着床出血っていつ?時期や期間は?生理との違いや痛み・色・量について

妊娠を意識している女性は、生理予定日に生理が来るのか気になったり、妊娠検査薬を試したりと、落ち着かない方も多いのではないでしょうか。
妊娠をしている可能性がある場合、妊娠の兆候や体調変化には敏感になり、1日でも早く妊娠しているのか否か知りたくなるようです。

今回は妊娠の前兆の1つである「着床出血(ちゃくしょうしゅっけつ)」の症状や、起きる時期、色や量、生理との違いなどについて解説していきます。

着床出血ってそもそも何なの?

妊娠に至るためには、精子が卵子の中に入り、受精することで初めて赤ちゃんを作る卵(受精卵)ができます。

受精卵は1週間かけて子宮に到達し、「絨毛(じゅうもう)」と呼ばれる根をおろし、お母さんの体から栄養をもらえるよう準備を整えることが「着床」です。

この際に絨毛が子宮内の壁を傷つけ軽く出血してしまうことがあり、これを「着床出血」といいます。

着床出血は、誰にでも起こるわけではなく、妊娠初期症状として着床出血がみられる確率は50人に1人程度のようです。

ですから、着床出血がないから妊娠していないというわけではありません。

どんな症状が現れるの?色や量は?

着床出血といっても、「絶対これが着床出血だ」とはっきりといいきれないようです。
なぜなら、着床出血の特徴が多岐におよびわかりにくいからです。

まず、色に関しては個人差が大きく、茶色く粘り気のあるおりもの状だったり、うっすらとしたピンク色だったり、真っ赤な鮮血である場合もあります。
着床出血の量も多くなく、おりものに色がついているような微量の場合が多いようです。

着床出血はいつ起こるの?

着床出血は、受精卵が子宮内膜に着床して体の中では急速に細胞分裂を繰り返している「妊娠超初期」と呼ばれる時期にみられます。

この時期は、排卵日の約1週間後、つまり、生理開始予定日の1週間前~数日前におこることが多いようです。
着床出血が出る期間としては1~3日が多いようですが、これにも個人差があるので1週間ほど続く人がいれば、頻度は1度だけという人、何度も出る人などさまざまです。

痛みはある?

着床出血が起きたのと同時に子宮周辺でチクチクした痛みを感じたら、着床痛の可能性があるかもしれません。

着床したら必ず痛むというわけではなく、医学的にまだ解明されてもいないものなので、あくまで参考程度に知っておくといいでしょう。

このように、着床出血の特徴は非常に多様で、見極めが難しいということがわかります。

しかし、目には見えない決定的な違いがあるのでご紹介します。

着床出血と生理の違いは基礎体温‼

「着床出血」と「生理の出血」の区別は、量や出血し続ける期間などで、おおよその区別はできます。

生理の場合は出血が5日前後、ナプキンがないと過ごせない程の量がでますが、着床出血の場合は、ほとんどのケースでおりもの程度の微量の出血が1~2日起こります。

ただ、量にも個人差があり、判断しづらいので基礎体温を確認しましょう。

きちんと基礎体温を測ると、生理周期に合わせて体温が変動していることに気が付きます。

通常であれば、排卵期に入ると、体温を上げる作用のある女性ホルモン「プロゲステロン」が分泌され、妊娠しやすい体作りをします。

次の月経がくるタイミングで、このプロゲステロンというホルモンの分泌量が減少し、基礎体温は下がっていきます。

しかし、妊娠している場合には、このホルモンは分泌され続けるため、高温期が続きます。

つまり、基礎体温が下がった場合には、着床出血ではなく生理の可能性が高く、出血後も高温期が続いている場合は、妊娠初期症状の可能性が高いということです。

基礎体温が、明らかに生理と区別できるポイントになので、妊娠を意識している場合は、基礎体温を測る習慣をつけておくと、いち早く妊娠に気が付けます。

不正出血との区別は?

生理と着床出血の違いはさきほどお伝えしました。
では、不正出血との区別はつくのでしょうか。

着床出血と不正出血は、とてもによく似ており、判断がつかないという声が多いようです。
着床出血も不正出血も、薄い赤茶色、少量の出血量、鮮血ではないという特徴を持っています。

不正出血には、「器質性出血」と「機能性出血」という2つのケースが考えられます。
器質性出血とは、子宮の腫瘍などの異常によって起こり、良性の場合だと、子宮筋腫、子宮内膜症などの可能性があり、悪性の場合であれば、子宮頸がん・子宮体がんなどの可能性も考えられます。

器質性出血は、ストレスによる女性ホルモンの異常、排卵時出血の他に、白血病などの血液疾患、ビタミンC欠乏症などが原因で起こり得る不正出血です。

いずれにせよ、指標にしたいのは基礎体温です。

もしも、着床出血が出る時期になって鮮血が出る、鮮血の量が非常に多いという場合には、着床出血ではなく流産の危険性も考えられるので病院で受診するようにしてください。

こんな場合には要注意‼

着床痛を感じる場合もあると紹介しましたが、それは一時的な痛みになります。
出血と同時に、下腹部痛があり長く続くような場合は注意が必要です。
この場合、流産や子宮外妊娠などの異常がある可能性を否定できません。

また出血の色が茶色っぽく、さらに匂いがきつい場合には膣炎や子宮頸部びらんや子宮内膜症、卵管炎、子宮筋腫、がんなどの病気の可能性があります。

女性の出血は健康のバロメーターです。
妊娠のお知らせ以外にも、身体の異常も教えてくれるので注意深くチェックする習慣をつけるとよいでしょう。
いつもの生理前とは違う出血・腹痛があった場合には、すみやかに産婦人科を受診しましょう。

着床出血が確認できたらどうしたらいいの?

着床出血を確認できたら、どう行動していけばいいのでしょうか。

妊娠検査薬はすぐ使える?

着床出血があったらすぐに妊娠検査薬で確認しようと考える方がいるようですが、まだ検査薬は反応しません。

一般的な妊娠検査薬は、生理開始予定日の1週間後以降から使えるものがほとんどです。
着床出血が起きてから1~2週間後でないと正しい検査結果は得られません。
少しフライング気味に何度も検査薬を試してしまう人がいるようですが、正確な判定には少し待つとよいでしょう。

妊娠検査薬は尿検査なので、何度行っても体に害があるわけではありません。
フライング検査を行うと、結果は安定せず、陽性反応だったり陰性反応だったりと、一喜一憂してしまうことも。

どうしても1日でも早く知りたい場合には、生理予定日の2~3日前から使用可能な早期妊娠検査薬というものもありますので、そちらで試してみるとよいでしょう。

いずれにせよ、着床出血というのは、妊娠の超初期段階なので、市販の検査薬では測りきれない程の小さな変化しかありません。

正確にはっきりと妊娠が絶対だと判断できるのは生理予定日から1週間すぎてからなので、あくまで目安として、気を長くリラックスした状態で過ごしましょう。

着床した後に出やすい症状

着床したあとは、生理前に似た症状が起こることがあります。
頭痛や倦怠感、胸が張ったり、吐き気などがあり、そのままつわりへ移行することも。

症状がない方もいます。

また、化学流産になる方がいます。
化学流産とは、受精卵が着床したものの、妊娠が継続できないことをいい、生理日あたりに出血があります。
医学的にはノーカウントで「流産」とはいいません。
そのため、着床出血があったのに生理がきたケースもあります。

着床後に気を付けること

着床すると妊婦です。
お腹には赤ちゃんが育っています。

まずは食事と睡眠、生活習慣を整えるようにしましょう。

また、妊娠初期に葉酸を積極的に摂取するとよいでしょう。
厚生労働省が妊婦への積極的な葉酸摂取を推奨しています。
新生児の先天性代謝異常や妊娠中のトラブルを予防できることで知られているので、食事とサプリメント両方で摂取するとよいでしょう。

【赤ちゃんの部屋編集部から】
「造血のビタミン」ともいわれる葉酸は、妊娠中の貧血予防のために意識して摂取することをオススメします!
さらに、妊娠初期に葉酸を積極的に摂取することで二分脊椎症や無脳症をおこす「神経管閉鎖障害」の発症リスクを下げることができます。

厚生労働省
では、妊娠1か月以上前から妊娠3か月の女性に対し、毎日食事からとる葉酸にプラスして、栄養補助食品(サプリメント)から400㎍の葉酸をとるように推奨しています。

高品質の葉酸サプリの情報はこちらの記事がおすすめ

おわりに

今回は着床出血について詳しく解説してきましたが、妊婦さんの2%にしか見られないとても稀な妊娠前兆のひとつです。

妊娠の判定は着床出血ではなく基礎体温です。
妊活中の方は、基礎体温を測る習慣をつけてみてください。

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママは知っている?妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク