子ども一人ひとりの性格が違う理由(2)

子ども一人ひとりの性格が違う理由(2)

こんにちは。イヤイヤ期コンサルタントの西村です。

前回の記事では、「子どもの性格が一人ひとり違う理由」についてお話しました。生まれてから生きていく中で決まっていくのが「性格」です。子どもそれぞれが、生まれるときに持っていた「白いキャンバスノート」に書き込みをすることで「性格」を決めているとお話しました。今回は、「その性格の材料をどこで集めるのか」についてお話します。少し日常生活を振り返って貰いたいのですが、

  • パパと、お子さんを見ていて、「似ているな・・・」と思ったことがある
  • 「自分と同じ事をしている・・・」とふとした時に思ったことがある

このような経験はありませんか?実は、ここには、「子どもは身近な人の言動や、行動をよく見ている」ことが原因となっています。原因と言うと、あまり良くないイメージを持たれる方もいると思いますが、ここでは、「起因」という意味で使います。子どもは、「新しい、何も書いていないキャンバスノート」を持って生まれてきます。紙には何も書いていないため、情報がないのです。だから、子どもたちは身近な人の言動や行動を見て、聞いて、感じて キャンバスノートに「性格」を書き込みます。身近な人から情報を仕入れ、自分の情報とするのです。パソコンで言えば、文章をコピーして別の紙に貼り付けるような作業ですね。最初は元の様式を見て、そのままコピーをする。たとえ間違った情報や、使えない情報であっても、そのままコピーをするわけです。

ママや、パパ、身近な大人の性格を、受け継ぐのですね。だから、親子の行動は似ているのです。ママやパパの性格をそのままコピーするのですから、自分の言動や行動に気を使う必要がありますね。

このように、子どもたちは、「身近な人の言動や行動を見て、聞いて、感じて性格を決めていく」のです。では、その「性格」は、どのようにして選ばれるのでしょうか?双子でも「性格」が違うのは、なぜでしょうか?

選ばれる「性格」について次回はお話いたします。お楽しみに。

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー