アメリカの学校ではお医者さんから一筆なければ直ぐ呼び出し?!

子どもがケガをしてしまったらドクターノートを忘れずに!

ケガをしたらドクターノート

9月に入り、アメリカでは一斉に学校がスタートして新学期が始まる時期です!長い夏休みがあけて久しぶりにクラスメートや先生に会い、楽しい学期が始まるこの時期。子供も大人も新しい学年になることにワクワクしちゃいますよね。そして、長いお休みの間に、いっぱい遊んで怪我をしちゃったまま登校なんていう子もいるはず。。

アメリカの学校では、怪我などした際にお医者さんからの一筆がなければ直ぐに呼び出しがかかる事があるのをご存知ですか?きっと、日本の学校ではそこまで厳しくないので、日本とのカルチャーショックを感じるかと思います。

筆者の子供も以前家の中で遊んでいた際に、足に軽い捻挫をしてしまい完治しないまま登校したことがありました。足に軽い捻挫をしたものの、ゆっくり歩けていて何といっても本人はとっても元気!翌朝、少し痛みが残るものの本人も学校へ行く気で、普段通りに用意をして学校へ送り出しました。

子供は4歳になったころで、まだ英語での会話は十分にはできない時期でした。念のため担任の先生宛に、「足を捻挫した状況や痛めている旨を伝え、もし何かあれば連絡をください。」と、一筆書いたメモを持たせました。もちろん、この程度の怪我で学校を休ませるという頭はありませんでした。

すると、その日のお昼前に学校から電話がかかってきました。相手は担任ではなく、学校に常駐しているスクールナースと呼ばれる保健の先生からでした。

「メモを読みましたが、体育の授業の最中にお子さんが足が痛むと訴えているのでいまから直ぐに迎えに来るように。」とのことでした。電話での声もなんだかとっても冷たい感じ。その時点では、まだ私がどんな疑いをかけられているか、全く想像もできませんでした。

直ぐに学校へ迎えにいくと、保健室のベッドに座る子供に私を近づけないかのように子供と私の間に立って、腰に手をあててきつい目つきでにらんでくるスクールナース。

開口一番、「なぜ、母親のあなたは子供がこんな状態なのに学校へ送ったのですか?その理由を答えてください。」というもの。

一瞬、私は「怒られてるの???」と、質問の意図が理解できず、「子供は怪我はしているものの、一人で歩けるので学校を休ませる程度ではないと判断しました。」と答えました。

すると、「では、もう一度どのように怪我をしたのかを説明してください。」と、聞くのです。

「怪我をした状況は、あなたの手元にある担任宛のメモにも記載したのですが、もう一度伝えなければいけませんか?」と、聞き返しました。

また鋭い目で睨まれて、「もう一度詳しく教えてください。」というのです。そして、「何故、怪我をしたのに病院へ連れて行かなかったのか?」と聞くのです。

スクールナースは、私が話す間もチラチラと子供の反応も伺っているかのように思えました。それに同じことを二度聞くのって、よく刑事モノのドラマ等でみる尋問のシーンのようで、その時にやっと私は自分にかけられているあらぬ疑いに気づきました。

スクールナースは、もしかしたら親の虐待によって怪我をした可能性もあるのではないのか?という態度で接していたのです。

ここで、相手に圧倒されて・・・たじろいではいけない!と内心はドキドキしながら事実を説明しました。事実を説明して、やっと私の疑いが晴れると、先ほどまでずっと怖い目つきだったスクールナースの表情も和み、最後にはニコッと笑いかけてくれるほどでした。

また、体育の授業を欠席する場合には、親の一筆では駄目だといわれました。ドクターからの一筆「ドクターノート」が必要で、体育を欠席させる期間を書いてもらう必要があるとのことでした。子供もまだ十分に自分の言葉で伝えられない年齢だったというのもあり、親の虐待をこのような場面で見つけ出すのも、スクールナースの役目なのだと感じました。

アメリカでは、お医者さんやナースが健康診断で体にアザや怪我がないか確認し、怪しい場合には、直ぐに警察へ連携するというのも聞いたことがあります。子供が怪我をして、病院へ連れて行きドクターからの一筆(ドクターノート)があればその時点で虐待ではないという確信が持てるのだろうと思いました。

今回の経験を通じて、親の私よりも時にはドクターの一筆の方が効力があることを知りました。恐らく、軽い捻挫であってもドクターの一筆を持たせて登校させるのが正解だったのかもしれません。また一つ、アメリカのカルチャーを習得しました。

妊娠中・育児に役立つコラム

  • 妊娠中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム
  • 育児中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム
  • パパになったらパパスタ!Papa Study
  • 母乳育児コラム
  • イヤイヤ期コラム
  • ベビーサインコラム
  • マタニティ整体と産後整体コラム
  • 産後のエクササイズコラム
  • ベビーマッサージコラム
  • 絵本の読み聞かせコラム
  • 小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防コラム
  • 子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方コラム
  • 臨床心理士
  • ~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム
  • 楽な抱っこやおんぶの仕方コラム
  • 言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング
  • 子どもごはん専門家

妊娠中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム

マタスタ
全てのマタスタを読む

育児中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム

ママスタ
全てのママスタを読む


注目ページ!

新着記事

世界の子育て事情や体験談、話題の動画を配信赤ちゃんの部屋エンターテイメント 赤ちゃんの部屋エンタメ(エンターテイメント)のすべての記事 妊娠したらマタスタ マタスタのすべての記事
出産したらママスタ ママスタのすべての記事 パパになったらパパスタ パパスタのすべての記事
妊娠・出産・育児コラム
赤ちゃんの部屋コラム

赤ちゃんの部屋コラム

妊娠、出産、育児にはいろいろな悩みや疑問、発見や不思議、喜びや驚きなど今まで知る事のなかった世界があります。目からウロコが出るような妊娠・出産・育児に関するコラムをお届けしていきます♪

赤ちゃんの部屋コラム
母乳育児コラム

母乳育児コラム

あき助産師と助産院ばぶばぶ院長の小林ひさこ先生による母乳育児コラム。母乳育児を始める頃から卒乳までに役立つ様々な情報満載で、母乳育児の疑問や悩みを解決してくれます。

母乳育児コラム
イヤイヤ期コラム

イヤイヤ期コラム

NLP心理学を学び、一時保育所で働きながら100人以上のイヤイヤ期の子供の行動パターンや心理状態を日々観察することで、イヤイヤ期の対応法を体系化したイヤイヤ期専門家の西村先生によるコラム。

イヤイヤ期コラム
ベビーサインコラム

ベビーサインコラム

一般社団法人日本ベビーサイン協会代表理事の吉中みちる先生によるベビーサインコラム。手や指を使ったベビーサインのコミュニケーション手段を覚えて赤ちゃんとコミュニケーションをとりましょう!

ベビーサインコラム
マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体について助産師・看護師・ママズケア認定ベビーマッサージ講師・アラウンドバースセラピスト・受胎調節実施指導など様々な分野で活躍する佐藤先生が詳しく解説するコラム。

マタニティ整体と産後の整体コラム
産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズ

産後のエクササイズコラム

Beauty Space代表、日本マタニティフィットネス協会ママフィット認定インストラクターの荻野則子先生による産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズを動画でわかり易く解説。

産後のエクササイズコラム
ベルタ葉酸サプリ ベルタ妊娠線 ベルタ酵素
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

ははこぐさ治療室院長の奥山麻理先生と助産師・保健師・看護師の石坂晶先生によるコラム。お2人が紹介するベビーマッサージはママズケアのメソッドで、1日1回30秒から始められるベビーマッサージ。

ベビーマッサージコラム
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

RTA指定スクールでぃんぷる代表の関本涼子先生とRTA指定スクールPoco a Poco代表の吉野陽子先生によるコラム。生まれたての赤ちゃんと最初の意思疎通、それは肌と肌を通じて行うタッチケア。

ベビーマッサージコラム
絵本の読み聞かせコラム

絵本の読み聞かせコラム

愛着形成に大変効果的とされる絵本。絵本の選び方や絵本の読み聞かせの効果、読み聞かせ方のコツやオススメの絵本などを絵本の読み聞かせ専門家の平松祐美子先生が紹介。

絵本の読み聞かせコラム
小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

「ムシ歯ゼロで元気なお口」を育むために、マタニティや0歳の赤ちゃんの頃からできることを、小児歯科の専門家としてお伝えするコラム。

虫歯予防コラム
子どもとのコミュニケーションや発達障がい

子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方

コミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方について臨床発達心理士の斑目雅美先生が子育て実践例を交えて解説。

臨床発達心理士コラム
お腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム

お腹の中の赤ちゃんと絆作り

臨床心理士の飯島ゆみこ先生によるお腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム。おなかの赤ちゃんとママとの絆を深め、子育ても楽しめるようになるヒントを臨床心理士の視点からお伝えしていきます。

臨床心理士コラム
~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大による身近で大切な人との幸せな関係を築く情報コラム。大切な人と幸せな関係を築ける『考え方』と『心の習慣』を『言葉』にして贈らせて頂きます。

幸せのレシピコラム
抱っこの専門家が伝える楽な抱っことおんぶのお話

楽な抱っこやおんぶの仕方

抱っこの専門家が楽な抱っこやおんぶの仕方から腱鞘炎・腰痛などの問題まで詳しく解説!乳幼児期の抱っことおんぶを、より快適に、気持ちよく、自由に楽しめるポイントを学びましょう。

楽な抱っこやおんぶの仕方
言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

「周りの子に比べてことばが少し遅い」「コミュニケーションがうまくいかない」そんな悩みを解決するコミュニケーションや発音を育てるトレーニングコラムです。

言語聴覚士コラム
子どもごはん

偏食・食べないを乗り切るご飯作り

偏食の子も食べない子も悩まないごはん作りを子どもごはんの専門家、美紀ピア先生が教えます。子どもごはんをサポートする食セッションで食の大切さを学びましょう。

子どもごはんコラム