保育園や幼稚園、どうやって選ぶ?

幼稚園、保育園?どっちにする?

幼稚園、保育園?どっちにする?

そもそも、保育園と幼稚園の違いをご存知でしょうか?

保育園は、保護者が仕事や病気などの理由で「保育に欠ける」という状態のお子さんが対象で入園できるところ。幼稚園は、それぞれの園が行っているテストや面接といったこと以外は、特に入園に関してお子さんの条件はありません。保育園と幼稚園の違いについて詳しく見る

仕事をしている方は必然的に保育園…というイメージがありますが、幼稚園でも可能です。預かり保育(延長保育)を行っている幼稚園なら、通常2時くらいに保育が終了してもその後、園でそのまま預かってもらうことができます。

夏休みや冬休みといった長期休暇も、幼稚園は小学校と同じように基本的にはあります。が、休暇中も預かり保育を行っている幼稚園が多くなっているので、仕事をしていても保育園・幼稚園のどちらも選択肢があります。それを踏まえたうえで、幼稚園・保育園のどちらを選んでいけば良いかを考えてみましょう。

保育園を選ぶメリット&デメリット

保育園にお子さんを通わせることで、どんなメリット・デメリットがあるのか見ていきましょう。

メリット

早く預けられる
幼稚園は年少(4歳)から、早くてもプレ保育のある満3歳児からとなるところがほとんど。一方で保育園の場合、ママの産休明けになる生後57日目から預けられます。保育園によっては生後6か月から…など少し違いはありますが、幼稚園に比べると早い段階でお子さんを預ける事が出来ます。
給食がある
朝のママは大忙し。保育園は給食があるので朝お弁当を作らなくてすみます!また、給食なので多少嫌いなものが入っていても食べるように促されるので、好き嫌いが改善されることも。
保育料が安い
金額は自治体により、子どもの年齢、世帯収入に応じて計算されていきます。そのため、ほとんどは幼稚園に入れるよりも保育料が安くすみます。
預かり時間が長い
仕事をしているママにとっては嬉しいこと。保育園は早いと7時から夜の7時ごろまで預けられるので、仕事の時間で悩んでいるというママには助かることではないでしょうか。寂しがることもありますが、そのぶんお子さんはプロの保育士さんや周りのお友達とじっくり遊び、社会性を身に着けていくことができます。
しつけをしてくれる
トイレトレーニング、お箸の持ち方といったしつけは、早い段階で保育園に預けると園で行ってくれることが多くなります。なので、ママはいつの間にかトイレに行けるようになっている…!?という発見をすることも。

デメリット

病気をもらいやすい
これは幼稚園でも言えることですが、特に仕事をしているママばかりの保育園の場合は高熱がなければ多少咳をしていても子どもを預ける…ということが多いもの。そのため、風邪はもちろんさまざまな病気に感染しやすいと言えるでしょう。
ハードスケジュール
ママの仕事時間にもよりますが、朝は早い場合準備をするのにバタバタしてしまうことは必至。夕方も仕事が終わってからお迎えに行き、そのまま帰宅するとバタバタと夕飯やお風呂であっという間に一日が終わるというハードスケジュールになります。
子どもとの時間が少なくなる
働くママはどうしても悩むこの問題。朝早くから準備して、帰宅後もクタクタの中家事をしなくてはならないので、どうしても子どもとの時間が少なくなってしまいます。送迎のときにお話しする、お風呂でゆっくりリラックスしながらお話しするといった工夫が必要になるでしょう。

幼稚園を選ぶメリット&デメリット

幼稚園にお子さんを通わせることで、どんなメリット・デメリットがあるのか見ていきましょう。

メリット

教育がある
幼稚園、特に私立の場合はそれぞれの園によって力を入れている部分が違い、特色としてあらわれます。「あそこは英語に力を入れている」「リトミックをしている」など、園によってさまざまな教育を受けられるようになっています。
制服がかわいい
私立幼稚園は制服がブランドのものということが少なくありません。そのぶん費用もかかりますが、小さなわが子がかわいらしい制服に身を包む姿はたまりません。
費用が返ってくることも
これは「私立幼稚園就園奨励費」という制度です。幼児教育を盛んにするため、補助金を支給するという国の制度です。世帯年収や子どもの数などで金額はバラバラですが、入園料や月々の保育料の一部がまとめて支給されます。全国どこでも行っているわけではなく、お住いの自治体が行っているかどうかをチェックしてみてくださいね。
園バスがある
もちろんおうちのすぐそばだと園バスが利用できないということはありますが、基本的に幼稚園は園バスが運行しています。雨などでも通いやすいというメリットがあり、行き帰りもラクです。
習い事ができる
私立幼稚園に限りますが、2時ごろまでの通常の保育時間終了後、習い事の先生がやってきておけいこをしてもらうことができます。体操教室、英会話、ピアノレッスンなどが多く、慣れた環境の中で行えること、別の場所に連れて行って…という手間がかからないのでママにも好評です。
親子の時間を確保できる
一般的な幼稚園の保育時間は9~14時。なので帰宅すれば一緒におやつを食べながら、今日あったことをゆっくり話して…など親子の時間をとることができます。

デメリット

費用が高い
さきほどご紹介した私立幼稚園就園奨励費という制度があるものの、これは年1回まとめて支給されるもの。だから、月々支払う保育料は当然払っていかなくてはなりません。私立や公立の幼稚園にもよりますが、私立の場合は保育料に園バス費、学用品費などで月3万円前後だと言われています。
お昼寝がない
保育園はお昼寝の時間を設けていますが、幼稚園ではその時間がなく午後になれば帰宅準備。ママにとってはあっという間なので、思った以上にバタバタしてしまうことも。帰宅時間によりますが、お昼寝時間がないことから家に帰ってからお子さんが疲れて寝てしまうとおやつやお風呂、夕飯などスケジュールが組みにくくなることもあります。
お弁当が必要
公立・私立ともにお弁当が必要なところがほとんど。イベントのときや週1回だけ給食がある…というところもありますので、ママは朝バタバタしてしまうかも。
イベントが多い
特に私立幼稚園は月1回参観日があったり、バザーや運動会、餅つきや発表会などさまざまな行事が。そのため、行事役員や保護者会の役員で大忙し!ということもあります。

ママやパパの方針を固めておいて

幼稚園・保育園それぞれのメリットやデメリットについてみていきましたが、そのほかにもママ自身についても考えてみてください。

産休が終わって仕事をしなくてはならないという場合は必然的に保育園になりますよね。下の子がいる場合、幼稚園の参観日などのイベントには当然一緒に行くことになりますし(預け先がある場合は別ですが)、それはとても大変なことですがそれでも大丈夫でしょうか?また、お目当てのカリキュラムがある幼稚園であったり、ご近所で仲良しの子がいるから一緒のところに入れてやりたいなど、幼稚園選び・保育園選びにはさまざまな理由があるかと思います。

まず大切なのは、パパとしっかり話し合って方針を決めること、地域の保育園・幼稚園の情報収集です。ママは働いてすぐ保育園に入れたい、でもパパはできるだけ子どもといてほしいから幼稚園がいい…。お互いにどういった理由があるのか、ふたりで納得できるように話し合っていくことが必要ですよね。

また、保育園にしよう!幼稚園にしよう!と方針が決まっても、待機児童問題や幼稚園の入園戦争など問題は山積み。幼稚園の入園戦争についてはこちら

早めの準備で、ひとつずつ問題を片付けてスムーズな入園を目指しましょう!

妊娠中・育児に役立つコラム

  • 妊娠中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム
  • 育児中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム
  • パパになったらパパスタ!Papa Study
  • 母乳育児コラム
  • イヤイヤ期コラム
  • ベビーサインコラム
  • マタニティ整体と産後整体コラム
  • 産後のエクササイズコラム
  • ベビーマッサージコラム
  • 絵本の読み聞かせコラム
  • 小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防コラム
  • 子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方コラム
  • 臨床心理士
  • ~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム
  • 楽な抱っこやおんぶの仕方コラム
  • 言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング
  • 子どもごはん専門家

妊娠中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム

マタスタ
全てのマタスタを読む

育児中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム

ママスタ
全てのママスタを読む


注目ページ!

新着記事

世界の子育て事情や体験談、話題の動画を配信赤ちゃんの部屋エンターテイメント 赤ちゃんの部屋エンタメ(エンターテイメント)のすべての記事 妊娠したらマタスタ マタスタのすべての記事
出産したらママスタ ママスタのすべての記事 パパになったらパパスタ パパスタのすべての記事
妊娠・出産・育児コラム
赤ちゃんの部屋コラム

赤ちゃんの部屋コラム

妊娠、出産、育児にはいろいろな悩みや疑問、発見や不思議、喜びや驚きなど今まで知る事のなかった世界があります。目からウロコが出るような妊娠・出産・育児に関するコラムをお届けしていきます♪

赤ちゃんの部屋コラム
母乳育児コラム

母乳育児コラム

あき助産師と助産院ばぶばぶ院長の小林ひさこ先生による母乳育児コラム。母乳育児を始める頃から卒乳までに役立つ様々な情報満載で、母乳育児の疑問や悩みを解決してくれます。

母乳育児コラム
イヤイヤ期コラム

イヤイヤ期コラム

NLP心理学を学び、一時保育所で働きながら100人以上のイヤイヤ期の子供の行動パターンや心理状態を日々観察することで、イヤイヤ期の対応法を体系化したイヤイヤ期専門家の西村先生によるコラム。

イヤイヤ期コラム
ベビーサインコラム

ベビーサインコラム

一般社団法人日本ベビーサイン協会代表理事の吉中みちる先生によるベビーサインコラム。手や指を使ったベビーサインのコミュニケーション手段を覚えて赤ちゃんとコミュニケーションをとりましょう!

ベビーサインコラム
マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体について助産師・看護師・ママズケア認定ベビーマッサージ講師・アラウンドバースセラピスト・受胎調節実施指導など様々な分野で活躍する佐藤先生が詳しく解説するコラム。

マタニティ整体と産後の整体コラム
産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズ

産後のエクササイズコラム

Beauty Space代表、日本マタニティフィットネス協会ママフィット認定インストラクターの荻野則子先生による産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズを動画でわかり易く解説。

産後のエクササイズコラム
ベルタ葉酸サプリ ベルタ妊娠線 ベルタ酵素
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

ははこぐさ治療室院長の奥山麻理先生と助産師・保健師・看護師の石坂晶先生によるコラム。お2人が紹介するベビーマッサージはママズケアのメソッドで、1日1回30秒から始められるベビーマッサージ。

ベビーマッサージコラム
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

RTA指定スクールでぃんぷる代表の関本涼子先生とRTA指定スクールPoco a Poco代表の吉野陽子先生によるコラム。生まれたての赤ちゃんと最初の意思疎通、それは肌と肌を通じて行うタッチケア。

ベビーマッサージコラム
絵本の読み聞かせコラム

絵本の読み聞かせコラム

愛着形成に大変効果的とされる絵本。絵本の選び方や絵本の読み聞かせの効果、読み聞かせ方のコツやオススメの絵本などを絵本の読み聞かせ専門家の平松祐美子先生が紹介。

絵本の読み聞かせコラム
小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

「ムシ歯ゼロで元気なお口」を育むために、マタニティや0歳の赤ちゃんの頃からできることを、小児歯科の専門家としてお伝えするコラム。

虫歯予防コラム
子どもとのコミュニケーションや発達障がい

子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方

コミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方について臨床発達心理士の斑目雅美先生が子育て実践例を交えて解説。

臨床発達心理士コラム
お腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム

お腹の中の赤ちゃんと絆作り

臨床心理士の飯島ゆみこ先生によるお腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム。おなかの赤ちゃんとママとの絆を深め、子育ても楽しめるようになるヒントを臨床心理士の視点からお伝えしていきます。

臨床心理士コラム
~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大による身近で大切な人との幸せな関係を築く情報コラム。大切な人と幸せな関係を築ける『考え方』と『心の習慣』を『言葉』にして贈らせて頂きます。

幸せのレシピコラム
抱っこの専門家が伝える楽な抱っことおんぶのお話

楽な抱っこやおんぶの仕方

抱っこの専門家が楽な抱っこやおんぶの仕方から腱鞘炎・腰痛などの問題まで詳しく解説!乳幼児期の抱っことおんぶを、より快適に、気持ちよく、自由に楽しめるポイントを学びましょう。

楽な抱っこやおんぶの仕方
言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

「周りの子に比べてことばが少し遅い」「コミュニケーションがうまくいかない」そんな悩みを解決するコミュニケーションや発音を育てるトレーニングコラムです。

言語聴覚士コラム
子どもごはん

偏食・食べないを乗り切るご飯作り

偏食の子も食べない子も悩まないごはん作りを子どもごはんの専門家、美紀ピア先生が教えます。子どもごはんをサポートする食セッションで食の大切さを学びましょう。

子どもごはんコラム