イヤイヤ期によくある行動 子どもとは過ごしている時間の感覚が違う

子どもとは過ごしている時間の感覚が違う

イヤイヤ期コンサルタントの西村です。

さて、前回の記事では、「僕より先にやっちゃだめ!」をお伝えしました。ママが先回りをして「良かれと思って」する行動が、お子様の自己を傷つけているかもしれない。だから、まずは聞いてあげて、それから謝って、それから新たな提案をするようにしましょうとお話しました。謝ること、とても大事ですよ。今回は、前回の記事の続編で「先回りをしない方法」です。

前回の記事で、次回は「ママが見えなくなると泣く」こどもについてお話しますと書きましたが、それはまた次回に書かせて頂きます。

さて、前回の記事で書きましたのは、癇癪が起こってからのお話でした。しかし、それでは、イライラするのが減るわけではありませんよね。その癇癪をおこさせないためには、ママがどのような行動を取るのが必要になるか・・・それについてお話します。

まず、前回の記事だと、「先回り」してしまうことが原因だとお話したので、まずは「待つ」ことを意識しましょう。待つ、一言で言うと簡単ですね。何をするにも、子どもの行動を見てから、ママは動くようにするといいのですが、ママにとって、「子どもの行動」というのは、なにかと遅く感じませんか?それが子どもにとっての最善のスピードだったとしても、「遅いよ~~~」などと思ってしまいませんか?それが、「先回り」の原因になっていますよ。

ぜひ、今一度、「今」を大切に過ごして欲しいのです。子どもは、「過去」も「未来」も考えにはありません。子どもは、「今」の時間を一生懸命過ごしています。

だから、怒られたことは忘れてしまうし、見通しはたたないのですね。でも、それはとてもいい事で、一番吸収する効果があります。見通しがないから自分でやってみて、体験してみて、実践してっ見て学ぶことができます。過去に意識が無いから、「あ、あれ失敗したから今回もだめなんじゃないか・・・」などと想像することも無いわけです。だから多くのことを吸収し、学ぶことができるのですね。

ここで大事なのは、「ママと子どもは過ごしている時間の感じ方が違う」ということです。ママは、30年位上過ごしている方が多いでしょうから、多くの過去をおもちですね。そんな大人とは、比べ物にならないくらい、子どもは過去がないわけです。

そのため、ママは子どもを見習って、「時間を気にしない」ようにするといいですよ。「時間を気にしない」というと、想像しにくいと思いますので、「着の身着のままに時間を過ごす」ことを想像してみてください。そうすると、お子さんと同じ時間の流れを過ごすことができると思いますので、こういった「先回り」の癇癪がおさまると思いますよ。

ぜひ、「着の身着のまま時間を過ごす」ことを、意識的にやってみてくださいね。そうすることで、お子さんの「やりたい!!できた!やった!!」を感じる時間を増やすことができますよ。

それでは、次回は「ママが見えなくなると泣く」子どもについてお話します。お楽しみに。

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク