【助産師が教える】赤ちゃんのニキビ「脂漏性湿疹」の原因とケア方法

赤ちゃんの頭や顔に、まるでニキビのような湿疹ができることがあります。
この湿疹は別名「脂漏性湿疹」または「中毒疹」といいます。
多くの赤ちゃんにでき、生後2ヶ月頃までにはきれいに治ることが多いようです。

脂漏性湿疹ができる原因や、対策ケアなどについて具体的にお伝えします。

脂漏性湿疹の原因は?

写真のように、まるでニキビのような湿疹ができる赤ちゃんは多いようです。
かゆがって、頭をかくようなしぐさをする赤ちゃんもいます。

脂漏性湿疹のピークは生後2週間から1ヶ月半ごろで、約2か月ごろには治ることが多いようです。

原因は、ママのおなかにいたとき受けたのホルモン(プロゲステロン)の影響や、赤ちゃんの脂腺が急速に発達するためといわれています。
においをかぐと「あぶらくさい」のが特徴です。

スポンサーリンク

大切なケアは「きちんと洗う」こと


脂漏性湿疹のケアで大切なのは「きちんと洗うこと」ですが、どの程度洗えば「きちんと」洗っていることになるのかが、悩ましいところではないでしょうか。

脂漏性湿疹ができたら、沐浴剤はおすすめしません
沐浴剤を使うのは「カサカサお肌」のときであって、脂が出はじめる湿疹になったら卒業です。

もしお風呂で洗ったばかりなのに脂くささが残っているようなら、洗い方が優しすぎると考えたほうがいいかもしれません。
もちろん、赤ちゃんの体質にもよるので「湿疹がひどい=洗い方が優しすぎる」とはいえませんが、においは目安のひとつです。

湿疹のある頭を洗うときは、ガーゼや指先でなでるだけではなく、美容院のシャンプーのように指の平でシャカシャカと洗ってあげてください。
頭をかゆがっている子は、この洗い方をするとだけでうっとりした表情になることもあります。

意外と盲点な「せっけん」の選び方


「きちんと洗う」ためには石けんで洗うのが基本ですが、意外と盲点なのがせっけん選びです。

石けんやベビーソープは多くの種類が市販されています。
大きく分けると、泡状・液状・固形石けんですが、確認してほしいのはメーカーよりも成分表示です。
なかには「石けんのようなもの」が多く販売されています。

チェックしたいのは、成分表示に「石けん」と書かれているかどうかです。

このように、成分表示に「石ケン」表示がされていて余計なものが入っていないものが理想です。
「石ケン」表示の商品には「固形石けん」が多いため、ひどい脂漏性湿疹の場合は固形石けんを使ったほうがよいかもしれません。

こびりついた「脂漏性湿疹」の対処方法


なかには、脂がこびりついてまるで「うろこ」のようになっていることもあります。

石けんで洗っても、きれいにならないときは「オイル湿布」をして、脂をふやかすと早くきれいになります。

オイルシップで使うオイルは 、ゴマやホホバ、オリーブ、アーモンドなど、食用にもなるような植物性のオイルにしてください。
市販のベビーオイルは石油系(ミネラルオイル)なので、脂をますます固めてしまうためおすすめできません。

オイルをガーゼにひたして頭皮にパックをして、15分くらいしてからふき取ると、面白いほど古い角質がポロポロ取れます。
頭皮が乾燥している子は、たっぷりオイルを塗ってあげるほうがよく取れます。


オイルパックをしてからお風呂に入り、石けんでシャカシャカ洗えば、ゆで卵がむけたようなつるんとしたお肌に生まれ変わることがあります。

ほかにもできる対処方法


2ヶ月をすぎても、なかなか脂漏性湿疹が治らないときは、暑すぎないかと考えてみましょう。
お部屋が暖かすぎる、湿度が高すぎる、お洋服の枚数が多いときも湿疹が悪化します。

洋服や掛け物を、綿100%の通気性がよいものにする、加湿器を一時的にやめてみる、お部屋の風通しをよくするといったことで改善するケースもあります。

しかし、赤ちゃんの体質によりなかなか治らないこともあります。
きれいに洗って、風通しをよくして、それでもどうしても治らないときは小児科医に相談してみてくださいね。

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー