菌が活動しやすい環境を整え、悪玉菌の増殖を防ぎます。
また善玉菌が出した酸は、腸内を刺激し、排便活動をうながすのです。

この働きが、便秘解消につながります。

妊婦の便秘解消にオススメなオリゴ糖ってなに?


オリゴ糖には、大きく分けるとふたつに分かれます。
消化性オリゴ糖」と「難消化性オリゴ糖」です。

消化性オリゴ糖は、腸に届く前に体内酵素で分解され、栄養として身体に取り込まれるので、便秘解消に直接的に働きかけないようです。

難消化性オリゴ糖は、消化されずに腸まで届き善玉菌のエサになるので、便秘の解消を期待できます。

難消化性オリゴ糖のなかでも、妊婦さんの便利解消にオススメされるオリゴ糖は、6種類あるので紹介します。

便秘解消によい難消化性オリゴ糖

  • ガラクトオリゴ糖
  • ビートオリゴ糖(ラフィノース)
  • フラクトオリゴ糖
  • 大豆オリゴ糖
  • 乳果オリゴ糖
  • キシロオリゴ糖

妊婦の便秘解消によいオリゴ糖を選ぶポイントはなに?


オリゴ糖がよさそう!使ってみたい!と思った方、実はオリゴ糖はたくさんの商品が出回っています。

赤ちゃんのためにもできるまで質の良いものを探したい…そんなママのために、オリゴ糖の選び方を以下にまとめました。

1.血糖値をおさえるもの

妊婦さんはホルモンの影響で血糖値が上がりやすくなっています。

オリゴ糖のなかには、ラフィノースという血糖値を調整するのにもっとも適したオリゴ糖があります。

ラフィノースは、一般的な糖質とは違い胃や小腸で消化吸収されにくいため、血糖値への影響がほとんどないようです。

オリゴ糖選びの際は、原材料にラフィノースが配合されているかチェックしてみましょう。

2.無添加

オリゴ糖の商品のなかには、酸化防止剤や香料、人工甘味料などの添加物が含まれている商品もあります。

日本で使用されている添加物は厳しい基準をクリアしたものなので、人体への影響はほとんどないとされています。

とはいえ、添加物によっては発がん性が指摘されていたり、健康被害が考えられているものもあります。

妊婦さんの健康、胎児への影響を考えると、なるべく無添加のオリゴ糖を選ぶのがおすすめです。

3.液体タイプと粉末タイプ

オリゴ糖の商品には、液体タイプと粉末タイプがあります。

飲みものに入れたり料理に使うなど、自分の使い方に合わせて、使いやすいタイプを選びましょう。

おすすめオリゴ糖商品はどれ?

先に紹介したポイント3つを踏まえて、おすすのオリゴ糖商品を2つピックアップしました!

カイテキオリゴ

カイテキオリゴ販売サイト

カイテキオリゴは、全国売上日本一のオリゴ糖。
愛用者が30万人を超えていて、1分間に1個の割合で売れている人気商品。

味はほんのり甘いので、飲み物や料理に入れて手軽にお腹にやさしい食生活をはじめられます。

ラフィノースの割合が高いので、血糖値の上昇を抑えたい人、体重管理をしたい人にもおすすめ。

口コミでも「毎日すっきり」「クセがなくて飲みやすい」などの声があります。

北の快適工房「カイテキオリゴ」

    • 通常価格/3,065円(税込)
    • 配合されているオリゴ糖/ラフィノース、ミルクオリゴ糖、乳糖、フラクトオリゴ、イソマルオリゴ糖、環状オリゴ糖
  • 内容量/150g

はぐくみオリゴ

はぐくみオリゴ販売サイト

はぐくみオリゴは、モニター調査結果によると満足率97.2%の商品です。

5種類のオリゴ糖が配合されており、低カロリーで腸の奥に住み着いている善玉菌まで働きかけます。
妊婦さんや赤ちゃんに、愛用者が多いようです。

はぐくみオリゴ

  • 通常価格/3,680円(税込)
  • 配合されているオリゴ糖/ガラクトオリゴ糖、キシロオリゴ糖、乳果オリゴ糖、フラクトオリゴ糖、 ラフィノース
  • 内容量/150g

スーパーや薬局で買える市販のオリゴ糖でもいいの?

オリゴ糖商品はスーパーやドラッグストアなどでも手軽に購入することができます。

しかし、市販されているオリゴ糖商品の中には甘味料が多く、オリゴ糖がの割合が低くなっているものもあります。

品質にこだわりたい人は、原材料の表示をしっかり見るようにしましょう。

オリゴ糖の効果的な摂取方法は?

オリゴ糖は、単体だと甘さが控えめなので、飲み物だけでなく、料理に入れたりとさまざまな方法で摂取できます。
ここでは、より効果的にオリゴ糖を摂取する方法を紹介します。

ヨーグルト、納豆、漬物といっしょうに食べる

ヨーグルトや納豆、漬物は、善玉菌を増やす成分が豊富に含まれている食べ物です。
オリゴ糖と一緒に摂ると善玉菌がさらに増え、腸内環境がさらによくなります。

毎日、同じタイミングで同じ摂り方をしない

オリゴ糖を摂りはじめたら、最初のうちは、腸の動きが活性化され便秘解消につながるようです。

しかし、毎日同じタイミングでオリゴ糖を摂っていると腸内の悪玉菌が善玉菌の働きに耐えようと増加し、便がでにくい状態になります。

これを「腸内環境停滞期」といいます。

腸内環境停滞期を防ぐには、時間をずらしたり、違う飲み物にいれるなど、なるべく違う方法でオリゴ糖を摂取するように心がけてください。

オリゴ糖を摂取するのに注意したいこと


オリゴ糖は、摂り過ぎに注意しましょう。
オリゴ糖を摂りすぎると、必要以上に善玉菌が増え、便をやわらかくしすぎてしまいます
これにより、腹痛や下痢になります。

オリゴ糖で、腸内環境を整えましょう


妊婦さんの便秘解消に、おすすめしたいオリゴ糖。
どうせ摂取するなら、ヨーグルトや納豆、漬物と一緒に時間をずらして食べるなど、より効果的な方法で腸内環境を整えたいですね。

腸内の環境が整うと、免疫力もつき体調が悪くなりにくい身体になります。
また、生まれてくる赤ちゃんのためにも腸内環境を整えておくことは、とても大切です。

オリゴ糖は、妊婦さんと胎児の健康を考えてつくられているので、自分に合ったオリゴ糖を見つけてください。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。