イヤイヤ期によくある行動 偏食は偏食ではない?

偏食は偏食ではない?

イヤイヤ期コンサルタントの西村です。

さて、前回の記事では、イヤイヤ期によく起こる行動の、食事時に、子どもが「もっともっと!」ということについての対処方法をお話しました。子どもは満腹感を感じることができないため、なるべく分量を決めて食事をさせること、そして、最後の何口かは、楽しみにできるように、もったいぶってあげることなど、「もっともっと」という欲求を満たすための方法をいくつかお話しました。

さて、今回は、必ず子どもならば通る道、「偏食」についてです。食事をしている時に、突然「◯◯嫌い」などと言って、食べないお子さんいませんか?そこで、ママが「食べなさい、元気になるわよ。」と言っても、子どもは食べようとしません。その理由は、このようなものが挙げられます。

  1. 食感が嫌い
  2. 味が嫌い
  3. 雰囲気が嫌い
  4. 楽しくない

この四つの中で、最も影響が大きいのが、4の楽しくないです。昔、母や父から「食べなさい」「おいしいから」「身体にいいのよ」などと、耳にタコが出来るくらい言われていると、どうしても「ああ、また言われるのかな」「食べなかったら怒られるのかな」と感じてしまい、トラウマになり、どうしても食事が楽しくなくなってしまいます。前回の記事でもお話しましたが、「特別楽しみ」にできるような環境を家族が作ってあげる事が大事です。そのため、食事を楽しいと思えるためには、「無理強いは絶対にしない」ことです。

では、どのようにしたら、子どもは偏食が治るのでしょうか?

そもそも、偏食が起こる原因には、「この子は◯◯は食べないんだ」と決めつけてしまったことによるケースが多いそうです。それは、食育インストラクターの八代華代子先生もおっしゃっています。

そのため、先程書いた4つの理由を考えながら、試行錯誤することが大事です。順番としては、4,3,2,1の順にやっていくといいでしょう。

これと同じで、遊び方がわからないと何とかしてママの気をひこうとします。それが、「おやつ食べたい」になるわけですね。

まずは、楽しいコトを一つでも取り入れることです。食器の器を3つほど準備し、全部食べ終えたらお気に入りのキャラクターが見える、など、食べきった時の楽しみを作ってあげるのもいいでしょう。また、食事の全体像を船や、車、女の子であればハートや星など、子どもの好きなものに型取り、ストーリー性をもたせると楽しんで食べられるでしょう。これは、キャラ弁の応用ですね。

そして、次は雰囲気作りですが、これは、楽しい雰囲気を作り出すということです。子どもと食材の当てっこをしたり、どこで買ったか・・・など、なんでもいいのでクイズにすると子どもも楽しんで食事ができますよね。

3つ目は、味を考えることです。味は、素材そのものの味が嫌いなのか、それとも調味料の味が嫌いなのか、または、濃い、薄いなど、いろいろな好みがあるので、いろいろな味付けを試してみましょう。

4つ目は、食感です。ザラザラしたもの、固いもの、柔らかいもの、飲み込み易いもの、などなど、いろいろな食感で試してみてください。例えば、ピーマンでは、焼いたりすると、かたさが残るので、蒸したりすると食べるとか・・・ペーストにすると食べるとか・・・このようにして、いろいろな形状にして、食感を変えてみてください。

ここで大事なのは、「一度ダメでも何度でも違う形で試してみる」ことです。一度ダメなら、二度、三度と、やり続けてみてください。そうすると、自然と小学生くらいになると、食べられるようになったりします。ぜひ、無理強いしないこと、何度でも違った形で試すこと、このふたつに意識を向けて偏食に立ち向かってください。

それでは、最後まで読んでくださり、ありがとうございます。次回は、「明らかにお腹いっぱいではないのに、「もうお腹いっぱい」と言う。」ことについて、書いていきます。お楽しみに。

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

妊娠・妊活中なら酵母葉酸100%の「ベルタ葉酸サプリ」あ

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?