葉酸のとりすぎに注意!葉酸サプリの過剰摂取による危険とは?

葉酸はとくに妊活・妊娠中に必要性の高い栄養分なので、サプリメントで摂取している妊婦さんも多いのではないでしょうか。

妊娠期に必要な葉酸を食事だけで摂取することは難しいので、厚生労働省からも葉酸サプリメントを摂取が推奨されています。
しかしその葉酸摂取量が過剰になってしまうと、さまざまなリスクあるので注意が必要です。

そこで今回は、葉酸を摂りすぎた時のママや赤ちゃんへの副作用、過剰摂取しないための方法などをご紹介します。

身体にいい葉酸の栄養分を無駄にしないためにも、リスクを知って事前に気をつけておくようにしましょう。

葉酸をとりすぎたときの副作用とは


妊娠期の摂取を薦められている葉酸ですが、摂れば摂るほどよいわけではありません。
葉酸は1日の耐容上限量(過剰摂取量)が1,000ugと決められています。

この数値を越える量を数日間にわたって摂取し続けた場合、葉酸過敏症になってしまう危険性があります。
葉酸過敏症の症状には、以下のようなものがあります。

  • 食欲不振
  • 吐き気
  • むくみ
  • 不眠症
  • 発熱
  • じんましん
  • かゆみ
  • 紅斑
  • 呼吸障害

妊娠期はつわりなどで葉酸過敏症がわかりにくいこともありますが、このような症状があった場合自分の葉酸量を見直してみましょう。

陰に潜むビタミンB12欠乏症のリスク

ビタミンB12欠乏症とは慢性的なビタミンB12不足によって起こる症状で、野菜中心の食生活であまり肉類を食べない人、ダイエット中の人などがかかることが多いです。
葉酸を過剰摂取していると、ビタミンB12欠乏症の診断を難しくしてしまうことがあります。

葉酸もしくはビタミンB12の不足が原因で起こる巨赤芽球性貧血(悪性貧血)は、葉酸摂取量が十分あれば貧血症状が安定します。
葉酸摂取で貧血症状が改善した結果「治った」と勘違いをし、巨赤芽球性貧血の陰に隠れているビタミンB12欠乏症に気付かず発見が遅れることがあるのです。

貧血症状がなくても手足のしびれ、神経症状などを感じているならばビタミンB12欠乏症の可能性があります。

ビタミンB12が不足していると認知症リスクも高まってしまうので、気になる症状があれば早めに病院で薬をもらって治療をしましょう。

子どもが喘息になる可能性も

妊娠後期(30~34週ごろ)の葉酸の摂りすぎによる、子どもの喘息リスクも心配されます。
実際、2009年にオーストラリアで「母親が妊娠後期に1日1,000μg以上の合成葉酸サプリメントを摂取し続けると、子どもの約11.6~11.8%が小児喘息を発症した」という研究も発表されています。

しかし、この結果に「確実とは言えない」と異を唱える研究者もおり、まだハッキリとしたことはいえません。

ただし、子どもが喘息になるリスクの上昇したデータは「1日1,000μg以上の合成葉酸サプリメントを摂取し続けた」場合です。
葉酸の量が1日1,000㎍を超えないよう気をつければ問題ありません。

参考:「小児喘息に対する妊娠中の補給葉酸の影響:予測出生コホート研究」

葉酸の過剰摂取はサプリメントが原因


葉酸をとりすぎてしまう原因は、ずばり葉酸サプリメントの飲みすぎです。
つまり、用量をしっかり守れば葉酸の過剰摂取は簡単に防げるのです。

葉酸サプリメントを飲み忘れたときも、一気に飲んではいけません。
まとめて飲むと、葉酸サプリを飲みすぎる癖がついてしまいます。

飲み忘れを防ぐには「食後に飲む」などタイミングを決めておくようにしましょう。

食事だけで葉酸をとりすぎることはない

葉酸は水に溶けやすい水溶性ビタミンで、水と熱に弱い性質です。
食事による「天然葉酸」の場合、調理の段階で成分が失われ、葉酸の吸収率は約50%ほどになってしまいます。

そのため女性が食事からとる葉酸量は、意識的にとっていても1日あたり300μg以下ほどに留まり、食品が原因で葉酸の摂りすぎにつながることはほぼありません。

もし食品から摂りすぎた場合でも、極端に過剰でなければ使わない分の葉酸は尿として排出できます。
食事で「葉酸の上限摂取量を超えるかも」と気にする必要はないので、しっかり食べても大丈夫です。

ただし葉酸入りの加工食品には要注意!

食事による葉酸で上限に達することは考えにくいですが、気をつけたいのが加工食品からの葉酸摂取です。

近年は葉酸効果が世間に浸透してきていることもあり、クッキー・グミ・ヨーグルト・牛乳・青汁・お茶など様々な商品に葉酸が配合されていることがあります。

葉酸入りの加工食品とサプリメントを摂取している場合、合わせると摂取量の上限を超えてしまうことがあるので、組み合わせる場合は含有量をみて調整しましょう。

葉酸の推奨摂取量とは

葉酸は、妊娠初期と妊娠中期・後期・授乳中では推奨される摂取量が違います。
以下の数値を参考に、葉酸を摂りすぎることのないよう、気をつけましょう。

妊娠1か月以上前~妊娠3か月:食事から240㎍+サプリから400㎍
妊娠4か月目~正産期:食事から240㎍+サプリから240㎍
出産後、授乳期:食事から240㎍+サプリから100㎍
———————————–
葉酸の上限量:1,000㎍

厚生労働省でも、身体への吸収率がよく手軽に葉酸を摂取できるサプリメントを併用することが薦められています。
実際にどのサプリメントを選べばいいのかは、以下の記事を参考にしてください。

妊娠中に葉酸をとるメリット


妊娠するまで「葉酸が大切」ということを知らなかったという方も多くいるでしょう。
妊娠中に葉酸を摂ると、さまざまな働きを期待できます。

妊娠初期
  • 先天性の神経管閉鎖障害(二分脊椎・無脳症)リスクを減らす
  • ダウン症のリスクを減らす
妊娠中期・後期
  • 妊婦さんの貧血予防
  • 胎児の成長をサポート
授乳期
  • 母乳の出がよくなり、質も上がる
  • 美容効果

このように、妊娠中に葉酸を摂るメリットはたくさんあるのです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

葉酸不足はママ・赤ちゃんもリスクがある

葉酸の過剰摂取も問題ですが、赤ちゃんや妊婦さんにとっても重要性の高い栄養分なので葉酸が足りていないことも心配です。

葉酸が不足すると、下記のような心配があります。

  • 貧血(巨赤芽球性貧血)
  • 舌炎
  • 神経障害(手足のしびれ)
  • 認知症
  • 白髪が増える
  • 赤ちゃんの成長を遅らせる可能性が高まる

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

正しい葉酸の量で安心なマタニティライフを!

葉酸は妊娠中に積極的に摂りたい栄養素ですが、摂取方法への意識が必要な栄養素です。

そのため、きちんと葉酸の「必要量」と「上限量」を知っておくことが大切です。

正しい葉酸の所要量を知り、安心したマタニティライフを送れるようにがんばりましょう!

気に入ったらシェア

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

      

【2017年版!妊娠線予防クリームランキング】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線クリーム選びで大事にしたいポイントと、先輩ママから支持された評判の妊娠線クリームをランキングでご紹介します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク