赤ちゃんの夏風邪ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナって何?

ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナという言葉を聞いた事がありますか??あまり聞き慣れない言葉ですよね。ヘルパンギーナとは、夏かぜの一種で、毎年夏になると流行します。感染者が警報発令レベルに達する事もあるので、いざという時の為に、ヘルパンギーナについて知っておく必要があります。一緒に学んでいきましょう!

どのように感染するの?

ヘルパンギーナは、「コクサッキーウイルス(A型とB型)」「エコーウイルス」「エンテロウイルス(68型~72型)」というウイルスの感染によって引き起こされる感染症です。見て分かる通り、ヘルパンギーナには複数のウイルスが関係している為、1度感染したから二度と感染しないという事はありません。1度感染していても違うウイルスから感染する可能性があるので、2度も3度も感染する可能性があるという事を覚えておきましょう!

ヘルパンギーナは、患者のほとんどが4歳以下と言われており、主に乳幼児が発症する感染症の1つです。飛まつ感染・接触感染によって感染すると言われています。

飛まつ感染
感染者のくしゃみや咳などを浴びる事で感染する。
接触感染
感染者が遊んだ玩具(唾液や鼻水が付着した玩具)で遊ぶことで、手に付着したウイルスを口に運んでしまい感染する。

ヘルパンギーナに感染した赤ちゃんが回復してくると、便からウイルスが排出されます。その便やオムツを処理した後は、しっかりと手洗い・消毒を行いましょう。手洗い・消毒を疎かにしてしまうと、ママの手に付着したウイルスが、他のお子さんへの感染を拡大させてしまう可能性があります。

また、稀に大人でもヘルパンギーナに感染してしまう可能性があります。大人の場合は、子供よりも重く症状が出る事が予想されます。この「コクサッキーウイルス」は、色々な消毒剤に対して比較的高い抵抗性を持つウイルスだと言われています。なので、いつも以上に手洗いや消毒、うがいをしっかりと行いましょう。

流行時期は?

毎年5月頃から、少しずつ患者が増えていき、6~7月にピークを迎えます。8月には患者数が減少していき、9月頃には完全に終息します。

ヘルパンギーナに感染した際の症状とは?

潜伏期間は2~4日となっています。

感染した際の症状

まずは、高熱(38~40℃の熱)が出ます。その後、喉が赤く腫れてきます。ここまでは普通の風邪とあまり変わりありませんが、ヘルパンギーナに感染している場合は、喉の奥をのぞいてみると、2ミリ~4ミリ程度の水泡が数個~数十個ほど見つかります。熱は2~4日ほどでは治まります。ですが、喉の奥にある水泡が潰れ、クリーム色のような潰瘍(口内炎のようなもの)になります。水泡(潰瘍)部分は、発症から1週間程度で治ります。

どのような治療が必要?

熱が出て、喉の腫れを確認したら、かかりつけの小児科へ受診しましょう。病院で注意事項を聞き、お薬を貰ったら、とにかく家で安静にさせましょう。発症してから、完治するまでの約1週間は、他の子に感染させてしまう恐れがあります。

感染してから回復までの流れ

完治するまでは、外出を控えるようにしましょう。

発症から2~3日で水泡が潰れます。潰瘍(水泡がつぶれた後の部分)がとても痛む為、ゴックンと物を流し込む作業が苦痛になってしまいます。たとえて言うなら、複数の口内炎が喉の奥に出来るような感じです。その為、赤ちゃんの食欲が減退しますが、食欲がなくても、柔らかい食べ物を与えたり、水分はしっかりと補給させ、高熱による脱水症状を引き起こさないよう気をつけましょう。

水分などは、水泡の部分がしみない様なものを選ぶようにしましょう。例えばイオン飲料や常温水などです。果物系は、しみるものがありますので赤ちゃんが嫌がります。ママ自身が、口内炎になった時の事を思い出し「しみるから避けたい」と思う食べ物や飲み物を避けてあげればいいと思います。

また、熱は2~3日程度ではだんだんと引き始めますが、4~5日を経過しても熱が全然下がらず、未だ高熱を出しているといった場合は、髄膜炎等を併発している可能性がありますので、すぐに小児科を受診しましょう。

ヘルパンギーナの予防法は?

今現在、ヘルパンギーナの抗ウイルス剤や予防ワクチンは開発されていません。なので、発症を確認したうえで病院へ行き、病院から頂いた薬などで治療していくしか方法がありません。ヘルパンギーナに感染しないことが一番なのですが、飛まつ感染・接触感染で拡大するウイルスは、とても避けにくいものです。

  • 玩具の貸し借りは避ける
  • 赤ちゃんの手洗い・消毒・うがいは念入りに
  • オムツ替えの後は、ママ自身も手洗い・消毒もしっかりと

感染症が流行する時期は、上記の内容を守るようにしましょう。

様々な感染症が流行する冬の時期以外にも、感染するウイルスがある事を頭に入れておき、日頃から手洗い・消毒・うがいをしっかりと行う事が大切です。

妊婦でも感染する事はあるの??

ヘルパンギーナは、4歳以下の乳幼児に多い感染症ですが、妊婦さんも稀に感染してしまうことがあります。上にもお子さんがおり、そのお子さんがヘルパンギーナに感染してしまった場合に、看病やオムツ替えから、ママへ感染してしまう事があります。妊娠している場合、一番に心配になるのが「お腹の子にも感染するの?」「後遺症など残らない?」という事です。妊娠初期~後期までに感染した場合は、ほぼ100%お腹の子には害がないと言われていますが、出産直前にペルパンギーナに感染してしまうと、新生児にヘルパンギーナや手足口病を引き起こす「エンテロウイルス」が感染してしまい、稀に重症・死亡といった事が起こります。出産間近の時に、上のお子さんがヘルパンギーナに感染してしまった場合は、近所に身内がいる場合は頼って助けてもらいましょう。また、手洗い・うがい・消毒はしっかりと行いましょう!

保育園や幼稚園などに通っているお子さんは、感染症に感染しやすい傾向にあります。ヘルパンギーナだけでなく、他のウイルス(インフルエンザ等)も、子供が学校から持ち帰ってくる事により、「家族全員が寝込んだ」という話もよく耳にしますよね。いつ・どこで感染するか分からないウイルスに対抗する為に、日頃から手洗い・消毒・うがいを徹底して行う事を教えておきましょう!

赤ちゃんの病気メニュー


注目ページ!

新着記事

世界の子育て事情や体験談、話題の動画を配信赤ちゃんの部屋エンターテイメント 赤ちゃんの部屋エンタメ(エンターテイメント)のすべての記事 妊娠したらマタスタ マタスタのすべての記事
出産したらママスタ ママスタのすべての記事 パパになったらパパスタ パパスタのすべての記事
妊娠・出産・育児コラム
赤ちゃんの部屋コラム

赤ちゃんの部屋コラム

妊娠、出産、育児にはいろいろな悩みや疑問、発見や不思議、喜びや驚きなど今まで知る事のなかった世界があります。目からウロコが出るような妊娠・出産・育児に関するコラムをお届けしていきます♪

赤ちゃんの部屋コラム
母乳育児コラム

母乳育児コラム

あき助産師と助産院ばぶばぶ院長の小林ひさこ先生による母乳育児コラム。母乳育児を始める頃から卒乳までに役立つ様々な情報満載で、母乳育児の疑問や悩みを解決してくれます。

母乳育児コラム
イヤイヤ期コラム

イヤイヤ期コラム

NLP心理学を学び、一時保育所で働きながら100人以上のイヤイヤ期の子供の行動パターンや心理状態を日々観察することで、イヤイヤ期の対応法を体系化したイヤイヤ期専門家の西村先生によるコラム。

イヤイヤ期コラム
ベビーサインコラム

ベビーサインコラム

一般社団法人日本ベビーサイン協会代表理事の吉中みちる先生によるベビーサインコラム。手や指を使ったベビーサインのコミュニケーション手段を覚えて赤ちゃんとコミュニケーションをとりましょう!

ベビーサインコラム
マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体について助産師・看護師・ママズケア認定ベビーマッサージ講師・アラウンドバースセラピスト・受胎調節実施指導など様々な分野で活躍する佐藤先生が詳しく解説するコラム。

マタニティ整体と産後の整体コラム
産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズ

産後のエクササイズコラム

Beauty Space代表、日本マタニティフィットネス協会ママフィット認定インストラクターの荻野則子先生による産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズを動画でわかり易く解説。

産後のエクササイズコラム
ベルタ葉酸サプリ ベルタ妊娠線 ベルタ酵素
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

ははこぐさ治療室院長の奥山麻理先生と助産師・保健師・看護師の石坂晶先生によるコラム。お2人が紹介するベビーマッサージはママズケアのメソッドで、1日1回30秒から始められるベビーマッサージ。

ベビーマッサージコラム
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

RTA指定スクールでぃんぷる代表の関本涼子先生とRTA指定スクールPoco a Poco代表の吉野陽子先生によるコラム。生まれたての赤ちゃんと最初の意思疎通、それは肌と肌を通じて行うタッチケア。

ベビーマッサージコラム
絵本の読み聞かせコラム

絵本の読み聞かせコラム

愛着形成に大変効果的とされる絵本。絵本の選び方や絵本の読み聞かせの効果、読み聞かせ方のコツやオススメの絵本などを絵本の読み聞かせ専門家の平松祐美子先生が紹介。

絵本の読み聞かせコラム
小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

「ムシ歯ゼロで元気なお口」を育むために、マタニティや0歳の赤ちゃんの頃からできることを、小児歯科の専門家としてお伝えするコラム。

虫歯予防コラム
子どもとのコミュニケーションや発達障がい

子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方

コミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方について臨床発達心理士の斑目雅美先生が子育て実践例を交えて解説。

臨床発達心理士コラム
お腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム

お腹の中の赤ちゃんと絆作り

臨床心理士の飯島ゆみこ先生によるお腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム。おなかの赤ちゃんとママとの絆を深め、子育ても楽しめるようになるヒントを臨床心理士の視点からお伝えしていきます。

臨床心理士コラム
~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大による身近で大切な人との幸せな関係を築く情報コラム。大切な人と幸せな関係を築ける『考え方』と『心の習慣』を『言葉』にして贈らせて頂きます。

幸せのレシピコラム
抱っこの専門家が伝える楽な抱っことおんぶのお話

楽な抱っこやおんぶの仕方

抱っこの専門家が楽な抱っこやおんぶの仕方から腱鞘炎・腰痛などの問題まで詳しく解説!乳幼児期の抱っことおんぶを、より快適に、気持ちよく、自由に楽しめるポイントを学びましょう。

楽な抱っこやおんぶの仕方
言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

「周りの子に比べてことばが少し遅い」「コミュニケーションがうまくいかない」そんな悩みを解決するコミュニケーションや発音を育てるトレーニングコラムです。

言語聴覚士コラム
子どもごはん

偏食・食べないを乗り切るご飯作り

偏食の子も食べない子も悩まないごはん作りを子どもごはんの専門家、美紀ピア先生が教えます。子どもごはんをサポートする食セッションで食の大切さを学びましょう。

子どもごはんコラム