母子手帳に記載されているアプガースコアって何?

新生児の元気を採点、アプガースコア

アプガースコア

赤ちゃんが産まれてきたとき。元気に産まれてくる赤ちゃんも多いのですが、中にはすぐに産声をあげなかったり、へその緒が絡まって元気がなかったり、あるいは仮死状態で産まれてきたり…ということがあります。

このときの状態というのは、赤ちゃんが今後無事に育っていくかどうかなど、とても大切なデータとなります。産まれたときの状態を10点満点で評価したものを「アプガースコア(Apgar score)」と呼び、日本では昭和30年代後半ごろから利用されるようになりました。母子手帳によって出産の記録にアプガースコアを記載する欄がありますが、要望がなければアプガースコアを母子手帳に記載しない病産院もあります。

ちなみに、アプガーという名前はアメリカの医学者であるヴァージニア・アプガーという人の名前からとられたものだそうですよ。

では、アプガースコアはどのように点数付けされるのでしょうか。また、点数付けすることでどんな意味があるのでしょうか?

アプガースコア、どうやって点数をつけるの?

まず、アプガースコアというのは、赤ちゃんが産まれてきたとき、生後1分・5分の時点でそれぞれ以下の点を評価します。

  • 皮膚の色(Appearance)
  • 心拍数(Pulse)
  • 刺激による反射(Grimace)
  • 筋緊張(Activity)
  • 呼吸数(Respiration)

これらの頭文字をアプガーさんの名前になぞらえて、それぞれの状態で2点ずつ・合計10点満点の評価をします。

たとえば、赤ちゃんは産まれてきたときに私たちのような肌色というよりは、ちょっと赤っぽい色をしていますよね。

それが、へその緒が絡まっていたり赤ちゃんが弱ってしまって酸素不足になると、青紫っぽい色だったり白っぽい色になってしまいます。そうなると、アプガースコアでは皮膚の色の評価が0点や1点になってしまいます。

さらに、心拍数は100以上で2点、刺激による反射というのはしっかり泣いていると2点。筋緊張というのは手足をバタバタと元気よく動かしているかどうか、呼吸は強く泣いていてしっかりと肺呼吸できているかどうかを見ていきます。

アプガースコアは生後1分のときにはスコアが低いことが多く、生後5分の時点で点数が上がっているということが多いです。

これは、出てきたばかりの赤ちゃんは子宮や産道をぎゅうぎゅうと締め付けられていて、ある程度酸素不足になっているから。落ち着いて自分で呼吸をしはじめた生後5分のときには、しっかりと呼吸をして皮膚の色や心拍数が正常に戻っているということが多いからなんですね。

アプガースコア、何点なら大丈夫なの?

この気になる点数ですが、7点以上で正常、3~6点では軽度仮死、0~2点では重症仮死と判断されます。多くの赤ちゃんは産まれてすぐは10点…とはいきづらく(もちろん10点の赤ちゃんも多くいます)、元気ならば9点の赤ちゃんが多いということです。これは先ほど述べたように、生後すぐは皮膚の色がちょっと悪いかな?という状態などが見受けられるためです。

ちなみに、筆者の子どもは3人ともアプガースコア9点と記載されていました。

アプガースコア

二人目の子は産まれてすぐに産声をあげず、足の裏をパンパンと叩かれてようやく産声を上げましたが、それでも9点でした。

このアプガースコアですが、心拍数は機械で数値を見ていきますが、そのほかというのは医師の見立てによるものです。皮膚の色や強く泣いているかどうかなどは医師の判断によって若干違ってきますよね、ですから、医師によってはスコアが上下することもあるのが確かなところです。

もちろん、我が子は10点満点で元気いっぱいに産まれた!ということは、親にとって嬉しいことでしょう。でも正常値であればそれほど点数は気にしなくて良いのではないでしょうか。

アプガースコアについてのオマケ

ちなみに、アプガースコアですが、新生児約15万人のデータを解析したところ、アプガースコアが高いほど生存率が高くなるということがわかっています。特に早産で産まれた赤ちゃんですが、3点以下の場合には1000人中315人が亡くなっているのに対して、7点以上の赤ちゃんは1000人中5人。明らかにアプガースコアが高い方が死亡率が低くなっているのがわかりますよね。

また、私立の幼稚園などの受験のとき、母子手帳の提出を求められてアプガースコアをチェックされることがある…ということが言われています。そのときの点数によって、点数が低いと脳への酸素不足などの心配があるため、頭の良さの基準をみていることもあるなんていうことが、都市伝説のように言われています。

実際はどうなのかわかりませんが、それでも最近ではアプガースコアを母子手帳に書かなくなった…というところも多くなってきているようです。もう60年以上も使われているアプガースコア、あなたのお子さんの母子手帳に記載されている場合には「こういう意味があったんだ!」というのを知っておいてみては。

妊娠中・育児に役立つコラム

  • 妊娠中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム
  • 育児中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム
  • パパになったらパパスタ!Papa Study
  • 母乳育児コラム
  • イヤイヤ期コラム
  • ベビーサインコラム
  • マタニティ整体と産後整体コラム
  • 産後のエクササイズコラム
  • ベビーマッサージコラム
  • 絵本の読み聞かせコラム
  • 小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防コラム
  • 子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方コラム
  • 臨床心理士
  • ~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム
  • 楽な抱っこやおんぶの仕方コラム
  • 言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング
  • 子どもごはん専門家

妊娠中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム

マタスタ
全てのマタスタを読む

育児中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム

ママスタ
全てのママスタを読む


注目ページ!

新着記事

世界の子育て事情や体験談、話題の動画を配信赤ちゃんの部屋エンターテイメント 赤ちゃんの部屋エンタメ(エンターテイメント)のすべての記事 妊娠したらマタスタ マタスタのすべての記事
出産したらママスタ ママスタのすべての記事 パパになったらパパスタ パパスタのすべての記事
妊娠・出産・育児コラム
赤ちゃんの部屋コラム

赤ちゃんの部屋コラム

妊娠、出産、育児にはいろいろな悩みや疑問、発見や不思議、喜びや驚きなど今まで知る事のなかった世界があります。目からウロコが出るような妊娠・出産・育児に関するコラムをお届けしていきます♪

赤ちゃんの部屋コラム
母乳育児コラム

母乳育児コラム

あき助産師と助産院ばぶばぶ院長の小林ひさこ先生による母乳育児コラム。母乳育児を始める頃から卒乳までに役立つ様々な情報満載で、母乳育児の疑問や悩みを解決してくれます。

母乳育児コラム
イヤイヤ期コラム

イヤイヤ期コラム

NLP心理学を学び、一時保育所で働きながら100人以上のイヤイヤ期の子供の行動パターンや心理状態を日々観察することで、イヤイヤ期の対応法を体系化したイヤイヤ期専門家の西村先生によるコラム。

イヤイヤ期コラム
ベビーサインコラム

ベビーサインコラム

一般社団法人日本ベビーサイン協会代表理事の吉中みちる先生によるベビーサインコラム。手や指を使ったベビーサインのコミュニケーション手段を覚えて赤ちゃんとコミュニケーションをとりましょう!

ベビーサインコラム
マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体について助産師・看護師・ママズケア認定ベビーマッサージ講師・アラウンドバースセラピスト・受胎調節実施指導など様々な分野で活躍する佐藤先生が詳しく解説するコラム。

マタニティ整体と産後の整体コラム
産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズ

産後のエクササイズコラム

Beauty Space代表、日本マタニティフィットネス協会ママフィット認定インストラクターの荻野則子先生による産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズを動画でわかり易く解説。

産後のエクササイズコラム
ベルタ葉酸サプリ ベルタ妊娠線 ベルタ酵素
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

ははこぐさ治療室院長の奥山麻理先生と助産師・保健師・看護師の石坂晶先生によるコラム。お2人が紹介するベビーマッサージはママズケアのメソッドで、1日1回30秒から始められるベビーマッサージ。

ベビーマッサージコラム
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

RTA指定スクールでぃんぷる代表の関本涼子先生とRTA指定スクールPoco a Poco代表の吉野陽子先生によるコラム。生まれたての赤ちゃんと最初の意思疎通、それは肌と肌を通じて行うタッチケア。

ベビーマッサージコラム
絵本の読み聞かせコラム

絵本の読み聞かせコラム

愛着形成に大変効果的とされる絵本。絵本の選び方や絵本の読み聞かせの効果、読み聞かせ方のコツやオススメの絵本などを絵本の読み聞かせ専門家の平松祐美子先生が紹介。

絵本の読み聞かせコラム
小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

「ムシ歯ゼロで元気なお口」を育むために、マタニティや0歳の赤ちゃんの頃からできることを、小児歯科の専門家としてお伝えするコラム。

虫歯予防コラム
子どもとのコミュニケーションや発達障がい

子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方

コミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方について臨床発達心理士の斑目雅美先生が子育て実践例を交えて解説。

臨床発達心理士コラム
お腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム

お腹の中の赤ちゃんと絆作り

臨床心理士の飯島ゆみこ先生によるお腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム。おなかの赤ちゃんとママとの絆を深め、子育ても楽しめるようになるヒントを臨床心理士の視点からお伝えしていきます。

臨床心理士コラム
~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大による身近で大切な人との幸せな関係を築く情報コラム。大切な人と幸せな関係を築ける『考え方』と『心の習慣』を『言葉』にして贈らせて頂きます。

幸せのレシピコラム
抱っこの専門家が伝える楽な抱っことおんぶのお話

楽な抱っこやおんぶの仕方

抱っこの専門家が楽な抱っこやおんぶの仕方から腱鞘炎・腰痛などの問題まで詳しく解説!乳幼児期の抱っことおんぶを、より快適に、気持ちよく、自由に楽しめるポイントを学びましょう。

楽な抱っこやおんぶの仕方
言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

「周りの子に比べてことばが少し遅い」「コミュニケーションがうまくいかない」そんな悩みを解決するコミュニケーションや発音を育てるトレーニングコラムです。

言語聴覚士コラム
子どもごはん

偏食・食べないを乗り切るご飯作り

偏食の子も食べない子も悩まないごはん作りを子どもごはんの専門家、美紀ピア先生が教えます。子どもごはんをサポートする食セッションで食の大切さを学びましょう。

子どもごはんコラム