子どもへの働きかけで気を付けたいこと

子どもへの働きかけで気を付けたいこと

これまでのコラムで親子のコミュニケーションにおいて、大人がお子さんに寄り添うことの大切さをお伝えしてきました。また、お子さんから発信された行動や言葉にどう返していくとよいかという視点から、言葉が育つような関わり方についてもご紹介してきました。子どもとのコミュニケーションにおける大人の姿勢子どもとのコミュニケーションに大切な大人の言葉かけこれらは、発達障がいのあるお子さんとのコミュニケーションで役立ってきましたが、障がいの有無に関わらずどのようなお子さんとの間でも役立つものだと考えています。

今回は、さらに、大人からお子さんに働きかける際に、気を付けたいことをお伝えします。

ずばりポイントはこの2つです。

ポイント1

「ダメ!」と言わない(否定語を使わない)

ポイント2

お子さんがわかるように話す、伝える

では、詳しく見ていきましょう。

ポイント①「ダメ!」と言わない(否定語を使わない)

日常生活でつい言ってしまいがちなのが、「ダメ!」という言葉。言わないように心がけているつもりでも、とっさに出やすい一言です(反省...)。大人からすると、" 今しているその行動が望ましくないことだよ" 、" 危ないことだからすぐに止めようね" という意図であることが大半でしょうか。

しかし、「ダメ!」と言われたお子さんはどのように感じているでしょうか?

お子さんの年齢によって違うと思いますが、" 大きな声でびっくりした" 、" 怖かった" 、" 怒られたけど何がダメなのかわからない" 、" 私の存在がダメ?" 、" いつもダメばっかり..." 等々。

「ダメ」という言葉は、自分の存在を全否定されたような気持ちにさせてしまいます。ですから、できるだけ使いたくないものです。では、どうしたらよいでしょう?

答えは意外と簡単で、して欲しいことを伝える、です。ただ、いきなりそれを実践しようとすると難しいかもしれません。まずは「ダメ」という言葉を使わないようにしてみましょう。そして「〇〇しないで」という言い方をします(このような否定語も、何かしようと試みているお子さんの気持ちを尊重していないことになりますが...次への段階として許容してもよいと思っています)。また、" ダメ" と思う状況や理由をいうということもよいでしょう。うまくできるようになったら、「△△して欲しいな」という言い方に置き換えます。

例:食べ物を投げようとしている時...「ダメ!」ではなく、「投げないで」と言う。または「もったいないよ」「食べ物は投げないよ」と言う。年齢によっては、「食べたくないなら『いや』と言ってね/お皿に残してね」と言う。

※ここで注意していただきたいのは、「ダメ」と言ってもらうことで構ってもらえて嬉しくてやっている場合には、どんな声かけでもお子さんにとっては" 私のことを見てもらえた~!" になるので、声をかけないほうがよいことがあります。(前回のコラム【子どもの行動を理解するための考え方】参照)

意識していても思わず言ってしまうこともあるのも事実です。そのような場合には、すぐに言葉を付け加えて、否定的な感情をフォローできるとよいと思います。

ポイント②お子さんがわかるように話す、伝える

発達障がいがある場合、目で見て記憶することや理解することのほうが、聞く場合よりも得意なお子さんが多くいます。そのようなお子さんに何か指示する際には短い文で話しましょう、視覚的な手がかりを併用して伝えましょう、ということをアドバイスします。何かして欲しい場合には、そ の子にとってわかる伝え方をする(基本的にはシンプルに!)ということが大事なのです。ポイントは3つ。

  • 単語のみで/二語文で話す
  • 指さし/身振りをしながら話す
  • 写真や絵を見 せながら話す

 ※複数のことを伝える場合は、「ご飯をたべてから、お風呂に 入って、絵本を読むんだよ」といった文章で話さず、「1ご飯を食べる、2お風呂に入る、3絵本を読む」のように、数字を使って内容がいくつあるのか、また順番がわかるように伝えながら話すようにします。文字や数字が読めるお子さんなら、上記のことを数字・文字で書いて見せながら話すとさらに効果的です。

いかがでしたか?親子のやりとりは、時として" ママ・パパはダメダメ言ってばかり、子どもはなかなか行動してくれない" というような悪循環に陥りやすいもの。大人の働きかけを少し気を付けて、お子さんがわかって行動をするようになると、大人も嬉しいですし、お子さんにとっても自信になりますよね。ぜひ意識していただきたいです。

斑目雅美先生

妊娠中・育児に役立つコラム

  • 妊娠中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム
  • 育児中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム
  • パパになったらパパスタ!Papa Study
  • 母乳育児コラム
  • イヤイヤ期コラム
  • ベビーサインコラム
  • マタニティ整体と産後整体コラム
  • 産後のエクササイズコラム
  • ベビーマッサージコラム
  • 絵本の読み聞かせコラム
  • 小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防コラム
  • 子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方コラム
  • 臨床心理士
  • ~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム
  • 楽な抱っこやおんぶの仕方コラム
  • 言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング
  • 子どもごはん専門家

妊娠中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム

マタスタ
全てのマタスタを読む

育児中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム

ママスタ
全てのママスタを読む


注目ページ!

新着記事

世界の子育て事情や体験談、話題の動画を配信赤ちゃんの部屋エンターテイメント 赤ちゃんの部屋エンタメ(エンターテイメント)のすべての記事 妊娠したらマタスタ マタスタのすべての記事
出産したらママスタ ママスタのすべての記事 パパになったらパパスタ パパスタのすべての記事
妊娠・出産・育児コラム
赤ちゃんの部屋コラム

赤ちゃんの部屋コラム

妊娠、出産、育児にはいろいろな悩みや疑問、発見や不思議、喜びや驚きなど今まで知る事のなかった世界があります。目からウロコが出るような妊娠・出産・育児に関するコラムをお届けしていきます♪

赤ちゃんの部屋コラム
母乳育児コラム

母乳育児コラム

あき助産師と助産院ばぶばぶ院長の小林ひさこ先生による母乳育児コラム。母乳育児を始める頃から卒乳までに役立つ様々な情報満載で、母乳育児の疑問や悩みを解決してくれます。

母乳育児コラム
イヤイヤ期コラム

イヤイヤ期コラム

NLP心理学を学び、一時保育所で働きながら100人以上のイヤイヤ期の子供の行動パターンや心理状態を日々観察することで、イヤイヤ期の対応法を体系化したイヤイヤ期専門家の西村先生によるコラム。

イヤイヤ期コラム
ベビーサインコラム

ベビーサインコラム

一般社団法人日本ベビーサイン協会代表理事の吉中みちる先生によるベビーサインコラム。手や指を使ったベビーサインのコミュニケーション手段を覚えて赤ちゃんとコミュニケーションをとりましょう!

ベビーサインコラム
マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体について助産師・看護師・ママズケア認定ベビーマッサージ講師・アラウンドバースセラピスト・受胎調節実施指導など様々な分野で活躍する佐藤先生が詳しく解説するコラム。

マタニティ整体と産後の整体コラム
産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズ

産後のエクササイズコラム

Beauty Space代表、日本マタニティフィットネス協会ママフィット認定インストラクターの荻野則子先生による産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズを動画でわかり易く解説。

産後のエクササイズコラム
ベルタ葉酸サプリ ベルタ妊娠線 ベルタ酵素
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

ははこぐさ治療室院長の奥山麻理先生と助産師・保健師・看護師の石坂晶先生によるコラム。お2人が紹介するベビーマッサージはママズケアのメソッドで、1日1回30秒から始められるベビーマッサージ。

ベビーマッサージコラム
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

RTA指定スクールでぃんぷる代表の関本涼子先生とRTA指定スクールPoco a Poco代表の吉野陽子先生によるコラム。生まれたての赤ちゃんと最初の意思疎通、それは肌と肌を通じて行うタッチケア。

ベビーマッサージコラム
絵本の読み聞かせコラム

絵本の読み聞かせコラム

愛着形成に大変効果的とされる絵本。絵本の選び方や絵本の読み聞かせの効果、読み聞かせ方のコツやオススメの絵本などを絵本の読み聞かせ専門家の平松祐美子先生が紹介。

絵本の読み聞かせコラム
小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

「ムシ歯ゼロで元気なお口」を育むために、マタニティや0歳の赤ちゃんの頃からできることを、小児歯科の専門家としてお伝えするコラム。

虫歯予防コラム
子どもとのコミュニケーションや発達障がい

子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方

コミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方について臨床発達心理士の斑目雅美先生が子育て実践例を交えて解説。

臨床発達心理士コラム
お腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム

お腹の中の赤ちゃんと絆作り

臨床心理士の飯島ゆみこ先生によるお腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム。おなかの赤ちゃんとママとの絆を深め、子育ても楽しめるようになるヒントを臨床心理士の視点からお伝えしていきます。

臨床心理士コラム
~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大による身近で大切な人との幸せな関係を築く情報コラム。大切な人と幸せな関係を築ける『考え方』と『心の習慣』を『言葉』にして贈らせて頂きます。

幸せのレシピコラム
抱っこの専門家が伝える楽な抱っことおんぶのお話

楽な抱っこやおんぶの仕方

抱っこの専門家が楽な抱っこやおんぶの仕方から腱鞘炎・腰痛などの問題まで詳しく解説!乳幼児期の抱っことおんぶを、より快適に、気持ちよく、自由に楽しめるポイントを学びましょう。

楽な抱っこやおんぶの仕方
言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

「周りの子に比べてことばが少し遅い」「コミュニケーションがうまくいかない」そんな悩みを解決するコミュニケーションや発音を育てるトレーニングコラムです。

言語聴覚士コラム
子どもごはん

偏食・食べないを乗り切るご飯作り

偏食の子も食べない子も悩まないごはん作りを子どもごはんの専門家、美紀ピア先生が教えます。子どもごはんをサポートする食セッションで食の大切さを学びましょう。

子どもごはんコラム