誰にでも育児ノイローゼになってしまう危険がある!?

誰にでも育児ノイローゼになってしまう危険がある!?

育児ノイローゼ

「わが子を手にかけてしまう人たちは特別暴力的な性格だったとか、人を傷つけることが平気な悪人だったわけではないんだよ。みんな普通の女性で、その普通の女性たちの心を変えてしまうほど出産や育児は大変なものなんだよ。だから、あなたも育児をするようになって辛くなった時には家族でなくてもいいから必ず誰かに助けを求めなさい」

と。筆者が子どもの頃、祖母がニュースを見ながら話してくれた事を今でも鮮明に覚えています。

核家族が増えている現在、手助けしてくれる身内が近くに住んでおらず、ママ達が家事や育児など様々なことを一人で抱え込む事が多い時代になってしまいました。(※核家族とは、パパとママ、子どもだけで構成されている家庭です。)昔は、サザエさんやちびまるこちゃんのようにお爺ちゃん・お婆ちゃんと一緒に住んでいる二世帯住宅が多かったので、育児や家事を分担してこなすことが出来、今よりも育児ノイローゼで悩むママも少なく、精神的に不安定になってしまったママがわが子を殺してしまう・・・という事件も少なかったものです。

そう・・・昔は、家族やご近所さんみんなで一緒に子育てをしていた時代なんです。

「育児ノイローゼ」と聞くと、マタニティーブルーズと同じように考えてしまう方が多く、出産して間もない時期になるのではないかと考えている方が多くいらっしゃいますが、実はそうではないんです。育児ノイローゼは、産後(特に魔の3週目)と子どもが2歳になる頃「魔の2歳児」と呼ばれる、子どもの自我が芽生える時期(イヤイヤ期)頃にママがノイローゼになりやすいと言われています。もちろん、マタニティーブルーズの影響で育児ノイローゼになる方もいらっしゃいますので、環境や体の状態などによって個人差があるといえます。生後3週目に訪れる魔の3週目について知っておこう

なぜその時期にノイローゼになりやすいかというのは、いくつかの理由があります。どのような理由で育児ノイローゼになってしまうのか、また育児ノイローゼの見分け方などを見ていきましょう。

育児ノイローゼになりやすい人とは?

上でも少しふれたように育児に携わっているママであれば誰でも、育児ノイローゼになる危険性があります。どんなママが育児ノイローゼになりやすいのか知っておくことで、前もって対策をとることができますよね!どんな方がノイローゼになりやすいのか見てみましょう。

育児ノイローゼになりやすい
  • 自律神経やホルモンバランスが乱れている時期
  • 何事も完璧でないと気がすまない
  • 育児の悩みなどを相談できるママ友がいない
  • ストレス発散の仕方が分からない(趣味がない)
  • 親や兄弟(姉妹)が近くに住んでいない
  • 一日中、子ども以外の人とはあまり関わらない
  • 人に弱みを見せられない(話せない)
  • 育児以外にも様々なストレスを抱えている

どうでしょうか。当てはまる項目はありましたか?まず第一にあげられるのが「自律神経の乱れ」です。

産後の女性はホルモンバランスがまだしっかりと整っていません。ホルモンバランスが崩れている状態で、ストレスが溜まったり、生活リズムが崩れることで自律神経が乱れてしまいます。妊娠期と育児期の不調は、全部ホルモンバランスのせいか!といいたくなるほど、ホルモンバランスが影響して起こる事がたくさんあるんです。

自律神経が乱れると、自律神経失調症や過呼吸症候群、メニエール病などを招く可能性があります。また、自律神経の乱れをほっておくと、うつ病になってしまう可能性もありますので、自律神経の乱れは軽く考えることの出来ない問題なんですよ。

※自律神経失調症とうつ病の違いとは?

自律神経失調症は、頭痛やめまい、耳鳴り、難聴など主に身体に症状があわられます。うつ病は、やる気がおきない、喪失感、頭が働かないなど主に身体に症状があらわれます。

それ以外にも大きな問題となるのが、殆ど家から出ず一日の殆どを子どもと二人きりで過ごすということです。ママが地元から離れて生活している場合、家族や友人が近くにおらず、外出をして息抜きをするという事が出来なくなってしまいます。近所に気の合うママ友がいない場合も同じことがいえます。同じ悩みを共感できる友人がいるというのは、とても心強いことです。同じ年頃のお子さんがいらっしゃる方とお友達になる事で子どもを連れて一緒に気晴らしが出来たり、悩みを共有することができるので、ママ達が集まる地域の集まりごとに積極的に参加してみるようにしてくださいね♪

また、完ぺき主義なママも注意が必要です!完ぺき主義なママは、体調が悪くても、全然寝ていない状態でも、心身ともに疲れきっていても・・・育児や家事の手抜きが出来ない方が多くいます。その為、無理をして育児も家事も完璧に一人でこなしてしまう為、積もり積もったイライラや不満、ストレス・疲れきった身体や心にたまったものが一気に爆発してしまうことがあります。

ママ・妻としていつも100点満点でいなければいけないという事はありません。たまには40点だっていいんです。ママ(妻)という仕事は、子どもを産んだ以上(結婚している以上)、一生続くお仕事なんです。毎日100点でいようと思うと、疲れて動けなくなってしまうのも当然です。長く続けていかなければいけないからこそ、適度に手抜きの方法や息抜きを見つけて続けていくことが大切です!

既にお子さんがいて、妊娠中という方の中には、つわりがキツく子どもやパパにご飯を作ってあげることもキツイという方がいらっしゃいます。しっかり者のママが陥りやすいのは「手抜き料理」を作ってあげることに対しての罪悪感です。つわりの期間には個人差がありますが、早い方で妊娠6週目頃に始まり、16週目頃までには治まる方が多いです。つわりがキツくご飯をちゃんと作ってあげられない。手作りのお弁当が手抜きになってしまう。栄養面のバランスが心配と悩まれる方がとても多いようですが、その状態が出産までの間ずっと続くわけではありません。つわりは一時的なものなので、今は自分と赤ちゃんの事を一番に考えてあげるようにし、無理はしないようにしましょう!

育児ノイローゼになっていないかチェックしてみよう!

「自分は大丈夫!」なんて思っていても、実際は育児ノイローゼの一歩手前まできていたなんて事もあります。人間は自分自身の事は意外に気づきにくいものなんです。

以下の項目に当てはまる方は育児ノイローゼになる手前の(もしくはなっている)可能性があります。当てはまるものが無いかどうか、素直な気持ちで確認してみてください。

育児ノイローゼの兆候
  • 急に涙が出てくる
  • 笑顔でいる時間がなくなった
  • 子どもを可愛いと思えなくなった(子どもを愛せなくなった)
  • 自分だけが大変でツライ思いをしていると思う
  • 子どもにキツく叱りすぎる
  • 怒りがコントロールできず、激しくキレてしまう(物に当たりたくなる)
  • 心身ともに疲れ果てている
  • 全てを投げ出して逃げたくなる
  • 全然眠れない(寝ても寝た気がしない)
  • 食欲不振(または過食気味)
  • ちょっとの事でイライラする

どうでしたか?当てはまるものはありましたか?

2個当てはまるという方は、ストレスが溜まっている状態です。育児ノイローゼの一歩手前といった感じなので上手く息抜き方法を見つけるようにしましょう!3個以上当てはまる方は既に育児ノイローゼに足を踏み入れている可能性がありますので要注意です!

平気だと思っていても、身体や心が悲鳴をあげているかもしれません。自分の体が危険信号を出しているときにいち早く気づけるようにしましょうね!

育児ノイローゼにならない為の対策とは?

育児ノイローゼにならない為の対策とはどのようなものがあるのでしょうか?下記の方法を試してみましょう。

育児ノイローゼの対策方法
  • ご近所に気の合うママ友を一人でもいいので見つける
  • パパに家事の協力をお願いする
  • 地域ごとで行っている育児・家事のサポート制度を利用してみる
  • 手抜きできることは手抜きする(毎日完璧でいようと思わないようにする)
  • 趣味や息抜きできることを見つける

「今日は家事が出来ない。疲れていて動けない。つわりがキツくて動けない。」という時には無理して家事を行うのではなく、パパに手伝って欲しいとちゃんと伝えるようにしましょう。「私ばっかり大変!」という言い方をしてしまうと、パパにもイライラが伝染してしまい、喧嘩になってしまう事があります。ですので、今の状況、気持ちを素直に話してみるようにしましょう。「全てがいっぱいいっぱいで、心身ともに疲れている。もうダメになっちゃいそう」と伝えるとパパだって放ってはおかないはずです。

また、自分にあった息抜きの方法を見つける事も大切です。外に出られないから息抜きもできやしない!と考えるのではなく、まだまだ外に出られない時期であれば家で出来るような息抜きを見つけてみましょうね。

元々子どもが好きで、そして何よりも大好きな人の子どもを産み育てたくて、女性は妊娠し出産します。妊娠・出産というと幸せなイメージばかりが浮かんでしまい、育児の大変さやツラさを想像しないまま、母親になった方は特に育児と家事の両立の大変さや、人(人間)を育てるという事の責任や重さなどを実感してしまうでしょう。

全然泣き止まない赤ちゃん、全然眠れない日々、自分のための時間が全く無く、ようやく時間が出来たと思ったら家事をしなければならない。。そんな日々に心身ともに疲れ果ててしまう女性は多くいます。そんなとき・・・あなたならどうしますか?これが母親なんだと頑張る?みんなやってる事なんだからと自分に言い聞かせて頑張る?

子育てをイキイキと楽しんでいる女性は、自分なりの息抜き方法をもっていたり、手を抜けるポイントを心得ていたりと、上手に家事や育児を両立している女性が多いんです。毎日100点満点のママなんていません。60点の日があるのは普通の事なんです。だって、ママだって人間だし、疲れちゃったり、何もしたくない日もあるんだから。ママとして、また妻として元気でイキイキと生きていくために、頑張りすぎず自分なりの育児・家事のやり方を考えてみるようにしましょうね!

妊娠中・育児に役立つコラム

  • 妊娠中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム
  • 育児中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム
  • パパになったらパパスタ!Papa Study
  • 母乳育児コラム
  • イヤイヤ期コラム
  • ベビーサインコラム
  • マタニティ整体と産後整体コラム
  • 産後のエクササイズコラム
  • ベビーマッサージコラム
  • 絵本の読み聞かせコラム
  • 小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防コラム
  • 子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方コラム
  • 臨床心理士
  • ~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム
  • 楽な抱っこやおんぶの仕方コラム
  • 言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング
  • 子どもごはん専門家

妊娠中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム

マタスタ
全てのマタスタを読む

育児中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム

ママスタ
全てのママスタを読む


注目ページ!

新着記事

世界の子育て事情や体験談、話題の動画を配信赤ちゃんの部屋エンターテイメント 赤ちゃんの部屋エンタメ(エンターテイメント)のすべての記事 妊娠したらマタスタ マタスタのすべての記事
出産したらママスタ ママスタのすべての記事 パパになったらパパスタ パパスタのすべての記事
妊娠・出産・育児コラム
赤ちゃんの部屋コラム

赤ちゃんの部屋コラム

妊娠、出産、育児にはいろいろな悩みや疑問、発見や不思議、喜びや驚きなど今まで知る事のなかった世界があります。目からウロコが出るような妊娠・出産・育児に関するコラムをお届けしていきます♪

赤ちゃんの部屋コラム
母乳育児コラム

母乳育児コラム

あき助産師と助産院ばぶばぶ院長の小林ひさこ先生による母乳育児コラム。母乳育児を始める頃から卒乳までに役立つ様々な情報満載で、母乳育児の疑問や悩みを解決してくれます。

母乳育児コラム
イヤイヤ期コラム

イヤイヤ期コラム

NLP心理学を学び、一時保育所で働きながら100人以上のイヤイヤ期の子供の行動パターンや心理状態を日々観察することで、イヤイヤ期の対応法を体系化したイヤイヤ期専門家の西村先生によるコラム。

イヤイヤ期コラム
ベビーサインコラム

ベビーサインコラム

一般社団法人日本ベビーサイン協会代表理事の吉中みちる先生によるベビーサインコラム。手や指を使ったベビーサインのコミュニケーション手段を覚えて赤ちゃんとコミュニケーションをとりましょう!

ベビーサインコラム
マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体について助産師・看護師・ママズケア認定ベビーマッサージ講師・アラウンドバースセラピスト・受胎調節実施指導など様々な分野で活躍する佐藤先生が詳しく解説するコラム。

マタニティ整体と産後の整体コラム
産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズ

産後のエクササイズコラム

Beauty Space代表、日本マタニティフィットネス協会ママフィット認定インストラクターの荻野則子先生による産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズを動画でわかり易く解説。

産後のエクササイズコラム
ベルタ葉酸サプリ ベルタ妊娠線 ベルタ酵素
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

ははこぐさ治療室院長の奥山麻理先生と助産師・保健師・看護師の石坂晶先生によるコラム。お2人が紹介するベビーマッサージはママズケアのメソッドで、1日1回30秒から始められるベビーマッサージ。

ベビーマッサージコラム
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

RTA指定スクールでぃんぷる代表の関本涼子先生とRTA指定スクールPoco a Poco代表の吉野陽子先生によるコラム。生まれたての赤ちゃんと最初の意思疎通、それは肌と肌を通じて行うタッチケア。

ベビーマッサージコラム
絵本の読み聞かせコラム

絵本の読み聞かせコラム

愛着形成に大変効果的とされる絵本。絵本の選び方や絵本の読み聞かせの効果、読み聞かせ方のコツやオススメの絵本などを絵本の読み聞かせ専門家の平松祐美子先生が紹介。

絵本の読み聞かせコラム
小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

「ムシ歯ゼロで元気なお口」を育むために、マタニティや0歳の赤ちゃんの頃からできることを、小児歯科の専門家としてお伝えするコラム。

虫歯予防コラム
子どもとのコミュニケーションや発達障がい

子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方

コミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方について臨床発達心理士の斑目雅美先生が子育て実践例を交えて解説。

臨床発達心理士コラム
お腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム

お腹の中の赤ちゃんと絆作り

臨床心理士の飯島ゆみこ先生によるお腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム。おなかの赤ちゃんとママとの絆を深め、子育ても楽しめるようになるヒントを臨床心理士の視点からお伝えしていきます。

臨床心理士コラム
~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大による身近で大切な人との幸せな関係を築く情報コラム。大切な人と幸せな関係を築ける『考え方』と『心の習慣』を『言葉』にして贈らせて頂きます。

幸せのレシピコラム
抱っこの専門家が伝える楽な抱っことおんぶのお話

楽な抱っこやおんぶの仕方

抱っこの専門家が楽な抱っこやおんぶの仕方から腱鞘炎・腰痛などの問題まで詳しく解説!乳幼児期の抱っことおんぶを、より快適に、気持ちよく、自由に楽しめるポイントを学びましょう。

楽な抱っこやおんぶの仕方
言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

「周りの子に比べてことばが少し遅い」「コミュニケーションがうまくいかない」そんな悩みを解決するコミュニケーションや発音を育てるトレーニングコラムです。

言語聴覚士コラム
子どもごはん

偏食・食べないを乗り切るご飯作り

偏食の子も食べない子も悩まないごはん作りを子どもごはんの専門家、美紀ピア先生が教えます。子どもごはんをサポートする食セッションで食の大切さを学びましょう。

子どもごはんコラム