お風呂に入るのを嫌がる パターン1

お風呂に入るのを嫌がる パターン1

こんにちは。イヤイヤ期コンサルタントの西村です。

前回の記事では、「歯磨きするのイヤ」という子どもへの対処方法でしたね。歯磨きを嫌がるのには、2つのパターンがあるとお話しした中の、二つ目のパターンのお話でした。「イヤイヤと言ってみようかな。」という、言葉遊びの場合が考えられること、その対処法には、「スルーする」が一番いいとお話しました。

今回は、「お風呂に入るのを嫌がる」ことについてです。お風呂に入るのを嫌がる子どもは、

  • お風呂に入ったら、もう寝なくてはならないのがわかっているから。
  • 「お風呂やだ」って言っていれば、かまってもらえることを知っているから。

この2つの理由で嫌がっています。

以前お伝えした、「子どもがイヤイヤする7つの理由」の中で言うと、イヤイヤの理由その4「甘えたい!」イヤイヤの理由その5「まだまだやりたい!」にあたります。

まず、「もう寝なくてはならないのがわかっているから」について今回はお話しますね。もう寝なくてはならないのがわかっていてイヤイヤする場合の特徴として下記のような行動が見られます。

  • 「やだ!!」の声が大きい
  • おもちゃを離さない
  • ママの方を見向きもしない

このような行動が見られたら、下記のように対応しましょう。

お風呂入ってから遊んでもいいよ。と声をかける。

お風呂に入ってしまったら、寝室で寝かしつけられる・・・という見通しが立つような子どもです。更に「楽しい」ことがあるよという、見通しがたてられるような言葉で誘導してあげてください。楽しいこと、やりたいなあと子どもが思うようなことを提案してあげるのがいいですね。例えば・・・

  • 「じゃあ、お風呂から上がったら戦いごっこしようか?」
  • 「じゃあ、お風呂から上がったらハサミを使ってみようか?」
  • 「じゃあ、お風呂から上がったら、明日のお弁当のお手伝いをしてくれるかな?」
  • 「じゃあ、お風呂から上がったら、一緒に明日の朝ごはんを考えようよ。」
  • 「じゃあ、お風呂から上がったら、積み木で列車を作ろうよ。」

上記のようなその子の好きなことにからめたことを、1つだけ提案してみましょう。そうすると、子どもは楽しんでお風呂に入れそうですよね。しかし、ここでは遊びを提案しています。心配になるのは、「この遊びをさせることで、眠る時間が遅くなるんじゃないの?」という心配事が出てきますね。

次回は、その心配事を消すアイテムを紹介します。利用すると、お子さんが自分で行動するようになっていく、魔法のアイテムですよ。次回をお楽しみに。

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママはもうやってる?今からでも遅くない妊活中から産後までのお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク