赤ちゃんのイベント「お宮参り」について

お宮参りってどんな事をするの?何を着たらいいの?

お宮参り

赤ちゃんが産まれると、産院を退院してからお七夜や命名式があり、さらに成長していくにつれてお宮参りや初節句などさまざまなイベントがあります。お七夜・命名式について

赤ちゃんが産まれた時期や家族の都合などによって、最近ではお七夜や命名式を特にしないという方もいらっしゃいます。ですが、お宮参りについてはとても多くの方が行っています。この「お宮参り」ですが、具体的にはどんなことを生後どれくらいの時期に行うものなのでしょうか?

そもそもお宮参りっていったい何?

お宮参りは「初宮参り(はつみやまいり)」「初宮詣(はつみやもうで)」とも呼ばれることがあります。赤ちゃんが産まれて1か月を迎えるとき、氏神(うじがみ)さまや産土神(うぶすながみ)さまに「無事にここまで大きくなりました」と感謝・報告する行事です。

※ちなみに…氏神さまとは・・・その地域や集落に住む人がみんなで祀っている神様のことをいいます。産土神さまとは・・・その人が産まれた土地の神様のことをいいます。

自宅近くの神社や、戌の日の安産祈願に行った神社に行くと良いでしょう。戌の日の安産祈願についてはこちら

生後1か月にお宮参りに行くのが一般的ですが、生後1か月ぴったりに行かなくてはならない!というわけではありません。地域によっても違いがあり、男の子は生後31日目・32日目に行く、女の子は生後32日目・33日目に行くなど少しずつ違っています。なので、いつ行けば良いの?と迷う場合には両親などに聞いてみると◎。また、雪や雨の中などの場合には天候によって数日延期したり、赤ちゃんやママの体調に合わせてだいたい生後1か月ごろになるよう調整すると良いでしょう。もちろん、真夏や真冬などは外出すると赤ちゃんに大きな負担となってしまいますから、時期をずらして生後100日のお祝いと兼ねるなど臨機応変に。

お宮参りって、何を着て行けば良いの?

こういったイベントで気になるのが、服装です。主役である赤ちゃんはもちろん、一緒に行くパパやママは何を着ていけば良いのでしょうか?

赤ちゃんは「白羽二重(しろはぶたえ)」という真っ白な産着を着せて、その上から祝い着と呼ばれる着物を着せるのがもっとも正式なスタイル。…ですが、白羽二重も着物も持っていないという家庭も多いですし、この一回のためにわざわざ購入するのはちょっと…と思いますよね。ですから、最近ではベビードレスを着せて、その上から祝い着だけをかけてあげるというスタイルが多くなっています。祝い着は赤ちゃんと抱っこしている人を包み、紐で結ぶスタイルの着物です。ベビードレスなら今ではショッピングモールなどでも手頃に購入することができますし、赤ちゃんが産院を退院するとき・お七夜・お宮参りと使いまわすこともできますね。

パパはスーツ。ママはワンピース・パンツスーツ・着物などさまざまですが、産後1か月ごろというのはまだ体調が戻り切っていないこともあります。さらに、赤ちゃんのお世話や授乳などがありますので、着物を着ていると動きにくい・授乳しにくいというデメリットがあります。お宮参りが終わったらすぐに脱ぎ着できるというのなら良いのですが、そのまま家族で会食することもありますので、授乳しやすいワンピースがオススメですよ。授乳服の種類についてはこちら

さらに、お宮参りに行く人の服装についても見ていきましょう。パパ・ママ・赤ちゃんに加え、おばあちゃんも一緒に行くことが多いですね。このとき、赤ちゃんを抱っこするのは一般的にはパパ側のおばあちゃんだと言われています。

服装

おばあちゃんはやはり着物で行き、家族みんなの服装がバランスが取れるようにしておくと良いでしょう。最近ではパパとママと赤ちゃんの3人だけで行くというパターンも多いので、家族で話し合ってみてくださいね。

いざお宮参りへ!…何をするの?料金は?

さて、服装も決まったところでいざお宮参りへ。神社によりますが、事前にお宮参りに行くという予約を取っておかないといけないところもありますので、しっかりと事前に確認しておきましょう!

まずは神社に行き、社務所や祈願受付の場所に行きます。ここで料金をお渡しするのですが、白い封筒やご祝儀袋(紅白のもので熨斗なし、蝶結びのもの)にお金を入れましょう。この封筒に「御玉串料」もしくは「御初穂料」と書き、その下に赤ちゃんの名前を書いてお渡しします。

御玉串料・御初穂料

料金ですが、神社が設定していることもあればそうでない場合もあります。だいたい5千円くらいが一般的な料金ですが、3千円~1万円程度だということを頭に入れておきましょう。料金は神社のホームページでチェックすることができたり、予約したときに聞くこともできますので事前に調べておきましょう。

祈願が始まるまで待ち、おはらいを受けてから最後に祝詞(のりと)を挙げていただきましょう。「健やかに育ちますように」という意味が込められている祝詞を聞けば、パパもママもこれからさらに赤ちゃんを大事に育てていこうという気持ちになるはずですよ。

祝詞を挙げていただくと、お宮参りは終了です。神社の前で家族で記念写真を撮るのも良いですね。

お宮参り後の会食・ランチについて

お宮参りが終了したあとはそのまま帰宅することもあれば、お祝いの会食やランチに行こうという流れになることも多いでしょう。かしこまった料亭に行くこともあるかもしれませんが、和食のお店や個室のあるお店、ホテルのレストランなど、家族みんなでゆったりと食事できるようなところがオススメ。また、最近では授乳室があるレストランも多くなっていますので、こういったところならママも授乳しやすいですね。

食事会の場所選びのポイント

  • 授乳室がある
  • おむつ替えスペースがある
  • 個室(特に上の子がいる場合にオススメ)
  • 畳の小上がりなど赤ちゃんを寝かせられるスペースがある

授乳室がなくても、個室であれば授乳ケープを持っていくことで授乳することができるでしょう。

とにかく、ママと赤ちゃんの体調が最優先です。体調が悪いというときや赤ちゃんにも負担かな?と思ったときには食事会は後日…ということにすると良いでしょう。パパとママが臨機応変に対応していくよう、注意しておきましょう。

お宮参り経験談

筆者の場合ですが、上の子の七五三と兼ねて下の子のお宮参りに行きました。ご祈祷は一緒に受けられたので、上の子がグズったり寒い時期に生まれてあまり外に出したくないというときなど、このように多少時期をずらすのも良いでしょう。実際、お宮参りに行ったときにご祈祷を受ける赤ちゃんはみんな生年月日を読み上げられたのですが、生後1か月前後の子はもちろん、生後半年の子もいました。

また、服装もとてもさまざま。パパはスーツが一般的ではありますが、中には普段着でいらっしゃった方も。ママはやっぱりワンピースが多いようです。着物の方もいらっしゃいましたが産後1か月のママは母乳をあげにくかったり、体調がまだ戻っていないこともありますし、赤ちゃんのお世話がしやすいよう動きやすいワンピース・パンツスーツの方が多い印象でした。ちなみに、筆者もワンピーススタイルで行きました。

夫の母、私の母と5人で行き、お宮参り後は個室のある和食のお店に行きました。生後1か月くらいの子だと、大人が思っている以上にかなり疲れるもの。お宮参り中も会食中も赤ちゃんのようすを気にしつつ、会食は早めに切り上げて帰宅するなど対応していきましょう。そして赤ちゃんがこれからもすくすくと育っていくように、しっかりとお祝いしてあげましょうね!

妊娠中・育児に役立つコラム

  • 妊娠中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム
  • 育児中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム
  • パパになったらパパスタ!Papa Study
  • 母乳育児コラム
  • イヤイヤ期コラム
  • ベビーサインコラム
  • マタニティ整体と産後整体コラム
  • 産後のエクササイズコラム
  • ベビーマッサージコラム
  • 絵本の読み聞かせコラム
  • 小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防コラム
  • 子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方コラム
  • 臨床心理士
  • ~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム
  • 楽な抱っこやおんぶの仕方コラム
  • 言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング
  • 子どもごはん専門家

妊娠中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム

マタスタ
全てのマタスタを読む

育児中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム

ママスタ
全てのママスタを読む


注目ページ!

新着記事

世界の子育て事情や体験談、話題の動画を配信赤ちゃんの部屋エンターテイメント 赤ちゃんの部屋エンタメ(エンターテイメント)のすべての記事 妊娠したらマタスタ マタスタのすべての記事
出産したらママスタ ママスタのすべての記事 パパになったらパパスタ パパスタのすべての記事
妊娠・出産・育児コラム
赤ちゃんの部屋コラム

赤ちゃんの部屋コラム

妊娠、出産、育児にはいろいろな悩みや疑問、発見や不思議、喜びや驚きなど今まで知る事のなかった世界があります。目からウロコが出るような妊娠・出産・育児に関するコラムをお届けしていきます♪

赤ちゃんの部屋コラム
母乳育児コラム

母乳育児コラム

あき助産師と助産院ばぶばぶ院長の小林ひさこ先生による母乳育児コラム。母乳育児を始める頃から卒乳までに役立つ様々な情報満載で、母乳育児の疑問や悩みを解決してくれます。

母乳育児コラム
イヤイヤ期コラム

イヤイヤ期コラム

NLP心理学を学び、一時保育所で働きながら100人以上のイヤイヤ期の子供の行動パターンや心理状態を日々観察することで、イヤイヤ期の対応法を体系化したイヤイヤ期専門家の西村先生によるコラム。

イヤイヤ期コラム
ベビーサインコラム

ベビーサインコラム

一般社団法人日本ベビーサイン協会代表理事の吉中みちる先生によるベビーサインコラム。手や指を使ったベビーサインのコミュニケーション手段を覚えて赤ちゃんとコミュニケーションをとりましょう!

ベビーサインコラム
マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体について助産師・看護師・ママズケア認定ベビーマッサージ講師・アラウンドバースセラピスト・受胎調節実施指導など様々な分野で活躍する佐藤先生が詳しく解説するコラム。

マタニティ整体と産後の整体コラム
産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズ

産後のエクササイズコラム

Beauty Space代表、日本マタニティフィットネス協会ママフィット認定インストラクターの荻野則子先生による産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズを動画でわかり易く解説。

産後のエクササイズコラム
ベルタ葉酸サプリ ベルタ妊娠線 ベルタ酵素
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

ははこぐさ治療室院長の奥山麻理先生と助産師・保健師・看護師の石坂晶先生によるコラム。お2人が紹介するベビーマッサージはママズケアのメソッドで、1日1回30秒から始められるベビーマッサージ。

ベビーマッサージコラム
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

RTA指定スクールでぃんぷる代表の関本涼子先生とRTA指定スクールPoco a Poco代表の吉野陽子先生によるコラム。生まれたての赤ちゃんと最初の意思疎通、それは肌と肌を通じて行うタッチケア。

ベビーマッサージコラム
絵本の読み聞かせコラム

絵本の読み聞かせコラム

愛着形成に大変効果的とされる絵本。絵本の選び方や絵本の読み聞かせの効果、読み聞かせ方のコツやオススメの絵本などを絵本の読み聞かせ専門家の平松祐美子先生が紹介。

絵本の読み聞かせコラム
小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

「ムシ歯ゼロで元気なお口」を育むために、マタニティや0歳の赤ちゃんの頃からできることを、小児歯科の専門家としてお伝えするコラム。

虫歯予防コラム
子どもとのコミュニケーションや発達障がい

子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方

コミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方について臨床発達心理士の斑目雅美先生が子育て実践例を交えて解説。

臨床発達心理士コラム
お腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム

お腹の中の赤ちゃんと絆作り

臨床心理士の飯島ゆみこ先生によるお腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム。おなかの赤ちゃんとママとの絆を深め、子育ても楽しめるようになるヒントを臨床心理士の視点からお伝えしていきます。

臨床心理士コラム
~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大による身近で大切な人との幸せな関係を築く情報コラム。大切な人と幸せな関係を築ける『考え方』と『心の習慣』を『言葉』にして贈らせて頂きます。

幸せのレシピコラム
抱っこの専門家が伝える楽な抱っことおんぶのお話

楽な抱っこやおんぶの仕方

抱っこの専門家が楽な抱っこやおんぶの仕方から腱鞘炎・腰痛などの問題まで詳しく解説!乳幼児期の抱っことおんぶを、より快適に、気持ちよく、自由に楽しめるポイントを学びましょう。

楽な抱っこやおんぶの仕方
言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

「周りの子に比べてことばが少し遅い」「コミュニケーションがうまくいかない」そんな悩みを解決するコミュニケーションや発音を育てるトレーニングコラムです。

言語聴覚士コラム
子どもごはん

偏食・食べないを乗り切るご飯作り

偏食の子も食べない子も悩まないごはん作りを子どもごはんの専門家、美紀ピア先生が教えます。子どもごはんをサポートする食セッションで食の大切さを学びましょう。

子どもごはんコラム