メリットいっぱい!冬の母乳育児

メリットいっぱい!冬の母乳育児

気温と湿度が下がる冬。インフルエンザやノロウイルス、ロタウイルスによる急性胃腸炎、イヤな咳が止まらないRSウイルス、高熱の出る溶連菌感染症など、できれば避けたい感染症が流行ります。

ウイルスは低い気温と乾燥した環境を好むので、冬に感染力を強めます。そしてわたしたちの身体は、寒さで微妙に体温が下がり、免疫力が低下してしまいます。

寒いとあまり喉が乾くということがないので、夏に比べて水分補給がおろそかになりがちです。空気は乾燥しているのに身体が乾いている実感がないので実は案外、夏より冬のほうが身体はカラカラだったりします。気づかないうちに喉や気管支の粘膜も乾燥します。わたしたちの身体は、喉の粘膜が潤っていることでウイルスの侵入を防いでいますが、粘膜が乾くとウイルスの侵入を防ぎきれなくなって風邪を引きやすい状態になってしまいます。

「子どもが大きくなるにつれ、おっぱいへの執着が増して困る。冬の授乳は寒くて辛いし、回数が多すぎてしんどいんです。」そんな相談を受けることが多々ありますが、できれば免疫力が低下しやすく感染症の流行る冬は断乳はしないほうがいいと思います。

おっぱいを飲むときには、子どもは顎やほっぺ、肺の筋肉をめいっぱいに使います。栄養補給と運動を同時にしている感じです。だから少々気温が低くても、母乳っ子たちはおっぱいを飲むときには体温を上げ、それを消化吸収するときにもさらに体温をあげていきます。寒さに負けず体温をしっかり維持できるので、免疫力が上がります。

四六時中おっぱいにかぶりついている子どもは冬の乾燥に負けることなく、喉の粘膜はつねにしっとり潤って、身体の水分が足りなくなることはありません。

子どもにとっておっぱいは天然の万能加湿器なんですよ。母乳をしっかり飲むことがなによりもの感染症予防になるわけですね♪

また、母乳には免疫物質が含まれていて、2歳でも3歳でも、飲ませ続ける限り子どもに移行するというメリットもあります。肌と肌の密着で心の充電が満タンになることも子どもの免疫力が上がる要因になるんです♪だから母乳っ子は病気になりにくいです。冬のおっぱいは、偉大なんです!

それでも人間ですから、おっぱい星人でも風邪を引くことはあるでしょう。体調が悪いとき、離乳食拒否。お茶やお白湯も飲んでくれなくても不思議なことに、おっぱいだけは飲めるんですよね。嘔吐下痢のときでさえ、吐いてもおっぱいだけは欲しがったりします。

ミルクは消化するのに3~4時間ぐらいかかりますが、母乳は、その半分以下の時間で消化してしまいます。おなかの中での滞在時間が短いということは、子どもの身体には、とても優しい栄養源なのです。だから母乳っ子は病気になってもあっという間に元気になってしまいます。

「断乳したら子どもは朝までぐっすり眠ってくれるようになって、おっぱいタイムが家事の時間に回せるようになって、楽になるかなぁ・・・」と夢見ているママたち。冬のおっぱいには、子どもが病気になりにくい!病気になってもすぐ治る!というメリットもあるので、果たして冬の断乳が、ママたちが夢見る「やめてよかった♪」につながるかどうかは、わかりません。

「断乳した途端に子どもが体調を崩しやすくなった」という子も多いですし、今すぐ切羽詰まって断乳の必要がないママは、よく考えて検討してくださいね。できれば、過ごしやすい春を待ってから、断乳を考えることをおすすめします。

小林ひさこ 先生

妊娠中・育児に役立つコラム

  • 妊娠中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム
  • 育児中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム
  • パパになったらパパスタ!Papa Study
  • 母乳育児コラム
  • イヤイヤ期コラム
  • ベビーサインコラム
  • マタニティ整体と産後整体コラム
  • 産後のエクササイズコラム
  • ベビーマッサージコラム
  • 絵本の読み聞かせコラム
  • 小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防コラム
  • 子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方コラム
  • 臨床心理士
  • ~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム
  • 楽な抱っこやおんぶの仕方コラム
  • 言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング
  • 子どもごはん専門家

妊娠中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム

マタスタ
全てのマタスタを読む

育児中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム

ママスタ
全てのママスタを読む


注目ページ!

新着記事

世界の子育て事情や体験談、話題の動画を配信赤ちゃんの部屋エンターテイメント 赤ちゃんの部屋エンタメ(エンターテイメント)のすべての記事 妊娠したらマタスタ マタスタのすべての記事
出産したらママスタ ママスタのすべての記事 パパになったらパパスタ パパスタのすべての記事
妊娠・出産・育児コラム
赤ちゃんの部屋コラム

赤ちゃんの部屋コラム

妊娠、出産、育児にはいろいろな悩みや疑問、発見や不思議、喜びや驚きなど今まで知る事のなかった世界があります。目からウロコが出るような妊娠・出産・育児に関するコラムをお届けしていきます♪

赤ちゃんの部屋コラム
母乳育児コラム

母乳育児コラム

あき助産師と助産院ばぶばぶ院長の小林ひさこ先生による母乳育児コラム。母乳育児を始める頃から卒乳までに役立つ様々な情報満載で、母乳育児の疑問や悩みを解決してくれます。

母乳育児コラム
イヤイヤ期コラム

イヤイヤ期コラム

NLP心理学を学び、一時保育所で働きながら100人以上のイヤイヤ期の子供の行動パターンや心理状態を日々観察することで、イヤイヤ期の対応法を体系化したイヤイヤ期専門家の西村先生によるコラム。

イヤイヤ期コラム
ベビーサインコラム

ベビーサインコラム

一般社団法人日本ベビーサイン協会代表理事の吉中みちる先生によるベビーサインコラム。手や指を使ったベビーサインのコミュニケーション手段を覚えて赤ちゃんとコミュニケーションをとりましょう!

ベビーサインコラム
マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体について助産師・看護師・ママズケア認定ベビーマッサージ講師・アラウンドバースセラピスト・受胎調節実施指導など様々な分野で活躍する佐藤先生が詳しく解説するコラム。

マタニティ整体と産後の整体コラム
産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズ

産後のエクササイズコラム

Beauty Space代表、日本マタニティフィットネス協会ママフィット認定インストラクターの荻野則子先生による産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズを動画でわかり易く解説。

産後のエクササイズコラム
ベルタ葉酸サプリ ベルタ妊娠線 ベルタ酵素
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

ははこぐさ治療室院長の奥山麻理先生と助産師・保健師・看護師の石坂晶先生によるコラム。お2人が紹介するベビーマッサージはママズケアのメソッドで、1日1回30秒から始められるベビーマッサージ。

ベビーマッサージコラム
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

RTA指定スクールでぃんぷる代表の関本涼子先生とRTA指定スクールPoco a Poco代表の吉野陽子先生によるコラム。生まれたての赤ちゃんと最初の意思疎通、それは肌と肌を通じて行うタッチケア。

ベビーマッサージコラム
絵本の読み聞かせコラム

絵本の読み聞かせコラム

愛着形成に大変効果的とされる絵本。絵本の選び方や絵本の読み聞かせの効果、読み聞かせ方のコツやオススメの絵本などを絵本の読み聞かせ専門家の平松祐美子先生が紹介。

絵本の読み聞かせコラム
小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

「ムシ歯ゼロで元気なお口」を育むために、マタニティや0歳の赤ちゃんの頃からできることを、小児歯科の専門家としてお伝えするコラム。

虫歯予防コラム
子どもとのコミュニケーションや発達障がい

子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方

コミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方について臨床発達心理士の斑目雅美先生が子育て実践例を交えて解説。

臨床発達心理士コラム
お腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム

お腹の中の赤ちゃんと絆作り

臨床心理士の飯島ゆみこ先生によるお腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム。おなかの赤ちゃんとママとの絆を深め、子育ても楽しめるようになるヒントを臨床心理士の視点からお伝えしていきます。

臨床心理士コラム
~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大による身近で大切な人との幸せな関係を築く情報コラム。大切な人と幸せな関係を築ける『考え方』と『心の習慣』を『言葉』にして贈らせて頂きます。

幸せのレシピコラム
抱っこの専門家が伝える楽な抱っことおんぶのお話

楽な抱っこやおんぶの仕方

抱っこの専門家が楽な抱っこやおんぶの仕方から腱鞘炎・腰痛などの問題まで詳しく解説!乳幼児期の抱っことおんぶを、より快適に、気持ちよく、自由に楽しめるポイントを学びましょう。

楽な抱っこやおんぶの仕方
言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

「周りの子に比べてことばが少し遅い」「コミュニケーションがうまくいかない」そんな悩みを解決するコミュニケーションや発音を育てるトレーニングコラムです。

言語聴覚士コラム
子どもごはん

偏食・食べないを乗り切るご飯作り

偏食の子も食べない子も悩まないごはん作りを子どもごはんの専門家、美紀ピア先生が教えます。子どもごはんをサポートする食セッションで食の大切さを学びましょう。

子どもごはんコラム