胎動が痙攣みたい。胎児は大丈夫なの?

赤ちゃんの胎動で、変な動きが!?

胎動が痙攣みたい

妊娠して5か月くらいになると、大きくなってきた赤ちゃんの動き、つまり「胎動」を感じることができるようになってきます。妊娠5か月目ごろの赤ちゃんの様子についてはこちら

胎動を感じる時期は人によって個人差が大きいのですが、だいたい20週前後、経産婦さんの場合にはもう少し早くなる傾向があります。最初はまだ小さな赤ちゃんの動きなので、おなかの中でポコポコっとガスが動くような感覚というのが一般的。その後、赤ちゃんがどんどん成長していくにつれて胎動の感覚も変わっていきます。

さまざまな感覚がちょっとおもしろい胎動ですが、ときどき「痙攣(けいれん)」しているような動きをすることがあります。まるで寒さで震えているかのようなブルブルブルッという動きで、普段の胎動と違うので「えっ!?」と驚いてしまうこともあるかもしれません。また、この痙攣のような胎動は妊娠後期で感じるというママが多い傾向にあります。この痙攣のような胎動、いったいどういうことなのでしょうか?また、赤ちゃんは大丈夫なのでしょうか…?

痙攣のような胎動、異常ではない!

この痙攣のような動きですが、結論から言いますと異常ではないと言われています。…とは言え、なぜこのような動きをするのでしょうか?

よく「しゃっくり」と同じように考えられることもありますが、しゃっくりによる胎動と痙攣のような動きによる胎動というのは、ママの感覚では違ってきます。赤ちゃんは産まれてきたときに肺呼吸をして生きていくため、しゃっくりをして横隔膜や肺の動きを鍛えている!ということがよく言われています。胎児のしゃっくりについてはこちら

しゃっくりによる胎動は、およそ数分間「ぴくっ…ぴくっ…」という動きをします。ですが、痙攣のような胎動はしゃっくりの胎動よりも間隔がとても小さく、本当に震えているかのような胎動になります。また、しゃっくりの胎動が数分間などしばらくの間続くのに対して、痙攣のような胎動はぶるぶるっと震えたら終わりです。何回も感じることがありますが、しゃっくりのように続くことがほとんどありません。では、痙攣のような胎動はなぜ起きるのでしょうか、その原因を見ていきましょう!

痙攣のような胎動が起こる原因って?

胎動が痙攣みたい…というとき、考えられるのはこのようなことです。

  • 赤ちゃんがおしっこをして一時的に震えた
  • 赤ちゃんではなく子宮の痙攣
  • 手足を同時にバタバタさせるなど細かな動きをした

細かな動きを偶然感じ取っただけということや、赤ちゃんがおなかの中でおしっこをしてぶるぶるっと震えた…ということも考えられています。

また、赤ちゃんを包んでいるママの子宮は、筋肉でできています。ときどきまぶたがピクピクと痙攣したり、腕や足の筋肉が痙攣することってありませんか?これと同じように、子宮も筋肉ですから時には何らかの原因でぴくぴくっと一時的に痙攣を起こすことがある…と考えられています。

短時間の間に何度も何度も痙攣のような胎動があるというときや、痛みがある、張りや出血があるというときには、すぐに産婦人科を受診するようにしましょう。

また、気になるようであれば検診の際に医師に聞いてみましょう。「ん?」という母親の勘はバカにできないものです。不安が大きくなってストレスを抱えるよりも、産婦人科を受診して診てもらったり電話で医師や助産師さんに尋ねる方が良いでしょう。

胎動で危険なのは「胎動がない」こと

胎動についてもっとも注意すべきなのは「胎動がない」ということです。胎動がないことを不審に思って、次の日に受診してエコーをすると心臓が止まっていた…ということは、少なくありません。妊娠後期になるとノン・ストレス・テスト(NST)という赤ちゃんの動きやおなかの張りの検査をします。この検査は40分の間、モニターをおなかにつけて赤ちゃんの動きやおなかの張りがあるかどうかを調べていくのですが、なぜ40分なのかわかりますか?おなかの中の赤ちゃんは、約20~30分間隔で寝たり起きて活動したりを繰り返していると言われています。ですから、40分あれば動きが少ない時間・活発な時間をそれぞれ調べることができるということなんですね。自宅でも胎動が少ない?もしくは胎動がない?と思ったときには、30分~40分くらいじっと安静にして胎動があるかどうかをチェックしてみてください。

今日はおとなしいのかな?と考えるのは、わずかでも胎動が感じられるとき。長時間まったく胎動がないというときは赤ちゃんになんらかの異常が発生したことも考えられますので、気になる事があれば産婦人科を受診してくださいね。夜中であっても、赤ちゃんに何かあったらということを考えると早く調べてもらった方が良いこともあります。脅かすわけではありませんが、妊娠・出産は当たり前のことではありません。へその緒のトラブルなど、検診時などエコーや目には見えないトラブルがいつ起こるかわからないものです。赤ちゃんのためにも、普段から胎動を注意深くチェックしておく習慣をつけると良いでしょう。へその緒のトラブルについてはこちら

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。