「帰らない!」と言われないようにする方法

「帰らない!」と言われないようにする方法

こんにちは。イヤイヤ期コンサルタントの西村です。

前回の記事では、帰りたがらない子どもへの対処方法をお伝えしました。甘えたい!という気持ちがあること、まだまだ遊びたい!という気持ちがあることをお話しました。静かに、ゆっくりと話しをして、お子さんと分かり合うことが大事だとも書きましたね。しかし、このようなやりとりを、最初からしなくて済むならば、とても外出が楽になりますよね。よく、「外出するとすぐに駄々こねが始まるから、イヤなんですよ・・・」と、外出をすること自体が嫌になってしまうママを見かけます。

みなさんは、外遊びをよくしますか?例えば公園に遊びに行った時、ママが「帰るよ~」と言うと、あなたのお子さんはどう返事をしますか?ここで良く聞く悩みが、「やだ~~~!!」と寝ころがって嫌がり、恥ずかしくて困るんです。という悩みです。

しかし、外出は子どもにとっての息抜きでもありますから、ぜひやってあげて欲しいのです。もし、外出先で駄々こねが起こらなかったら・・・そんな夢のような事、あると思いますか?この方法を利用すると、外出時の駄々こねがなくなると思います。それはどのような方法なのかを、今回はお話していきます。下記の3つのステップです。

事前に予告する

この時は、こうするよ。この時は、こうだね。と言った感じで、子どもたちと事前に話し合っておいてください。例えば、公園に行くときです。

  • 今日は、◯時から、公園に行って遊びます。
  • 時計の針が、◯時になったら帰ります。
  • でも、□□□が言うことが聞けなかったら、ママは□□□を抱えて帰ります。

このように予告しておきます。ポイントは、ダメだった時の約束を伝えておくことです。

このポイントが大事です。言うことを聞かなかったとき、どうするのか。それも事前に説明しておくのですね。この内容は、「夕飯抜き」とか、「おやつ抜き」とか、「おもちゃ買ってあげない」などの、時間差で起こることを利用するよりも、その場ですぐに分かることをしてあげたほうがいいです。抱えて帰る・・・これって、すぐ子どもが「あ、だめなことしたんだ!」ってわかりやすいですよね。その場でわかる内容で、言うことを聞かなかった時の約束事を決めるようにしましょう。

言った事をする

これは、言ったことはどんなことが起こってもしましょう。ママも約束を守る必要がありますよ。例えば、先ほどの例の場合は、ダメだった時の約束事が、「言うことを聞かなかったら抱えて帰る」でしたね。文字通り、子どもが何を言っても、どんなに遊びが途中でも、帰るのです。最後まで、やりきってくださいね。

無事帰れたらご褒美

無事に帰れたら・・・というのは、「◯時になったら帰ります」というのをきちんと聴くことができて、何事もなく家に帰ることができたらということです。約束事がきちんと守れたということですね。それに対してどのようなご褒美がいいかというと、

  • ハグする
  • 一緒に遊ぶ
  • お気に入りの絵本を一緒に読む
  • ご飯に大好きな物が出る

などです。子どもが喜ぶであろうことを、ママが意図的にしてあげてくださいね。ここでよく、お菓子やジュースなどをご褒美に使うママがいますね。しかし、この2つは「ご褒美」にならなくなる可能性があります。ほしがって仕方がない、麻薬のような役割をもっていると思ってください。

そのため、できるだけ上記にあげたような、「体験を伴うもの」、「体験を伴うこと」にしてあげてください。

体験を伴う・・・とは、その物自体がご褒美なのでは無いということです。一緒にやって、一緒に食べて楽しかった、美味しかった、雰囲気が良かった等、それを共有することで、より深い関わりが生まれるようなご褒美を考えていきましょう。

この3つのステップをやって、ぜひ、お子様と仲良く外出できるようになってくださいね。それでは、次回は「スーパーで買って!と駄々をこねる子どもへの対処方法」をお話していきます。お楽しみに。

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク