【漢方薬剤師が教える】妊婦の便秘解消法

皆さんこんにちは。
タクヤ先生こと、杉山卓也です。

さて、妊娠中のお悩みとしてやはり上位に上がってくるのが「便秘」だと思います。
本日は妊娠中の便秘の原因と、それに対して効果を期待できる漢方、生活の養生についてお話しいたします。

妊娠中の便秘の原因は?

妊娠中の便秘の原因には大きく分けて3つが存在します。

(1)黄体ホルモンの影響

妊娠中には「黄体ホルモン」と呼ばれる女性ホルモンが、妊娠中でないときと比べ、多く分泌されます。
その理由は母体内部の胎児を保護するため、子宮の収縮を抑えるためです。

しかしこの黄体ホルモンは子宮以外の筋肉、便通に関連していえば、食べ物を肛門に送るために使われる平滑筋の収縮も抑えてしまうため、腸の蠕動(ぜんどう)運動が抑制されてしまうことで便通が悪くなってしまいます。

このほかにも黄体ホルモンは体内に水分を留めようとする働きもあり、この結果、便へじゅうぶんな水分が行きづらくなり、これもまた便秘の要因のひとつです。

(2)子宮内の胎児が大きくなる

妊娠後期になると、子宮内の胎児が成長することで腸を圧迫します。

圧迫された腸は、動きが圧迫によって抑制されるのはもちろんですが、血流も悪化します。

腸と肛門が圧迫されることで便秘の大きな原因になります。

(3)妊娠中のストレスで自律神経が失調する

妊娠中は何かとストレスを感じてしまう時期。

ストレスが自律神経の働きを狂わせる原因になると、腸の蠕動運動も自律神経の働きで動いているために便通の悪化を引き起こすことがあります。

漢方薬で効果はあるの?

便秘の原因に対して、漢方はどうアプローチできるのでしょうか?

妊娠中は基本的に「瀉下(しゃげ)剤」といわれる下剤系の漢方薬は使用しないほうが無難です。

そのため、漢方薬として上記した(1)〜(3)のうちに効果を期待できるものは(3)が最も安全かつ効果が期待できるものでしょう。

便通というものは気(気分というメンタル的な要素と体内エネルギーのような要素と両方)の流れの停滞により詰まるとされ、これは化学的に言えばいわゆる「自律神経失調症」にほかなりません。

漢方薬としては逍遥散(しょうようさん)のようなものが、こうしたメンタル的な「気詰まり」に効果的であり、(1)のようなホルモンのバランスが崩れることに対しても調整作用を持つために改善の役に立つ可能性があります。

そのほかにはお腹に冷えを感じるような方は小建中湯(しょうけんちゅうとう)などの漢方を使ってお腹を温め、潤いをつけることで排便を促すようなやり方も効果的でしょう。

その他の養生法として

お腹が大きくなるから圧迫して便通が悪くなる、という解釈が一般的になるかもしれませんが、じつは上記のようにホルモンやストレスなどのメンタル要素によっても便通は悪化します。

「便秘?なんだよ別にお腹まだ大きくなってないじゃん」などというデリカシーゼロの発言をするパパには果敢にリングコーナーに登ってからのドロップキックなどを食らわせつつ(もちろん禁止です)、妊娠中はできるだけストレスを溜めないように心がけましょう。

柑橘系や香味野菜などを食事で摂るのも効果的。
ハーブやアロマなども気を巡らせるにはよい効果があります。

また、ハブ茶(ケツメイシ)でお腹に潤いを付けて自然な排便を促すというやり方もあります。
大きな効果はありませんが、瀉下効果はないので安心な方法です。

便秘自体がストレスになることもありますが、妊娠中のつわりのように一時的なものですので生まれてくる赤ちゃんのことを楽しみに思いながら過ごしてみてくださいね。

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー