シングルマザーの決断。認知届について知ろう。

認知届について知っておこう

認知届

恋愛、結婚、出産。生きていくうえでのライフプランとして、誰もが当たり前のように行っていくものではないでしょうか。

しかし、ときにはこの順番が違ってくることもあります。近年では「できちゃった婚」(または授かり婚)と呼ばれるように、結婚(入籍)よりも先にお子さんを授かるということもありますよね。せっかくお子さんを授かったとしても、まだ若く籍を入れることができないということや、父親となるはずだった人が結婚を渋るなどさまざまな理由があると思います。そういった間にも、おなかにいる赤ちゃんはどんどん成長していきます。事情があって入籍が出来ないという方々の為に、「認知届」というものがあります。シングルマザーの方、未婚の母でいるという方など、結婚をせずに赤ちゃんを産み育てていくと決断した方は数多くいらっしゃいます。まずはこの認知届について、しっかりと知っておきましょう。

嫡出子と非嫡出子について知っておこう!

嫡出子と非嫡出子・・・初めて目にするという方も多いのではないでしょうか?嫡出子(ちゃくしゅつし)・非嫡出子(ひちゃくしゅつし)と読みます。まずは、二つの違いをご説明したいと思います。

入籍

嫡出子

嫡出子とは、婚姻関係のある男女の間に生まれてきた子どもの事を「嫡出子」といいます。別の言い方で「婚内子」と呼ばれることもあります。

非嫡出子

婚姻関係のない男女の間に生まれた子どもの事を「非嫡出子」といいます。別の言い方で「婚外子」と呼ばれることもあります。

※今回はシングルマザーになる決断をされた方のお話しなので、「嫡出子」の話しは省略したいと思います。

「認知」ってどういうことなの?

そもそも認知とはどういうことなのでしょうか…?

親子関係

認知とは、入籍をしている・していないにかかわらず、父親との親子関係が法的に認められることをいいます。赤ちゃんがお父さんの子だと認知されることと、お父さんとお母さんが入籍しているかどうかというのはまた別問題になってくるので注意してくださいね。

父親である男性に自分の子どもだと、認知してもらえないまま出産し、お母さんが出生届を提出すると、赤ちゃんの戸籍にはお父さんの名前が載りません。このままだと、後になって扶養や養育費・相続を受ける権利がないままとなります。これは後々お父さんがこの人だ!とわかったとしても、法的には父親だと認められていないためどうにもできません。

そこで「認知届」を市区町村に提出して、結婚していなくても「この子のお父さんはこの人だ」と認めてもらうのです。たとえ、籍を入れないまま親子3人で暮らしていたとしても、認知届を提出して親子だと認めてもらっていないと親子関係があることにはなりません。子どもの戸籍にお父さんの名前が載らないだけなら、別に認知してもらわなくてもいいんじゃないの?と考えてしまいますよね。もっとも大きな問題になるのは、養育費や相続の問題です。

養育費は、子どもを育てるお母さんがもらう権利だと思っている方も多いのですが、実際はそうではありません。「あなたの子どもである私は、あなたに育ててもらう(お金をもらう)権利がありますよ」という「子どもの権利」なんです。生まれたばかりのお子さん達は、お金を請求することが出来ないので、代わりに母親が請求しているというだけのお話しなんです。

子どもが無事に大きくなるためには、どうしてもある程度のお金が必要となってきます。子どもが小さいうちは、オムツやミルク、大きくなるにつれて保育園代や小学校などの学費、ランドセルをはじめ、食費だってどんどんかかっていきます。子どもをしっかりと育てていくために、お父さんに費用を請求する権利が、養育費の請求なんです。

また、父親である男性にお子さんを認知してもらっていないと、その男性が亡くなったときに遺産相続の権利がなくなってしまいます。出生届を提出した後に認知をしてもらっていれば、相続人として相続の資格が発生します。

相続の資格

もしも、相続などを考えている場合には、認知届を提出するようにしましょう。

そのほかにも、子どもが初めて自分の戸籍を見たときに、父親の欄に名前がないことでショックを受けたり、どうしても父親に会ってみたいという時に手がかりが全くなくなってしまうので、様々な面から見て認知をしてもらってた方がいいという事になります。

認知してもらう方法とは?

認知届けには以下の種類があります。

胎児認知
おなかの中に赤ちゃんがいる状態で父親と認めてもらう方法です。記入する内容は通常の認知届とあまり変わりありませんが、ただ一つ大きな違いとしてお母さんの署名・捺印欄が必要になるということです。
任意認知
お子さんを出産した後(出生届を提出した後)に、父親である男性が認知届を市区町村に提出して、父親と認めてもらう(認知してもらう)方法と、民法により遺言によって認知してもらう方法があります。
強制認知(裁判)
認知してもらいたいけど、男性側が拒否をしている場合に訴えを起こすことができます。ただし、父親である男性ががもし死亡しているという場合、死亡日から3年過ぎてしまった場合には訴えを起こすことができませんので注意してくださいね。

任意認知と胎児認知の違いって何?

胎児のうちに認知する事と、出産後に認知することって、何か大きな違いがあるの?と疑問に感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?両方の大きな違いとしては、「戸籍の父親欄に父親の名前が記載されるかどうか」「出生届けを出す際に父親の名前を書いて出せるかどうか」という点です。

胎児のうちに認知してもらうと戸籍の父親欄の部分に父親である男性の名前が記載されます。もちろん男性側の戸籍にも子どもを認知している旨が記載されます。

ですが、出産後(出生届を提出した後)に認知届を提出すると、戸籍の父親欄には記載されず、追記事項として「認知した日付・認知した男性の名前・認知されました」と記載されます。今後も父親の欄に名前を載せることはできません。こちらも、男性側も同じように子どもを認知した旨が記載されます。

もしも、戸籍の父親欄に名前を記載したいという場合には、出生届を提出する前までに認知届を提出しておく必要があるという事なんです。どちらの場合も、子どもはママ側の戸籍に入り、ママの苗字になります。男性側にも「認知した子の名前・日付・子の本籍」が認知欄に追記されることになります。

認知届を提出する際に準備するものとは?

認知届を提出する方法として、まずは以下のものを揃えましょう。

  • 認知届(市区町村の役場でもらうことができます)
  • 印鑑

基本的にはこれで良いのですが、届出地によってさらに父親または子どもの戸籍謄本が必要となります。

また、認知するお子さんが成人している場合にはお子さん本人が認知することをOKしているという、承諾書が必要になります。大人になってから認知をする…ということは、その間は放置していたということになりますよね。お子さんに金銭的な援助を求めているということや老後の心配などで認知をするということも考えられますから、お子さん本人がOKを出さない限り、認知することはできません。胎児認知の場合には、「この人を父親と認める」というお母さんの承諾書が必要です。遺言認知の場合には遺言書の謄本(遺言書の原本の内容が書いてある写しのこと)が必要です。

認知届はどこへ誰が提出したらいいの?

認知届を提出する場所は、以下の通りになっています。

  • 父親か子どもの本籍地
  • 父親の住所がある市区町村の戸籍課
  • 胎児認知の場合は母親の本籍地

提出する人

  • 任意認知と胎児認知の場合…父親
  • 裁判認知の場合…裁判の訴えを起こした人
  • 遺言認知の場合…遺言の執行者(遺言の内容を行動にうつす人のこと)

認知届を出す際の費用はいくらくらいかかるの?

市町村役場で認知届をもらうのも、提出するのにもお金はかかりません。提出書類として戸籍謄本を取得(準備)する際には1通450円がかかります。

また、裁判で認知してもらう場合には、弁護士費用(とても差があります)と、更にDNA鑑定費用(10万円程度)がかかります。弁護士費用は法テラスで「費用の建て替え」という制度がありますので、とても払えない…という場合には建て替えを申し込むと良いでしょう。

妊娠中・育児に役立つコラム

  • 妊娠中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム
  • 育児中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム
  • パパになったらパパスタ!Papa Study
  • 母乳育児コラム
  • イヤイヤ期コラム
  • ベビーサインコラム
  • マタニティ整体と産後整体コラム
  • 産後のエクササイズコラム
  • ベビーマッサージコラム
  • 絵本の読み聞かせコラム
  • 小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防コラム
  • 子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方コラム
  • 臨床心理士
  • ~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム
  • 楽な抱っこやおんぶの仕方コラム
  • 言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング
  • 子どもごはん専門家

妊娠中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム

マタスタ
全てのマタスタを読む

育児中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム

ママスタ
全てのママスタを読む


注目ページ!

新着記事

世界の子育て事情や体験談、話題の動画を配信赤ちゃんの部屋エンターテイメント 赤ちゃんの部屋エンタメ(エンターテイメント)のすべての記事 妊娠したらマタスタ マタスタのすべての記事
出産したらママスタ ママスタのすべての記事 パパになったらパパスタ パパスタのすべての記事
妊娠・出産・育児コラム
赤ちゃんの部屋コラム

赤ちゃんの部屋コラム

妊娠、出産、育児にはいろいろな悩みや疑問、発見や不思議、喜びや驚きなど今まで知る事のなかった世界があります。目からウロコが出るような妊娠・出産・育児に関するコラムをお届けしていきます♪

赤ちゃんの部屋コラム
母乳育児コラム

母乳育児コラム

あき助産師と助産院ばぶばぶ院長の小林ひさこ先生による母乳育児コラム。母乳育児を始める頃から卒乳までに役立つ様々な情報満載で、母乳育児の疑問や悩みを解決してくれます。

母乳育児コラム
イヤイヤ期コラム

イヤイヤ期コラム

NLP心理学を学び、一時保育所で働きながら100人以上のイヤイヤ期の子供の行動パターンや心理状態を日々観察することで、イヤイヤ期の対応法を体系化したイヤイヤ期専門家の西村先生によるコラム。

イヤイヤ期コラム
ベビーサインコラム

ベビーサインコラム

一般社団法人日本ベビーサイン協会代表理事の吉中みちる先生によるベビーサインコラム。手や指を使ったベビーサインのコミュニケーション手段を覚えて赤ちゃんとコミュニケーションをとりましょう!

ベビーサインコラム
マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体について助産師・看護師・ママズケア認定ベビーマッサージ講師・アラウンドバースセラピスト・受胎調節実施指導など様々な分野で活躍する佐藤先生が詳しく解説するコラム。

マタニティ整体と産後の整体コラム
産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズ

産後のエクササイズコラム

Beauty Space代表、日本マタニティフィットネス協会ママフィット認定インストラクターの荻野則子先生による産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズを動画でわかり易く解説。

産後のエクササイズコラム
ベルタ葉酸サプリ ベルタ妊娠線 ベルタ酵素
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

ははこぐさ治療室院長の奥山麻理先生と助産師・保健師・看護師の石坂晶先生によるコラム。お2人が紹介するベビーマッサージはママズケアのメソッドで、1日1回30秒から始められるベビーマッサージ。

ベビーマッサージコラム
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

RTA指定スクールでぃんぷる代表の関本涼子先生とRTA指定スクールPoco a Poco代表の吉野陽子先生によるコラム。生まれたての赤ちゃんと最初の意思疎通、それは肌と肌を通じて行うタッチケア。

ベビーマッサージコラム
絵本の読み聞かせコラム

絵本の読み聞かせコラム

愛着形成に大変効果的とされる絵本。絵本の選び方や絵本の読み聞かせの効果、読み聞かせ方のコツやオススメの絵本などを絵本の読み聞かせ専門家の平松祐美子先生が紹介。

絵本の読み聞かせコラム
小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

「ムシ歯ゼロで元気なお口」を育むために、マタニティや0歳の赤ちゃんの頃からできることを、小児歯科の専門家としてお伝えするコラム。

虫歯予防コラム
子どもとのコミュニケーションや発達障がい

子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方

コミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方について臨床発達心理士の斑目雅美先生が子育て実践例を交えて解説。

臨床発達心理士コラム
お腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム

お腹の中の赤ちゃんと絆作り

臨床心理士の飯島ゆみこ先生によるお腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム。おなかの赤ちゃんとママとの絆を深め、子育ても楽しめるようになるヒントを臨床心理士の視点からお伝えしていきます。

臨床心理士コラム
~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大による身近で大切な人との幸せな関係を築く情報コラム。大切な人と幸せな関係を築ける『考え方』と『心の習慣』を『言葉』にして贈らせて頂きます。

幸せのレシピコラム
抱っこの専門家が伝える楽な抱っことおんぶのお話

楽な抱っこやおんぶの仕方

抱っこの専門家が楽な抱っこやおんぶの仕方から腱鞘炎・腰痛などの問題まで詳しく解説!乳幼児期の抱っことおんぶを、より快適に、気持ちよく、自由に楽しめるポイントを学びましょう。

楽な抱っこやおんぶの仕方
言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

「周りの子に比べてことばが少し遅い」「コミュニケーションがうまくいかない」そんな悩みを解決するコミュニケーションや発音を育てるトレーニングコラムです。

言語聴覚士コラム
子どもごはん

偏食・食べないを乗り切るご飯作り

偏食の子も食べない子も悩まないごはん作りを子どもごはんの専門家、美紀ピア先生が教えます。子どもごはんをサポートする食セッションで食の大切さを学びましょう。

子どもごはんコラム