妊娠中にヒールのある靴を履いてもいいの?

妊娠中の変化、いつも履いていたヒール靴はどうする?

妊娠中にヒール

妊娠するとおなかが出て来たり、それにともなっていつものように歩きにくくなったり、しゃがみにくくなったり、足元がなかなか見えなくなったり。妊娠しないと気付かない普段の生活の変化がたくさんあるものです。おなかに赤ちゃんがいるとだんだんと変化してくるのが、ママの服装です。おなかが出てくるのでピタッとしたタイトな服がきつくなってきますし、おなかを冷やさないように温かい服を着たり。赤ちゃんに影響がないようにさまざまな気遣いをしていくと思います。

この妊娠中の服装についてもうひとつ、ママの靴についてはどうでしょうか。一般的に妊娠中と言えば、ぺたんこのフラットシューズやヒールのないもの、スニーカーを履く…というイメージがあるかと思います。確かに普段の生活でひとつでも多く赤ちゃんにかかわる危険をなくそうと思ったとき、高いハイヒールを履く人は少ないと思います。しかし、意外と多いのが「ぺたんこ靴の方が疲れる!足が痛い!」ということ。妊娠中のヒール問題、どうしたら良いのでしょうか?

妊娠中の靴選びのポイントって?

実は、ヒールを履く方が歩きやすい、慣れているという女性はとっても多いもの。普段のおでかけで日常的にヒールを履いているという方はもちろん、仕事柄ヒールでないといけないという方も多いものですよね。美脚に見えやすいと言われているヒールの高さは約7~8センチ。普段ヒールを履いているという方はこれくらいのヒールの方が多く、さらにスタイル良く見せるために10センチばかり履いている!という方も少なくありませんよね。ただ、ヒールに慣れていないという方も多く、そういった方は3センチほどのちょこんとしたローヒールや、靴底がしっかりとしているウェッジソールのものを履いていることも。

美脚に見せる女性らしい象徴として、昔から愛されているのがハイヒールの靴。美脚に見せたいのはもちろんなのですが、実際にもっとも歩きやすいと言われているのは3~5センチの間だという意見が多いようです。また、ぐらぐらと頼りない細ーいヒールよりも、太めのヒールやウェッジソールの方が歩きやすいのも確かです。足にかかる負担が分散されやすく、足の裏全体に圧力がかかりやすいため疲れにくいからです。妊娠中に仕事でヒールを履かなくてはならない、冠婚葬祭があるのでヒールが良いという場合には、このことを頭に入れて靴選びをしてみてくださいね。

また、妊娠中の冠婚葬祭に関してどんな服装で行ったら良いの?という疑問についてご紹介していますので、参考にしてみてくださいね。妊娠中の冠婚葬祭(パーティードレスや喪服の紹介)はこちら

妊娠中にオススメの靴をご紹介!

では、具体的にどんな靴が良いのでしょうか?オススメ靴をご紹介していきます!

ぺたんこ靴

  • スニーカー
  • サンダル
  • ムートンブーツ
  • スリッポン

特にスリッポンは脱ぎ履きしやすいですし、スニーカーのように靴ひもがないので産婦人科に行ったときもかがまなくてラクラク!ムートンブーツはカラーバリエーションも豊富ですし、秋冬の妊婦さんの足元をぽかぽかとあたためてくれます。

3~4cm程度のヒール有り

  • エンジニアブーツ
  • ローヒールパンプス
  • レースアップシューズ
  • 意外といろいろな服に合わせやすいレースアップシューズ。ローヒール・太めなので安定感は抜群ですし、おしゃれ感もばっちりです!

  • インヒールスリッポン、インヒールスニーカー
  • ヒールがスニーカーの中に入っているので、見た目ではあまりわからないのにスタイルアップが可能となっている便利な靴です。ただ、インヒールスニーカーの多くは6~8センチのヒールが多く、妊婦さんにはちょっと高めとなってしまいます。こちらのインヒールスリッポンならヒールの高さは4センチなのでちょうど良く、安定感もバツグンなので歩きやすいですね。ぺったんこの靴になかなか慣れない…という方にもオススメです。

妊娠中にヒールを履くことのデメリットや危険性

ヒールを履くことでスタイル良く見えたり、ヒールに慣れている方についてはヒールの方が歩きやすいということがあります。では、妊娠中にヒールを履くことでどんな危険があるのでしょうか?

  • 人によるが転びやすい
  • 溝などにはまりやすい
  • 上の子がいる場合、とっさに対応しにくい
  • 上の子や他の人の足を踏んでしまったときにケガしやすい
  • 電車やバスの揺れでよろけやすい
  • 貧血などトラブルが起こったとき倒れやすい

どれも、やはり「転倒」についての危険が考えられますね。普段はヒールの方が良いということでも、だんだんとおなかが大きくなってくると徐々にバランスを取りづらくなってきます。自分で思っている以上に、おなかが大きくなるということはさまざまな変化が起こります。妊娠でおなかが大きくなると、ママはこんな変化があります!

歩く時にも、がに股になってしまったり、お相撲さんのようにのっしのっしと歩くようになってしまったり…また妊娠中は貧血になりやすいものですし、つわりはもちろん、眠くなりやすいということもあります。そんなときにヒールよりもスニーカーなどのぺたんこ靴の方が体を支えやすくなるのは、言うまでもありませんよね。転倒についてはもちろんですが、周囲からの目や心配されるということも含めて、やっぱりヒールの高い靴は妊娠中は避けておいた方が良いでしょう。

中には、妊婦さんがヒールを履いていることを良く思わないという人も少なくありませんし、トラブルのもとになってしまうことも。近年ではマタニティマークをかばんにつけているだけでトラブルになるということもありますので、そういった危険なことを避けるためにも、ヒールはぜひ低いもの・ないものを選んで履くようにしましょうね!マタニティマークの危険性について詳しくはこちらからご覧ください

妊娠中・育児に役立つコラム

  • 妊娠中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム
  • 育児中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム
  • パパになったらパパスタ!Papa Study
  • 母乳育児コラム
  • イヤイヤ期コラム
  • ベビーサインコラム
  • マタニティ整体と産後整体コラム
  • 産後のエクササイズコラム
  • ベビーマッサージコラム
  • 絵本の読み聞かせコラム
  • 小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防コラム
  • 子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方コラム
  • 臨床心理士
  • ~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム
  • 楽な抱っこやおんぶの仕方コラム
  • 言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング
  • 子どもごはん専門家

妊娠中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム

マタスタ
全てのマタスタを読む

育児中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム

ママスタ
全てのママスタを読む


注目ページ!

新着記事

世界の子育て事情や体験談、話題の動画を配信赤ちゃんの部屋エンターテイメント 赤ちゃんの部屋エンタメ(エンターテイメント)のすべての記事 妊娠したらマタスタ マタスタのすべての記事
出産したらママスタ ママスタのすべての記事 パパになったらパパスタ パパスタのすべての記事
妊娠・出産・育児コラム
赤ちゃんの部屋コラム

赤ちゃんの部屋コラム

妊娠、出産、育児にはいろいろな悩みや疑問、発見や不思議、喜びや驚きなど今まで知る事のなかった世界があります。目からウロコが出るような妊娠・出産・育児に関するコラムをお届けしていきます♪

赤ちゃんの部屋コラム
母乳育児コラム

母乳育児コラム

あき助産師と助産院ばぶばぶ院長の小林ひさこ先生による母乳育児コラム。母乳育児を始める頃から卒乳までに役立つ様々な情報満載で、母乳育児の疑問や悩みを解決してくれます。

母乳育児コラム
イヤイヤ期コラム

イヤイヤ期コラム

NLP心理学を学び、一時保育所で働きながら100人以上のイヤイヤ期の子供の行動パターンや心理状態を日々観察することで、イヤイヤ期の対応法を体系化したイヤイヤ期専門家の西村先生によるコラム。

イヤイヤ期コラム
ベビーサインコラム

ベビーサインコラム

一般社団法人日本ベビーサイン協会代表理事の吉中みちる先生によるベビーサインコラム。手や指を使ったベビーサインのコミュニケーション手段を覚えて赤ちゃんとコミュニケーションをとりましょう!

ベビーサインコラム
マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体について助産師・看護師・ママズケア認定ベビーマッサージ講師・アラウンドバースセラピスト・受胎調節実施指導など様々な分野で活躍する佐藤先生が詳しく解説するコラム。

マタニティ整体と産後の整体コラム
産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズ

産後のエクササイズコラム

Beauty Space代表、日本マタニティフィットネス協会ママフィット認定インストラクターの荻野則子先生による産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズを動画でわかり易く解説。

産後のエクササイズコラム
ベルタ葉酸サプリ ベルタ妊娠線 ベルタ酵素
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

ははこぐさ治療室院長の奥山麻理先生と助産師・保健師・看護師の石坂晶先生によるコラム。お2人が紹介するベビーマッサージはママズケアのメソッドで、1日1回30秒から始められるベビーマッサージ。

ベビーマッサージコラム
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

RTA指定スクールでぃんぷる代表の関本涼子先生とRTA指定スクールPoco a Poco代表の吉野陽子先生によるコラム。生まれたての赤ちゃんと最初の意思疎通、それは肌と肌を通じて行うタッチケア。

ベビーマッサージコラム
絵本の読み聞かせコラム

絵本の読み聞かせコラム

愛着形成に大変効果的とされる絵本。絵本の選び方や絵本の読み聞かせの効果、読み聞かせ方のコツやオススメの絵本などを絵本の読み聞かせ専門家の平松祐美子先生が紹介。

絵本の読み聞かせコラム
小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

「ムシ歯ゼロで元気なお口」を育むために、マタニティや0歳の赤ちゃんの頃からできることを、小児歯科の専門家としてお伝えするコラム。

虫歯予防コラム
子どもとのコミュニケーションや発達障がい

子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方

コミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方について臨床発達心理士の斑目雅美先生が子育て実践例を交えて解説。

臨床発達心理士コラム
お腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム

お腹の中の赤ちゃんと絆作り

臨床心理士の飯島ゆみこ先生によるお腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム。おなかの赤ちゃんとママとの絆を深め、子育ても楽しめるようになるヒントを臨床心理士の視点からお伝えしていきます。

臨床心理士コラム
~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大による身近で大切な人との幸せな関係を築く情報コラム。大切な人と幸せな関係を築ける『考え方』と『心の習慣』を『言葉』にして贈らせて頂きます。

幸せのレシピコラム
抱っこの専門家が伝える楽な抱っことおんぶのお話

楽な抱っこやおんぶの仕方

抱っこの専門家が楽な抱っこやおんぶの仕方から腱鞘炎・腰痛などの問題まで詳しく解説!乳幼児期の抱っことおんぶを、より快適に、気持ちよく、自由に楽しめるポイントを学びましょう。

楽な抱っこやおんぶの仕方
言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

「周りの子に比べてことばが少し遅い」「コミュニケーションがうまくいかない」そんな悩みを解決するコミュニケーションや発音を育てるトレーニングコラムです。

言語聴覚士コラム
子どもごはん

偏食・食べないを乗り切るご飯作り

偏食の子も食べない子も悩まないごはん作りを子どもごはんの専門家、美紀ピア先生が教えます。子どもごはんをサポートする食セッションで食の大切さを学びましょう。

子どもごはんコラム