赤ちゃんの首にへその緒が巻き付く臍帯巻絡

赤ちゃんにへその緒が巻き付いた!臍帯巻絡について

臍帯巻絡

出産時に「赤ちゃんの首にへその緒が巻き付いていた!」と言われることがありますよね。出産がなかなか進まず時間がかかってしまったというときなど、いざ産まれてみるとへその緒が二重に巻き付いていたなど、へその緒が赤ちゃんに絡まってしまうことはよくあります。このようにへその緒が赤ちゃんの一部に絡まってしまった状態のことを「臍帯巻絡(さいたいけんらく)」といいます。

この臍帯巻絡ですが、イメージとしては先ほど例に挙げたように首に巻き付くというのがよく知られていると思います。ですが、もちろん首だけでなく手や胴体に巻き付いているなど、体のどこに巻き付いていてもおかしくありません。臍帯巻絡自体は、全出産の中で約20~25%の割合で起こると言われています。つまり、産まれてくる赤ちゃんのうち4~5人にひとりはへその緒がどこかに巻き付いているということになりますね。こうして見てみるとかなりの確率で臍帯巻絡となることがわかりますが、へその緒が巻き付くことで赤ちゃんやママにどんな影響があるのでしょうか?

へその緒ってどんなふうになってるの?

へその緒のことを臍帯(さいたい)と呼びますが、この臍帯のトラブルでもっとも多いと言われているのが臍帯巻絡です。臍帯巻絡以外にもへその緒のトラブルはたくさんあり、たとえばへその緒の長さが長い・短い、胎盤ではなく卵膜にくっついてしまうなどさまざま。いろいろあるへその緒のトラブル

そんな中で特に多い臍帯巻絡ですが、特に多いのが首にへその緒が巻き付いてしまうパターンです。へその緒が首に巻き付くなんて危険!と思われますが、多くの場合は首に巻き付いていてもトラブルはさほど生じません。

と言うのも、へその緒は三本の血管がたっぷりのバリアに守られているからなんです。へその緒には2本の動脈と1本の静脈があって、その周りは「ワルトン膠質(こうしつ)」というゼラチン状の物質で覆われています。弾力のあるワルトン膠質で3本の血管が包み込まれているため、多少の衝撃はへっちゃらというわけなんですね。

おなかの中で赤ちゃんがくるくる回ったり、手足をバタつかせて多少へその緒を押さえたとしても、ワルトン膠質がへその緒の血管を守っているため基本的には問題ありません。ですが、ぐるぐると二重にも三重にもへその緒が巻き付いていたりすると、そのぶん赤ちゃんの首が締め付けられることになってしまいますから危険も増えてしまいます。

へその緒が赤ちゃんに絡まる危険について

「へその緒が赤ちゃんに絡まった=危険」というわけでなはく、先ほど述べたように二重三重になっていたり、絡み方がとてもきつくなっていると赤ちゃんにも影響があらわれます。ですが、まるでマフラーを巻いているようにゆるくかかっていたり、ワルトン膠質のおかげで特に症状がないことの方が多いと言われています。

たとえ赤ちゃんの首にへその緒が巻き付いていたとしても、無症状で特に問題なく産まれてくることがほとんどです。臍帯巻絡になっていてもママは特に自覚症状はなく、検診でわかることも。検診でのエコーで、へその緒の血流を調べる超音波ドプラー法(カラードプラ・パワードプラ)が行われるので、すぐにわかるんです。ぐるぐる巻きになっていなくても、へその緒が我が子の首に絡まっていることがもしわかったとしたら…とっても心配ですよね。

しかし、残念ながらおなかの中の赤ちゃんの臍帯巻絡に対してこれといった治療法はなく、いわば運にかけるようなもの。万が一、臍帯巻絡であることがわかっても、何も治療や対処をすることはできずそのまま出産に臨むほかありません。ですが場合によっては帝王切開となったり、早めに赤ちゃんを出してあげないと危険だと判断されることも。

赤ちゃんが成長するにつれて、おなかの中では赤ちゃんと羊水との割合が変わってきます。羊水が多い場合にはまだ赤ちゃんが動くスペースがあり、絡まったへその緒がとれる可能性もありますよね。ですが、羊水が少なくなってくるとへその緒が絡まった状態そのまま、もしくはさらに巻き付いて悪化してしまうということが考えられます。こういった危険は少しでも防ぎたいものですが、対処方や詳細な原因はわかっていません。今のところは、よく動き回る子に偶然へその緒が絡みついてしまったと考えられています。また、へその緒が長い(過長臍帯)ことで絡まりやすくなるとも言われています。

臍帯巻絡は死産の原因にも…検診時に注意!

臍帯巻絡になったとしても、多くは特に問題なく産まれてくることがほとんどだと言いましたね。しかし、実際のところは死産やおなかの中での突然死の原因になっていることも。「いよいよ臨月、出産だ!」というところで検診に訪れ・・・エコーで心臓が止まっていることがわかり、赤ちゃんをお腹から出してみると、へその緒がぐるぐるに巻き付いていたということも。

へその緒は赤ちゃんとママをつなぐパイプであり、赤ちゃんに栄養や酸素を届けるために唯一の命綱です。へその緒に問題があると赤ちゃんの成長にも影響がありますから、検診のときには注意しておきたいですね。いつどんなタイミングで臍帯巻絡が起こるかはわかりませんし、臍帯に問題があるかどうかも、おなかの中ではなかなかわからないものですよね。医師もこういったリスクを減らすために注意してエコーを見てくれるはずですが、心配であればへその緒の状態について詳しく調べてもらうようお願いしても良いのではないでしょうか。

妊娠中・育児に役立つコラム

  • 妊娠中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム
  • 育児中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム
  • パパになったらパパスタ!Papa Study
  • 母乳育児コラム
  • イヤイヤ期コラム
  • ベビーサインコラム
  • マタニティ整体と産後整体コラム
  • 産後のエクササイズコラム
  • ベビーマッサージコラム
  • 絵本の読み聞かせコラム
  • 小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防コラム
  • 子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方コラム
  • 臨床心理士
  • ~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム
  • 楽な抱っこやおんぶの仕方コラム
  • 言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング
  • 子どもごはん専門家

妊娠中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム

マタスタ
全てのマタスタを読む

育児中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム

ママスタ
全てのママスタを読む


注目ページ!

新着記事

世界の子育て事情や体験談、話題の動画を配信赤ちゃんの部屋エンターテイメント 赤ちゃんの部屋エンタメ(エンターテイメント)のすべての記事 妊娠したらマタスタ マタスタのすべての記事
出産したらママスタ ママスタのすべての記事 パパになったらパパスタ パパスタのすべての記事
妊娠・出産・育児コラム
赤ちゃんの部屋コラム

赤ちゃんの部屋コラム

妊娠、出産、育児にはいろいろな悩みや疑問、発見や不思議、喜びや驚きなど今まで知る事のなかった世界があります。目からウロコが出るような妊娠・出産・育児に関するコラムをお届けしていきます♪

赤ちゃんの部屋コラム
母乳育児コラム

母乳育児コラム

あき助産師と助産院ばぶばぶ院長の小林ひさこ先生による母乳育児コラム。母乳育児を始める頃から卒乳までに役立つ様々な情報満載で、母乳育児の疑問や悩みを解決してくれます。

母乳育児コラム
イヤイヤ期コラム

イヤイヤ期コラム

NLP心理学を学び、一時保育所で働きながら100人以上のイヤイヤ期の子供の行動パターンや心理状態を日々観察することで、イヤイヤ期の対応法を体系化したイヤイヤ期専門家の西村先生によるコラム。

イヤイヤ期コラム
ベビーサインコラム

ベビーサインコラム

一般社団法人日本ベビーサイン協会代表理事の吉中みちる先生によるベビーサインコラム。手や指を使ったベビーサインのコミュニケーション手段を覚えて赤ちゃんとコミュニケーションをとりましょう!

ベビーサインコラム
マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体について助産師・看護師・ママズケア認定ベビーマッサージ講師・アラウンドバースセラピスト・受胎調節実施指導など様々な分野で活躍する佐藤先生が詳しく解説するコラム。

マタニティ整体と産後の整体コラム
産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズ

産後のエクササイズコラム

Beauty Space代表、日本マタニティフィットネス協会ママフィット認定インストラクターの荻野則子先生による産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズを動画でわかり易く解説。

産後のエクササイズコラム
ベルタ葉酸サプリ ベルタ妊娠線 ベルタ酵素
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

ははこぐさ治療室院長の奥山麻理先生と助産師・保健師・看護師の石坂晶先生によるコラム。お2人が紹介するベビーマッサージはママズケアのメソッドで、1日1回30秒から始められるベビーマッサージ。

ベビーマッサージコラム
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

RTA指定スクールでぃんぷる代表の関本涼子先生とRTA指定スクールPoco a Poco代表の吉野陽子先生によるコラム。生まれたての赤ちゃんと最初の意思疎通、それは肌と肌を通じて行うタッチケア。

ベビーマッサージコラム
絵本の読み聞かせコラム

絵本の読み聞かせコラム

愛着形成に大変効果的とされる絵本。絵本の選び方や絵本の読み聞かせの効果、読み聞かせ方のコツやオススメの絵本などを絵本の読み聞かせ専門家の平松祐美子先生が紹介。

絵本の読み聞かせコラム
小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

「ムシ歯ゼロで元気なお口」を育むために、マタニティや0歳の赤ちゃんの頃からできることを、小児歯科の専門家としてお伝えするコラム。

虫歯予防コラム
子どもとのコミュニケーションや発達障がい

子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方

コミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方について臨床発達心理士の斑目雅美先生が子育て実践例を交えて解説。

臨床発達心理士コラム
お腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム

お腹の中の赤ちゃんと絆作り

臨床心理士の飯島ゆみこ先生によるお腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム。おなかの赤ちゃんとママとの絆を深め、子育ても楽しめるようになるヒントを臨床心理士の視点からお伝えしていきます。

臨床心理士コラム
~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大による身近で大切な人との幸せな関係を築く情報コラム。大切な人と幸せな関係を築ける『考え方』と『心の習慣』を『言葉』にして贈らせて頂きます。

幸せのレシピコラム
抱っこの専門家が伝える楽な抱っことおんぶのお話

楽な抱っこやおんぶの仕方

抱っこの専門家が楽な抱っこやおんぶの仕方から腱鞘炎・腰痛などの問題まで詳しく解説!乳幼児期の抱っことおんぶを、より快適に、気持ちよく、自由に楽しめるポイントを学びましょう。

楽な抱っこやおんぶの仕方
言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

「周りの子に比べてことばが少し遅い」「コミュニケーションがうまくいかない」そんな悩みを解決するコミュニケーションや発音を育てるトレーニングコラムです。

言語聴覚士コラム
子どもごはん

偏食・食べないを乗り切るご飯作り

偏食の子も食べない子も悩まないごはん作りを子どもごはんの専門家、美紀ピア先生が教えます。子どもごはんをサポートする食セッションで食の大切さを学びましょう。

子どもごはんコラム