イヤイヤ期によくある行動 おむつの取り替えを嫌がる子への対処方法パターン3

おむつの取り替えを嫌がる子への対処方法パターン3

イヤイヤ期コンサルタントの西村です。

さて、前回の記事では、「おむつの取り替えを嫌がる子のパターン2」をお伝えしました。私が出会ってきたお子さんで、オムツ替えを嫌がる子には、3つのパターンがあり、その2つ目が、「遊んでいるつもり」の子でした。オムツ替えを嫌がることを、遊んでいると勘違いしている子です。また、言葉で遊んでいる子についてもお話しました。そんな子には、「関わらない」作戦がいいですよとお話しました。

さて、今回は、おむつの取り替えを嫌がる子のパターン3についてお話します。

オムツ替えを嫌がる最後のパターンは、「本当に嫌」な子どもです。この子たちは、オムツ替えの時に、「嫌だ~~~!!」と力一杯嫌がる子どもです。もしかしたら、一度でもオムツ替えの時に、嫌な想いをしたのかもしれません。しかし、嫌だからと言って、替えないわけにもいきませんよね。その場合には、「他のモノに気をそらせる」方法がいいでしょう。

オムツ替えの時だけ使えるおもちゃなどを準備します。それは、大好きなものであればなんでもいいでしょう。その時だけに、大好きなものが触れる。そう思うと、子どもは素直にオムツ替えをさせてくれます。ただし、オムツ替えが終わってから、それを取り上げることだけはしないでください。

よくあるのが、「オムツ替えが終わったからこれは没収!!」と言って取り上げてしまうママがいますが、それでは、逆効果になってしまいます。それをすると、「ママは、自分の好きなものを取り上げていく!!だからオムツ替えが嫌だ!!」と言う気持ちになってしまいます。それでは、嫌な気持ちを強化してしまうのです。

ここで大事なのは、「思う存分そのおもちゃで遊ばせること」です。子どもは、お気に入りの玩具が出てくると、気が済むまでそれで遊び続ける子が多いです。思う存分その好きな玩具で遊ぶことができたら、またおむつを変えるときに、おもちゃで遊べる!!と思えるわけです。取り上げるよりも、待ってあげて、自分から離すようになるまで、じっと待ってあげてください。満足して離すようになったら、それをそっと見えない所に隠してください。隠すって、陰湿かもしれませんが、子どもの目の触れない所へ置いておくことが大事なんです。それによって、特別感が増しますよね。だから、子どもが、オムツ替えの時には大好きな玩具が出てくると、期待を持てるわけです。

例えば、この時に、「今日はどこからおもちゃが出てくるかな~~~?」と言いながら、クイズ形式に隠し場所を教えるのもいいでしょう。とにかく、ここでは「楽しんで」を大切にしながら、子どもさんにオムツ替えをさせてあげてくださいね。特別おもちゃ作戦、ぜひやってみてください。

それでは、次回は、言語面のお話をしますね。前回の記事でも少し出て来ました、「言葉遊び」のイヤイヤについてです。お楽しみに。

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

妊娠・妊活中なら酵母葉酸100%の「ベルタ葉酸サプリ」あ

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?