子どものけんかに親はどう対処したらいい?

おもちゃの取り合いや、ちょっとした原因で子どもが喧嘩をしてしまったとき、親としてどのように対処すればよいのかを、悩んだことのある方も多いのではないでしょうか。

子どもの喧嘩だからと放置していると、思わぬ事故やトラブルになることもあります。

そこでこちらの記事では、子どもの喧嘩を速やかに仲裁するコツや、ケガやトラブルを回避するための方法を紹介します。
子どもたちの気持ちを尊重しつつ、親として的確に対処できるよう、心構えをしておきましょう。

子どもが喧嘩をしてしまった!親の対処方法は?


”ついさっきまで楽しそうに遊んでいたのに、ふと目を離した隙に子どもが友達と喧嘩をしている”
子育てをしていると、いちどはそんな場面に遭遇するものです。

「子どもの喧嘩は子どもだけで解決させる」という考えの方もいますが、仲違いやケガ、ママ友間のトラブルを避けるためにも、仲裁すべきときをしっかりと見極めることが大切です。

また、子どもの話をよく聞き、喧嘩の原因をしっかりと把握して、子どもが反省すべきところは親として諭してあげましょう。

子どもの喧嘩を仲裁する

幼い子どもの喧嘩の原因として多いのが、おもちゃや遊具の取り合いです。

親としては「喧嘩になる前に譲ってあげなさい」と言いたくなりますが、なんでもかんでも相手に譲ってあげるよう諭すと、子どもが不公平と感じたり、必要以上に遠慮がちな性格になってしまうことも考えられます。

ささいな喧嘩は、親が口を出さなくても、子ども同士で解決できることもあります。
まずは静かに見守ってみましょう。
どちらも一向に譲る様子がない場合や、取っ組み合いの喧嘩に発展しそうなケースのときに仲裁に入ります。

そのときに、頭ごなしにどちらかを叱るのではなく、それぞれの意見を平等に聞いてあげることが大切です。
親としてはトラブルを回避するために、つい自分の子どもにばかり「謝りなさい!」と叱りつけてしまうかも知れませんが、それは子どものためになりません。

また「仲直く遊びなさい」「譲ってあげなさい」というように、その瞬間に抱えている子どもの怒りや、悲しみの気持ちを押さえつけるのは、逆効果です。

まずは「どうしたら仲直りできると思う?」というように解決策を問うことで、子どもの心の成長を促しましょう。
大人としてアドバイスするところはして、子どもと一緒に解決策を考えていく姿勢が大切です。

喧嘩の原因をしっかりと把握する

子どもに喧嘩の原因や意見を聞いている最中は、公平な目を持つことが大切です。

普段の言動でのイメージや、先入観で判断せずに、双方の言い分をきちんと聞いてあげましょう。

また、自分の意見をしっかり言える子もいれば、あまりはっきりと言葉にできない子どももいます。
親たちはいつでも的確に状況を把握できるよう、子どもたちが遊んでいる様子に、できるだけ目を配らせておくことが重要です。

また、その喧嘩が幼稚園や小学校でおこった場合は、保育士や先生に事情をよく聞くように心がけましょう。
すぐでなく、後日になってもかまいません。
とくに喧嘩の現場を見ていない場合は、子どもをすぐさま叱ったりするのは、控えましょう。

子どもの心のケアをする

どんなに気が強い子でも、友達との喧嘩は心を疲れさせてしまうものです。
喧嘩はお互いさまというのを前提に、頭ごなしに否定せず、子どもの話を聞いてあげましょう。

そして、喧嘩をしても、素直に謝って仲直りすればよいということを、話すことが大切です。

友達を傷つけないように諭す

小学生になると、成長のスピードに個人差があります。
周りと比べて発達が早く、力が強い子どもは、少し叩いたりするだけで友達にケガをさせてしまうケースもでてきます。

子どもはまだまだ感情のコントロールが苦手なので、頭にきても暴力は振るわないように日頃から言い聞かせておくことが重要です。

また、大人でも機嫌が悪くなると、相手に対して必要以上に攻撃的になる人というのは一定数います。

自分の子どもがそうならないためにも、日頃から怒ると暴れたり、物に当たることの回数が多い子どもに対しては、幼児期からしっかりと教えましょう。

相手の子どもがケガをしてしまったらどうすればいい?


自分の息子や娘が、うっかり相手の子どもにケガを負わせてしまった場合、どのようにしたらよいでしょう。
対処法はいくつかあるので、みていきましょう。

パパやママとしては「うちの子がそんな」と驚きがちですが、いったん冷静になることが重要です。

喧嘩の理由がどうであれ、ケガをさせてしまった側は、相手に誠心誠意謝罪する必要があります。
その後の関係を悪化させてしまわないためにも、気持ちのこもった適切な対応を目指しましょう。

相手の親への謝罪

喧嘩の現場に自分と相手の親がいればその場で謝罪し、のちほど改めて家を訪ねて再度謝ることをオススメします。

ケガの状態によって、治療が必要な場合などは、医療費を負担することを申し出ましょう。
もしも相手が断ってきても、まずこちらから申し出るのが大人の対応です。

前述の通り「子どもの喧嘩に親は口出ししない」という考えの方もいますが、「これが我が家の教育方針だから」という言い分で謝罪をしないのは、相手の気持ちを無視した単なる押し付けになってしまいます。

悪いことをしたらしっかり謝罪することを、子どもに覚えさせましょう。

そのときに子どもを悪者にしないため、できるだけ他者を入れずに、子どもを含めた当事者同士で話し合うことが大切です。
謝罪の気持ちを菓子折りに表して、持参するのも悪くはありません。
しかし気持ちを込めて、謝罪の言葉を伝えることのようが重要です。

子どもにもきちんと謝罪させる

喧嘩の原因はさまざまです。
ケガをさせた側が、喧嘩のきっかけをつくったわけではないケースもあるでしょう。

しかし理由はどうであれ人に暴力を振るったり、ケガをさせたりするのは、いけないことだと、しっかりと教えることが大切です。

その際、子どもの声に耳を傾けることも忘れずに。
「ケガをさせたことは、しっかり謝ること」「なにかに失敗しても反省をして今後に生かせばよいこと」を学ばせてあげることが大切です。

喧嘩で自分の子どもがケガをしてしまったら?

それでは逆に、もしも自分の子どもがケガをしてしまったら、どのように対応するのがよいのでしょうか。

子ども同士の関係性や将来のためにも、親が熱くなりすぎず冷静な視点を持つことが大切です。

相手を責めない

相手から謝罪があれば、素直に受け入れましょう。

相手の親や子どもを責めることは、子どもの教育にもよくありません。
また、関係にしこりを残さないためにも、受け取るべき謝罪を受け取ったのならば、後は水に流しましょう。

ケガの事実とは別に、喧嘩の原因は冷静に判断する

自分の子どもにケガをさせられたら、ついカッとして相手を恨んでしまっても仕方がありません。

しかし、子どもの喧嘩というのは、一方的ないじめでない限り、どちらが悪いとはいえないものです。
子どもは力の加減が分からないので、そんなつもりはなくても相手にケガをさせてしまうこともあります。

状況を冷静に判断し、落ち着いて対処することが大切です。
そのうえで自分の子どもに対しても、自分が反省すべき点はないか聞いてみましょう。

万が一のケガのために保険の加入がおすすめ

子ども同士の喧嘩以外に、小さな頃は無鉄砲に動き回るので、ふとしたときにケガをすることもあります。

とくに男の子はよく駆け回る子どもも多いので、心配になることも多いかと思います。
そこでおすすめなのが、子どもの病気やケガを広くカバーすることのできる傷害保険です。

保険に加入することで、ケガや損害賠償に対応できます。
金銭的な負担だけでなく、精神的にも「保険があるからなんとかなる」と思えることで、親のストレスは軽減されるといえるでしょう。

子どもの落ち付きをサポートするサプリもある

「ほかの子はそうでもないのに、うちの子はいつも喧嘩をしてしまう」と、よそと比べて落ち込むこともあります。
他人と比較する必要はないといわれても、そうもいかないというケースはよくあるようです。

喧嘩をする理由は、さまざまです。

しかし、親の育て方やしつけが原因ではありません
子どもが自分をコントロールできないことが原因になることもあります。
ということは、子どもが落ち付いて、自分で自分をコントロールできれば、喧嘩の回数も減るかもしません。

そこで、子どもの落ち着きをサポートするサプリメントを使うママが、増えているようです。

「ホスファチジルセリン」は、子どもの落ち着きや、集中力、記憶をサポートする成分として注目を浴びています。
ホスファチジルセリンが配合されている、子ども用サプリの「コドミン」は安全性も高く、なによりも子どもが好きなラムネ味なので、人気なのだとか。
医薬品ではないので、副作用の心配もなく、おやつ感覚で食べられます。



>>落ち着きサポートサプリ“コドミン”

子どものためにも喧嘩はスムーズに解決しましょう!


子どもの喧嘩に関しては部分的な要素や、少ない情報で判断してしまうことがもっともよくありません。

必ず現場にいた大人や、本人たちの言い分を含めて、客観的に判断しましょう。
そのときに、頭ごなしに叱らず、子どもの言い分にもきちんと耳を傾けることが心の成長をうながすポイントです。

また、喧嘩をしても素直に謝って仲直りすれば、また一緒に遊べます
このような経験させてあげることが、成長につながるのです。

子ども自身が考えて、喧嘩を解決し仲直りすることは、大人になったときに人間関係を円滑にするスキルを身に付けるうえでも役立ちます。
喧嘩は、子どもが成長する機会なのだととらえて、親子で一緒に乗り越えましょう。

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク