【専門家が教える】東洋医学的な赤ちゃんの4タイプ不調がお腹の症状に出やすい「脾(ひ)」

さまざまな赤ちゃんを見ていると、好奇心旺盛な子もいれば怖がりの子、胃腸の弱い子もいれば、風邪をひきやすいタイプの子…いろんな子がいますよね。

東洋医学では赤ちゃんを4つのタイプ、「肝(かん)脾(ひ)肺(はい)腎(じん)」に分けて赤ちゃんの状態をとらえています。

タイプ別に赤ちゃんの気質や特徴に応じたケア方法やベビーマッサージなどがあります。

自分の子どもがどのタイプかがわかると、効果的に赤ちゃんへのケアをおこなえます。

今回は、身体の不調がお腹の症状に出やすい、「脾(ひ)タイプ」の赤ちゃんについて紹介します。

脾(ひ)タイプの赤ちゃんとは?

脾(ひ)タイプの赤ちゃんは、以下のような特徴がみられます。

脾(ひ)タイプの気質

  • 家で自分のペースで、ゆっくりじっくりお気に入りのおもちゃで遊ぶのが好き
  • 人見知りが強いため、環境の変化に慣れるのに時間がかかる
  • 食べることにあまり興味がなく、少食や食べムラがある

脾(ひ)タイプのからだの特徴

  • 顔の大きさに比べて、口が小さい
  • 眉間に皺がよりやすい
  • 皮膚がやわらかいく、色が全体的にやや黄色っぽい
  • 便秘や下痢を繰り返しやすい
  • 湿疹など皮膚トラブルができやすく、とくに口周りのかぶれが多い
  • お腹が冷たくなりやすい

脾のタイプの赤ちゃんは、インドア派で、家で自分のペースで好きなおもちゃでゆっくりじっくり遊ぶのが好きです。

また、はじめての環境では慣れるまでに時間がかかりやすく、人見知りが強い傾向にあります。

身体の不調が胃腸の不調に出やすいのも特徴で、消化機能が弱く、食欲にむらが出やすいため、便秘や下痢も繰り返しやすいタイプです。

食欲のムラがあるため、離乳食の進みがゆっくりで「せっかく作った離乳食を食べてくれない…」とママが悩むことも脾(ひ)タイプに多くみられます。

もともと消化機能が弱いため、「胃腸を冷やすもの」や「冷たいもの」はできるだけ、常温か温めてあげるようにしましょう。

また食事の時間が楽しくなるように、手づかみ食べができるようになったら食事の形態や食べる環境も工夫してみてください。

離乳食は、はじめは食事を食べる練習です。
量を食べさせることに焦らず、食事の時間を楽しむことから、はじめてみてください。

脾(ひ)タイプの赤ちゃんにピッタリ!お腹の調子を整えるオススメの離乳食レシピ

身体の不調がお腹に出やすい脾(ひ)タイプの赤ちゃんにピッタリの、りんごと葛を使った離乳食レシピを紹介します。

りんごの葛煮作り方

  1. りんご1つをいちょう切りにする。
  2. いちょう切りにしたりんごに水大さじ3、塩少々を入れ、強火で沸騰させ、その後弱火で20分ほど煮る。
  3. 葛小さじ2を、小さじ2の水でとき、りんごに混ぜ合わせ2分ほどで完成。

ゆっくり20分ほどりんごを煮るので、砂糖がなくても甘く美味しい「りんごの葛煮」ができあがります。

りんごにはお腹の調子を整えてくれる成分がたっぷり入っています。
葛は風邪薬の「葛根湯」の成分でもあり、からだを温めてくれる作用があります。

そのためりんごの葛煮は、脾(ひ)タイプの赤ちゃんにオススメのレシピです。
離乳食やおやつとして、活用してみてください。

脾(ひ)タイプの赤ちゃんにオススメのベビーマッサージ

お腹のベビーマッサージは、「お腹の整腸剤」のようにお腹の調子を整えてくれます。

オムツを変えるタイミングなどでできるだけ、短くてもよいのでこまめにお腹を触れる回数を増やすことがポイントです。

下記の記事で「赤ちゃんのお腹の調子を整えるベビーマッサージ」を動画付きで紹介していますので、ぜひご参照ください。

オムツが汚れてすぐに交換しないと、おしっこなどでお腹を冷やしてしまいます。
汚れたらこまめに交換して、お腹が冷えないように気をつけましょう。

寒い季節は、腹巻の使用もオススメです。

赤ちゃんの理想のお腹は「つきたてのおもちのようなお腹」を目指して、ママの癒しの手でたくさんベビーマッサージしてみてください。

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー