「正義感が強い」仕事が合う自己中タイプ

「正義感が強い」仕事が合う自己中タイプ

こんにちは。イヤイヤ期コンサルタントの西村です。

前回の記事では、「自由奔放タイプの子どもの将来像」についてお話しました。このタイプの子どもは、スタミナがすごくある子どもです。動き回れる体力を持っていることなんですね。だからこそ、スポーツ選手が合っています。個人スポーツがいいとお話しました。

今回は「自己中」タイプについてです。このタイプの子は、自分の意見がはっきりしていて、お友達とトラブルが多いと言いましたね。こだわりが強く、大好きになった友達は、ずっとずっと遊び続けるような忍耐力もあります。

自分の意見がはっきりしている子どもは、正義感が強かったり、自分の正しさを主張します。だからこそ、意志が強いのです。芯があるため、「この人について行けば、守ってもらえる」という友だちが多くなります。そんな弱い友達を大事にしていける優しさを持ったこのタイプの子どもは、リーダーになりやすいです。

このような子どもは、以下の職業が合っています。

  • 警察官
  • 政治家
  • 社長
  • インストラクター

信念があり、引っ張っていくことができる。そのような「良い」部分を伸ばすには、ポイントはあります。

まず、「子どもの気持ちを聞いてあげる」ことです。この子たちは、自分が正しいと思っていることは、押し通そうとします。逆に言えば、「正しくないことも、正しいと言ってしまう」ということです。間違った方向にも向かいやすいので、2歳、3歳のうちから、ママに話せる環境を作っておくのです。そして、ママに何かがあれば相談をするという循環を作っておきましょう。

それから、「判断しない」ことです。正しい方向へ導いていくのですが、ママの正しい方向へ導くと、子どもは窮屈になります。大事なのは、「助言」をするだけなのです。「こっちに行きなさいよ」ではなく、「こっちと、こっち、両方選べるとしたら、どっちに行きたいの?」と選択肢をあげる事が大事です。

この2つを大事にしていけば、この子どもは「自分なりの信念」を貫ける人になりますよ。

それでは、次回は「マイワールドタイプ」の将来像についてお話しますね。お楽しみに。

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー