子どもの癇癪(かんしゃく)どうしてる?原因や対処方法まとめ

子どもの癇癪(かんしゃく)どうしてる?原因や対処方法まとめ

子育てをしていると、ほとんどの親子が通る道のひとつに、癇癪(かんしゃく)があります。

あまりの迫力と勢いに戸惑いを感じるママは多いことでしょう。
かんしゃく自体は成長の証でもあるので、原因と対処法を学んで、親としてどう接すればいいかをみていきましょう。

癇癪ってなに?


かんしゃくとは、子どもが成長したことによって感じるさまざまな変化に反応しておこる現象で、自己表現方法のひとつです。

子どもは、気持ちをうまくコントロールしたり、言葉で伝えることができないために、泣き叫んだり、怒りというかたちで自分の気持ちを表現します

かんしゃくはかなり個人差があり、大人でも手をつけられない程の子もいれば、かんしゃくを起さないタイプの子もいます。
またその表現方法も子どもによっていろいろあるのですが、些細なことで感情が高ぶるのが特徴ともいえるでしょう。

かんしゃくの体験談

子どもの数だけかんしゃくには種類があるといえる程、その日の体調や子どもの性格などによってパターンはさまざまです。
先輩ままの体験談をいくつか紹介します。

もうすぐ2歳になる男の子がいます。
ここ2週間ほど前からすごい癇癪を起こして手が付けられません!自己主張がますます強くなり、気に入らないことがあると、ひっくり返って泣き叫びます。
その拍子に床や地面に頭を打ったり、椅子から落ちたりしてさらに大騒ぎに。。
特に外出中となると、周りに迷惑をかけるし恥ずかしいし、すごくストレスです。
公園でもっと遊びたい、靴下を履きたくない、DVDを見たい、寝起きで気分がすぐれない、エプロンを付けたくないなど。。
放っておけばそのうち泣き止むと思いきや、しぶとく泣き続けます。

3歳の娘の癇癪がひどい。わがままで我慢が出来ない。
親の前でだけなのですが癇癪がひどいです。
わがままで我慢が出来ません。
ガム屋さんに行きたい、行きたいなどと欲求があるととにかくしつこいのです。
お片づけが出来たら連れて行ってあげるとか言い聞かせようとしても無理です。
行きたい行きたいと腕をつかんできてしまいには大声で泣き喚きながら腕を引っ張ります。
他にも、この服は嫌だとか、このスプーンじゃ嫌だとか色々あります。

かんしゃくを起こすわが子に、母親ながら本当に手を焼いているということがよく分かります。

癇癪を起こす子どもはわがままなの?

一見、かんしゃくとわがままは同じだと思われがちですが、決定的なポイントがあります。

わがままは周りに迷惑がかかることを、本人が自覚したうえで自己主張しているのに対して、かんしゃくは本人もどうしてよいか分からず、パニック状態にあるということです。

つまりかんしゃくは悪気があるわけではなく、本人にも止められない自然現象だということです。
なので、かんしゃく持ちの子どもをわがままな子だと思わないでくださいね。

癇癪はいつまで続くの?

かんしゃくは、いったいどれくらいの期間、続くものなのでしょうか。

これも個人差がかなり大きいため、はっきりと断言するのは難しいのですが、一般的には、早い子で2歳前後から始まり、小学生にあがるころまでに自然とおさまってくることが多いです。

2歳ごろになると、赤ちゃんのころよりも自由に歩きまわれるようになり、やりたいことも増える時期なのに対し、言葉での表現はまだまだ未熟なため、そのギャップからかんしゃくを起こしやすいでしょう。
「魔の2歳」ともいわれるように、このころがピークです。

3歳~4歳を過ぎると、だんだん言葉が理解できるようになるため、かんしゃくを起こす頻度は少しづつ落ち着きます。
またかんしゃくを起こしても、ゆっくり落ち着かせてあげると、おさまるようになります。

5歳~6歳になれば、かんしゃくとの戦いを終える親御さんが多いでしょう。
このころのかんしゃくは、どうしようもないパニック状態というよりは原因も割と明確で、自分で説明できる子どももいます。

小学生になってもかんしゃくが全くなおらない場合、日ごろから我慢ばかりしていたり、何か明確な原因があることがほとんどです。
話し合う中でなにが原因となっているのか、見つけてあげる努力をしましょう。

なぜ癇癪をおこすの?


わがままではないとわかりましたが、かんしゃくはなぜ起きるのでしょうか。
子どもがかんしゃくを起こす理由をみていきましょう。

意思疎通がうまくいかない

子どもは自分の足で自由に動き回れるようになる2歳前後から、自我が芽生え始めます。

さまざまな環境の変化にも敏感になり、関心も湧いてきます。
好奇心旺盛で、自分がしたいことがどんどん増え成長が著しい時期です。

しかし、自分の気持ちをうまく伝えられない局面や、大人の言っている意味がわからない場面に遭遇することもしばしば…。
このもどかしい気持ちが爆発してしまい、かんしゃくとして態度や行動に表れるのです。

したいことができない

また成長につれて行動範囲が広がったり、指先が器用に使えるようになってきます。
このころの子どもはパパやママの真似をし、なんでも自分でやってみたいという自立心が芽生える時期でもあります。

しかし危険を伴うような場合、親から注意を受けることもあれば、いざ真似をしようとしても同じようにできないこともあります。
このように、欲求が通らなかったり、思った通りに行動できなかったりすると、その欲求不満がかんしゃくとなって行動に表れます。

体調がよくない

大人もそうであるように、子どもも疲れていたり、寝不足気味であったり空腹だったりすると感情が表れやすくなります。

これは普段から親が気をつけてあげることができる内容なので、しっかり睡眠・バランスよく食事がとれているか、遠出で疲れていないかなどチェックしましょう。

親の対処方法


どれだけ気をつけていても、かんしゃくは起きてしまうものです。
いざ、子どもがかんしゃくを起したときは、どのように対処すればいいのでしょうか?

冷静な態度をとる

子どもがかんしゃくを起こして暴れ出すと、大人も慌ててしまいがちですが、そのような焦りも子どもは敏感に感じとり不安になります

人目も気になりますし、怒鳴ったり大きな声で叱ったりしたくなるかもしれませんが、これは逆効果です。
余計に自分の気持ちが理解されないことに混乱したり、パニックを起しさらに状況が悪化してしまいます。

まずは、どんなに泣き叫ばれても冷静な態度で接し、子どもの見本となるように大人が落ち着いて対応することを心がけましょう。

場所を移動する

かんしゃくを起こしてしまった場合、場所を移動してみるのも効果的な方法です。
とくに外出先だったりすると、周囲の人に迷惑がかかったり、場所によっては危険な場合もあるので、まずは安全を確保したうえで子どもと向き合える場所に移動しましょう。

場所を変えると、子どもの気分も自然と変わっていき興奮が冷め、なだめやすくなることもあります。

子どもの気持ちを理解し代弁する

子どもは自分の意思をうまく伝えられないことが理由でかんしゃくを起こすことがしばしばあります。

このような場合は、親が子どもの気持ちを代わりに言葉にしてあげたり、一緒に考えてあげることで、自分のことを分かってくれている安心感から落ち着くこともあります。

しっかりとスキンシップをとる

かんしゃくを起こしているときは本人もパニック状態で不安な気持ちになっています。

そんなときは優しく抱きしめてあげたり、背中をトントンしてあげるなど、積極的にスキンシップをとってみましょう。
言葉で言い聞かせれるような状態にないときは、このスキンシップをとるという行動の方がダイレクトに子どもに愛情が伝わるため、落ち着きやすくなります。

もちろん抱かれるのを嫌がるお子さん、には無理にスキンシップをとろうとせず様子を見守るようにしましょう。

サプリメントを試してみる

とはいえ、かんしゃくが起こることは、親にとっても大きなストレスになります。
周りの視線が気になったりするなか「はやく落ち着かないかな」と思う親は、多いようです。
そこで、子ども用のサプリメントを試してみるのもひとつの方法です。

子どもの落ち着きをサポートする「ホスファチジルセリン」が配合された、コドミンは子どものためのサプリメントです。
ホスファチジルセリンは、行動の落ち着きや、集中力や記憶をサポートするとして、注目を浴びている成分です。

主に、大豆に含まれている栄養素ですが、含有量はほんのわずかしかありません。
サプリメントに配合されている100mgを、大豆から摂取するなら3.3kg必要なのです。

コドミンは子どもでも食べやすい、ラムネ味なのがポイント。
「子どもが嫌がらずに飲んでくれる」という体験談もあります。

子どものかんしゃくが、つらくてストレスになっている方は、試してみてもよいかもしれませんね。



>>落ち着きサポートサプリ“コドミン”

癇癪を起したときに気をつけたいこと


子どもがかんしゃくを起こしたときに気をつけておきたいポイントがあるので、ご紹介します。

大きな声で叱らない

さきほど説明したように、大きな声で怒鳴ったりすると、かんしゃくが激しくなることがあります。

何度も言いますが、子ども自身もどうしたらいいのか分からず、不安になっています。
子どもの気持ちを理解せずに、頭ごなしに叱ることは火に油を注ぐようなものなのです。

親は冷静に落ち着いた態度で、子どもに接しましょう。

親が折れないこと

どんなに激しく泣かれたとしても、一度ダメだと言ったことは最後までダメで通すことはとても大切なポイントです。

いくら泣きやませるためといっても、親が折れてしまうと子どもはかんしゃくを起こせば自分の思い通りになるんだと学んでしまい、頻繁にかんしゃくを起こすようになる可能性があります。

親はいつでも毅然とした態度で、一度言ったことは貫きましょう。

自分や子どもを責めない

かんしゃくを起こさない子どもを見て、親の教育が悪かったのかななどと考えてしまいそうになるかもしれませんが、決してそうではありません。

子どもが悪いわけでも大人が悪いわけでもありませんから、子どもを叱ったり、自分を責めたりしないようにしましょう

かんしゃくというのは、子どもが成長している証です。
一生続くものではないので、前向きに考えて乗り切りましょう。

発達障害の可能性?

かんしゃくは、保育園や幼稚園に通う子どもによく起こることですが、小学生にあがるころにかけて、だんだん少なくなっていきます。
年齢があがっていっても、かんしゃくが全然収まらない場合は、発達障害の可能性も考えられます。

心配であれば、まずはどのようなときにかんしゃくを起こすのかなど行動パターンを観察し記録しましょう。
そのうえで、専門の先生に一度みてもらい、アドバイスをうけることをおすすめします。

おわりに


子どものかんしゃくは親にとって悩みのタネになることも多いですが、成長過程のひとつで、過ぎてみればあっという間です。

しっかりと子どもの心の声に耳を傾け、家族みんなでサポートしてあげられるといいですね。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。