アトピービジネスについて知っておこう!

アトピービジネスについて知っておこう!

アトピービジネス

みなさんは「アトピービジネス」という言葉を聞いた事がありますか?ママやパパ自身がアトピー性皮膚炎の痒みや痛み、皮膚ダメージによるコンプレックスを持っていた・・・そんな経験をお持ちのママやパパのお子さんがアトピー性皮膚炎だと分かったら「お金がかかってもいいから一日でも早く治してあげたい・・・」と考えるのではないでしょうか。

アレルギー体質は、約80パーセントの確立で遺伝すると言われています。(同じ物にアレルギー症状が出るとは限りません)自分が辛さを知っている分「治してあげたい」という気持ちが強くなってしまい、アトピービジネスなどに引っかかりやすくなってしまいます。もしも、「アトピービジネス」という言葉を知らないという方で、お子さんがアトピー性皮膚炎で悩んでいるというママには絶対に知っていてもらいたい言葉です。アトピービジネスとは一体何なのでしょうか?

アトピービジネスって何?

アトピー性皮膚炎で悩む方や、子どもがアトピー性皮膚炎で悩んでいるというパパやママをターゲットに「アトピーが治る」「○ヶ月で治る」と称して商品を販売する悪徳商法の事をいいます。1990年代に、TVなどのマスコミがアトピー性皮膚炎とステロイド外用薬に関する間違った情報を流してしまったことにより、アトピービジネスが拡大したといわれています。

アトピービジネスの手口は「ステロイド外用薬は悪だ!ステロイドは怖いものだ」と思い込ませる手口が多く、アトピー患者達の藁にもすがる思いに漬け込んだ商法だといわれています。アトピーで悩んでいる患者さん達は、痒みや痛み、皮膚の状態などで悩み、戦っているにも関わらず、アトピービジネスの業界の方は「儲けやすい職業」と言っているのです。業者を「儲けやすい」といわせてしまうほど、アトピー性皮膚炎のお子さんをお持ちの両親や、患者さんは「効果がある商品」といわれているものは直ぐにでも試してみたいと考えている方が多いのでしょう。

なぜアトピーの患者やその両親を狙うの?

現在日本では約250万人以上の方がアトピーで悩まされていると言われています。その数の多さから、アトピービジネスは多くの顧客を望めるという事。また、上でもお話したとおり、マスコミの誤報により「ステロイド外用薬は悪だ!」と伝えやすくなった状況もあり、アトピービジネスは拡大し、アトピーで悩んでいる方に堂々と商品を売りつけることが出来るようになったのです。

実際にアトピービジネスではどんな被害があるの?

アトピービジネスには以下のような被害ケースがあります。

買った商品を使うことで、更に症状が悪化してしまった健康的被害。健康保険が効かず、高額で購入した商品が全く効き目がない金銭的被害。ステロイド剤は一切使用していない(赤ちゃんにも使用可能)と広告を出しておきながら、ステロイド剤が使用されていた(結局はステロイド剤で治していた)ケース。サプリメントを服用することでアレルギーが治ると謳った商品などがあります。その他にも、健康食品や入浴剤、天然水なんかもあるそうです。

また、問題視されているのが、アトピー関連の書物です。実際に効き目があるものも含まれているのかもしれませんが、アトピー関連の本には必ずと言っていいほど商品の紹介などがあります。あたかも、この商品を使う事でアトピーが改善するかのような印象を与えてしまうので問題だといわれています。

病院で処方されるステロイド外用薬は、効き目の強さによって5段階に分けられています。症状の強さや薬を塗る場所に合わせて5段階のステロイド外用薬から使い分けます。間違えた使い方さえしなければ、ステロイド外用薬は高い治療効果があります。ステロイド剤の種類についてはこちらでも解説しています

アトピービジネスはマインドコントロールで成功する!?

アトピービジネスは霊感療法と似ているといわれています。なぜ、似ているのかというと、どちらもマインドコントロールによって商品価値を高めるという点です。

アトピービジネスは「アトピーは一生治らないと信じ込ませる」事、霊感療法は「先祖に祟られているので一生苦労する」という事を信じさせることから始めます。そこから、更なる不安をあおり(ステロイド剤は副作用があり身体に悪いなど・・・)、そして解決方法を提示(絶対に効くと謳う商品を出す)します。その後、なぜ今まで良くならなかったかというセールス文句(ステロイド剤を使用していたから今までは治らなかった)でしめるのです。

「効き目があるのならば是非とも欲しい!」と考えている方でしたら、話を聞いているうちに欲しくなってしまって、高額な商品でも奮発して買ってしまいそうですよね。アトピービジネスをしている企業は医者でも何でもありません。アトピーを本気で治してあげたいと考えている方は絶対に病院へ相談されるべきです。

脱ステロイドで起こる影響とは・・・

アトピービジネスを行っている方々は「ステロイドは怖いものです!ステロイドを断ちましょう」と提案してきます。ステロイドを使用していた方が、ステロイドを断つとどうなると思いますか?リバウンドのような症状があらわれます。せっかく回復に向かっていたのに・・・薬をストップする事でアトピー症状がひどくなるのです。企業側は「ステロイドとアトピーの毒素が抜けているから、このようになっているんです」と説明し、「もう少しで良くなります。頑張りましょう!」と声をかけ続けます。半年・・・一年と一向に良くならないにも関わらず高額の商品を使い続けなければいけないという状況に陥ってしまいます。1年間アトピーの痒みや痛みを我慢しなければならないと考えると精神的にも辛いですし、ジュクジュクと汁が出てしまった患部などは、跡に残ってしまったり、皮膚が厚くなりゴワゴワとした肌になってしまう可能性もあります。子どもとしても、それを見守る親としても、その精神的ストレスは並大抵のものではありません。

ステロイドを断つ事でアトピーが治るという事は、アトピーは自然完治が可能な病気と言っているのと同じことです。「○○茶を飲めばアトピーが治る」「○○入浴剤を使用すればアトピーが治る」なども同様です・・・。そんな事があれば、アトピーで悩んでいる方は一人もいないはずです。「アトピーは自分の力で治す事が出来る!」と言っているサイトなどがありますが・・・本当にそうでしょうか?そうであれば、アトピーはとっくの昔に、誰も悩む事のない病気になっているはずです。

しっかりとした治療を受けなければ改善しないからこそ、今の時代でも約250万人以上の方が悩まされているのです。民間企業が作った商品を使用してアトピー症状が悪化してしまうのと、ステロイド剤を使用して治療していくこと・・・どちらが体や心に負担があるのでしょうか・・・。脱ステロイドを考えているママ達にはしっかりと考えてもらいたいと思います。

お子さんがアトピー性皮膚炎だと分かると「一日でも早く・・・綺麗に治してあげたい。」「外見に影響が出る前に治してあげたい」などの強い思いから、インターネットで販売されている効能がよく分からない商品などを購入してしまったりします。医学的に根拠のない民間療法ほど怖いものはありません。

私たちは「効果があったというクチコミを見た」とか「感謝の言葉で溢れている」といった事で商品の良さを信じてしまいがちです。確かに、完治までいかないにせよ改善効果があった方も中にはいらっしゃるかもしれません。ですが、民間療法なので必ず誰にでも効果のあるものだとはいえません。効果があった方たちの何十倍も効果があらわれなかった方がいるかもしれません。クチコミはごく一部の方の声です。本当に良い治療を受けたいと考えているのであれば、クチコミやアトピービジネスに惑わされず、しっかりとした治療を早いうちに受けていくようにしましょう。

妊娠中・育児に役立つコラム

  • 妊娠中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム
  • 育児中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム
  • パパになったらパパスタ!Papa Study
  • 母乳育児コラム
  • イヤイヤ期コラム
  • ベビーサインコラム
  • マタニティ整体と産後整体コラム
  • 産後のエクササイズコラム
  • ベビーマッサージコラム
  • 絵本の読み聞かせコラム
  • 小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防コラム
  • 子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方コラム
  • 臨床心理士
  • ~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム
  • 楽な抱っこやおんぶの仕方コラム
  • 言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング
  • 子どもごはん専門家

妊娠中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム

マタスタ
全てのマタスタを読む

育児中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム

ママスタ
全てのママスタを読む


注目ページ!

新着記事

世界の子育て事情や体験談、話題の動画を配信赤ちゃんの部屋エンターテイメント 赤ちゃんの部屋エンタメ(エンターテイメント)のすべての記事 妊娠したらマタスタ マタスタのすべての記事
出産したらママスタ ママスタのすべての記事 パパになったらパパスタ パパスタのすべての記事
妊娠・出産・育児コラム
赤ちゃんの部屋コラム

赤ちゃんの部屋コラム

妊娠、出産、育児にはいろいろな悩みや疑問、発見や不思議、喜びや驚きなど今まで知る事のなかった世界があります。目からウロコが出るような妊娠・出産・育児に関するコラムをお届けしていきます♪

赤ちゃんの部屋コラム
母乳育児コラム

母乳育児コラム

あき助産師と助産院ばぶばぶ院長の小林ひさこ先生による母乳育児コラム。母乳育児を始める頃から卒乳までに役立つ様々な情報満載で、母乳育児の疑問や悩みを解決してくれます。

母乳育児コラム
イヤイヤ期コラム

イヤイヤ期コラム

NLP心理学を学び、一時保育所で働きながら100人以上のイヤイヤ期の子供の行動パターンや心理状態を日々観察することで、イヤイヤ期の対応法を体系化したイヤイヤ期専門家の西村先生によるコラム。

イヤイヤ期コラム
ベビーサインコラム

ベビーサインコラム

一般社団法人日本ベビーサイン協会代表理事の吉中みちる先生によるベビーサインコラム。手や指を使ったベビーサインのコミュニケーション手段を覚えて赤ちゃんとコミュニケーションをとりましょう!

ベビーサインコラム
マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体について助産師・看護師・ママズケア認定ベビーマッサージ講師・アラウンドバースセラピスト・受胎調節実施指導など様々な分野で活躍する佐藤先生が詳しく解説するコラム。

マタニティ整体と産後の整体コラム
産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズ

産後のエクササイズコラム

Beauty Space代表、日本マタニティフィットネス協会ママフィット認定インストラクターの荻野則子先生による産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズを動画でわかり易く解説。

産後のエクササイズコラム
ベルタ葉酸サプリ ベルタ妊娠線 ベルタ酵素
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

ははこぐさ治療室院長の奥山麻理先生と助産師・保健師・看護師の石坂晶先生によるコラム。お2人が紹介するベビーマッサージはママズケアのメソッドで、1日1回30秒から始められるベビーマッサージ。

ベビーマッサージコラム
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

RTA指定スクールでぃんぷる代表の関本涼子先生とRTA指定スクールPoco a Poco代表の吉野陽子先生によるコラム。生まれたての赤ちゃんと最初の意思疎通、それは肌と肌を通じて行うタッチケア。

ベビーマッサージコラム
絵本の読み聞かせコラム

絵本の読み聞かせコラム

愛着形成に大変効果的とされる絵本。絵本の選び方や絵本の読み聞かせの効果、読み聞かせ方のコツやオススメの絵本などを絵本の読み聞かせ専門家の平松祐美子先生が紹介。

絵本の読み聞かせコラム
小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

「ムシ歯ゼロで元気なお口」を育むために、マタニティや0歳の赤ちゃんの頃からできることを、小児歯科の専門家としてお伝えするコラム。

虫歯予防コラム
子どもとのコミュニケーションや発達障がい

子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方

コミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方について臨床発達心理士の斑目雅美先生が子育て実践例を交えて解説。

臨床発達心理士コラム
お腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム

お腹の中の赤ちゃんと絆作り

臨床心理士の飯島ゆみこ先生によるお腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム。おなかの赤ちゃんとママとの絆を深め、子育ても楽しめるようになるヒントを臨床心理士の視点からお伝えしていきます。

臨床心理士コラム
~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大による身近で大切な人との幸せな関係を築く情報コラム。大切な人と幸せな関係を築ける『考え方』と『心の習慣』を『言葉』にして贈らせて頂きます。

幸せのレシピコラム
抱っこの専門家が伝える楽な抱っことおんぶのお話

楽な抱っこやおんぶの仕方

抱っこの専門家が楽な抱っこやおんぶの仕方から腱鞘炎・腰痛などの問題まで詳しく解説!乳幼児期の抱っことおんぶを、より快適に、気持ちよく、自由に楽しめるポイントを学びましょう。

楽な抱っこやおんぶの仕方
言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

「周りの子に比べてことばが少し遅い」「コミュニケーションがうまくいかない」そんな悩みを解決するコミュニケーションや発音を育てるトレーニングコラムです。

言語聴覚士コラム
子どもごはん

偏食・食べないを乗り切るご飯作り

偏食の子も食べない子も悩まないごはん作りを子どもごはんの専門家、美紀ピア先生が教えます。子どもごはんをサポートする食セッションで食の大切さを学びましょう。

子どもごはんコラム