指しゃぶりはやめさせたほうがいい?

指しゃぶりはやめさせたほうがいい?

指しゃぶりをすると歯並びが悪くなる、という話を聞いたことがあるママは多いと思います。指しゃぶりは、どんどんさせてあげていい時期と、少しずつ減らしたい時期、やめさせたい時期があります。

0~1歳の指しゃぶり

0歳の赤ちゃんでも「指しゃぶりするんですけど、歯並びが悪くなりませんか?」と心配されるママが多いのですが、この時期の指しゃぶりが歯並びに影響することはありません。

赤ちゃんはお腹の中でも指しゃぶりをしていることがわかっていて、おっぱいを飲む練習をしていると言われています。「赤ちゃんが指しゃぶりをするのは欲求不満だから」なんて聞いたことのある人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。「指をお口にいれて吸ってみたら気持ちがいいぞ」と、脳の動きと体の動きを結びつける、発達の重要な一段階ですので、この時期の指しゃぶりは、思う存分させてあげてください。手足や指は、赤ちゃんの最初の楽しいおもちゃです。

指しゃぶりは生後2か月くらいから、両手の親指をしゃぶり始める子が多いです。 3か月くらいまでは、こぶしを握るときに親指を中に入れていることが多いので、指しゃぶりがなかなかできないこともあるのですが、4か月をすぎてもなかなかこぶしを開かない赤ちゃんには、ママが時々こぶしの中に指を入れて握らせてあげるとてのひらがほぐれやすくなります。

1歳になると、手を使った遊びが増えたり、離乳が完了して色々なものを食べられるようになったりすることで、昼間の指しゃぶりは少しずつ減って、眠いときや寝ている間だけになっていきます。この時期もまだ指しゃぶりを無理にやめさせる必要はありません。

2歳の指しゃぶり

2歳くらいで昼間も頻繁に指しゃぶりをしている場合、上の前歯が指で押されてちょっと前に出てきたりすることがありますが、3~4歳くらいになって指しゃぶりをしなくなれば元に戻ることがほとんどです。

2歳の間に少しずつ指しゃぶりを減らすようにしましょう。

いつも同じ指を吸っていると、皮膚がかたくなってタコのようになる「吸いダコ」が指にできることがあります。吸いダコができている場合、お口の中の同じ場所に頻繁に力がかかっている可能性がありますので、歯並びに影響が出てくるリスクも高くなります。眠い時や、寝ている間だけ指しゃぶりをする場合は、まだ様子を見ていて大丈夫ですが、眠ったら指を外してあげるようにしてください。

指しゃぶりをしないと寝付けない・・・という子もいます。夜寝るときは、ママと手をつないだり、お気に入りのお人形を抱っこしたり、指しゃぶりに代わる「ねむりの儀式」のようなものがあると、スムーズにやめられることが多いようです。

昼間起きている時も頻繁に指しゃぶりをしているようでしたら、手を使った遊びに誘導してあげましょう。「指しゃぶりしちゃダメ!」と叱ったりすると、かくれてやるようになってしまうこともあるので、手持ち無沙汰に指しゃぶりをしているのを見かけたら、指のことには触れずに、手におもちゃをもたせたり、手を使った遊びをさせたりしてみましょう。

2歳のころの指しゃぶりは、まだ様子を見ていても大丈夫な時期ですが、年齢が高くなるほどやめるのに苦労することもあるので、2歳の間に頻度が減らせるといいかなと思います。

3歳過ぎてからの指しゃぶり

3歳すぎてもまだ昼間の指しゃぶりが頻繁にあると、そろそろ歯並びへの影響が気になってきます。上の前歯が前に出てきたり(上顎前突)、咬んだときに上下の前歯の間に隙間があいたり(開咬)、顎を横にずらして咬むような癖がついたり(交叉咬合)することがあります。

この写真は、指しゃぶりが原因で、奥歯でぎゅっとかんでも、上下の前歯の間に隙間ができてしまう「開咬」という歯並びです。

指しゃぶりで出来る歯の隙間

4歳くらいまでに指しゃぶりをしなくなれば、自然に歯並びも戻ってくることが多いので、そろそろ指しゃぶりは卒業を考えましょう。

3歳を過ぎてくると、なんとなく手持無沙汰に・・というよりは、自分で意識的に指しゃぶりをしている場合が多いので、やめさせるのにちょっと苦労することもあります。指しゃぶりを卒業するきっかけは、インターネットや育児情報誌などでもたくさん紹介されていますが、本当に人それぞれです。

1日指しゃぶりをしないでいられたらシールを貼る、手袋をはめる、マニキュアを塗るなど、ママたちが色々アイデアを練っています。

無理にやめさせると、かわりに足の指をしゃぶるようになったり、爪や唇をかむなどのほかの癖に移行してしまうこともあるので、3歳になったけどなかなかやめるのは難しそう・・・という場合には、小児歯科や矯正科の先生に相談してみましょう。

この頃になると、先生ともたくさんお話ができるようになって、いろんなことが理解できるようになってきます。ママやパパがいくら言ってもやめられなかったのに、「○○ちゃんと先生のお約束だよ」と、歯医者さんや幼稚園の先生など、家族以外の人と約束したことがきっかけでピタリと指しゃぶりをしなくなる子もたくさんいます。

永久歯が生えてくる時期にまだ指しゃぶりがあると、永久歯の歯並びに影響を与えますので、歯の生え変わりが始まる5~6歳までには指しゃぶりはやめさせたいものですが、この時期まで指しゃぶりが残ってしまった場合には、なにかしら心理的な働きかけをしないとやめるのは難しいと言われています。

指しゃぶりをする時期が長かった子は、上の乳歯の抜ける時期が早まることがあります。歯の生え変わりの時期には、乳歯の根っこが少しずつ溶けていくのですが、指しゃぶりでいつも上の前歯に力がかかっていると、通常よりも早く根が溶けてしまうことがあるからです。 乳歯は、5歳くらいに下の前歯から抜け始める子が多いのですが、指しゃぶりの癖があった子は、上の前歯が先にぐらぐらになって抜けることがあります。

まとめ

指しゃぶりは、0歳1歳の間は気にしなくて大丈夫。2歳の間に少しずつ減らすようにして、3歳を過ぎたらやめられるようにしましょう。

6歳すぎても指しゃぶりの癖がなくならない場合は、児童心理士など、子どもの心の専門家にも相談してみることをおすすめします。

今村由紀先生

妊娠中・育児に役立つコラム

  • 妊娠中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム
  • 育児中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム
  • パパになったらパパスタ!Papa Study
  • 母乳育児コラム
  • イヤイヤ期コラム
  • ベビーサインコラム
  • マタニティ整体と産後整体コラム
  • 産後のエクササイズコラム
  • ベビーマッサージコラム
  • 絵本の読み聞かせコラム
  • 小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防コラム
  • 子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方コラム
  • 臨床心理士
  • ~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム
  • 楽な抱っこやおんぶの仕方コラム
  • 言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング
  • 子どもごはん専門家

妊娠中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム

マタスタ
全てのマタスタを読む

育児中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム

ママスタ
全てのママスタを読む


注目ページ!

新着記事

世界の子育て事情や体験談、話題の動画を配信赤ちゃんの部屋エンターテイメント 赤ちゃんの部屋エンタメ(エンターテイメント)のすべての記事 妊娠したらマタスタ マタスタのすべての記事
出産したらママスタ ママスタのすべての記事 パパになったらパパスタ パパスタのすべての記事
妊娠・出産・育児コラム
赤ちゃんの部屋コラム

赤ちゃんの部屋コラム

妊娠、出産、育児にはいろいろな悩みや疑問、発見や不思議、喜びや驚きなど今まで知る事のなかった世界があります。目からウロコが出るような妊娠・出産・育児に関するコラムをお届けしていきます♪

赤ちゃんの部屋コラム
母乳育児コラム

母乳育児コラム

あき助産師と助産院ばぶばぶ院長の小林ひさこ先生による母乳育児コラム。母乳育児を始める頃から卒乳までに役立つ様々な情報満載で、母乳育児の疑問や悩みを解決してくれます。

母乳育児コラム
イヤイヤ期コラム

イヤイヤ期コラム

NLP心理学を学び、一時保育所で働きながら100人以上のイヤイヤ期の子供の行動パターンや心理状態を日々観察することで、イヤイヤ期の対応法を体系化したイヤイヤ期専門家の西村先生によるコラム。

イヤイヤ期コラム
ベビーサインコラム

ベビーサインコラム

一般社団法人日本ベビーサイン協会代表理事の吉中みちる先生によるベビーサインコラム。手や指を使ったベビーサインのコミュニケーション手段を覚えて赤ちゃんとコミュニケーションをとりましょう!

ベビーサインコラム
マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体について助産師・看護師・ママズケア認定ベビーマッサージ講師・アラウンドバースセラピスト・受胎調節実施指導など様々な分野で活躍する佐藤先生が詳しく解説するコラム。

マタニティ整体と産後の整体コラム
産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズ

産後のエクササイズコラム

Beauty Space代表、日本マタニティフィットネス協会ママフィット認定インストラクターの荻野則子先生による産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズを動画でわかり易く解説。

産後のエクササイズコラム
ベルタ葉酸サプリ ベルタ妊娠線 ベルタ酵素
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

ははこぐさ治療室院長の奥山麻理先生と助産師・保健師・看護師の石坂晶先生によるコラム。お2人が紹介するベビーマッサージはママズケアのメソッドで、1日1回30秒から始められるベビーマッサージ。

ベビーマッサージコラム
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

RTA指定スクールでぃんぷる代表の関本涼子先生とRTA指定スクールPoco a Poco代表の吉野陽子先生によるコラム。生まれたての赤ちゃんと最初の意思疎通、それは肌と肌を通じて行うタッチケア。

ベビーマッサージコラム
絵本の読み聞かせコラム

絵本の読み聞かせコラム

愛着形成に大変効果的とされる絵本。絵本の選び方や絵本の読み聞かせの効果、読み聞かせ方のコツやオススメの絵本などを絵本の読み聞かせ専門家の平松祐美子先生が紹介。

絵本の読み聞かせコラム
小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

「ムシ歯ゼロで元気なお口」を育むために、マタニティや0歳の赤ちゃんの頃からできることを、小児歯科の専門家としてお伝えするコラム。

虫歯予防コラム
子どもとのコミュニケーションや発達障がい

子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方

コミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方について臨床発達心理士の斑目雅美先生が子育て実践例を交えて解説。

臨床発達心理士コラム
お腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム

お腹の中の赤ちゃんと絆作り

臨床心理士の飯島ゆみこ先生によるお腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム。おなかの赤ちゃんとママとの絆を深め、子育ても楽しめるようになるヒントを臨床心理士の視点からお伝えしていきます。

臨床心理士コラム
~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大による身近で大切な人との幸せな関係を築く情報コラム。大切な人と幸せな関係を築ける『考え方』と『心の習慣』を『言葉』にして贈らせて頂きます。

幸せのレシピコラム
抱っこの専門家が伝える楽な抱っことおんぶのお話

楽な抱っこやおんぶの仕方

抱っこの専門家が楽な抱っこやおんぶの仕方から腱鞘炎・腰痛などの問題まで詳しく解説!乳幼児期の抱っことおんぶを、より快適に、気持ちよく、自由に楽しめるポイントを学びましょう。

楽な抱っこやおんぶの仕方
言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

「周りの子に比べてことばが少し遅い」「コミュニケーションがうまくいかない」そんな悩みを解決するコミュニケーションや発音を育てるトレーニングコラムです。

言語聴覚士コラム
子どもごはん

偏食・食べないを乗り切るご飯作り

偏食の子も食べない子も悩まないごはん作りを子どもごはんの専門家、美紀ピア先生が教えます。子どもごはんをサポートする食セッションで食の大切さを学びましょう。

子どもごはんコラム