指しゃぶりする指は赤ちゃんによって違う!?

指しゃぶりは親指だけじゃない!?

指しゃぶりする指は赤ちゃんによって違う

ちゅぱちゅぱと指を吸う赤ちゃんならではの仕草、とってもかわいいですよね。大きくなっても指しゃぶりがやめられないという子もいたり、指しゃぶりをすることで歯並びや発音などさまざまな影響があらわれるとも言われています。この指しゃぶりですが、実は赤ちゃんによって個人差があるということなんです。指しゃぶりと言うと、多くは「親指を吸う」というイメージがあると思います。ですが、赤ちゃんによっては親指以外の指を吸うという子もいれば、複数の指を吸うという子もいます。なぜこんなに違うのでしょうか?

なぜ指しゃぶりしちゃうの?

まず、なぜ赤ちゃんは指しゃぶりをするのでしょうか?いろいろな考えがあるのですが、その中でもよく耳にするのはコチラ。

  • おなかがすいている
  • 眠たい
  • 寂しい
  • クセ

それぞれについて見て行きましょう。

おなかがすいている

これは、産院でも言われることがあるのですが実はそうではありません。赤ちゃんはおなかの中にいるときからお母さんのおっぱいを吸うため、指しゃぶりをしていました。産まれてすぐにおっぱいを吸うことができるように、自分の指を吸って練習していたということですね。おっぱいが足りないなどおなかがすいているということとは関係なく、赤ちゃんの指しゃぶりには他に理由があります。「指しゃぶり」はおなかがすいているサイン?

眠たい

眠たいときにおしゃぶりをくわえさせると、よく眠る赤ちゃんは多いものです。同じように、指しゃぶりをすると、ウトウトとしたりよく眠る赤ちゃんも多いですよね。

これは、「ママのおっぱいを吸っているような安心感」があるからだと言われています。大人になっても自分のお気に入りのタオルがないと寝られなかったり、ぬいぐるみがあったりなど、一種の精神安定剤のようなものを持っている方は多いと思います。それと同じように、赤ちゃんも自分の指を吸うことで気分が落ち着き、眠りにつきやすいと言われています。

寂しい、クセ

これは、近年では少しずつ否定されてきている意見の一つです。というのも、大きくなってもなかなか指しゃぶりを止められないという子は、愛情不足だとかかまってあげる時間が少ないなんて言われています。

しかし、実際には愛情不足や特に寂しくなくても、眠たいときなどに指しゃぶりをする、いわば精神安定剤の役割をしているということが言われています。

さらに、赤ちゃんは産まれてからほんのわずかしか経っていないのですから、指しゃぶりが「初めてのクセ」となります。髪を触ったり鼻を触ったりなど、なんらかのクセというのは大人でもなかなか治らないものですよね。ですから、指しゃぶりは愛情不足など寂しさによるもの…?と、あまり心配しなくても大丈夫だと言われているんです。

指しゃぶりのいろいろ

さて、そんな指しゃぶりですが、個人差があるのはどうしてでしょうか?最初に述べたように、一般的なイメージとして浮かぶのは親指を吸う形です。ですが、それ以外にも多いのがチョキの形をして、人差し指と中指の2本を同時に吸うというもの。筆者の友人の女の子にもこの指しゃぶりの子がいますが、最初はビックリしたのを覚えています。その子も例にもれず、やっぱり眠たいときに主に指しゃぶりをしていました。

また、さらにその状態で驚いたり怖いと思うようなことがあると、チョキだった指の形がどんどん増えて、最終的には4本の指を吸っていました。お母さんいわくそのときの心理状態がわかりやすいということで、こんな指しゃぶりがあるんだなと思いました。指しゃぶりをする子・しない子がそれぞれいるように、赤ちゃんにとって自分が吸いやすい指、落ち着きやすい指のポジションなどがあるのではないでしょうか。

指しゃぶり

ちなみに、筆者の娘は産まれてまもなくは人差し指を吸い、生後3~4ヶ月ごろからは親指にシフトしました。

さらに、手をグーのようにして第2関節をちゅうちゅう吸う子もいたり、小指だけを吸う子など、ちょっと変わった指しゃぶりをする赤ちゃんもいるようです。とっても個性的でかわいらしい仕草ですから、我が子がどんな指しゃぶりをするのか見てみてくださいね。

長く続く指しゃぶり、大丈夫なの?

指しゃぶりといえば、ちょっと心配になるのが歯の形。一日中指しゃぶりをしているという子の場合、歯が生えてくるとだんだんと気になってくると思います。ずっと吸い続けていることでかみ合わせがズレてしまったり、歯が横にズレてしまうということがあります。これによって隙間ができて、じっとしているときなどに口を閉じにくくなるため口呼吸になったり、舌が前歯の隙間に入ってしまうことで喋りにくくなり、発音が悪くなることも。あまりにも一日中指しゃぶりやおしゃぶりをしているというときにはちょっと気を付けたいものですが、叱ったり無理に止めさせるのはNGです。

先ほども言いましたが、精神安定剤の役割をしていることも多いので、無理止めさせるということで大きなストレスになることもあります。

指しゃぶりはいつまでにやめさせたらいいのか、ゆびしゃぶりを続けたらどのような影響がでてくるのかについて以下で詳しく解説しています。指しゃぶりはやめさせたほうがいい?年齢別の対処法

妊娠中・育児に役立つコラム

  • 妊娠中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム
  • 育児中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム
  • パパになったらパパスタ!Papa Study
  • 母乳育児コラム
  • イヤイヤ期コラム
  • ベビーサインコラム
  • マタニティ整体と産後整体コラム
  • 産後のエクササイズコラム
  • ベビーマッサージコラム
  • 絵本の読み聞かせコラム
  • 小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防コラム
  • 子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方コラム
  • 臨床心理士
  • ~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム
  • 楽な抱っこやおんぶの仕方コラム
  • 言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング
  • 子どもごはん専門家

妊娠中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム

マタスタ
全てのマタスタを読む

育児中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム

ママスタ
全てのママスタを読む


注目ページ!

新着記事

世界の子育て事情や体験談、話題の動画を配信赤ちゃんの部屋エンターテイメント 赤ちゃんの部屋エンタメ(エンターテイメント)のすべての記事 妊娠したらマタスタ マタスタのすべての記事
出産したらママスタ ママスタのすべての記事 パパになったらパパスタ パパスタのすべての記事
妊娠・出産・育児コラム
赤ちゃんの部屋コラム

赤ちゃんの部屋コラム

妊娠、出産、育児にはいろいろな悩みや疑問、発見や不思議、喜びや驚きなど今まで知る事のなかった世界があります。目からウロコが出るような妊娠・出産・育児に関するコラムをお届けしていきます♪

赤ちゃんの部屋コラム
母乳育児コラム

母乳育児コラム

あき助産師と助産院ばぶばぶ院長の小林ひさこ先生による母乳育児コラム。母乳育児を始める頃から卒乳までに役立つ様々な情報満載で、母乳育児の疑問や悩みを解決してくれます。

母乳育児コラム
イヤイヤ期コラム

イヤイヤ期コラム

NLP心理学を学び、一時保育所で働きながら100人以上のイヤイヤ期の子供の行動パターンや心理状態を日々観察することで、イヤイヤ期の対応法を体系化したイヤイヤ期専門家の西村先生によるコラム。

イヤイヤ期コラム
ベビーサインコラム

ベビーサインコラム

一般社団法人日本ベビーサイン協会代表理事の吉中みちる先生によるベビーサインコラム。手や指を使ったベビーサインのコミュニケーション手段を覚えて赤ちゃんとコミュニケーションをとりましょう!

ベビーサインコラム
マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体について助産師・看護師・ママズケア認定ベビーマッサージ講師・アラウンドバースセラピスト・受胎調節実施指導など様々な分野で活躍する佐藤先生が詳しく解説するコラム。

マタニティ整体と産後の整体コラム
産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズ

産後のエクササイズコラム

Beauty Space代表、日本マタニティフィットネス協会ママフィット認定インストラクターの荻野則子先生による産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズを動画でわかり易く解説。

産後のエクササイズコラム
ベルタ葉酸サプリ ベルタ妊娠線 ベルタ酵素
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

ははこぐさ治療室院長の奥山麻理先生と助産師・保健師・看護師の石坂晶先生によるコラム。お2人が紹介するベビーマッサージはママズケアのメソッドで、1日1回30秒から始められるベビーマッサージ。

ベビーマッサージコラム
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

RTA指定スクールでぃんぷる代表の関本涼子先生とRTA指定スクールPoco a Poco代表の吉野陽子先生によるコラム。生まれたての赤ちゃんと最初の意思疎通、それは肌と肌を通じて行うタッチケア。

ベビーマッサージコラム
絵本の読み聞かせコラム

絵本の読み聞かせコラム

愛着形成に大変効果的とされる絵本。絵本の選び方や絵本の読み聞かせの効果、読み聞かせ方のコツやオススメの絵本などを絵本の読み聞かせ専門家の平松祐美子先生が紹介。

絵本の読み聞かせコラム
小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

「ムシ歯ゼロで元気なお口」を育むために、マタニティや0歳の赤ちゃんの頃からできることを、小児歯科の専門家としてお伝えするコラム。

虫歯予防コラム
子どもとのコミュニケーションや発達障がい

子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方

コミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方について臨床発達心理士の斑目雅美先生が子育て実践例を交えて解説。

臨床発達心理士コラム
お腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム

お腹の中の赤ちゃんと絆作り

臨床心理士の飯島ゆみこ先生によるお腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム。おなかの赤ちゃんとママとの絆を深め、子育ても楽しめるようになるヒントを臨床心理士の視点からお伝えしていきます。

臨床心理士コラム
~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大による身近で大切な人との幸せな関係を築く情報コラム。大切な人と幸せな関係を築ける『考え方』と『心の習慣』を『言葉』にして贈らせて頂きます。

幸せのレシピコラム
抱っこの専門家が伝える楽な抱っことおんぶのお話

楽な抱っこやおんぶの仕方

抱っこの専門家が楽な抱っこやおんぶの仕方から腱鞘炎・腰痛などの問題まで詳しく解説!乳幼児期の抱っことおんぶを、より快適に、気持ちよく、自由に楽しめるポイントを学びましょう。

楽な抱っこやおんぶの仕方
言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

「周りの子に比べてことばが少し遅い」「コミュニケーションがうまくいかない」そんな悩みを解決するコミュニケーションや発音を育てるトレーニングコラムです。

言語聴覚士コラム
子どもごはん

偏食・食べないを乗り切るご飯作り

偏食の子も食べない子も悩まないごはん作りを子どもごはんの専門家、美紀ピア先生が教えます。子どもごはんをサポートする食セッションで食の大切さを学びましょう。

子どもごはんコラム