胎児が標準より小さいと言われても大丈夫!

楽しみな検診のエコー、赤ちゃんが小さいとわかったら?

毎回の妊婦健診は、おなかのエコーをしてもらえるため赤ちゃんの様子をしっかりとチェックできる絶好の機会です。どれくらい大きくなっているんだろう?顔は見えるかな、動いているのがわかるかな?などなど、ワクワクとした期待感でいっぱいでしょう。エコー写真の見方についてはこちら

ただ、検診の際に何かしらの問題や異常が見つかるということも少なくありません。ほとんど気にならない些細なことでも、特に初産の妊婦さんにとっては「本当に大丈夫なの!?」とひどく不安になってしまうこともあるでしょう。

そんな不安のひとつとして挙げられるのが「胎児の大きさ」についてです。おなかの中の赤ちゃんですが、毎回エコーをとっているときに成長具合、つまりどれくらい大きくなっているかを調べていきます。多くは順調に大きくなっていっていることがわかりますが、ときどき赤ちゃんの成長が遅く「標準よりも小さい」と言われることがあります。赤ちゃんが小さいだなんて、何か異常があるの!?と思いますよね。ですが、多くの場合は赤ちゃんが標準より小さいと言われても大丈夫だと言われています。それはなぜなのでしょうか…?

おなかの赤ちゃんが小さい理由って!?

まず、おなかの赤ちゃんが小さいと言われる原因については以下のようなことが考えられます。

  • エコーの誤差
  • 胎児発育不全(子宮内胎児発育遅延)
  • 染色体異常など赤ちゃん側の原因

エコーの誤差

もっともよくみられるのは、エコー検査の誤差です。妊娠初期・中期には赤ちゃんの全身の長さや胴体周りの長さなどを測って、大きさを調べていきます。妊娠後期になると、赤ちゃんの頭・足の骨の長さ・胴体周りの長さを測って体重や成長具合を測定していきます。このとき、検診を受けているとわかると思いますが、エコーの機械で医師が胴体周りなどを測るときに1ミリ、2ミリとずれているだけでかなり誤差が出てくることも。医師によってもささっと手早く済ませてしまう方と、じっくりじっくりと検診をしてくれる方がいますから、そういった方を比べると誤差が出てくるのも納得できますね。ただ、毎回毎回推定体重が少なく、週数と成長具合があまりにも合わないという場合には何らかの異常が考えられますので、医師から説明や検査をするように言われるでしょう。

胎児発育不全(子宮内胎児発育遅延)

なんらかの原因で赤ちゃんが育つスピードが遅くなっている・止まっている状態です。胎児発育不全についてはこちら

胎盤やへその緒のトラブルで栄養がしっかりといきわたっていない、お母さんに高血圧や妊娠中毒症などの原因があるなど、さまざまなことが考えられます。この場合には基本的には様子見で、原因がわかっていれば生活習慣の改善や高血圧の治療などの対策が行われます。赤ちゃんの状態によっては緊急帝王切開となることもありますので、医師とよくよく相談しましょう。妊娠高血圧症候群についてはこちら

染色体異常など

特に妊娠初期は、足の骨(大たい骨)や腹囲をうまく測ることがうできませんので、赤ちゃんをつつんでいる袋「胎嚢(たいのう)」の大きさを調べることが多いものです。胎嚢の中の赤ちゃんを確認し、さらに赤ちゃんの心臓が動いている…という確認が出来ると、流産率も一気に下がることになります。ただ、心拍が確認できたからといって流産の危険がないということはありませんので油断は禁物です。妊娠中の流産についてはこちら

ですが、妊娠初期頃に起こる流産のほとんどは、ママではなく赤ちゃん側に原因があると言われています。万が一、流産が起こったときにはママは自分をひどく責めてしまうと思いますが、実際には赤ちゃんの方に染色体異常などの原因があります。特におなかの中にとどまったままの流産であれば、成長がとまって小さいということや心臓が動いていないなど残念な結果に…。妊娠初期の段階で赤ちゃんが小さいかも?うまく育っていないかも?と言われたら、まずは安静にしたり張り止めを服用するなど医師からの説明があるでしょう。

標準より小さくても元気なら大丈夫!!

胎児が標準より小さいと言われるのは、多くは妊娠後期。妊娠初期は臓器など体の大切な部分がつくられる時期、中期はふっくらとした顔つきになって動きが活発になり、さらに後期はぐんぐんと体重が増えていきます。そうすると、体重の増えが悪いという子についてはどんどん他の赤ちゃんと体重差がついてしまい、予定日までおなかにいたとしても小さなまま生まれるということも。栄養が行きわたっていないなどさまざまな原因は考えられますが、一般的には赤ちゃんが少し小さくてもまったく問題ありません。臨月に入り、いつ出産しても問題ないといわれる頃まで、しっかりとお腹にいれば、臓器はしっかりと作られていますので、大きさの面はあまり心配する必要はないでしょう。問題なのは赤ちゃんが小さい大きいという問題ではなく、まだまだお腹の中にいないといけない時期に産まれてしまいそうなときです。体重や身長うんぬんではなく、どれくらいママのおなかの中にいられたかどうかで発達や成長しているかどうかがわかります。器官の成長過程表

多少、体重が小さいと言われてもこのように必要以上に不安がることはなく「この子は小さめの子なんだ、個性個性!」と前向きにとらえていきましょう。逆に大きい子もたくさんいて、出産のときに吸引分娩や帝王切開に切り替えたという方も少なくありません。児頭骨盤不均衡についてはこちら

このように、小さくても大きくてもかわいい我が子であることには違いありません。栄養不足などで小さい…など、原因がわかっているときには対処をしていくことも可能ですので、必要以上に心配にならないでくださいね。何らかの対策を講じないといけない場合には必ず医師からアドバイスがあります。「小さい」と言われても、医師から注意されたりアドバイスを受けることがなければ、あまり心配する必要はないでしょう。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。