ストレスが原因…?早く対処したい「チック症」について

わが子の異変…「チック症」について

チック症

今では、大人はもちろん子どももストレスを抱えて生きていく時代。恋人やパートナーが落ち込んでいたり、なんだか様子がおかしい…ということに気付くことがあるかと思います。そして、特に自分以外の誰かのことに気が付きやすいのが、お母さん。わが子のことを誰よりも思っているママは、子どものちょっとした変化に気づきやすいもの。

ある日突然、わが子が「奇妙な動き」をしていることがあります。会話などではなくとにかく声を発する、何度も何度もまばたきをする、細かく首をふる…こういった動きが、毎日の生活の中で突然起こることがあります。そうすると当然ママは「あれっ?」と不思議に思うはず。

それが、家庭で発見されやすい「チック症」という症状なんです。

チック症とはどうやって、なぜ起こるのか、そしてどのように治療をしていけば良いのでしょうか。小さな子どもならではの症状について、見ていきましょう。

チック症とはいったいなんなの?

チック症というのは、チック(突発的・不規則な体のはやい動きや発声が繰り返す状態)が続くことをいいます。チック症にはいろいろな症状があり、それがひとつだけの場合もあれば組み合わさっている場合もあり、すぐおさまるか、どれだけ続くかもわかりません。チック症が起こりはじめるのは乳幼児期から学童期、つまり小さな子どもに起こりやすいものということです。

子どもにこの症状が起こるのは決して珍しいことではないと言われていて、そのため多くのママがわが子のチック症の症状に悩んでいるということなんです。原因は「コレ!」ということはわかっておらず、以前は家庭での母子関係など精神的な原因があって症状が起こると言われてきましたが、最近では脳(体)と心の両方に原因があって起こると言われています。

チック症の症状について

具体的な症状としては、大きく2つに分けることができます。

音声チック

  • 「ふんふん」「あっ」「うっ」「んっ、んっ」と声を出すことが続いたり、咳払いのように声を出し続ける
  • 鼻息を荒くして鼻を鳴らす
  • 叫んだり奇声をあげる
  • 「ばか」や「死ね」など罵るような汚い言葉を言う
  • 自分で言った言葉を繰り返す
  • 卑猥(ひわい)な言葉を繰り返し言う

運動チック

  • 頻繁にパチパチとまばたきをする
  • 首をかしげる
  • 口のまわりを舐める
  • 顔をくしゃっとしかめる
  • 肩をすくめる
  • 何度もジャンプする
  • 筋肉がぴくんと動く
  • 口をあける
  • 片足をひきずる

この中の症状がひとつだけ続く、複数続くなどその程度はひとりひとり違います。また、症状が起こっているからといって止めるように促しても自分ではなかなか止められず、かえって不安をあおることになり悪化する場合が多いと言われています。次はチック症の程度について、見ていきましょう。

チック症の程度について

チック症の程度は以下のように分けることができます。

一過性チック障害

運動チックや音声チックの両方、またはどちらかの症状が4週間以上・12か月未満続く障害のことをいいます。多くのチックを発症している人がこの段階になりますが、よく見られるもので珍しくなく、一時的なものとなります。

慢性チック障害

運動チックと音声チックどちらかの症状が12か月以上続いて、また3か月以上ずっとチックがおさまらない障害のことをいいます。どちらのチックが続いているかで、慢性運動性チック障害・慢性音声チック障害とも呼ばれます。

トゥレット障害(トゥーレット症候群)

チックの症状が複数重なり、1年以上慢性的に続くものをいいます。トゥレット障害では、その40%以上に注意欠陥・多動性障害であるADHDが合併しているともいわれています。赤ちゃんの発達障害についてはこちら

チックの症状の中には先ほどもご紹介した汚い言葉を言うという「汚言症(おげんしょう)」があることから、周囲に受け入れられないということや社会的な問題があると言われています。汚言症はチックの症状でもごくごくまれで珍しいのですが、卑猥(ひわい)な言葉や誰かを罵るようなひどい言葉を繰り返し言ってしまうことなどかなりインパクトが強いものとなっているため、注目されやすいというものです。

チック症はなぜ起こる?原因について

チック症は、以前は「ストレス」など心の問題によって起こると言われていました。その為、家庭環境が悪い、子どもにストレスがかかっているんだと病院でママが責められるように言われるということもあり、子どもだけでなくママも強い不安をを覚えるものとなっていました。

しかし、今では脳の神経系が過剰に活動(反応)していることや、運動機能にかかわる脳の線条体(せんじょうたい)という部分になんらかの障害があるのでは…と考えられています。つまり精神的な原因ではなく、刺激に過敏になっていることで起こる反応であるということがわかります。子どものときに発症して、大きくなるにつれて症状がおさまっていく…ということも、脳や神経が成長・発達して落ち着くということを考えると納得できますね。

ですが、環境の変化などのストレスで症状が悪化することから、その程度や増悪については環境要因などのストレスが関係していることは間違いないとのことです。たとえば、下の子が生まれて自分を取り巻く環境がガラッと変わったことで発症した・引っ越しをして幼稚園が変わった…といった、何らかのきっかけが発症の原因となることも少なくありません。

妊娠中・育児に役立つコラム

  • 妊娠中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム
  • 育児中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム
  • パパになったらパパスタ!Papa Study
  • 母乳育児コラム
  • イヤイヤ期コラム
  • ベビーサインコラム
  • マタニティ整体と産後整体コラム
  • 産後のエクササイズコラム
  • ベビーマッサージコラム
  • 絵本の読み聞かせコラム
  • 小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防コラム
  • 子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方コラム
  • 臨床心理士
  • ~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム
  • 楽な抱っこやおんぶの仕方コラム
  • 言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング
  • 子どもごはん専門家

妊娠中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム

マタスタ
全てのマタスタを読む

育児中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム

ママスタ
全てのママスタを読む


注目ページ!

新着記事

世界の子育て事情や体験談、話題の動画を配信赤ちゃんの部屋エンターテイメント 赤ちゃんの部屋エンタメ(エンターテイメント)のすべての記事 妊娠したらマタスタ マタスタのすべての記事
出産したらママスタ ママスタのすべての記事 パパになったらパパスタ パパスタのすべての記事
妊娠・出産・育児コラム
赤ちゃんの部屋コラム

赤ちゃんの部屋コラム

妊娠、出産、育児にはいろいろな悩みや疑問、発見や不思議、喜びや驚きなど今まで知る事のなかった世界があります。目からウロコが出るような妊娠・出産・育児に関するコラムをお届けしていきます♪

赤ちゃんの部屋コラム
母乳育児コラム

母乳育児コラム

あき助産師と助産院ばぶばぶ院長の小林ひさこ先生による母乳育児コラム。母乳育児を始める頃から卒乳までに役立つ様々な情報満載で、母乳育児の疑問や悩みを解決してくれます。

母乳育児コラム
イヤイヤ期コラム

イヤイヤ期コラム

NLP心理学を学び、一時保育所で働きながら100人以上のイヤイヤ期の子供の行動パターンや心理状態を日々観察することで、イヤイヤ期の対応法を体系化したイヤイヤ期専門家の西村先生によるコラム。

イヤイヤ期コラム
ベビーサインコラム

ベビーサインコラム

一般社団法人日本ベビーサイン協会代表理事の吉中みちる先生によるベビーサインコラム。手や指を使ったベビーサインのコミュニケーション手段を覚えて赤ちゃんとコミュニケーションをとりましょう!

ベビーサインコラム
マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体について助産師・看護師・ママズケア認定ベビーマッサージ講師・アラウンドバースセラピスト・受胎調節実施指導など様々な分野で活躍する佐藤先生が詳しく解説するコラム。

マタニティ整体と産後の整体コラム
産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズ

産後のエクササイズコラム

Beauty Space代表、日本マタニティフィットネス協会ママフィット認定インストラクターの荻野則子先生による産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズを動画でわかり易く解説。

産後のエクササイズコラム
ベルタ葉酸サプリ ベルタ妊娠線 ベルタ酵素
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

ははこぐさ治療室院長の奥山麻理先生と助産師・保健師・看護師の石坂晶先生によるコラム。お2人が紹介するベビーマッサージはママズケアのメソッドで、1日1回30秒から始められるベビーマッサージ。

ベビーマッサージコラム
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

RTA指定スクールでぃんぷる代表の関本涼子先生とRTA指定スクールPoco a Poco代表の吉野陽子先生によるコラム。生まれたての赤ちゃんと最初の意思疎通、それは肌と肌を通じて行うタッチケア。

ベビーマッサージコラム
絵本の読み聞かせコラム

絵本の読み聞かせコラム

愛着形成に大変効果的とされる絵本。絵本の選び方や絵本の読み聞かせの効果、読み聞かせ方のコツやオススメの絵本などを絵本の読み聞かせ専門家の平松祐美子先生が紹介。

絵本の読み聞かせコラム
小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

「ムシ歯ゼロで元気なお口」を育むために、マタニティや0歳の赤ちゃんの頃からできることを、小児歯科の専門家としてお伝えするコラム。

虫歯予防コラム
子どもとのコミュニケーションや発達障がい

子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方

コミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方について臨床発達心理士の斑目雅美先生が子育て実践例を交えて解説。

臨床発達心理士コラム
お腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム

お腹の中の赤ちゃんと絆作り

臨床心理士の飯島ゆみこ先生によるお腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム。おなかの赤ちゃんとママとの絆を深め、子育ても楽しめるようになるヒントを臨床心理士の視点からお伝えしていきます。

臨床心理士コラム
~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大による身近で大切な人との幸せな関係を築く情報コラム。大切な人と幸せな関係を築ける『考え方』と『心の習慣』を『言葉』にして贈らせて頂きます。

幸せのレシピコラム
抱っこの専門家が伝える楽な抱っことおんぶのお話

楽な抱っこやおんぶの仕方

抱っこの専門家が楽な抱っこやおんぶの仕方から腱鞘炎・腰痛などの問題まで詳しく解説!乳幼児期の抱っことおんぶを、より快適に、気持ちよく、自由に楽しめるポイントを学びましょう。

楽な抱っこやおんぶの仕方
言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

「周りの子に比べてことばが少し遅い」「コミュニケーションがうまくいかない」そんな悩みを解決するコミュニケーションや発音を育てるトレーニングコラムです。

言語聴覚士コラム
子どもごはん

偏食・食べないを乗り切るご飯作り

偏食の子も食べない子も悩まないごはん作りを子どもごはんの専門家、美紀ピア先生が教えます。子どもごはんをサポートする食セッションで食の大切さを学びましょう。

子どもごはんコラム