保育園落ちた日本死ね!!!トピックスが話題に。

今の日本は少子化?いや子諦化だ!

今の日本は少子化?いや子諦化だ!

今、あるトピックスが世間をにぎわせています。そのトピックスの内容をご紹介したいと思います。以下引用。

出展:http://anond.hatelabo.jp/20160215171759


何なんだよ日本。 一億総活躍社会じゃねーのかよ。 昨日見事に保育園落ちたわ。 どうすんだよ私活躍出来ねーじゃねーか。 子供を産んで子育てして社会に出て働いて税金納めてやるって言ってるのに日本は何が不満なんだ? 何が少子化だよクソ。 子供産んだはいいけど希望通りに保育園に預けるのほぼ無理だからwって言ってて子供産むやつなんかいねーよ。 不倫してもいいし賄賂受け取るのもどうでもいいから保育園増やせよ。 オリンピックで何百億円無駄に使ってんだよ。 エンブレムとかどうでもいいから保育園作れよ。 有名なデザイナーに払う金あるなら保育園作れよ。 どうすんだよ会社やめなくちゃならねーだろ。 ふざけんな日本。 保育園増やせないなら児童手当20万にしろよ。 保育園も増やせないし児童手当も数千円しか払えないけど少子化なんとかしたいんだよねーってそんなムシのいい話あるかよボケ。 国が子供産ませないでどうすんだよ。 金があれば子供産むってやつがゴマンといるんだから取り敢えず金出すか子供にかかる費用全てを無償にしろよ。 不倫したり賄賂受け取ったりウチワ作ってるやつ見繕って国会議員を半分位クビにすりゃ財源作れるだろ。 まじいい加減にしろ日本。


この内容に対し、国会議員や安倍総理は「本人をだせ」「本当か確認しようがない」とコメントした事により、ママ達の間でさらに炎上。保育園に落ちて入れなかったママさん達が「#保育園落ちたの私だ」というハッシュタグのもと、多くの方が賛同し国会前での抗議集会へと発展しました。

口調は悪いですが、おっしゃっている事は的をえていると思います。ですが、やはりどのような意見にも賛同する方・激しくバッシングする方の両方がいます。こちらの方の意見にも賛否両論あるようです。

「口が悪いから落ちた」「正規社員だったら受かる」などなど・・・色々な意見が飛び交っています。このような意見を出すのは、女性の苦労が分からない男性が大半です。自分の妻が同じ事で悩んだときに、初めてママ達の立場に立って考えるようになるのです。

今現在、日本は待機児童の問題で悩まされているのが現状です。正社員で勤めていたとしても、出産を期に退職される方や、旦那さんの転勤の都合で退職された方など、様々な方がいます。

「正社員なら受かるんだから正社員になれば」と発言されている方に聞きたい。あなたがもし面接官で、1歳児の子どもを育てているママと、20代半ばの独身女性が面接に来た場合、どちらを採用しますか?子持ちは急に休んだり早退したりしそうだから、子どもがいない女性を採用したいと考えませんでしたか?

子どもを出産した後、小さな子どもを抱えて就職活動するとなると、必ず問題にあげられるのが「急な休み」「急な早退」です。子どもがいるという事は、子どもの体調が悪い時に急に仕事をお休みしたり、急に早退する事がでてきます。小さな子どもがいると分かった時点で、面接で落とされる事だってあります。子どもを連れての再就職はとても難しいものになるんです。子育てを始めたママたちは、子どもがいない女性と同じ土俵(就職活動)で戦うのはとても難しいことなんです。

また、「正社員だから確実に受かる」というのは、東京の都心部ほど待機児童で悩まされていない地方では、正社員は確実に受かるという事があるのでしょうが、東京の都心部で待機児童100人以上待ちという中、正規で雇われていない方ばかりだと思いますか?正社員だからという理由で100人抜かして保育園当確(当選確実)なんて、東京ではまずありえないお話しだと思います。いっぱいいる正社員ママさん達のなかで、さらに点数の高い順で入園が決まっていくのです。

「○○が悪いから落ちた」「パートだから落ちた」とバッシングするのは簡単です。実際に保育園に落ちてしまい、仕事をしたいのに出来ず金銭面で苦労をする事になるママ達の身になって考えてみてください。少子化の今だからこそ、子どもや子育てをしているママ達を大切にしなくてどうするのでしょうか。

子どもは日本の(みんなの)宝です。未来を担う存在です。「子どもを産んでくれてありがとう。子どもを育ててくれてありがとう。」と、もっと子育て世代のママ達を大切にして受け入れてあげなければいけないのではないでしょうか。そうでないと、産めるけど産まない、金銭的に余裕がない、産んだら仕事が出来ないという理由から、更に子どもを作らない方が増えてしまいます。

そして、国会議員に問いたい。「本人をだせ」「本当か確認しようがない」と言っていますが「私が本人です」と名乗り出てきたところでどうなるのでしょうか。保育園に落選して仕事が出来なくて悩んでいるママさんは、五万といます。この方だけではありません。

「本人をだせ」「本当か確認しようがない」=「嘘だろ!ただの荒らしだろ!」と言っているようにも受け取れます。日本では沢山の方が保育園に落選しています。嘘なわけがありません。本当なんです。これがリアルな声なんです。保育園に受からなくて困っているママなんて、探せばいくらでも見つかります。

「本当か確認しようがない」という言葉には、私はどうしても納得いきません。今回の出来事に対する政治家の方々の反応をみて、日本が当たり前に使っている「少子化」という言葉も少し違うのではないかと思ってしまいました。※少子化とは・・・総人口に占める子供の数が少なくなることをあらわします。

今現在、日本では「子どもを作るとお金がかかる」「子どもを増やすと生活が苦しくなる」「待機児童の問題で復職出来ないかもしれない」という不安から、子どもを持つことを諦めている(不安に思っている)若い世代のご夫婦がたくさんいらっしゃいます。このような方々に「よし!これなら安心して子育てができそうだ!子どもを作ろう!」と思ってもらわなければ、永遠に子どもは減り続けていくでしょう。

今の日本は、ただただ訳も無く子どもが減少しているわけではなく、安心して子どもが生み育てられるような環境にない、国のシステムや、子育てにかかる金銭問題、医療の問題、様々な問題から“子どもを持つことを諦めている”“子どもを持つことは(金銭面などを考えて)デメリットだと考えている”方が多いので、子どもが減っていっているのです。

これを表現するための適切な言葉が見つからなかったので、赤ちゃんの部屋では「子諦化(していか)」とネーミングさせていただきます。

子諦化(していか)=国のシステムや、金銭問題、医療の問題など、様々な問題から子どもを作ることをあきらめる方が増える事をあらわします。

保育園問題・医療費の問題など、色々な問題が解決すれば、子どもを作ってもいいと考えている子どもを持たない夫婦は沢山います。少子化から脱するには、何をすべきなのか。どの問題から解決していけば良いのか。政治家の方々は世論にもっと耳を傾けてもらいたいと、心から強くおもいます。

保育園問題・医療費の問題など、色々な問題が解決すれば、子どもを作ってもいいと考えている子どもを持たない夫婦は沢山います。

また、沢山のお金を使ってでも妊娠したい・子どもを生み育てたいと必死になって不妊治療に挑んでいるご夫婦が沢山いらっしゃいます。「保育園落ちた日本死ね!!!」を書いた方がおっしゃる通り、日本はお金の使い道が少しおかしいように感じます。

「少子化で日本があぶない!」というのであれば、保育園を増やしたり、保育士のお給料対策、育児手当て、不妊治療無料化など、子どもを増やす為の対策からとるべきなのではないでしょうか?「保育園落ちた日本死ね!!!」さんがおっしゃるように、新国立競技場のデザイナーに多額のお金を支払う余裕があるのであれば、そこから始めるべきだったのではないでしょうか。

新国立競技場をデザインしたザハ・ハディド氏は、デザインを描いただけで(デザイン監修契約)、13億円受け取っているんです。その後、様々な問題があり、新国立競技場は別のデザインへ変わることとなりましたが、支払われた13億円は戻ってこないそうです。そのうえ・・・採用しなかったということへの違約金として更に7億円支払わなければならないんだそうです。

国民が汗水たらして働いて納めた大切なお金である20億・・・ドブに捨てたようなものですよね。使われないものへ支払われた20億円。。本当にもったいないです。

日本は「子どもが減ってきたぞ、大変だ!」「超がつくほどの高齢化社会に突入してしまうぞ、大変だ!」と騒いでいる割には、何一つ子どもを増やすための対策がとられていないように感じます。少子化から脱するには、何をすべきなのか。どの問題から解決していけば良いのか。政治家の方々は世論にもっと耳を傾けてもらいたいと、心から強くおもいます。

保育士の現状

待機児童問題の原因として保育士不足があげられています。筆者の友人にも“元”保育士がたくさんいます。ここからは友人たちのお話です。


朝5時出勤(6時から預かり可能な保育園)で、お昼の休憩時間はお便り帳などを書いたりでちゃんとした休憩がとれない。仕事が終わったらお遊戯会などで作る備品を残って作ったり、家に持ち帰って備品を作ったり・・・。

常に数十名の子どもの命を守りながら、ほかの事も沢山やらなければいけない。そんな過酷な労働環境で、正規社員であるにもかかわらず給料が11万円。色々引かれて手取りは9万ちょっと。割に合わない。寝る前まで備品を作ったりして、全然休まらない。家にいても仕事をしている感じがする。モンスターペアレンツの方や、言う事を聞いてくれない子どもとのやり取りなど、色々精神的にも肉体的にも大変なことが多いのに、一ヶ月一生懸命働いて9万円。(勤務5年目の時)子どもが好きなだけではやっていけない。


上記は元保育士だった友人たちが「分かる、分かる~!」と言いながら盛り上がっていた会話です。

私の周りには保育士として働いていた子が8名いましたが、結婚を期に7名が退職してしまいました。退職した子たちは「二度と保育士には戻りたくない」と口を揃えて言います。「子どもが好き」というだけではやっていけないのが現状のようで、話しを聞いているだけでも保育士の大変さが伝わってきました。

日本には、私の友人のような“元”保育士がたくさん溢れています。もちろん、私の友人と同じようなことが原因で退職された方ばかりではないと思います。

国は「保育園が作れないのは保育士が不足している事が問題」だという事に気づいているようですが、そこに気づいたからといって元保育士さん達に「もどってきてくれ!」と声をかけて、彼女(彼)達は保育園の先生として戻ってきてくれるのでしょうか。友人たちの冷めた感じを見る限り、新しい保育士さんを育成していくほかなさそうに感じます。

今は保育士の問題で悩んでいる日本ですが、十数年後には介護士さんの不足が問題になるのではないかと不安を感じます。今の介護士さんへのお給料などの待遇などを見ていると、お給料と働きが見合っていないように感じます。数十年後の日本には、“元”介護士と呼ばれる方が増え、介護士不足で老人ホームが不足・・・。そんな未来が待っているような気がしてなりません。

妊娠中・育児に役立つコラム

  • 妊娠中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム
  • 育児中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム
  • パパになったらパパスタ!Papa Study
  • 母乳育児コラム
  • イヤイヤ期コラム
  • ベビーサインコラム
  • マタニティ整体と産後整体コラム
  • 産後のエクササイズコラム
  • ベビーマッサージコラム
  • 絵本の読み聞かせコラム
  • 小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防コラム
  • 子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方コラム
  • 臨床心理士
  • ~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム
  • 楽な抱っこやおんぶの仕方コラム
  • 言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング
  • 子どもごはん専門家

妊娠中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム

マタスタ
全てのマタスタを読む

育児中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム

ママスタ
全てのママスタを読む


注目ページ!

新着記事

世界の子育て事情や体験談、話題の動画を配信赤ちゃんの部屋エンターテイメント 赤ちゃんの部屋エンタメ(エンターテイメント)のすべての記事 妊娠したらマタスタ マタスタのすべての記事
出産したらママスタ ママスタのすべての記事 パパになったらパパスタ パパスタのすべての記事
妊娠・出産・育児コラム
赤ちゃんの部屋コラム

赤ちゃんの部屋コラム

妊娠、出産、育児にはいろいろな悩みや疑問、発見や不思議、喜びや驚きなど今まで知る事のなかった世界があります。目からウロコが出るような妊娠・出産・育児に関するコラムをお届けしていきます♪

赤ちゃんの部屋コラム
母乳育児コラム

母乳育児コラム

あき助産師と助産院ばぶばぶ院長の小林ひさこ先生による母乳育児コラム。母乳育児を始める頃から卒乳までに役立つ様々な情報満載で、母乳育児の疑問や悩みを解決してくれます。

母乳育児コラム
イヤイヤ期コラム

イヤイヤ期コラム

NLP心理学を学び、一時保育所で働きながら100人以上のイヤイヤ期の子供の行動パターンや心理状態を日々観察することで、イヤイヤ期の対応法を体系化したイヤイヤ期専門家の西村先生によるコラム。

イヤイヤ期コラム
ベビーサインコラム

ベビーサインコラム

一般社団法人日本ベビーサイン協会代表理事の吉中みちる先生によるベビーサインコラム。手や指を使ったベビーサインのコミュニケーション手段を覚えて赤ちゃんとコミュニケーションをとりましょう!

ベビーサインコラム
マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体について助産師・看護師・ママズケア認定ベビーマッサージ講師・アラウンドバースセラピスト・受胎調節実施指導など様々な分野で活躍する佐藤先生が詳しく解説するコラム。

マタニティ整体と産後の整体コラム
産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズ

産後のエクササイズコラム

Beauty Space代表、日本マタニティフィットネス協会ママフィット認定インストラクターの荻野則子先生による産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズを動画でわかり易く解説。

産後のエクササイズコラム
ベルタ葉酸サプリ ベルタ妊娠線 ベルタ酵素
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

ははこぐさ治療室院長の奥山麻理先生と助産師・保健師・看護師の石坂晶先生によるコラム。お2人が紹介するベビーマッサージはママズケアのメソッドで、1日1回30秒から始められるベビーマッサージ。

ベビーマッサージコラム
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

RTA指定スクールでぃんぷる代表の関本涼子先生とRTA指定スクールPoco a Poco代表の吉野陽子先生によるコラム。生まれたての赤ちゃんと最初の意思疎通、それは肌と肌を通じて行うタッチケア。

ベビーマッサージコラム
絵本の読み聞かせコラム

絵本の読み聞かせコラム

愛着形成に大変効果的とされる絵本。絵本の選び方や絵本の読み聞かせの効果、読み聞かせ方のコツやオススメの絵本などを絵本の読み聞かせ専門家の平松祐美子先生が紹介。

絵本の読み聞かせコラム
小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

「ムシ歯ゼロで元気なお口」を育むために、マタニティや0歳の赤ちゃんの頃からできることを、小児歯科の専門家としてお伝えするコラム。

虫歯予防コラム
子どもとのコミュニケーションや発達障がい

子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方

コミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方について臨床発達心理士の斑目雅美先生が子育て実践例を交えて解説。

臨床発達心理士コラム
お腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム

お腹の中の赤ちゃんと絆作り

臨床心理士の飯島ゆみこ先生によるお腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム。おなかの赤ちゃんとママとの絆を深め、子育ても楽しめるようになるヒントを臨床心理士の視点からお伝えしていきます。

臨床心理士コラム
~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大による身近で大切な人との幸せな関係を築く情報コラム。大切な人と幸せな関係を築ける『考え方』と『心の習慣』を『言葉』にして贈らせて頂きます。

幸せのレシピコラム
抱っこの専門家が伝える楽な抱っことおんぶのお話

楽な抱っこやおんぶの仕方

抱っこの専門家が楽な抱っこやおんぶの仕方から腱鞘炎・腰痛などの問題まで詳しく解説!乳幼児期の抱っことおんぶを、より快適に、気持ちよく、自由に楽しめるポイントを学びましょう。

楽な抱っこやおんぶの仕方
言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

「周りの子に比べてことばが少し遅い」「コミュニケーションがうまくいかない」そんな悩みを解決するコミュニケーションや発音を育てるトレーニングコラムです。

言語聴覚士コラム
子どもごはん

偏食・食べないを乗り切るご飯作り

偏食の子も食べない子も悩まないごはん作りを子どもごはんの専門家、美紀ピア先生が教えます。子どもごはんをサポートする食セッションで食の大切さを学びましょう。

子どもごはんコラム