おむつかぶれ原因・症状・予防・治療

おむつかぶれとは(症状)

おむつかぶれ

医学的には「おむつ皮膚炎」といいます。おむつにふれる部分がアンモニアや酵素の刺激で炎症を起こしておしり全体が赤くなったり、ポツポツとあせものような湿疹として現れるなどの症状があります。炎症はかゆみや痛みをともない、悪化すると赤くただれたりします。母乳で育っている乳児は、おむつかぶれが比較的少ない傾向にあるようです。おむつかぶれの画像>>

おむつかぶれによく似た症状で、 「カンジダ性皮膚炎」や「あせも」や「アトピー性皮膚炎」があります。見分け方はおむつが直接当たっている部分にのみ炎症が起きるのが「おむつかぶれ」です。しかし、夏場の場合はおむつの中もあせもができやすくなるので、おむつかぶれかと思ったら実はあせもだったという場合もよくあります。よく似た症状が見られる「カンジダ性皮膚炎」は、しわの奥まで赤くなるのが特徴です。 カンジダ性皮膚炎の可能性がある場合は、すぐに病院で受診しましょう。

おむつかぶれかな?

  • おしりをふくと痛がって泣く
  • 入浴時、おしりにお湯をかけたら痛がって泣く
  • おむつをはずすと、おしりに手をまわしてかゆそうにする

上記の場合は場合は、おむつかぶれの症状が出始めたサインです!

おつむかぶれの原因

おしっこ
おしっこには、体内の老廃物など肌を刺激する成分が含まれています。その為、排泄して時間が経つにつれ分解が進み、皮膚にダメージを与えてしまいます。
うんち
うんちには、腸内細菌や酵素がいっぱい含まれています。特に、下痢の時のうんちは皮膚にとって刺激性が高いので注意しましょう。
汗やムレ
おしりも当然汗をかきます。そのうえ、おしっこやうんちをした後のおむつの中は温度や湿度が上がり、ムレてしまいます。ムレる事で赤ちゃんの皮膚がふやけてデリケートな状態になり、排泄物などの刺激を受けやすくなってしまうのです。
カビ
ムレて湿気たおむつの中はカビの繁殖には最適な環境です!おむつかぶれがなかなか治らないような事があるようでしたら、カビによる皮膚炎との合併症をおしている可能性があります。

治療

症状が軽い場合は薬局で手に入るワセリンなどを使用し、おむつをこまめに交換し、お尻を清潔に保って様子をみます。おむつかぶれが治らない場合やひどくなる場合は小児科または皮膚科を受診しましょう。

かぶれ用の塗り薬を塗って、治らなかったり、悪化する場合があります。

治らない場合
塗り薬の塗り方が悪いと可能性と、座浴などの基本的なおしりのケアが出来ていない可能性があります。
悪化した場合
その塗り薬による「接触皮膚炎」を起こしている可能性が考えられます。この、塗り薬による接触皮膚炎が意外に少なくありません。

予防方法

お尻を清潔に保つ事が重要なので、こまめにオムツを交換するようにしましょう。オムツは布おむつではなく、吸水性のよい紙おむつを使い、風通しの良い素材を使用したおむつを選ぶようにすると良いでしょう。又、下痢をしているときは、頻回におむつを替えてお尻を洗う事で清潔に保つようにします。

おむつかぶれの症状が出ている時に上記の予防を行って良くなる場合は薬を使用する必要はありません。

ベビーパウダーについて

現在のベビーパウダーの原料は鉱物、植物、化学物質、香料などを混ぜ合わせて作られている合成品がほとんどです。 オムツかぶれ対策で使いすぎると、毛穴をふさぎ、お尻のひだなどに硬くこびりついて、かえってかぶれがひどくなることがあります。そのためなるべく使わないようにするか、少しだけつけるようにしましょう。

ベビーオイルについて

ベビーオイルが合わない子がいて、それが原因でかぶれる子もいます。 ベビーオイルを使用するよりは、薬局などで手に入る【ワセリン】を使用する事をオススメします。お医者さんもワセリンを推奨しているとこが多いです。

※予防チェックポイント
  • 通気性の高いおむつカバーと、吸収力の高いおむつを使う
  • おむつをこまめに交換する
  • うんちの後はお尻を洗ってあげて(座浴)汚れをしっかりと落とす
  • おしりふきでウンチを綺麗に拭き取ろうとしての触りすぎ・拭きすぎに注意する
  • しっかり乾燥させてからおむつ交換する

毎回座欲させてあげるのが大変という場合はドレッシング容器や霧吹きにぬるま湯を入れて、 おむつの上で洗ってあげるのも手です。(おむつが水を吸ってくれます) おしりふきが原因で、おしりがかぶれる子もまれにいますので、その場合は、コットンやガーゼをぬるま湯で湿らせてから優しく拭いてあげてください。

予防に役立つ商品

上の商品は赤ちゃん本舗の商品で、「あったかいdeシュ! 赤ちゃん用おしりふき洗浄器」と言うものです。スイッチを入れておくと水温30~40度の快適な温度に保つ事ができる霧吹きタイプです。楽天での評価も良いのでオススメです。

上の商品も赤ちゃん本舗の商品で、「Combi お湯でコットンおしりふきLV」と言うものです。上記の商品と同じように電源を入れると適温(35-45℃)に保つ事ができます。上記の商品は霧吹きタイプですが、こちらはコットンタイプで、コットンを1~2日分収納出来るようになっています。

赤ちゃんの病気メニュー


注目ページ!

新着記事

世界の子育て事情や体験談、話題の動画を配信赤ちゃんの部屋エンターテイメント 赤ちゃんの部屋エンタメ(エンターテイメント)のすべての記事 妊娠したらマタスタ マタスタのすべての記事
出産したらママスタ ママスタのすべての記事 パパになったらパパスタ パパスタのすべての記事
妊娠・出産・育児コラム
赤ちゃんの部屋コラム

赤ちゃんの部屋コラム

妊娠、出産、育児にはいろいろな悩みや疑問、発見や不思議、喜びや驚きなど今まで知る事のなかった世界があります。目からウロコが出るような妊娠・出産・育児に関するコラムをお届けしていきます♪

赤ちゃんの部屋コラム
母乳育児コラム

母乳育児コラム

あき助産師と助産院ばぶばぶ院長の小林ひさこ先生による母乳育児コラム。母乳育児を始める頃から卒乳までに役立つ様々な情報満載で、母乳育児の疑問や悩みを解決してくれます。

母乳育児コラム
イヤイヤ期コラム

イヤイヤ期コラム

NLP心理学を学び、一時保育所で働きながら100人以上のイヤイヤ期の子供の行動パターンや心理状態を日々観察することで、イヤイヤ期の対応法を体系化したイヤイヤ期専門家の西村先生によるコラム。

イヤイヤ期コラム
ベビーサインコラム

ベビーサインコラム

一般社団法人日本ベビーサイン協会代表理事の吉中みちる先生によるベビーサインコラム。手や指を使ったベビーサインのコミュニケーション手段を覚えて赤ちゃんとコミュニケーションをとりましょう!

ベビーサインコラム
マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体について助産師・看護師・ママズケア認定ベビーマッサージ講師・アラウンドバースセラピスト・受胎調節実施指導など様々な分野で活躍する佐藤先生が詳しく解説するコラム。

マタニティ整体と産後の整体コラム
産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズ

産後のエクササイズコラム

Beauty Space代表、日本マタニティフィットネス協会ママフィット認定インストラクターの荻野則子先生による産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズを動画でわかり易く解説。

産後のエクササイズコラム
ベルタ葉酸サプリ ベルタ妊娠線 ベルタ酵素
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

ははこぐさ治療室院長の奥山麻理先生と助産師・保健師・看護師の石坂晶先生によるコラム。お2人が紹介するベビーマッサージはママズケアのメソッドで、1日1回30秒から始められるベビーマッサージ。

ベビーマッサージコラム
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

RTA指定スクールでぃんぷる代表の関本涼子先生とRTA指定スクールPoco a Poco代表の吉野陽子先生によるコラム。生まれたての赤ちゃんと最初の意思疎通、それは肌と肌を通じて行うタッチケア。

ベビーマッサージコラム
絵本の読み聞かせコラム

絵本の読み聞かせコラム

愛着形成に大変効果的とされる絵本。絵本の選び方や絵本の読み聞かせの効果、読み聞かせ方のコツやオススメの絵本などを絵本の読み聞かせ専門家の平松祐美子先生が紹介。

絵本の読み聞かせコラム
小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

「ムシ歯ゼロで元気なお口」を育むために、マタニティや0歳の赤ちゃんの頃からできることを、小児歯科の専門家としてお伝えするコラム。

虫歯予防コラム
子どもとのコミュニケーションや発達障がい

子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方

コミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方について臨床発達心理士の斑目雅美先生が子育て実践例を交えて解説。

臨床発達心理士コラム
お腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム

お腹の中の赤ちゃんと絆作り

臨床心理士の飯島ゆみこ先生によるお腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム。おなかの赤ちゃんとママとの絆を深め、子育ても楽しめるようになるヒントを臨床心理士の視点からお伝えしていきます。

臨床心理士コラム
~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大による身近で大切な人との幸せな関係を築く情報コラム。大切な人と幸せな関係を築ける『考え方』と『心の習慣』を『言葉』にして贈らせて頂きます。

幸せのレシピコラム
抱っこの専門家が伝える楽な抱っことおんぶのお話

楽な抱っこやおんぶの仕方

抱っこの専門家が楽な抱っこやおんぶの仕方から腱鞘炎・腰痛などの問題まで詳しく解説!乳幼児期の抱っことおんぶを、より快適に、気持ちよく、自由に楽しめるポイントを学びましょう。

楽な抱っこやおんぶの仕方
言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

「周りの子に比べてことばが少し遅い」「コミュニケーションがうまくいかない」そんな悩みを解決するコミュニケーションや発音を育てるトレーニングコラムです。

言語聴覚士コラム
子どもごはん

偏食・食べないを乗り切るご飯作り

偏食の子も食べない子も悩まないごはん作りを子どもごはんの専門家、美紀ピア先生が教えます。子どもごはんをサポートする食セッションで食の大切さを学びましょう。

子どもごはんコラム