産後の体重、なぜこんなにも減らないの?

え!全然減ってない!恐怖の産後の体重

産後の体重が減らない

重たいおなかの中であかちゃんを育て、いよいよ出産!待望のかわいいわが子に会えた…と喜ぶのもつかの間、怒涛の育児がスタートしていきます。

そしてここから気になるのが、ママ自身のこと。妊婦検診のときには毎回必ず体重を量り、体重が増えすぎていないかどうかなどいろいろなことをチェックするかと思います。体重が一気に増えすぎていると赤ちゃんに負担がかかりやすくなったり、妊娠高血圧症候群などの病気をはじめ、ママのおなかや太ももなどに妊娠線という肉割れができることも。妊娠中の体重管理についてはこちら妊娠線についてはこちら妊娠高血圧症候群についてはこちら

妊娠中はこういったことに気を付けて体重管理をしていきますが、出産を終えると赤ちゃんも羊水も出ていくし、がっつり体重は減るはず!と思いますよね。多くのママさんから聞くことができるのが「全然体重が減ってない!」と嘆く声。3キロ近い赤ちゃんが出ていくのにまったく体重が減っていない…これってどういうこと?

また、出産後退院しても全然体重が落ちない、このまま体重はプラスになったまま!?とハラハラ・ヒヤヒヤするママたち。産後の体重というのは、なぜこんなにも減らないのでしょうか?

出産時にママの体から出ていくもの

まず、出産のときに体重が減るはずであろう、ママの体から出ていくものたちをまとめました。

  • 赤ちゃん(個人差がありますが3キロ前後)
  • 羊水(個人差がありますが500ミリリットル前後)
  • 胎盤(500グラム程度)
  • 血液

これだけ出産時に出ていくとすると約4キロほど。でも、多くのママは妊娠中に4キロ以内でおさめるのは難しいものです。よく言われるのは妊娠前から8キロ以内で体重増加をおさめる…というもの、つまり出産時にはまだ半分しか減っていないことになりますよね。妊娠中に増えてしまった残りの4キロはどこに行ってしまったのでしょうか!?

妊娠中に体重が増えやすい理由って?

まず、妊娠初期にはつわりがあります。もちろんないママ・入院するほどひどいママなど個人差が大きいつわりですが、安定期となる5か月ごろになるとだんだんと落ち着いてきます。

つわりのときには何も食べられず体重が減ってしまうということもよくありますが、いざつわりが終わると「食欲復活!」と言わんばかりに食べたくなるものです。妊娠初期で赤ちゃんが小さかったときには、ママの体にある栄養分などを勝手に吸収して大きくなっていってくれるので多少つわりで食べられなくても問題ありません。つわりが終わり、赤ちゃんもぐんぐんと縦に横にと大きくなっていくと、やはり栄養分が不足していきます。そこで、ママの食欲は爆発。もちろん避けた方が良い食べ物もありますが、食欲が湧いてあれこれと食べたくなるものです。妊娠中に避けたい食べ物についてはこちら

こうして単純に飲み食いすることで増えた体重が、産後すぐには減らない体重の原因のひとつ。

もうひとつ、妊娠中というのは赤ちゃんを育て、妊娠している状態を安定して継続させていくためにいろいろなホルモンが分泌されています。そのなかのひとつに「プロゲステロン」という、いわゆる黄体ホルモンがあります。

このホルモンは妊娠する前、子宮の中を妊娠しやすいような状態にするというはたらきがあったり、もし妊娠したら出産まで妊娠している状態をキープするというはたらきがあります。このはたらきなのですが、実は女性の体内に水分や脂肪を蓄えやすいという状態をつくります。生理前にむくみやすい、体重が増えやすいという症状が起こるのはこのプロゲステロンというホルモンのせいだったということなんです。体が水分や脂肪を抱えやすくなることから、体温を上げたり妊娠した受精卵を守ろうとしているんですね。

先ほども言いましたが、プロゲステロンは生理前だけでなく妊娠中も妊娠状態をキープするために分泌されていて、特に妊娠後期(8~9か月ごろ)がピークだと言われています。つまり、プロゲステロンのはたらきによって普段通り飲み食いしたつもりでも、より多くの水分や脂肪・栄養を体が吸収してしまうため、太りやすくなるということなんです。

妊娠中に体重が増えやすい理由って?

ママの体に、水分や栄養を蓄えやすくするプロゲステロンですが、これは出産のときに胎盤が出ていくことで分泌量が激減します。ふだんは卵巣にある「黄体」という部分から分泌されるのですが、妊娠中期になると胎盤からも分泌されるようになるからです。

では、産後は一気に痩せるんじゃないの?と思ってしまいますよね。残念ながらそうではなく、一度増えてしまった体重は落ちにくいもの。特に妊娠中は激しい運動や筋トレなどができませんから、どうしても筋肉量が落ちてしまうので脂肪がつきやすくなります。

脂肪を燃焼させるためには筋肉が必要です。(筋肉の中のミトコンドリアが脂肪の燃焼場所となるからです)そのため、妊娠中に筋肉が落ちてしまっていることで、妊娠中についてしまった脂肪は産後しばらくの間燃えにくい、つまり痩せにくくなるということです。

ですから、産後まず体重を減らしていきたい…と考えるなら筋トレをして筋肉量を増やし、脂肪が燃焼される場を作るようにしてみてくださいね。ただ、産後すぐの筋トレや無理な運動は厳禁です!!!ママが思っている以上に体には大きな負担がかかるのが出産です、まずは産後の1か月検診を終え、それから少しずつストレッチを始めていくなど無理をしないようにしましょう。

産後体重が落ちない理由、やった方が良いこと!

ママの体に、水分や栄養を蓄えやすくするプロゲステロンですが、これは出産のときに胎盤が出ていくことで分泌量が激減します。ふだんは卵巣にある「黄体」という部分から分泌されるのですが、妊娠中期になると胎盤からも分泌されるようになるからです。

では、産後は一気に痩せるんじゃないの?と思ってしまいますよね。残念ながらそうではなく、一度増えてしまった体重は落ちにくいもの。特に妊娠中は激しい運動や筋トレなどができませんから、どうしても筋肉量が落ちてしまうので脂肪がつきやすくなります。

脂肪を燃焼させるためには筋肉が必要です。(筋肉の中のミトコンドリアが脂肪の燃焼場所となるからです)そのため、妊娠中に筋肉が落ちてしまっていることで、妊娠中についてしまった脂肪は産後しばらくの間燃えにくい、つまり痩せにくくなるということです。

ですから、産後まず体重を減らしていきたい…と考えるなら筋トレをして筋肉量を増やし、脂肪が燃焼される場を作るようにしてみてくださいね。ただ、産後すぐの筋トレや無理な運動は厳禁です!!!ママが思っている以上に体には大きな負担がかかるのが出産です、まずは産後の1か月検診を終え、それから少しずつストレッチを始めていくなど無理をしないようにしましょう。

産後の母乳育児で痩せるのはなぜ??

産後、母乳をあげていると勝手に痩せる!太らない!…という話をよく聞きませんか?まず母乳というのはママの血液でできています。産後は赤ちゃんが日に日におっぱいを飲む量が増えていくため、母乳の分泌量がどんどん増えていきます。つまり、ママの血液からどんどん母乳が作られるので消費されるカロリーも上がっていくことで、母乳育児は痩せやすいと言われるようになったんです。

何らかの原因(乳首の形のせいで吸いにくい、ホルモン剤などの影響、病気、脱水など)がないとしっかり母乳が作られない…ということはまれだと言われています。たとえば、日本などの先進国のママと発展途上国のママを比べると、発展途上国のママの母乳は栄養分が少なかったり分泌量が少ない…というイメージがありませんか?実は量も質もほぼ変わりなく、産後のママのおっぱいから母乳がどんどん作られていきます。

そのため、赤ちゃんが成長してどんどん哺乳量が上がっていくことで、ママのおっぱいの量も増える、つまりママの体から母乳にまわされる栄養が多くなるためママは痩せていくんですね。

筆者も母乳育児でガツンと痩せたタイプです。10キロ体重が増加しましたが、産後翌日は2キロしか減っていませんでした…(ちなみに子どもは3100グラムです…)

そこから母乳育児をしていくうちに、特に運動もしていないのに3か月ほどでとんとんと痩せていきました。運動をしていなくても、毎日の赤ちゃんのお世話、抱っこをしていると腕もたくましくなりますし、それに加えて家事をしていれば体力を使いますよね。母乳育児で自然と痩せていく…というのはこのためなんですね。

産後の体重を減らすための食事制限、注意点

多くのママが産後に行う食事制限。ただ、どうしても無茶な食事制限を行ってしまいやすくなります。産後の体はとってもデリケートですし、食事制限をするにしてもできるだけ栄養バランスを考えたメニューにするよう心がけましょう。

よくある産後の食事制限の失敗例として…

炭水化物をとらない

…エネルギーとなるものですから炭水化物を制限するのは良くありません。産後の体はクタクタになっていますから、ごはんなどの炭水化物は摂取するようにしましょう。それでも気になるようであれば、白米ではなく玄米にするなどの工夫をしてくださいね。

お肉はほとんど食べない

…お肉は良質な動物性たんぱく質。これは筋肉など体を作るうえで欠かせない栄養素です。筋肉を増やして代謝量を上げることで痩せやすい体作りをすることができるので、肉類などのたんぱく質はしっかりと摂りましょう。

そのほかにも気を付けた方が良いこととして…

脂肪分を減らす

バターなどの動物性の油分は、カロリーが高く太りやすい原因になります。またたくさん摂取することで母乳の味を変えてしまう・母乳が詰まりやすくなるとも言われているので、摂取量を減らすようにしましょう。サラダ油ではなくオリーブオイルにするなどの工夫をすると良いですね。

ただ、まったく油分を摂らない!というのはダメ。体の潤滑油といったはたらきをしてくれますので、やはり適度な摂取が望ましいのです。おやつに栄養価の高いアーモンドやナッツを食べるなど、良質な植物性脂肪を摂取していきましょう。

鉄分を摂る

特に母乳をあげているというママは、ぜひ摂取しておきたいもの。鉄分が多く含まれるのは小松菜、ホウレンソウ、赤身の牛肉、レバー、マグロの赤身などなど。サプリメントを上手に使いながら摂取しましょう。

このように、体にとって必要な栄養分をしっかりと摂り、脂肪など余計なものを制限する…といった食生活を続けることで体重を減らすことができます。

また、1か月検診後など体が少しずつ落ち着いてきたら部分的に筋トレを始めていき、痩せやすい体作りをしていきましょう。産後は半年までが勝負!なんて言いますが、焦りすぎることでストレスのせいで血流が悪くなって痩せにくい体になったり、逆に暴食の原因にもなります。1年くらい先を見て、少しずつ産後ダイエットを開始していきましょう!産後のエクササイズについてはこちら

妊娠中・育児に役立つコラム

  • 妊娠中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム
  • 育児中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム
  • パパになったらパパスタ!Papa Study
  • 母乳育児コラム
  • イヤイヤ期コラム
  • ベビーサインコラム
  • マタニティ整体と産後整体コラム
  • 産後のエクササイズコラム
  • ベビーマッサージコラム
  • 絵本の読み聞かせコラム
  • 小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防コラム
  • 子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方コラム
  • 臨床心理士
  • ~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム
  • 楽な抱っこやおんぶの仕方コラム
  • 言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング
  • 子どもごはん専門家

妊娠中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム

マタスタ
全てのマタスタを読む

育児中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム

ママスタ
全てのママスタを読む


注目ページ!

新着記事

世界の子育て事情や体験談、話題の動画を配信赤ちゃんの部屋エンターテイメント 赤ちゃんの部屋エンタメ(エンターテイメント)のすべての記事 妊娠したらマタスタ マタスタのすべての記事
出産したらママスタ ママスタのすべての記事 パパになったらパパスタ パパスタのすべての記事
妊娠・出産・育児コラム
赤ちゃんの部屋コラム

赤ちゃんの部屋コラム

妊娠、出産、育児にはいろいろな悩みや疑問、発見や不思議、喜びや驚きなど今まで知る事のなかった世界があります。目からウロコが出るような妊娠・出産・育児に関するコラムをお届けしていきます♪

赤ちゃんの部屋コラム
母乳育児コラム

母乳育児コラム

あき助産師と助産院ばぶばぶ院長の小林ひさこ先生による母乳育児コラム。母乳育児を始める頃から卒乳までに役立つ様々な情報満載で、母乳育児の疑問や悩みを解決してくれます。

母乳育児コラム
イヤイヤ期コラム

イヤイヤ期コラム

NLP心理学を学び、一時保育所で働きながら100人以上のイヤイヤ期の子供の行動パターンや心理状態を日々観察することで、イヤイヤ期の対応法を体系化したイヤイヤ期専門家の西村先生によるコラム。

イヤイヤ期コラム
ベビーサインコラム

ベビーサインコラム

一般社団法人日本ベビーサイン協会代表理事の吉中みちる先生によるベビーサインコラム。手や指を使ったベビーサインのコミュニケーション手段を覚えて赤ちゃんとコミュニケーションをとりましょう!

ベビーサインコラム
マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体について助産師・看護師・ママズケア認定ベビーマッサージ講師・アラウンドバースセラピスト・受胎調節実施指導など様々な分野で活躍する佐藤先生が詳しく解説するコラム。

マタニティ整体と産後の整体コラム
産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズ

産後のエクササイズコラム

Beauty Space代表、日本マタニティフィットネス協会ママフィット認定インストラクターの荻野則子先生による産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズを動画でわかり易く解説。

産後のエクササイズコラム
ベルタ葉酸サプリ ベルタ妊娠線 ベルタ酵素
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

ははこぐさ治療室院長の奥山麻理先生と助産師・保健師・看護師の石坂晶先生によるコラム。お2人が紹介するベビーマッサージはママズケアのメソッドで、1日1回30秒から始められるベビーマッサージ。

ベビーマッサージコラム
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

RTA指定スクールでぃんぷる代表の関本涼子先生とRTA指定スクールPoco a Poco代表の吉野陽子先生によるコラム。生まれたての赤ちゃんと最初の意思疎通、それは肌と肌を通じて行うタッチケア。

ベビーマッサージコラム
絵本の読み聞かせコラム

絵本の読み聞かせコラム

愛着形成に大変効果的とされる絵本。絵本の選び方や絵本の読み聞かせの効果、読み聞かせ方のコツやオススメの絵本などを絵本の読み聞かせ専門家の平松祐美子先生が紹介。

絵本の読み聞かせコラム
小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

「ムシ歯ゼロで元気なお口」を育むために、マタニティや0歳の赤ちゃんの頃からできることを、小児歯科の専門家としてお伝えするコラム。

虫歯予防コラム
子どもとのコミュニケーションや発達障がい

子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方

コミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方について臨床発達心理士の斑目雅美先生が子育て実践例を交えて解説。

臨床発達心理士コラム
お腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム

お腹の中の赤ちゃんと絆作り

臨床心理士の飯島ゆみこ先生によるお腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム。おなかの赤ちゃんとママとの絆を深め、子育ても楽しめるようになるヒントを臨床心理士の視点からお伝えしていきます。

臨床心理士コラム
~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大による身近で大切な人との幸せな関係を築く情報コラム。大切な人と幸せな関係を築ける『考え方』と『心の習慣』を『言葉』にして贈らせて頂きます。

幸せのレシピコラム
抱っこの専門家が伝える楽な抱っことおんぶのお話

楽な抱っこやおんぶの仕方

抱っこの専門家が楽な抱っこやおんぶの仕方から腱鞘炎・腰痛などの問題まで詳しく解説!乳幼児期の抱っことおんぶを、より快適に、気持ちよく、自由に楽しめるポイントを学びましょう。

楽な抱っこやおんぶの仕方
言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

「周りの子に比べてことばが少し遅い」「コミュニケーションがうまくいかない」そんな悩みを解決するコミュニケーションや発音を育てるトレーニングコラムです。

言語聴覚士コラム
子どもごはん

偏食・食べないを乗り切るご飯作り

偏食の子も食べない子も悩まないごはん作りを子どもごはんの専門家、美紀ピア先生が教えます。子どもごはんをサポートする食セッションで食の大切さを学びましょう。

子どもごはんコラム