帝王切開での出産は何人まで可能なの?

増えている帝王切開、何度もできるものなの?

帝王切開での出産は何人まで

お産がはじまり、途中でなんらかのトラブルや異常が起こった場合に切り替えられる「帝王切開」。赤ちゃんとママの危険を取り除く帝王切開での出産は、近年多くなっていると言われています。帝王切開が増えているってホント?

逆子、前置胎盤巨大児児頭骨盤不均衡などなど…近年では、いろいろな異常や問題が見つかりやすくなったことで、あらかじめ帝王切開での出産と決められるパターンが増えています。また、経膣分娩での出産にトライしている最中であっても、いつ・どんな理由でトラブルが起こるかはわかりません。そういったことで、帝王切開での出産が増え続けているということなんですね。逆子を逆子体操についてはこちら

そんな帝王切開での出産ですが、何人もお子さんがほしいと望んでいるママの場合には、次回以降の出産ってどうなるのでしょうか?最近では、帝王切開で出産したあと次の妊娠・出産では経膣分娩にチャレンジするという、「VBAC(ヴイバック)」という出産方法をとる方も少なくありません。VBAC出産についてはこちら

しかし、VBACではなく再び帝王切開での出産となる方も多いですよね。そこで気になるのが「帝王切開って何回できるの?」ということです。

帝王切開のメリット・デメリットについて

まず、帝王切開を行うことのメリット・デメリットについてみていきましょう。

帝王切開ですが、ママにとっては開腹手術となりますので経腟分娩よりも産後の回復が遅れるため、負担が大きくなりやすいと言われています。入院期間が経膣分娩よりも伸びますし、歩いたり授乳をするペースも遅れてしまいます。ただ、赤ちゃんにとってはとても安全で、ストレスの少ない出産方法だと言われています。

帝王切開のメリット

  • 子宮の収縮による赤ちゃんへの締め付けがない
  • 狭い産道でぎゅうぎゅうと締め付けられることがない

このことから、赤ちゃんにとってはストレスの少ない出産方法となるんですね。

帝王切開のデメリット

  • ママのリスクが高い(出血・産褥熱・肺血栓塞栓症など)
  • 赤ちゃんが産道を通過しないので肺に羊水が残り呼吸が乱れやすい(新生児一過性多呼吸)
  • 次の妊娠、出産への影響(前置胎盤・子宮破裂・癒着胎盤)

この中で、帝王切開が何回できるかということとかかわってくるのが「次の妊娠、出産への影響」です。

帝王切開が次の妊娠・出産に与える影響

子宮破裂

一度帝王切開をした子宮は、綺麗に縫合したとしてもその痕がのこります。そうすると、次に妊娠したときにまた赤ちゃんが大きくなると子宮も伸び、帝王切開した部分も一緒に伸びることになります。このときに「子宮破裂」のリスクが高まります。

子宮破裂は全分娩の約0.1%程度だと言われていて起こりにくいのですが、その中でも帝王切開や子宮筋腫の手術など、子宮に傷がある場合に起こりやすいと言われています。子宮破裂が起こるとその程度にもよりますが、ママも赤ちゃんも死亡してしまうリスクが高まります。

癒着胎盤

妊娠したときに胎盤がつくられはじめますが、そのときに胎盤の絨毛(じゅうもう)が子宮の筋肉の層にまで入り込んでしまうことをいいます。これによって、通常は赤ちゃんを出産したあとに胎盤が自然に剥がれて出てくるのですが、子宮にくっついてしまっているため胎盤が出てきません。胎盤がどの程度の深さまで子宮の筋層に入り込んでくっついているかによりますが、感染症や多量出血を防ぐために出産後、子宮の全摘出を行う場合が多いと言われています。癒着胎盤についてはこちら

前置胎盤

人工中絶手術や帝王切開の手術をはじめ、子宮にかかわる手術をしたことがあるという方に多いと言われています。子宮を一度切っているため、次回の妊娠時に子宮がうまく伸びにくくなってしまいます。通常は赤ちゃんの成長とともに子宮も伸び、それにあわせて胎盤も子宮の上の方に一緒に引っ張られていくのですが、子宮の伸びが悪いことで胎盤が移動しません。そうすると胎盤が子宮の下のほうについてしまい、赤ちゃんの出口である子宮口を覆ってしまったり、子宮口の一部を覆ってしまいます。これを「前置胎盤」といいます。

妊娠後期など子宮が大きくなってくると胎盤の血管が破れて、無痛ではありますが出血が起こったりします(これを警告出血といいます)。いざ陣痛が起こると赤ちゃんが出てくるよりも先に胎盤が剥がれて大出血を起こすことも。無事に赤ちゃんが出てきたとしても伸びの悪い子宮は収縮もしにくいことから、出血量が多くなる傾向にあります。前置胎盤は妊娠中・分娩中のどんな時期でも危険が起こりやすいので、妊娠中に胎盤の移動がみられなければ帝王切開での出産となります。前置胎盤についてはこちら

帝王切開は「○回まで」できる!?

そういったことを踏まえて、帝王切開での出産は何回までできるの?ということをみていきましょう。みなさんがよく聞くのは「帝王切開は3回まで」ということではないでしょうか。

子宮はとてもよく伸び縮みする部分で、子宮筋層をつくる細胞は妊娠するととてもたくさん細胞分裂して、しかもそのひとつひとつの細胞が最大0.5㎜にまで大きくなるといいます。…とはいえ、何度も何度も伸び縮みをしていると子宮も疲れてしまいますし、最初の妊娠と何度目かの妊娠では子宮の疲労のために、やはり収縮力が弱まりやすいといいます。そして帝王切開をしている場合だと、やはり子宮に大きな負担がかかっているということがわかると思います。特に年子での妊娠・出産や、多くのお子さんをもうけているという方はどうしても子宮への負担が大きくなりますよね。

結論としては、一口に「○回まで出産できる」とは言えません。その人が何回帝王切開で出産できるかというのは、帝王切開をした医師が直接子宮の状態を見て判断することとなります。その回数がたいだい平均で3回程度となっているため、帝王切開は3回までと言われているんですね。3回以上だと子宮破裂などのリスクがぐんと高くなってしまうため、子宮の厚みがじゅうぶんあるという方でない限り、帝王切開はできないということになります。

ただ、何度も帝王切開ができないというわけではありません。また年子での妊娠など、子宮に負担がかかりやすいという場合もあります。これらは決して少なくないパターンで、このような例があるということも掲載しておきますので参考にしてみてくださいね。

・4度目の帝王切開で早期出産 帝王切開で5度目の出産、4人目の出産のときに医師から「子宮が薄くなって赤ちゃんが透けて見えていた」と言われたことから、5人目は時期を早めての帝王切開に。9か月後半での出産となったそうです。 ・6回の帝王切開での出産 ・1人目を帝王切開で出産後~半年での妊娠、年子で再び帝王切開での出産

こういったケースもありますので、誰もが3回までというわけではなく、その人の子宮の状態や妊娠の経過によって判断されるということを知っておいてくださいね。

妊娠中・育児に役立つコラム

  • 妊娠中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム
  • 育児中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム
  • パパになったらパパスタ!Papa Study
  • 母乳育児コラム
  • イヤイヤ期コラム
  • ベビーサインコラム
  • マタニティ整体と産後整体コラム
  • 産後のエクササイズコラム
  • ベビーマッサージコラム
  • 絵本の読み聞かせコラム
  • 小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防コラム
  • 子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方コラム
  • 臨床心理士
  • ~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム
  • 楽な抱っこやおんぶの仕方コラム
  • 言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング
  • 子どもごはん専門家

妊娠中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム

マタスタ
全てのマタスタを読む

育児中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム

ママスタ
全てのママスタを読む


注目ページ!

新着記事

世界の子育て事情や体験談、話題の動画を配信赤ちゃんの部屋エンターテイメント 赤ちゃんの部屋エンタメ(エンターテイメント)のすべての記事 妊娠したらマタスタ マタスタのすべての記事
出産したらママスタ ママスタのすべての記事 パパになったらパパスタ パパスタのすべての記事
妊娠・出産・育児コラム
赤ちゃんの部屋コラム

赤ちゃんの部屋コラム

妊娠、出産、育児にはいろいろな悩みや疑問、発見や不思議、喜びや驚きなど今まで知る事のなかった世界があります。目からウロコが出るような妊娠・出産・育児に関するコラムをお届けしていきます♪

赤ちゃんの部屋コラム
母乳育児コラム

母乳育児コラム

あき助産師と助産院ばぶばぶ院長の小林ひさこ先生による母乳育児コラム。母乳育児を始める頃から卒乳までに役立つ様々な情報満載で、母乳育児の疑問や悩みを解決してくれます。

母乳育児コラム
イヤイヤ期コラム

イヤイヤ期コラム

NLP心理学を学び、一時保育所で働きながら100人以上のイヤイヤ期の子供の行動パターンや心理状態を日々観察することで、イヤイヤ期の対応法を体系化したイヤイヤ期専門家の西村先生によるコラム。

イヤイヤ期コラム
ベビーサインコラム

ベビーサインコラム

一般社団法人日本ベビーサイン協会代表理事の吉中みちる先生によるベビーサインコラム。手や指を使ったベビーサインのコミュニケーション手段を覚えて赤ちゃんとコミュニケーションをとりましょう!

ベビーサインコラム
マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体について助産師・看護師・ママズケア認定ベビーマッサージ講師・アラウンドバースセラピスト・受胎調節実施指導など様々な分野で活躍する佐藤先生が詳しく解説するコラム。

マタニティ整体と産後の整体コラム
産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズ

産後のエクササイズコラム

Beauty Space代表、日本マタニティフィットネス協会ママフィット認定インストラクターの荻野則子先生による産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズを動画でわかり易く解説。

産後のエクササイズコラム
ベルタ葉酸サプリ ベルタ妊娠線 ベルタ酵素
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

ははこぐさ治療室院長の奥山麻理先生と助産師・保健師・看護師の石坂晶先生によるコラム。お2人が紹介するベビーマッサージはママズケアのメソッドで、1日1回30秒から始められるベビーマッサージ。

ベビーマッサージコラム
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

RTA指定スクールでぃんぷる代表の関本涼子先生とRTA指定スクールPoco a Poco代表の吉野陽子先生によるコラム。生まれたての赤ちゃんと最初の意思疎通、それは肌と肌を通じて行うタッチケア。

ベビーマッサージコラム
絵本の読み聞かせコラム

絵本の読み聞かせコラム

愛着形成に大変効果的とされる絵本。絵本の選び方や絵本の読み聞かせの効果、読み聞かせ方のコツやオススメの絵本などを絵本の読み聞かせ専門家の平松祐美子先生が紹介。

絵本の読み聞かせコラム
小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

「ムシ歯ゼロで元気なお口」を育むために、マタニティや0歳の赤ちゃんの頃からできることを、小児歯科の専門家としてお伝えするコラム。

虫歯予防コラム
子どもとのコミュニケーションや発達障がい

子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方

コミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方について臨床発達心理士の斑目雅美先生が子育て実践例を交えて解説。

臨床発達心理士コラム
お腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム

お腹の中の赤ちゃんと絆作り

臨床心理士の飯島ゆみこ先生によるお腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム。おなかの赤ちゃんとママとの絆を深め、子育ても楽しめるようになるヒントを臨床心理士の視点からお伝えしていきます。

臨床心理士コラム
~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大による身近で大切な人との幸せな関係を築く情報コラム。大切な人と幸せな関係を築ける『考え方』と『心の習慣』を『言葉』にして贈らせて頂きます。

幸せのレシピコラム
抱っこの専門家が伝える楽な抱っことおんぶのお話

楽な抱っこやおんぶの仕方

抱っこの専門家が楽な抱っこやおんぶの仕方から腱鞘炎・腰痛などの問題まで詳しく解説!乳幼児期の抱っことおんぶを、より快適に、気持ちよく、自由に楽しめるポイントを学びましょう。

楽な抱っこやおんぶの仕方
言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

「周りの子に比べてことばが少し遅い」「コミュニケーションがうまくいかない」そんな悩みを解決するコミュニケーションや発音を育てるトレーニングコラムです。

言語聴覚士コラム
子どもごはん

偏食・食べないを乗り切るご飯作り

偏食の子も食べない子も悩まないごはん作りを子どもごはんの専門家、美紀ピア先生が教えます。子どもごはんをサポートする食セッションで食の大切さを学びましょう。

子どもごはんコラム