「ビスフェノールA」「ビスフェノールB」は乳幼児や胎児へ悪影響を及ぼす可能性がある!?

ビスフェノールA、ビスフェノールBは乳幼児や胎児へ悪影響!?

ビスフェノールA、ビスフェノールB

大切でかわいい我が子に使うもの、ちゃんと選んでいますか?子どもに関するものと言うと、食べるもの飲むものはもちろん、おもちゃや衣服などたくさんのものがあると思います。そんな中、特に妊婦さんや小さなお子さんがいらっしゃる家庭で気をつけたい物質があるとのことなんです。それが「ビスフェノール」という物質。

正式に言うと「ビスフェノールA」と「ビスフェノールB」というふたつの物質に要注意だということなんです。あまり聞きなれない名前だと思いますが、このふたつには妊婦さんや小さなお子さんにどんな影響があるのでしょうか?また、どんな成分になっているのでしょうか?

ビスフェノールってどんな物質なの?

このビスフェノールというのは、ポリカーボネートなどのプラスチック樹脂の原料にされている化学物質のことをいいます。ビスフェノール…と言っても、もっとも代表的なビスフェノールAやB、それ以外にもビスフェノールCやS、Pなどたくさんの種類があります。ただ、一般的にビスフェノールと言うと「ビスフェノールA(BPAと略されることもあります)」を指すことが多いようです。

そんなビスフェノールAが含まれるというポリカーボネートですが、最近ではスマートフォンのケースなどにもよく使われていて、丈夫で軽いことからよく利用されているんですね。ビスフェノールはポリカーボネート製の食器や容器などから食べ物に移ってしまい、そして私たちの体の中に入り込んでしまうケースがあると言われているんです。以前はポリカーボネート製の食器や容器、さらには哺乳瓶にも多くあったのですが、日本国内で作られる食品の容器などは違うものを使うように勧められてきたりしているので、実際のところはビスフェノールAを取り込んでしまう量はとても少なくなってきています。

ただ、国外の食べ物の場合には、ポリカーボネートが使われている缶詰製品などに注意が必要だということです。たとえば、トマト缶やミートソースの缶、ツナ缶やマッシュルームの缶などです。ビスフェノールAは酸性の高いものや高温のものに溶け出しやすいと言われています。そのため、この中でも特に酸性の高いトマト缶にはビスフェノールAが多く含まれていると言われていますので、乳幼児と妊婦さんは摂取を注意すべきだと呼びかけられているんです。では、このビスフェノールAですが実際に私たちの体にどんな影響を及ぼすのでしょうか?

ビスフェノールがもたらす影響って…?

ビスフェノールAが私たちの体にもたらす問題としては、次のようなものがあります。

  • 毒性がある可能性がある
  • 発がん性がある
  • 内分泌かく乱化学物質である
  • おなかの赤ちゃんの神経系の発達に影響がある可能性がある

毒性について

まず、ビスフェノールの毒性について見ていきましょう。普通、私たちの体に悪影響があるものというと、たくさん摂取すればするほど悪い影響を与えるのが一般的ですよね。しかし、ビスフェノールAは従来考えられているよりもさらに少ない摂取量のときに毒性がある「低用量仮説」ということが言われていました。ちょっと「?」となってしまうと思いますが、何らかの作用で少ない摂取量のときに限り毒性があらわれるという結果が出たそうなんです。

…しかし、これについてはその後に検証された結果、やっぱりそんなことはない!という結果が出ているんだそう。また、日本の厚生労働省ではラットやマウスでの実験で、このようにビスフェノールAの低用量での摂取で毒性があらわれないということを検証しています。

ですが、妊婦さんやおなかの赤ちゃん、小さな赤ちゃんに対してはまだ研究段階ということなので、油断はできません。そういったことを踏まえると、やっぱりわずかでも可能性があるものは避けておいた方が良いのではないでしょうか。

内分泌かく乱化学物質である

あまり聞きなれない言葉ではありますが、内分泌というのはホルモンのことをいいます。女性ホルモン、男性ホルモンなどのよく聞くホルモンのことですね。女性であれば、生理がやってくるサイクルというのはホルモンが指令を出していたり、思春期の成長などもホルモンの役割になっていますよね。

健康で正常な体であれば、必要なホルモンが必要なときに必要なだけ分泌されます。妊娠中によくあるマイナートラブルも、このホルモンが原因だとされています。妊娠中に起こるマイナートラブルについてはこちらからごらんください

ビスフェノールAを摂取すると、エストロゲン受容体というものが活性化されます。エストロゲン受容体というのは、ビスフェノールAが入ってきたことによって刺激され、その刺激を変換してエストロゲンの働きを高める・同じような働きをするよう呼びかける司令塔の部分です。つまり、ビスフェノールAを摂取すると女性ホルモン(エストロゲン)のような働きをするということになります。思わぬところでエストロゲンの働きが増えてしまうため、人によっては体の調子がおかしくなってしまう…ということがあるんだそうです。

胎児の神経の発達に影響がある

妊婦さんやママさんでもっとも気になるのがこの問題だと思います。マウスでの実験では、ビスフェノールAを摂取させたマウスの子どもは神経細胞の数が少なくなってしまうということが報告されています。さらに、その異常は産まれたあとの新生児のときにも続いているということで、妊婦さん・胎児については警戒すべきと言われているんです。

ビスフェノールについての注意点

このようにビスフェノール、特にAとBについてはさまざまな影響が心配されているので、妊婦さんや小さなお子さんがいらっしゃる家庭では避けておくほうが無難だと言われています。ビスフェノールが私たち人間の体に及ぼす影響がすべてわかったというわけではありませんし、以前言われていた毒性については問題ないと解決はしたものの、妊婦さん・胎児・赤ちゃんへの影響がわかっているわけではありません。ですから、ビスフェノールが使われている哺乳瓶やコップ、お皿などの容器をはじめ、海外製の缶詰といったものについては注意が必要です。日本の厚生労働省でもビスフェノールについてのQ&Aをチェックすることができますので、ぜひ見てみてくださいね。厚生労働省HP(外部サイト)>>

ちなみに、カナダでは2010年に神経の異常や早熟を引き起こす原因になるということで、ビスフェノールが有害物質に指定されています。詳しいことがまだわかっていないビスフェノールAとビスフェノールBですが、決して良い報告があるわけではありません。妊婦さん・胎児・赤ちゃんについては特に健康な成人と違う結果が引き起こされることが多いので、注意した方が良いでしょう。

妊娠中・育児に役立つコラム

  • 妊娠中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム
  • 育児中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム
  • パパになったらパパスタ!Papa Study
  • 母乳育児コラム
  • イヤイヤ期コラム
  • ベビーサインコラム
  • マタニティ整体と産後整体コラム
  • 産後のエクササイズコラム
  • ベビーマッサージコラム
  • 絵本の読み聞かせコラム
  • 小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防コラム
  • 子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方コラム
  • 臨床心理士
  • ~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム
  • 楽な抱っこやおんぶの仕方コラム
  • 言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング
  • 子どもごはん専門家

妊娠中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム

マタスタ
全てのマタスタを読む

育児中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム

ママスタ
全てのママスタを読む


注目ページ!

新着記事

世界の子育て事情や体験談、話題の動画を配信赤ちゃんの部屋エンターテイメント 赤ちゃんの部屋エンタメ(エンターテイメント)のすべての記事 妊娠したらマタスタ マタスタのすべての記事
出産したらママスタ ママスタのすべての記事 パパになったらパパスタ パパスタのすべての記事
妊娠・出産・育児コラム
赤ちゃんの部屋コラム

赤ちゃんの部屋コラム

妊娠、出産、育児にはいろいろな悩みや疑問、発見や不思議、喜びや驚きなど今まで知る事のなかった世界があります。目からウロコが出るような妊娠・出産・育児に関するコラムをお届けしていきます♪

赤ちゃんの部屋コラム
母乳育児コラム

母乳育児コラム

あき助産師と助産院ばぶばぶ院長の小林ひさこ先生による母乳育児コラム。母乳育児を始める頃から卒乳までに役立つ様々な情報満載で、母乳育児の疑問や悩みを解決してくれます。

母乳育児コラム
イヤイヤ期コラム

イヤイヤ期コラム

NLP心理学を学び、一時保育所で働きながら100人以上のイヤイヤ期の子供の行動パターンや心理状態を日々観察することで、イヤイヤ期の対応法を体系化したイヤイヤ期専門家の西村先生によるコラム。

イヤイヤ期コラム
ベビーサインコラム

ベビーサインコラム

一般社団法人日本ベビーサイン協会代表理事の吉中みちる先生によるベビーサインコラム。手や指を使ったベビーサインのコミュニケーション手段を覚えて赤ちゃんとコミュニケーションをとりましょう!

ベビーサインコラム
マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体について助産師・看護師・ママズケア認定ベビーマッサージ講師・アラウンドバースセラピスト・受胎調節実施指導など様々な分野で活躍する佐藤先生が詳しく解説するコラム。

マタニティ整体と産後の整体コラム
産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズ

産後のエクササイズコラム

Beauty Space代表、日本マタニティフィットネス協会ママフィット認定インストラクターの荻野則子先生による産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズを動画でわかり易く解説。

産後のエクササイズコラム
ベルタ葉酸サプリ ベルタ妊娠線 ベルタ酵素
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

ははこぐさ治療室院長の奥山麻理先生と助産師・保健師・看護師の石坂晶先生によるコラム。お2人が紹介するベビーマッサージはママズケアのメソッドで、1日1回30秒から始められるベビーマッサージ。

ベビーマッサージコラム
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

RTA指定スクールでぃんぷる代表の関本涼子先生とRTA指定スクールPoco a Poco代表の吉野陽子先生によるコラム。生まれたての赤ちゃんと最初の意思疎通、それは肌と肌を通じて行うタッチケア。

ベビーマッサージコラム
絵本の読み聞かせコラム

絵本の読み聞かせコラム

愛着形成に大変効果的とされる絵本。絵本の選び方や絵本の読み聞かせの効果、読み聞かせ方のコツやオススメの絵本などを絵本の読み聞かせ専門家の平松祐美子先生が紹介。

絵本の読み聞かせコラム
小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

「ムシ歯ゼロで元気なお口」を育むために、マタニティや0歳の赤ちゃんの頃からできることを、小児歯科の専門家としてお伝えするコラム。

虫歯予防コラム
子どもとのコミュニケーションや発達障がい

子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方

コミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方について臨床発達心理士の斑目雅美先生が子育て実践例を交えて解説。

臨床発達心理士コラム
お腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム

お腹の中の赤ちゃんと絆作り

臨床心理士の飯島ゆみこ先生によるお腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム。おなかの赤ちゃんとママとの絆を深め、子育ても楽しめるようになるヒントを臨床心理士の視点からお伝えしていきます。

臨床心理士コラム
~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大による身近で大切な人との幸せな関係を築く情報コラム。大切な人と幸せな関係を築ける『考え方』と『心の習慣』を『言葉』にして贈らせて頂きます。

幸せのレシピコラム
抱っこの専門家が伝える楽な抱っことおんぶのお話

楽な抱っこやおんぶの仕方

抱っこの専門家が楽な抱っこやおんぶの仕方から腱鞘炎・腰痛などの問題まで詳しく解説!乳幼児期の抱っことおんぶを、より快適に、気持ちよく、自由に楽しめるポイントを学びましょう。

楽な抱っこやおんぶの仕方
言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

「周りの子に比べてことばが少し遅い」「コミュニケーションがうまくいかない」そんな悩みを解決するコミュニケーションや発音を育てるトレーニングコラムです。

言語聴覚士コラム
子どもごはん

偏食・食べないを乗り切るご飯作り

偏食の子も食べない子も悩まないごはん作りを子どもごはんの専門家、美紀ピア先生が教えます。子どもごはんをサポートする食セッションで食の大切さを学びましょう。

子どもごはんコラム