「ありがとう」の力

「ありがとう」の力

こんにちは。イヤイヤ期コンサルタントの西村です。

前回の記事では、「最高の褒め言葉を使うためのこころがまえ」についてお話しました。褒めることは、とても威力を持っています。だからこそ、きちんと利用目的を決めた上での使用が大事だとお話しました。

さて、最もやる気を引き出すことができる最高の褒め言葉とは、「ありがとう」だとお話しました。このお話をすると、皆さん拍子抜けされます。しかし、本当のこの「ありがとう」は、力を持っているのです。

私の記事ではよく、「お子さんの行動には意味がありますよ」というお話が出てきます。行動の意味が、「良い物」だと判断した時には、「ありがとう」と返事をしてあげると、子どもはとても喜ぶのです。

「ありがとう」とは、感謝を伝える言葉です。「ありがとう」と言われた相手は、それが感謝されるようなことだったと、初めてそこで認識します。だからこそ、またもう一度行いたいという欲求が湧いてきます。同じ事をすれば、またありがとうと言ってもらえると、思うわけです。

子どもは単純です。嬉しかったらもう一度行う。遊びでも、楽しいと思ったら飽きるまで何度も同じ事を繰り返します。その繰り返しによって、心の充電を行なっているのですね。だから、この場合「ありがとう」という言葉を言われ、「嬉しい」という感情を子どもが感じることによって、心の充電ができます。繰り返すためには、ママが「ありがとう」と言ってくれることを楽しむ必要があります。

だからこそ、何気ないことに「ありがとう」と言ってみましょう。どんなことでも、感謝の気持ちが湧いた時に「ありがとう」と伝えると、お子様もママもとても良い気持ちになりますよ。

では、なぜ「えらいね~」や、「すごいね~」という褒め言葉よりも良いのかということについてもお話します。「えらいね~」「すごいね~」という言葉は、子どものことについて褒めていますよね。ママは、自分自身の行動に対して、嬉しいという気持ちがわきません。それに対して、「ありがとう」という感謝の言葉は、「感謝するような事を受け取った」自分にも「嬉しい」という感情が湧いてきます。

例えば、子どもが机を面白がって拭いてくれたとします。その場合、子どもは遊びだと思っていても、ママとしては家事が楽になりますよね。頼んでもいないのに、拭いてくれた時には、どんなに嬉しいことでしょう。そこで、「拭いてくれてありがとう。ママ、とっても助かっちゃった。」と、伝えると、子どもとその喜びを分かち合えるのですね。「ありがとう」と伝える事で、子どもはその行動が「ママを喜ばせることだ」ということがわかり、嬉しくなります。ママは、「拭いてもらった」事を嬉しく思っています。お互いにうれしくなるというところがポイントです。

だから、「◯◯できてすごいね~」とか、「■できて、えらいね~」などよりも、簡単で、楽しく褒めることができるのです。

「ありがとう」は、ママも子どももお互いにハッピーになれる、魔法の言葉です。どんどん言ってみてくださいね。そして、使うときには「こころがまえ」を忘れないで、利用していただきたいと思います。

それでは、ここまでは広い範囲での「褒める」事についてお話してきました。ここからは、「タイプ別伸びる褒め方」をお伝えします。伸びる子はどんどん伸ばすことができる。そして、不安な子には、安心を与えることができる。そんな「タイプ別褒め方」をお話していきます。お楽しみに。

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

妊娠・妊活中なら酵母葉酸100%の「ベルタ葉酸サプリ」あ

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?