おっぱいの出ない体質?

おっぱいの出ない体質?

産院の助産師に「あなたは母乳が出にくい体質のようだからミルクを足してね」と指導され、自分は母乳育児ができない体質なんだと思い込んで完全ミルクで育てたというママにしばしば遭遇します。

母乳が出ない体質の人って本当にいるのでしょうか。

たいていのママは「母乳不足」ではありません。「思い込み母乳不足」なのです。

先天的に乳腺の発達に問題がある場合には改善の余地なく真の母乳不足になってしまうケースもありますが、実際わたしはそのような人はあまり見かけたことがないです。まな板に梅干し(笑)みたいな小さなおっぱいのママでも、その奥にある乳腺がしっかり機能していれば母乳は十分に出るものです。おっぱいの大きさは乳腺を取り囲む脂肪の量の問題なので、母乳の分泌量とは関係ありません。

母乳は血液の加工品なので、そのような場合には母体は赤ちゃんに美味しい母乳作ってあげたい一心でまず自分の身体の回復を優先します。中途半端に栄養価の低い薄い母乳を作ってあがいても、空回りするだけですよね。だからあえて母乳のために働くホルモン分泌を一時停止、先に母体回復を優先します。あっちもこっちも…と欲張らず、優先順位を見極めて効率よく働くわたしたちの身体は素晴らしいですね!!

母乳が足りなくなるのは知識が足りないがゆえに授乳の仕方を間違えるのが原因の人が多いです。乳腺にはまったく問題はないのに、二次的な理由があっての、とても残念な後天的な母乳不足。

産後しばらくは、授乳間隔があくとおっぱいに母乳が溜まって重く張ってきます。赤ちゃんの母乳必要量と母体の母乳供給量が一致せず、母体ががむしゃらに母乳を作りすぎてしまうわけです。張ったおっぱいで授乳をすると明らかに軽くなり、張りがおさまるのでママの感覚では「飲ませることができた!」と安心しますね。

でも人間の身体というのはよくできたもので、おっぱいは次第に学習していきます。無駄におっぱいタンクに母乳を溜め込んでも母体がしんどいだけだということに気づき始めます。

おっぱいはそれを境にして無駄に張らなくなってきます。吸われたときに始めて作るおっぱいに変化していきます。

溜まり乳から差し乳へ。効率のいい乳房の神秘です。これは母乳育児が軌道に乗り始めた証拠。

ママの感覚では、あれだけパンパンに張っていたおっぱいが張らなくなってきた。母乳が足りないのでは?と不安に陥りますが、張るおっぱい=よく出るいいおっぱい ではありません。

完全母乳で効率のいいおっぱいとは・・・張りません。搾って出ません。母乳パットに漏れません。おっぱいの存在を忘れます。吸われて初めて分泌します(差し乳)。

溜まり乳は、例えるならば大量に作ったおかずが余ったのでラップかけて冷蔵庫保存。それを翌日にチンして食べる。というイメージ。

作りたてではないので味は落ちるし、新鮮とは言えませんね。作りたてのお料理はアツアツで美味しいけど、チンして食べると温めムラができちゃったり。

おっぱいも同じなんですよ。タンクに溜まっている母乳は新鮮ではないし、作りたておっぱいよりも温度も低め。においもイマイチ…。

わたしたちはほ乳類だから、乳頭・乳輪に傷ができて激痛、というようなトラブルがないのなら、深く考えずに本能のままにどんどんおっぱいを吸わせればいいんです。張らないから出ない、ではありません。吸わせれば吸わせるほど、そこで初めておっぱいは反応するようになってきて、新鮮でできたての美味しい母乳を赤ちゃんに提供することができるのです。

母乳が出ない体質の人などほとんどいません。

「おっぱいが出るから飲む」のではないですよ。「飲むからおっぱいが出る」のです。

母乳は最初から勝手に出るものではなく、出るようにしていくものだということをお忘れなく、1日10回以上は最低でも吸わせましょう。

そして食事はしっかり摂りましょう。ストレスもなるべく溜めないように。そんな基本的なことでも母乳の量は減ってきてしまいます。

おっぱい出しっぱなしでかまいません。どうせ1日中おっぱい、おっぱい、おっぱいで終わっていくんだから。(笑)それが母乳育児の神髄なんだから。

「おっぱいが張ってから飲ませましょう」「授乳は3時間ごとに」「おっぱいだけで足りるはずない」 どれもちょっと違うと思います。

あれこれ中途半端に頭を使って、あれは正しい、これは間違ってると白黒決めつけてがんじがらめにストレス抱えて子育てするよりも、生物学的にプログラミングされた本能に従って生きてみるのもいいモンです。

おっぱいは赤ちゃんのためにあるのですから、好きなだけおっぱいを吸わせてあげてください。そうしているうちに、母乳はどんどん出るようになっていきます!

小林ひさこ 先生

妊娠中・育児に役立つコラム

  • 妊娠中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム
  • 育児中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム
  • パパになったらパパスタ!Papa Study
  • 母乳育児コラム
  • イヤイヤ期コラム
  • ベビーサインコラム
  • マタニティ整体と産後整体コラム
  • 産後のエクササイズコラム
  • ベビーマッサージコラム
  • 絵本の読み聞かせコラム
  • 小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防コラム
  • 子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方コラム
  • 臨床心理士
  • ~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム
  • 楽な抱っこやおんぶの仕方コラム
  • 言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング
  • 子どもごはん専門家

妊娠中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム

マタスタ
全てのマタスタを読む

育児中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム

ママスタ
全てのママスタを読む


注目ページ!

新着記事

世界の子育て事情や体験談、話題の動画を配信赤ちゃんの部屋エンターテイメント 赤ちゃんの部屋エンタメ(エンターテイメント)のすべての記事 妊娠したらマタスタ マタスタのすべての記事
出産したらママスタ ママスタのすべての記事 パパになったらパパスタ パパスタのすべての記事
妊娠・出産・育児コラム
赤ちゃんの部屋コラム

赤ちゃんの部屋コラム

妊娠、出産、育児にはいろいろな悩みや疑問、発見や不思議、喜びや驚きなど今まで知る事のなかった世界があります。目からウロコが出るような妊娠・出産・育児に関するコラムをお届けしていきます♪

赤ちゃんの部屋コラム
母乳育児コラム

母乳育児コラム

あき助産師と助産院ばぶばぶ院長の小林ひさこ先生による母乳育児コラム。母乳育児を始める頃から卒乳までに役立つ様々な情報満載で、母乳育児の疑問や悩みを解決してくれます。

母乳育児コラム
イヤイヤ期コラム

イヤイヤ期コラム

NLP心理学を学び、一時保育所で働きながら100人以上のイヤイヤ期の子供の行動パターンや心理状態を日々観察することで、イヤイヤ期の対応法を体系化したイヤイヤ期専門家の西村先生によるコラム。

イヤイヤ期コラム
ベビーサインコラム

ベビーサインコラム

一般社団法人日本ベビーサイン協会代表理事の吉中みちる先生によるベビーサインコラム。手や指を使ったベビーサインのコミュニケーション手段を覚えて赤ちゃんとコミュニケーションをとりましょう!

ベビーサインコラム
マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体について助産師・看護師・ママズケア認定ベビーマッサージ講師・アラウンドバースセラピスト・受胎調節実施指導など様々な分野で活躍する佐藤先生が詳しく解説するコラム。

マタニティ整体と産後の整体コラム
産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズ

産後のエクササイズコラム

Beauty Space代表、日本マタニティフィットネス協会ママフィット認定インストラクターの荻野則子先生による産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズを動画でわかり易く解説。

産後のエクササイズコラム
ベルタ葉酸サプリ ベルタ妊娠線 ベルタ酵素
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

ははこぐさ治療室院長の奥山麻理先生と助産師・保健師・看護師の石坂晶先生によるコラム。お2人が紹介するベビーマッサージはママズケアのメソッドで、1日1回30秒から始められるベビーマッサージ。

ベビーマッサージコラム
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

RTA指定スクールでぃんぷる代表の関本涼子先生とRTA指定スクールPoco a Poco代表の吉野陽子先生によるコラム。生まれたての赤ちゃんと最初の意思疎通、それは肌と肌を通じて行うタッチケア。

ベビーマッサージコラム
絵本の読み聞かせコラム

絵本の読み聞かせコラム

愛着形成に大変効果的とされる絵本。絵本の選び方や絵本の読み聞かせの効果、読み聞かせ方のコツやオススメの絵本などを絵本の読み聞かせ専門家の平松祐美子先生が紹介。

絵本の読み聞かせコラム
小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

「ムシ歯ゼロで元気なお口」を育むために、マタニティや0歳の赤ちゃんの頃からできることを、小児歯科の専門家としてお伝えするコラム。

虫歯予防コラム
子どもとのコミュニケーションや発達障がい

子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方

コミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方について臨床発達心理士の斑目雅美先生が子育て実践例を交えて解説。

臨床発達心理士コラム
お腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム

お腹の中の赤ちゃんと絆作り

臨床心理士の飯島ゆみこ先生によるお腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム。おなかの赤ちゃんとママとの絆を深め、子育ても楽しめるようになるヒントを臨床心理士の視点からお伝えしていきます。

臨床心理士コラム
~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大による身近で大切な人との幸せな関係を築く情報コラム。大切な人と幸せな関係を築ける『考え方』と『心の習慣』を『言葉』にして贈らせて頂きます。

幸せのレシピコラム
抱っこの専門家が伝える楽な抱っことおんぶのお話

楽な抱っこやおんぶの仕方

抱っこの専門家が楽な抱っこやおんぶの仕方から腱鞘炎・腰痛などの問題まで詳しく解説!乳幼児期の抱っことおんぶを、より快適に、気持ちよく、自由に楽しめるポイントを学びましょう。

楽な抱っこやおんぶの仕方
言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

「周りの子に比べてことばが少し遅い」「コミュニケーションがうまくいかない」そんな悩みを解決するコミュニケーションや発音を育てるトレーニングコラムです。

言語聴覚士コラム
子どもごはん

偏食・食べないを乗り切るご飯作り

偏食の子も食べない子も悩まないごはん作りを子どもごはんの専門家、美紀ピア先生が教えます。子どもごはんをサポートする食セッションで食の大切さを学びましょう。

子どもごはんコラム