赤ちゃんが泣かない・・・。サイレントベビーについて

サイレントベビー。新生児が泣かなくなる理由とは?

泣かない赤ちゃん、サイレントベビー

「サイレントベビー」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?手のかからない赤ちゃんというイメージが湧いたりするでしょうか。それとも、赤ちゃんの個性のように感じるでしょうか。サイレントベビーというとそのままの意味なら「静かな赤ちゃん」ということですが、ただそんなに単純なものではありません。

サイレントベビーというのは、赤ちゃんが「諦めてしまった」状態のことをいいます。そもそも赤ちゃんは、1歳から2歳くらいになるまで喋って感情や状態を訴えることができませんよね。それまでは泣くことでお母さんや周囲の方にさまざまな感情をぶつけていきます。おむつが濡れている、おなかがすいた、抱っこしてほしい、寒い、暑いなど…。赤ちゃんにとって「泣く」ということは、唯一のコミュニケーション手段となっているんです。

赤ちゃんからのサインを無視=サイレントベビーに・・・

小さな赤ちゃんが、顔を真っ赤にしながら「うぅ~~ん」とうなる…お子さんがいらっしゃる方なら、一度は見たことがあるのではないでしょうか。もともと赤ら顔の赤ちゃんですが、まるで茹でダコのように真っ赤になって、時には身をよじらせながらうなる光景はお母さんなら誰もが驚くものです。では、このうなりの原因はいったいなんなのでしょうか?まず、考えられる原因はいくつかあります。

そんな泣くという赤ちゃんからのサインを、お母さんが拒否し続けてしまったらいったいどうなるのでしょうか?お母さんにわかってほしいこと、訴えたいことが伝わらない状態が続いた赤ちゃんは、そのことを理解します。すると、だんだん泣く(訴える)ことを諦めてしまい、次第に泣かなくなっていきます。

これが、サイレントベビーです。

ただ単に静かな赤ちゃんというわけではなく、このように小さいながらも寂しい・かまってもらえないという気持ちをぐっと我慢している状態なんです。この状態が続いてサイレントベビーとなってしまうと、心に負担がかかってしまうため大きくなってから精神的に不安定な状態になりやすかったり、コミュニケーション能力が低いなどの症状があらわれることが。

さらに、非行に走る、言語能力の成長が遅くなるなど、深刻な問題にもつながってしまうと言われています。大きくなるにつれて、保育園や小学校といった場所で周囲と馴染むことが難しく、孤立してしまうということも考えられます。では、なぜサイレントベビーになってしまうのでしょうか?

原因はコミュニケーション不足にある

サイレントベビーになってしまう原因は、親子のコミュニケーション不足にあります。

  • 赤ちゃんが泣いても放置する
  • 抱っこをしない
  • 赤ちゃんの声に反応しない

このようなことがサイレントベビーにつながると言われています。赤ちゃんが「抱っこして~」「おなかがすいたよ~」と何かがあって泣くのはもちろんですが、そうでなくてもかまって欲しくて泣くことがありますよね。赤ちゃんはもちろん、大人になっても誰かに甘えたいと思うことってどんな人でもあると思います。ですが、そんな気持ちを押しつぶして我慢したままの状態だと、サイレントベビーになるのも当然だと思いませんか?

赤ちゃんは泣くことでお母さんやお父さんを呼び、甘え、そして言葉がわからなくても話しかけられることでコミュニケーションを図っているのです。しかし、そこでじゅうぶんな関わりがないと親子としての絆もできませんし、赤ちゃんは寂しさが増し、孤独を味わいます。「どうせ泣いたってかまってもらえない」ということを覚え、泣かなくなってしまいます。

抱き癖は存在しない!思う存分抱っこしよう!

赤ちゃんを抱っこせず、スマートフォンをいじってばかりいないでしょうか?機嫌が良いときでも、悪いときでも、しっかり抱っこをしてあげるようにしてください。お姑さんや周囲から「抱き癖」について言われることがあるかもしれませんが、抱き癖はないと言われています。抱き癖という言葉がひろまった理由については以下のページで詳しく解説しております。触れない育児の影響について

つまり、赤ちゃんにとっては大人たちの勝手な話だということ。泣いても抱っこしてあやさず、抱き癖をつけないためそのままにしておくと、赤ちゃんはどうなるでしょうか?抱っこしてもらえないということから、そのうち泣かなくなるでしょう。ただこれは、我慢できるようになった聞き分けの良い子ということではなく、赤ちゃんが泣いて抱っこを求める意欲をなくしてしまった、つまり諦めてしまったということ…サイレントベビーなんです。

そもそもよく泣く子、大きな声で泣く子、ぐずぐずと泣く子、赤ちゃんの泣き方ひとつとっても個性はさまざまです。ですが、お母さんやお父さんに甘えたい・抱っこをしてほしいと思うのはどんな子でも同じことです。我が子をサイレントベビーにさせないためにも、親子間の絆を強く作っていくためにも、しっかりと抱っこをしてあげるようにしましょう。

赤ちゃんの言葉の力を育てよう

赤ちゃんって全然喋らないから、つまらない…と思うことって、ありませんか?特にパパはこんな風に思うことが多いと言われていますが、実は赤ちゃんは喋らなくてもどんどん成長しているんです。

どういうことかと言うと、赤ちゃんは1歳を過ぎるころになると簡単な言葉がわかってくるようになります。たとえば「ティッシュ持ってきて」と言えば持ってきてくれたり、言葉の意味を少しずつ理解できるようになります。そして、その後自分の口から言葉を発するようになってくるのですが、いきなり喋ることはもちろんできません。パパやママ、兄弟など周囲の身近な人が発する言葉を日々聞くことによって、さまざまな言葉を理解して喋るようになってくるんです。

ですから、いくら赤ちゃんが喋らないからといって赤ちゃんに話しかけることをしなければ、いつまでたっても赤ちゃんは喋ることができません。 生後2~3ヶ月ごろから喃語(なんご)といって、「あ~」「う~」という言葉以外にも、何か喋っているのかな?と思うようなことを口にします。そのときに「お話がじょうずだね~!」などのリアクション・声かけをしてあげることで、赤ちゃんは会話の練習をすることができるんです。親子の大切なコミュニケーションにもなりますし、赤ちゃんの言語能力を育てていくためにも欠かせないものなんです。これがなくなると、ママは自分にかまってくれないということや、言葉が遅いということにつながると言われています。

妊娠中・育児に役立つコラム

  • 妊娠中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム
  • 育児中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム
  • パパになったらパパスタ!Papa Study
  • 母乳育児コラム
  • イヤイヤ期コラム
  • ベビーサインコラム
  • マタニティ整体と産後整体コラム
  • 産後のエクササイズコラム
  • ベビーマッサージコラム
  • 絵本の読み聞かせコラム
  • 小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防コラム
  • 子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方コラム
  • 臨床心理士
  • ~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム
  • 楽な抱っこやおんぶの仕方コラム
  • 言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング
  • 子どもごはん専門家

妊娠中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム

マタスタ
全てのマタスタを読む

育児中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム

ママスタ
全てのママスタを読む


注目ページ!

新着記事

世界の子育て事情や体験談、話題の動画を配信赤ちゃんの部屋エンターテイメント 赤ちゃんの部屋エンタメ(エンターテイメント)のすべての記事 妊娠したらマタスタ マタスタのすべての記事
出産したらママスタ ママスタのすべての記事 パパになったらパパスタ パパスタのすべての記事
妊娠・出産・育児コラム
赤ちゃんの部屋コラム

赤ちゃんの部屋コラム

妊娠、出産、育児にはいろいろな悩みや疑問、発見や不思議、喜びや驚きなど今まで知る事のなかった世界があります。目からウロコが出るような妊娠・出産・育児に関するコラムをお届けしていきます♪

赤ちゃんの部屋コラム
母乳育児コラム

母乳育児コラム

あき助産師と助産院ばぶばぶ院長の小林ひさこ先生による母乳育児コラム。母乳育児を始める頃から卒乳までに役立つ様々な情報満載で、母乳育児の疑問や悩みを解決してくれます。

母乳育児コラム
イヤイヤ期コラム

イヤイヤ期コラム

NLP心理学を学び、一時保育所で働きながら100人以上のイヤイヤ期の子供の行動パターンや心理状態を日々観察することで、イヤイヤ期の対応法を体系化したイヤイヤ期専門家の西村先生によるコラム。

イヤイヤ期コラム
ベビーサインコラム

ベビーサインコラム

一般社団法人日本ベビーサイン協会代表理事の吉中みちる先生によるベビーサインコラム。手や指を使ったベビーサインのコミュニケーション手段を覚えて赤ちゃんとコミュニケーションをとりましょう!

ベビーサインコラム
マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体について助産師・看護師・ママズケア認定ベビーマッサージ講師・アラウンドバースセラピスト・受胎調節実施指導など様々な分野で活躍する佐藤先生が詳しく解説するコラム。

マタニティ整体と産後の整体コラム
産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズ

産後のエクササイズコラム

Beauty Space代表、日本マタニティフィットネス協会ママフィット認定インストラクターの荻野則子先生による産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズを動画でわかり易く解説。

産後のエクササイズコラム
ベルタ葉酸サプリ ベルタ妊娠線 ベルタ酵素
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

ははこぐさ治療室院長の奥山麻理先生と助産師・保健師・看護師の石坂晶先生によるコラム。お2人が紹介するベビーマッサージはママズケアのメソッドで、1日1回30秒から始められるベビーマッサージ。

ベビーマッサージコラム
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

RTA指定スクールでぃんぷる代表の関本涼子先生とRTA指定スクールPoco a Poco代表の吉野陽子先生によるコラム。生まれたての赤ちゃんと最初の意思疎通、それは肌と肌を通じて行うタッチケア。

ベビーマッサージコラム
絵本の読み聞かせコラム

絵本の読み聞かせコラム

愛着形成に大変効果的とされる絵本。絵本の選び方や絵本の読み聞かせの効果、読み聞かせ方のコツやオススメの絵本などを絵本の読み聞かせ専門家の平松祐美子先生が紹介。

絵本の読み聞かせコラム
小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

「ムシ歯ゼロで元気なお口」を育むために、マタニティや0歳の赤ちゃんの頃からできることを、小児歯科の専門家としてお伝えするコラム。

虫歯予防コラム
子どもとのコミュニケーションや発達障がい

子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方

コミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方について臨床発達心理士の斑目雅美先生が子育て実践例を交えて解説。

臨床発達心理士コラム
お腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム

お腹の中の赤ちゃんと絆作り

臨床心理士の飯島ゆみこ先生によるお腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム。おなかの赤ちゃんとママとの絆を深め、子育ても楽しめるようになるヒントを臨床心理士の視点からお伝えしていきます。

臨床心理士コラム
~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大による身近で大切な人との幸せな関係を築く情報コラム。大切な人と幸せな関係を築ける『考え方』と『心の習慣』を『言葉』にして贈らせて頂きます。

幸せのレシピコラム
抱っこの専門家が伝える楽な抱っことおんぶのお話

楽な抱っこやおんぶの仕方

抱っこの専門家が楽な抱っこやおんぶの仕方から腱鞘炎・腰痛などの問題まで詳しく解説!乳幼児期の抱っことおんぶを、より快適に、気持ちよく、自由に楽しめるポイントを学びましょう。

楽な抱っこやおんぶの仕方
言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

「周りの子に比べてことばが少し遅い」「コミュニケーションがうまくいかない」そんな悩みを解決するコミュニケーションや発音を育てるトレーニングコラムです。

言語聴覚士コラム
子どもごはん

偏食・食べないを乗り切るご飯作り

偏食の子も食べない子も悩まないごはん作りを子どもごはんの専門家、美紀ピア先生が教えます。子どもごはんをサポートする食セッションで食の大切さを学びましょう。

子どもごはんコラム