【お片付けのプロ直伝】成長してからも使える!赤ちゃんの沐浴用ベビーバスの選び方

生後1ヶ月限定の赤ちゃんの沐浴。

ベビーバスは買いますか?
それともレンタルしますか?

購入する場合でも、沐浴期間が終わった後も「使えるもの」を選んでおけば、無駄になりません。

私自身が3人の子どもたちの沐浴にも使った「ベビーバス」を紹介します。

沐浴はなぜ必要?

抵抗力が弱い生後1ヶ月の新生児は、細菌などの感染を防ぐために、大人用の浴槽ではなく、ベビーバスなどで沐浴を行います。

ベビーバスは専用のものがたくさん販売されていますが、使う期間は約1ヶ月

せっかくならば、沐浴期間の後も使えるものを選んでみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

ベビーバスの代用品として使えるもの

ひとつひとつは安価でも、必要なものが多いベビーグッズは、積み重なっていくと高くついてしまいます

その中でも、ベビーバスは、用途や使用期間が限られているため、他のもので代用できたらいいですね。

プラスチック製ケースの引き出し

どこの家庭にもひとつはある、プラスチック製の引き出しケース。

お湯が入ると重たいので、大きすぎるサイズのものは使いにくいですが、赤ちゃんがすっぽり入るくらいのものならば、ベビーバスとしても十分に使えます

ただ、素材が硬く、角が尖っているので、沐浴の際には十分に気をつける必要があります。

おすすめ!浅めのソフトバケツ

私が一番おすすめするのは、浅型のソフトバケツ「タブトラックス シャロー15ℓ」です。

我が家の場合は、キッチンで沐浴をしていたのですが、取っ手がついているので、お湯を流しやすく、シンクに入る適度な大きさも使い勝手がよかったです

なにより素材がやわらかく、「赤ちゃんが当たっても痛くない」ので、十分に「ベビーバス」として使えました。

赤ちゃんが大きくなってもさまざまなシーンで大活躍

もちろん、ソフトバケツは沐浴期間が終わっても、役目は終わりません
現在、我が家では手洗いが必要なニットなどの、待機用に使っています。

手が空いたときに、このまま「手洗い用のバケツ」として使えるところも、気に入っています!

おわりに

これらの代用品は、専用のベビーバスと比べたら、少し使い勝手は悪くなるかもしれません。
しかし、沐浴期間が終わった後も使えるものを選んでおくことで、お金も保管場所も無駄になりにくくなります

赤ちゃんを迎える準備をする際の、ご参考になればうれしいです!

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー