イヤイヤ期の特徴

しあわせ家族計画実践支援家あらため、感情コントロールナビゲーターの西村です。

前回のコラムでは、イヤイヤ期は六か月のころから始まる・・・と言いました。
今回からは、年齢別のイヤイヤ期の特徴と、対処方法をお話ししましょう。

今回は、一歳のイヤイヤ期についてです。
一歳になると、いろいろと自分でできることが増えてきて、自分のやりたいこともはっきりしてきます。

しかし、意識の移り変わりが激しく、すぐに違うことへ移行できるのが特徴です。要するに、こだわりが少ないのですね。

そのほかにも、生まれてから一年で経験したことから、いろいろな感情、気持ちを感じるようになります。

しかし、その気持ちが何で、どういう意味を持つのかはわかっていません。
そのため、自分で分からない感情が多く、それの対処が分からず泣くことが多くあります。
そういう時は、抱っこしてあげると安心します。

また、この時期から徐々にイヤイヤする理由が増えてきます。
理由にあった対処法をこちらがしていかなければ、なかなか安定することができなくなります。

この時期に一番多いのが、「自分でやりたいのに、ママはさせてくれない!」ということに対して不安定になります。

駄目だよ。と言われることで、「うぇ~ん」と泣きだします。
そこで、前回に話した、「できることはなるべくやらせる」です。
やってみてください。

また、前述したように、こだわりが少ないので、「○○やってみる?」と違うことにすり替えをすることも有効です。

是非、みなさん試してみてください。

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー