イヤでイヤでしょうがない歯磨きを「楽しみ」に変える方法

イヤでイヤでしょうがない歯磨きを「楽しみ」に変える方法

こんにちは。イヤイヤ期コンサルタントの西村です。

前回の記事では、「ママがいなくなると泣く」子どもへの対処方法でしたね。子どもは、「一人では生きていけない」ことを生活する中でだんだんと覚えていきます。だから、ママが少しでも見えなくなろうものなら、「泣いて」ママを求めるのですね。「僕を守ってよ~~」と言っているのです。対処方法は、「常に一緒にいる」こと、もしくは、「予告してから」離れることでしたね。

さて、今日は「歯磨きを嫌がる子」についてのお話をしましょう。歯磨きをするときに、嫌がる子どものパターンには、2つあります。この2つのパターンのどちらかで、「いや」といっているので、ぜひどちらかを見極めてみてください。まず、一つ目のパターンは、「歯磨きがほんとに嫌で嫌でしょうがない」です。これは、仕上げ磨きをするのを力いっぱい嫌がる子ども、または、口に歯磨きを入れるのすら、嫌がってギャン泣きする子どもです。手のつけようがないほど、泣いてしまう子どもです。こういう子は、「じゃあ、わかったよ。もうしないから。」と、歯磨きをすることをこちらが諦めると、ケロッと泣き止む子が多いです。ここで、「甘やかしでしょうか?」とか、「わがままを聞いてあげていることになってしまわないでしょうか?」と相談が出そうです。

しかし、これは「わがまま」ではないんです。ポイントは、「嫌がってギャンギャン泣く」ことです。これは、イヤイヤする理由7にあたります。どうしても嫌だというこだわりがあるんですね。そのこだわりは何かというと、「はみがきの味がイヤ」とか、「ママが歯を磨くと痛い!!」とか、「おえってなるからイヤ!」とか、ほんとうに色々です。しかし、理由があってのイヤイヤなので、ここはイヤイヤする理由7でお伝えしたように、長期的に見て、歯磨きができるようになればいいと思ってください。もう一度振り返ってみてくださいね。詳しい内容はこちらへ>>>「イヤイヤの理由その7」

今回は、特に「ママが歯を磨くと痛い!」というこだわりに対しての対処方法をお話します。

子どもの歯を磨く時に、大人と同じ歯磨きのもち方をしている方、いますか?それって子どもにとっては、結構痛いようですよ。そこで、歯磨きを親指と人差指の二本でつまむようにして磨いてみてください。不安定な位が一番いいですよ。それくらい、力を抜いて歯磨きをしてあげると、子どもは気持ちいいようです。

そのため、一旦歯磨きの痛さを忘れられるように、誘うのさえ辞めることをおすすめします。それから、一週間くらいしたら、「あ、ママが歯磨きしなくっちゃ!!」と、言ってみましょう。そこで、「もしよかったら、ママの歯磨き、◯◯ちゃん、してくれる??」と言って、ママの歯磨きをお子さんにしてもらいましょう。それから、「優しくママの歯磨きをしてくれてありがとう。ママ、歯磨きしてもらうのってこんなに気持ちいいとは思わなかったな。◯◯ちゃんにもしてあげようか?」などと、誘ってみてください。基本は、「ママも一緒に」ということが必要です。ママが一方的にしてあげるのではなく、「ママもしてもらう」ことも必要ですよ。ぜひ、やりとりの中から、歯磨きを「痛い」ものから、「楽しい」ものに変えていってみてくださいね。

また、歯磨きの後に、特別な「歯磨き頑張ったで賞」をあげると効果的ですよ。賞と言っても、物をあげるわけではありません。この時は、スキンシップをすることです。例えば、お腹に口を当てて、ぶ~~~っと息を吹きつけて遊んだり、こちょこちょっと、くすぐったりする、スキンシップ遊びです。それに加えて、ゆっくりとお腹や足、顔を撫でてあげる事もしてあげるといいですね。マッサージも含めたスキンシップ遊びを、歯磨きの後に準備しておくといいですね。それによって、少しずつ、歯を磨く時の緊張や、痛い、怖いと思う気持ちがなくなっていきますよ。

それでは、次回は、「歯を磨くのを嫌がる子どもパターン2」についてお話します。お楽しみに。

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。