胎児が標準より小さいと言われても大丈夫!

楽しみな検診のエコー、赤ちゃんが小さいとわかったら?

胎児が小さい

毎回の妊婦健診は、おなかのエコーをしてもらえるため赤ちゃんの様子をしっかりとチェックできる絶好の機会です。どれくらい大きくなっているんだろう?顔は見えるかな、動いているのがわかるかな?などなど、ワクワクとした期待感でいっぱいでしょう。エコー写真の見方についてはこちら

ただ、検診の際に何かしらの問題や異常が見つかるということも少なくありません。ほとんど気にならない些細なことでも、特に初産の妊婦さんにとっては「本当に大丈夫なの!?」とひどく不安になってしまうこともあるでしょう。

そんな不安のひとつとして挙げられるのが「胎児の大きさ」についてです。おなかの中の赤ちゃんですが、毎回エコーをとっているときに成長具合、つまりどれくらい大きくなっているかを調べていきます。多くは順調に大きくなっていっていることがわかりますが、ときどき赤ちゃんの成長が遅く「標準よりも小さい」と言われることがあります。赤ちゃんが小さいだなんて、何か異常があるの!?と思いますよね。ですが、多くの場合は赤ちゃんが標準より小さいと言われても大丈夫だと言われています。それはなぜなのでしょうか…?

おなかの赤ちゃんが小さい理由って!?

まず、おなかの赤ちゃんが小さいと言われる原因については以下のようなことが考えられます。

  • エコーの誤差
  • 胎児発育不全(子宮内胎児発育遅延)
  • 染色体異常など赤ちゃん側の原因

エコーの誤差

もっともよくみられるのは、エコー検査の誤差です。妊娠初期・中期には赤ちゃんの全身の長さや胴体周りの長さなどを測って、大きさを調べていきます。妊娠後期になると、赤ちゃんの頭・足の骨の長さ・胴体周りの長さを測って体重や成長具合を測定していきます。このとき、検診を受けているとわかると思いますが、エコーの機械で医師が胴体周りなどを測るときに1ミリ、2ミリとずれているだけでかなり誤差が出てくることも。医師によってもささっと手早く済ませてしまう方と、じっくりじっくりと検診をしてくれる方がいますから、そういった方を比べると誤差が出てくるのも納得できますね。ただ、毎回毎回推定体重が少なく、週数と成長具合があまりにも合わないという場合には何らかの異常が考えられますので、医師から説明や検査をするように言われるでしょう。

胎児発育不全(子宮内胎児発育遅延)

なんらかの原因で赤ちゃんが育つスピードが遅くなっている・止まっている状態です。胎児発育不全についてはこちら

胎盤やへその緒のトラブルで栄養がしっかりといきわたっていない、お母さんに高血圧や妊娠中毒症などの原因があるなど、さまざまなことが考えられます。この場合には基本的には様子見で、原因がわかっていれば生活習慣の改善や高血圧の治療などの対策が行われます。赤ちゃんの状態によっては緊急帝王切開となることもありますので、医師とよくよく相談しましょう。妊娠高血圧症候群についてはこちら

染色体異常など

特に妊娠初期は、足の骨(大たい骨)や腹囲をうまく測ることがうできませんので、赤ちゃんをつつんでいる袋「胎嚢(たいのう)」の大きさを調べることが多いものです。胎嚢の中の赤ちゃんを確認し、さらに赤ちゃんの心臓が動いている…という確認が出来ると、流産率も一気に下がることになります。ただ、心拍が確認できたからといって流産の危険がないということはありませんので油断は禁物です。妊娠中の流産についてはこちら

ですが、妊娠初期頃に起こる流産のほとんどは、ママではなく赤ちゃん側に原因があると言われています。万が一、流産が起こったときにはママは自分をひどく責めてしまうと思いますが、実際には赤ちゃんの方に染色体異常などの原因があります。特におなかの中にとどまったままの流産であれば、成長がとまって小さいということや心臓が動いていないなど残念な結果に…。妊娠初期の段階で赤ちゃんが小さいかも?うまく育っていないかも?と言われたら、まずは安静にしたり張り止めを服用するなど医師からの説明があるでしょう。

標準より小さくても元気なら大丈夫!!

胎児が標準より小さいと言われるのは、多くは妊娠後期。妊娠初期は臓器など体の大切な部分がつくられる時期、中期はふっくらとした顔つきになって動きが活発になり、さらに後期はぐんぐんと体重が増えていきます。そうすると、体重の増えが悪いという子についてはどんどん他の赤ちゃんと体重差がついてしまい、予定日までおなかにいたとしても小さなまま生まれるということも。栄養が行きわたっていないなどさまざまな原因は考えられますが、一般的には赤ちゃんが少し小さくてもまったく問題ありません。臨月に入り、いつ出産しても問題ないといわれる頃まで、しっかりとお腹にいれば、臓器はしっかりと作られていますので、大きさの面はあまり心配する必要はないでしょう。問題なのは赤ちゃんが小さい大きいという問題ではなく、まだまだお腹の中にいないといけない時期に産まれてしまいそうなときです。体重や身長うんぬんではなく、どれくらいママのおなかの中にいられたかどうかで発達や成長しているかどうかがわかります。器官の成長過程表

多少、体重が小さいと言われてもこのように必要以上に不安がることはなく「この子は小さめの子なんだ、個性個性!」と前向きにとらえていきましょう。逆に大きい子もたくさんいて、出産のときに吸引分娩や帝王切開に切り替えたという方も少なくありません。児頭骨盤不均衡についてはこちら

このように、小さくても大きくてもかわいい我が子であることには違いありません。栄養不足などで小さい…など、原因がわかっているときには対処をしていくことも可能ですので、必要以上に心配にならないでくださいね。何らかの対策を講じないといけない場合には必ず医師からアドバイスがあります。「小さい」と言われても、医師から注意されたりアドバイスを受けることがなければ、あまり心配する必要はないでしょう。

妊娠中・育児に役立つコラム

  • 妊娠中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム
  • 育児中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム
  • パパになったらパパスタ!Papa Study
  • 母乳育児コラム
  • イヤイヤ期コラム
  • ベビーサインコラム
  • マタニティ整体と産後整体コラム
  • 産後のエクササイズコラム
  • ベビーマッサージコラム
  • 絵本の読み聞かせコラム
  • 小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防コラム
  • 子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方コラム
  • 臨床心理士
  • ~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム
  • 楽な抱っこやおんぶの仕方コラム
  • 言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング
  • 子どもごはん専門家

妊娠中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム

マタスタ
全てのマタスタを読む

育児中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム

ママスタ
全てのママスタを読む


注目ページ!

新着記事

世界の子育て事情や体験談、話題の動画を配信赤ちゃんの部屋エンターテイメント 赤ちゃんの部屋エンタメ(エンターテイメント)のすべての記事 妊娠したらマタスタ マタスタのすべての記事
出産したらママスタ ママスタのすべての記事 パパになったらパパスタ パパスタのすべての記事
妊娠・出産・育児コラム
赤ちゃんの部屋コラム

赤ちゃんの部屋コラム

妊娠、出産、育児にはいろいろな悩みや疑問、発見や不思議、喜びや驚きなど今まで知る事のなかった世界があります。目からウロコが出るような妊娠・出産・育児に関するコラムをお届けしていきます♪

赤ちゃんの部屋コラム
母乳育児コラム

母乳育児コラム

あき助産師と助産院ばぶばぶ院長の小林ひさこ先生による母乳育児コラム。母乳育児を始める頃から卒乳までに役立つ様々な情報満載で、母乳育児の疑問や悩みを解決してくれます。

母乳育児コラム
イヤイヤ期コラム

イヤイヤ期コラム

NLP心理学を学び、一時保育所で働きながら100人以上のイヤイヤ期の子供の行動パターンや心理状態を日々観察することで、イヤイヤ期の対応法を体系化したイヤイヤ期専門家の西村先生によるコラム。

イヤイヤ期コラム
ベビーサインコラム

ベビーサインコラム

一般社団法人日本ベビーサイン協会代表理事の吉中みちる先生によるベビーサインコラム。手や指を使ったベビーサインのコミュニケーション手段を覚えて赤ちゃんとコミュニケーションをとりましょう!

ベビーサインコラム
マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体について助産師・看護師・ママズケア認定ベビーマッサージ講師・アラウンドバースセラピスト・受胎調節実施指導など様々な分野で活躍する佐藤先生が詳しく解説するコラム。

マタニティ整体と産後の整体コラム
産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズ

産後のエクササイズコラム

Beauty Space代表、日本マタニティフィットネス協会ママフィット認定インストラクターの荻野則子先生による産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズを動画でわかり易く解説。

産後のエクササイズコラム
ベルタ葉酸サプリ ベルタ妊娠線 ベルタ酵素
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

ははこぐさ治療室院長の奥山麻理先生と助産師・保健師・看護師の石坂晶先生によるコラム。お2人が紹介するベビーマッサージはママズケアのメソッドで、1日1回30秒から始められるベビーマッサージ。

ベビーマッサージコラム
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

RTA指定スクールでぃんぷる代表の関本涼子先生とRTA指定スクールPoco a Poco代表の吉野陽子先生によるコラム。生まれたての赤ちゃんと最初の意思疎通、それは肌と肌を通じて行うタッチケア。

ベビーマッサージコラム
絵本の読み聞かせコラム

絵本の読み聞かせコラム

愛着形成に大変効果的とされる絵本。絵本の選び方や絵本の読み聞かせの効果、読み聞かせ方のコツやオススメの絵本などを絵本の読み聞かせ専門家の平松祐美子先生が紹介。

絵本の読み聞かせコラム
小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

「ムシ歯ゼロで元気なお口」を育むために、マタニティや0歳の赤ちゃんの頃からできることを、小児歯科の専門家としてお伝えするコラム。

虫歯予防コラム
子どもとのコミュニケーションや発達障がい

子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方

コミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方について臨床発達心理士の斑目雅美先生が子育て実践例を交えて解説。

臨床発達心理士コラム
お腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム

お腹の中の赤ちゃんと絆作り

臨床心理士の飯島ゆみこ先生によるお腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム。おなかの赤ちゃんとママとの絆を深め、子育ても楽しめるようになるヒントを臨床心理士の視点からお伝えしていきます。

臨床心理士コラム
~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大による身近で大切な人との幸せな関係を築く情報コラム。大切な人と幸せな関係を築ける『考え方』と『心の習慣』を『言葉』にして贈らせて頂きます。

幸せのレシピコラム
抱っこの専門家が伝える楽な抱っことおんぶのお話

楽な抱っこやおんぶの仕方

抱っこの専門家が楽な抱っこやおんぶの仕方から腱鞘炎・腰痛などの問題まで詳しく解説!乳幼児期の抱っことおんぶを、より快適に、気持ちよく、自由に楽しめるポイントを学びましょう。

楽な抱っこやおんぶの仕方
言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

「周りの子に比べてことばが少し遅い」「コミュニケーションがうまくいかない」そんな悩みを解決するコミュニケーションや発音を育てるトレーニングコラムです。

言語聴覚士コラム
子どもごはん

偏食・食べないを乗り切るご飯作り

偏食の子も食べない子も悩まないごはん作りを子どもごはんの専門家、美紀ピア先生が教えます。子どもごはんをサポートする食セッションで食の大切さを学びましょう。

子どもごはんコラム