妊婦さんの葉酸不足・取りすぎにならないための摂取方法まとめ

葉酸に神経管閉鎖障害のリスクを低減する働きがあると知り、サプリや食事などから積極的に摂っている妊婦さんは多いかもしれません。

そんなとき「葉酸の摂りすぎはよくない」と聞くと「あれ?葉酸を摂りすぎているかもしれない」と不安になるのではないでしょうか。

葉酸を摂りすぎてしまうと、妊婦さんに副作用が起こったり、子どもが喘息になる可能性が上がると心配されています。

なぜ、葉酸を摂りすぎるのでしょうか?

葉酸の摂りすぎは、サプリの飲み方を気をつけるだけで、防げます。

なぜなら、食品から摂れる葉酸の吸収率は少ないのです。
葉酸が多い食事をしたからといって、摂りすぎにつながることはありません。

そのため、妊婦さんは食事だけで葉酸を摂ると、どうしても足りなくなってしまいがちです。

この記事では、葉酸のとりすぎにならない方法に加えて、葉酸不足にならないようにするにはどうすればいいかも紹介します。

妊娠中に葉酸をとるメリット

妊娠をすると、病院の先生や母親から「葉酸」という栄養素を聞いてはじめて知った方は多いかもしれません。

妊娠中に葉酸を摂ると、さまざまな働きを期待できます。

妊娠初期

  • 神経管閉鎖障害のリスクを減らす
  • ダウン症のリスクを減らす
  • 妊娠中期・後期

  • 妊婦さんの貧血予防
  • 赤ちゃんの成長をサポート
  • 授乳期

  • 母乳の出がよくなり、質も上がる
  • 美容効果
  • このように、妊娠中に葉酸を摂るメリットはたくさんあるのです。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    葉酸をとりすぎるとどうなる?

    とても重要な栄養素といわれている「葉酸」。
    しかし、摂れば摂るほどよいわけではありません。

    葉酸を摂りすぎると、どうなるのでしょうか?

    過剰摂取の副作用(葉酸過敏症の可能性)

    葉酸を摂りすぎてしまうと、下記のような副作用のあらわれる可能性があります。

    発熱、じんましん、かゆみ、呼吸障害、食欲不振、吐き気、むくみ、亜鉛の吸収率が低下する、不眠症など

    さらに、ビタミンB12欠乏の診断を難しくするともいわれています。

    幼児が喘息になる可能性

    妊娠後期に、葉酸の摂りすぎることで子どもの喘息が心配されています。

    2009年にオーストラリアで「母親が妊娠後期に1日1,000μg以上の合成葉酸サプリメントを摂取し続けると、子どもの約11.6~11.8%が小児喘息を発症した」という研究が発表されたからです。

    しかし、この結果に「確実とは言えない」と異を唱える研究者もおり、まだハッキリとしたことはいえません。

    ただし、子どもが喘息になるリスクの上昇したデータは「1日1,000μg以上の合成葉酸サプリメントを摂取し続けた」場合です。

    葉酸の量が、1日1,000㎍を超えないよう気をつけましょう。
    摂りすぎると子どもが喘息になるかもしれないリスクがあると知っておくことも大切です。

    参考:「小児喘息に対する妊娠中の補給葉酸の影響:予測出生コホート研究」

    葉酸を「とりすぎ」になる原因

    赤ちゃんのために葉酸を飲んでいるのに、なぜ葉酸のとりすぎにつながってしまうのでしょうか?

    原因をみていきましょう。

    食事が原因で過剰摂取になる可能性はほとんどない?

    葉酸は水に溶けやすい水溶性のビタミンで、水と熱に弱い性質です。
    調理の段階で葉酸は失われ、葉酸の吸収率は、約50%といわれています。

    もしも食品から摂りすぎた場合は、使わない分の葉酸を尿として排出します。

    そのため、食品が原因で葉酸の摂りすぎにつながることはほぼありません。
    食事で「葉酸の上限を超えるかも」とは気にせず、しっかり食べても大丈夫です。

    原因の多くは葉酸サプリの飲みすぎ

    葉酸サプリは、食品と違って自分がどれくらい葉酸を摂れたかを知れる点が役に立ちます。

    つまり、用量をしっかり守れば葉酸の過剰摂取は簡単に防げるのです。

    また、葉酸サプリを飲み忘れたからと、一気に飲んではいけません。
    まとめて飲むと、葉酸サプリを飲みすぎる癖がついてしまうので気をつけましょう。

    飲み忘れは、だれにでもあります。
    飲み忘れを防ぐには「食事の後に飲む」などタイミングを決めておくといいです。

    最後に、葉酸不足と、葉酸の正しい摂取量についてみていきましょう。

    葉酸の不足はママも赤ちゃんもリスクがあがる

    葉酸の過剰摂取も問題ですが、葉酸が足りていないことも心配です。

    葉酸は、食品から摂取するのが難しい上に、赤ちゃんに届けるぶんの葉酸も妊婦さんには必要です。
    毎日の葉酸が足りているかどうかを、見直してみてください。

    葉酸が不足すると、下記のような心配があります。

  • 貧血(巨赤芽球性貧血)
  • 舌炎
  • 神経障害(手足のしびれ)
  • 認知症
  • 白髪が増える
  • 赤ちゃんの先天性障害のリスクを低減することができない
  • 赤ちゃんの成長を遅らせる可能性が高まる
  • 詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

    葉酸のとりすぎ・不足にならない推奨量

    葉酸は、とりすぎても、足りなくても心配です。

    「葉酸は1日どのくらいとればいい?」「どのくらいの量とれば過剰摂取になってしまうの?」など、正しい葉酸の摂取量を知っておきましょう。

    葉酸の1日に摂取したい量

    妊娠中、1日どのくらい葉酸をとればいいのでしょうか?
    妊娠初期と妊娠中期・後期・授乳中では摂ったほうがいい量は違います。

    下記のリンクで、時期別に摂取したいが量が表になっています。
    【妊娠初期と妊娠中期・後期・授乳中】葉酸の1日に摂取したい量

    妊娠中の時期に合わせて、必要な量を摂りましょう。

    サプリで葉酸を補いつつも、基本は食事から摂りたいものですよね。

    葉酸の多い食品と葉酸レシピが載っているので、ぜひ参考にしてみてください。

    1日に摂る葉酸の上限量

    葉酸を摂りすぎないためには、どこからが葉酸の過剰摂取になるのか知っておくことが大切です。

    葉酸の上限量:1日1,000㎍

    葉酸サプリの摂取量を守れば、過剰摂取は防げます。

    正しい葉酸の量で安心なマタニティライフを!

    妊娠中に、葉酸は積極的に摂りたい栄養素です。

    葉酸を摂りすぎても不足しても、からだにはよくなく、摂取するのが難しい栄養素といえるでしょう。

    そのため、きちんと葉酸の「必要量」と「上限量」を知っておくことが大切です。

    正しい葉酸の量を知り、安心したマタニティライフを送れるようにがんばりましょう!

    気に入ったらシェア

    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

    葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

    【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

    妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。