泣きまねへの対処方法

泣きまねへの対処方法

こんにちは。イヤイヤ期コンサルタントの西村です。

前回の記事では、「友達と仲良くさせる方法(2)」についてお話しました。今度は、神憑きなどの暴力的行為をやめさせるための対処方法をお話しました。おもちゃを取ってしまうことへの対処方法と同じく、代弁をしてあげることと共に、「評価しない」ことが大事だとお話しました。また、なぜ暴力的になってしまうかについてもお話しましたね。

さて、今回は「泣きまねすること」についてお話しましょう。皆さんのお子さんで、「泣きまね」をするお子さんはいませんか?泣きまねは、どこまで見てあげたらいいのでしょう?優しくしなければなりませんか?それとも、「やめなさい」と叱ったほうがいいんのでしょうか?という悩み相談をよく受けます。

この場合は、「なぜ泣きまねをするのか」が大事です。お子さんは、多分、泣きまねをしたときのママの反応を見て、楽しんでいると考えられます。そのため、ここでは「そうなんだ。泣きたいんだね。」と、「スルー」してあげてください。この場合は、言葉だけは伝えてあげましょう。それでもやめなければ、泣きまねをはじめたら、「ママあっちに行くね。」と、その場所から立ち去りましょう。そうすることで、「泣きまねをしてもママは振り向いてくれない」と思うわけです。

そして、もう一つの対応法が、ママも泣きたい!と言って、大げさに泣きまねをするこの方法は、一緒に泣くので、もしかしたらお子さんがなだめに来てくれるかもしれません。子どもと同じように行動してあげる事で、子ども自身が考え、行動できるようになるわけです。この方法は、「自立」を促す良い方法なので、オススメですよ。

3つ目にはこのような方法があります。別の事にすり替えるこの場合は、全く関係の無いことを子どもに提案してみましょう。例えば、泣きまねをし始めたら、「今日のご飯は何だったけ?」などと、日常だけれど、全く今までの話しとは関係のない話をしてみてください。きっと、お子さんの嘘涙は、ぴたっと止まりますよ。

ぜひ、この3つの方法、うまく組み合わせて活用してみてください。

それでは、次回は「つかまり立ちを催促する子ども」への対処方法です。お楽しみに。

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママはもうやってる?今からでも遅くない妊活中から産後までのお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク