出産が近いとなぜ恥骨が痛むの?

出産前の変化!恥骨痛について

出産前の変化!恥骨痛

お母さんのおなかの中で長い間育ってきた赤ちゃんが、そろそろ出てくるというとき。出産予定日が近くなると、お母さんの体にはさまざまな変化があらわれるものですよね。たとえば、赤ちゃんが骨盤の中にすっぽりとはまるように下がってくるため、それまで圧迫されていた胃がスッキリしたり、胎動が減ってきたりということがあります。

そしてもうひとつ「恥骨が痛くなる」ということがあります。

人によって痛みの頻度や度合は個人差がありますが、中にはズキッと痛むとそこからなかなか動くことができなくなってしまう…というほど痛む方も。なかなか対策がないように思える恥骨の痛みですが、そもそもなぜ出産が近づくと恥骨が痛むのでしょうか?その原因や対策を、見ていきましょう。

なぜ恥骨痛が起こるの?恥骨ってドコ?

まず、先ほども言いましたが出産が近づくとおなかの中の赤ちゃんがどんどん下がってきます。骨盤の中に赤ちゃんの頭が入るとそこで固定されるのですが、徐々に骨盤(恥骨)が圧迫・押し広げられていくために痛みを感じるようになります。痛みの度合いは人によって違いますが、電気が走るようなビリッとした痛み、ズキッとした鋭い痛みなどさまざまです。骨盤は誰もが触るとわかる骨だと思いますが、実はひとつの骨ではなくたくさんの骨があわさってできているんです。

恥骨

骨盤を作っているのは、寛骨(かんこつ)・仙骨・尾骨という骨たちです。この3つの骨は左右でひとつずつ対になっていて、真ん中に左右の骨をつなぐ「恥骨結合」という部分があります。

この中の仙骨は5個の仙椎(せんつい)でできていて、さらに尾骨はいくつかの小さな骨がくっついて尾骨となっています。そして、寛骨は腸骨・坐骨・恥骨が成人する前に合体してひとつの寛骨になると言われています。骨盤はこのような構造になっているのですが、出産が近づくことでこれだけたくさんの骨が押し広げられるのですから、体に違和感を感じたり痛みを感じるのも無理はありませんよね。

出産準備をするためのホルモンが原因だった!

たくさんの骨たちにはそれぞれつなぎ目があって、出産が近づくとこのつなぎ目をゆるめる働きのある「リラキシン」というホルモンが分泌されるようになります。卵巣や胎盤、子宮といった妊娠・出産にかかわるところから分泌されるのですが、リラキシンは陣痛を起こす働きのあるオキシトシンと同じペプチドホルモンという仲間で「子宮弛緩因子」とも呼ばれています。

ですから、骨盤をゆるめて赤ちゃんが出て来やすいように出産の準備をしているということなんですね。リラキシンによって骨盤のつなぎ目がゆるむことで、左右の骨をつないでいる恥骨結合という部分に負担がかかってしまいます。これが、恥骨に激痛が走ってしまう理由です。

つまり、恥骨痛が起こるのはお産が近づいている証拠ということなんですね。…とはいえ、わかってはいてもつらい恥骨痛。いつ痛みが起こるかわかりませんし、人によっては動けなくなったり朝起き上がれなくなってしまうこともあるほど。何か対策はないのでしょうか?

恥骨痛の対策・筆者の体験談

体が出産準備をしているので、痛みがひどくても薬を処方されたり…ということはありません。ただ、動作を気を付けることで痛みがやわらぐこともあります。たとえば、普段歩くときには大股ではなく歩幅を小さくして歩くようにすることで、ゆるんだ恥骨結合に負担がかかりにくくなります。

また、起き上がるときというのはどうしてもおなかの部分に力が入ってしまいますよね。寝返りをうつのも電気が走るような痛みが起こる…ということもあると思いますが、とにかくゆっくりと少しずつ起き上がったり動作をするようにしましょう。

筆者の体験としても、このまま起き上がると骨が折れてしまうんじゃないか?と本気で思うほどの強い痛みに襲われました。特に出産2週間前くらいは胎動と恥骨痛とがあわさって、後で思うと陣痛よりもつらかったかもしれない…と思うほどでした。もちろん、産院に相談しても薬やシップもありませんし「そうだよね、痛いよね~でも赤ちゃんが出てこようとしてるからね」と言われるだけ(泣)

とにかくこの頃は動きがスローモーションでした。仰向けの状態で痛みが起こると起き上がるどころか寝返りもうつことができないので、眠るときには横向きに眠るようにしていました。これは仰臥位(ぎょうがい)低血圧症候群を防ぐためにも、横向きで眠るようにすることをオススメします!仰臥位低血圧症候群についてはこちら

ただ、辛い辛いとは思っていても終わりはやってきます。これだけ辛かったおかげなのかどうかはわかりませんが、妊娠39週の時点で子宮口が4センチも開いていて、さらに3時間のスピード安産でした多くの妊婦さんが悩まされてきた恥骨痛ですが、出産を終えるとリラキシンが分泌される胎盤がなくなるので、痛みも徐々に減っていきます。

しかし出産後にも恥骨痛で悩まされる…という方は少なくありません。また、出産間近ではなくても赤ちゃんが大きくなるにつれて骨盤が圧迫されて恥骨が痛い・腰が痛い…という症状があらわれる方も少なくありません。そういったときには骨盤ベルトを使用するかエクササイズを行い筋肉を鍛えるなどをする事で和らげる事が出来るでしょう。産前・産後の骨盤ベルトについてはこちら骨盤ベルトは、本当に必要なの?についてはこちら

臨月のときにはせっかく赤ちゃんが出てきやすいように骨盤がゆるんでいるので、ベルトを使わない方が良いでしょう。出産前の恥骨痛はとっても辛いかと思いますが、動けない…というときにはゆっくり休むようにして、赤ちゃんが出て来やすいようにしてあげましょう。

妊娠中・育児に役立つコラム

  • 妊娠中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム
  • 育児中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム
  • パパになったらパパスタ!Papa Study
  • 母乳育児コラム
  • イヤイヤ期コラム
  • ベビーサインコラム
  • マタニティ整体と産後整体コラム
  • 産後のエクササイズコラム
  • ベビーマッサージコラム
  • 絵本の読み聞かせコラム
  • 小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防コラム
  • 子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方コラム
  • 臨床心理士
  • ~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム
  • 楽な抱っこやおんぶの仕方コラム
  • 言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング
  • 子どもごはん専門家

妊娠中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム

マタスタ
全てのマタスタを読む

育児中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム

ママスタ
全てのママスタを読む


注目ページ!

新着記事

世界の子育て事情や体験談、話題の動画を配信赤ちゃんの部屋エンターテイメント 赤ちゃんの部屋エンタメ(エンターテイメント)のすべての記事 妊娠したらマタスタ マタスタのすべての記事
出産したらママスタ ママスタのすべての記事 パパになったらパパスタ パパスタのすべての記事
妊娠・出産・育児コラム
赤ちゃんの部屋コラム

赤ちゃんの部屋コラム

妊娠、出産、育児にはいろいろな悩みや疑問、発見や不思議、喜びや驚きなど今まで知る事のなかった世界があります。目からウロコが出るような妊娠・出産・育児に関するコラムをお届けしていきます♪

赤ちゃんの部屋コラム
母乳育児コラム

母乳育児コラム

あき助産師と助産院ばぶばぶ院長の小林ひさこ先生による母乳育児コラム。母乳育児を始める頃から卒乳までに役立つ様々な情報満載で、母乳育児の疑問や悩みを解決してくれます。

母乳育児コラム
イヤイヤ期コラム

イヤイヤ期コラム

NLP心理学を学び、一時保育所で働きながら100人以上のイヤイヤ期の子供の行動パターンや心理状態を日々観察することで、イヤイヤ期の対応法を体系化したイヤイヤ期専門家の西村先生によるコラム。

イヤイヤ期コラム
ベビーサインコラム

ベビーサインコラム

一般社団法人日本ベビーサイン協会代表理事の吉中みちる先生によるベビーサインコラム。手や指を使ったベビーサインのコミュニケーション手段を覚えて赤ちゃんとコミュニケーションをとりましょう!

ベビーサインコラム
マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体について助産師・看護師・ママズケア認定ベビーマッサージ講師・アラウンドバースセラピスト・受胎調節実施指導など様々な分野で活躍する佐藤先生が詳しく解説するコラム。

マタニティ整体と産後の整体コラム
産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズ

産後のエクササイズコラム

Beauty Space代表、日本マタニティフィットネス協会ママフィット認定インストラクターの荻野則子先生による産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズを動画でわかり易く解説。

産後のエクササイズコラム
ベルタ葉酸サプリ ベルタ妊娠線 ベルタ酵素
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

ははこぐさ治療室院長の奥山麻理先生と助産師・保健師・看護師の石坂晶先生によるコラム。お2人が紹介するベビーマッサージはママズケアのメソッドで、1日1回30秒から始められるベビーマッサージ。

ベビーマッサージコラム
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

RTA指定スクールでぃんぷる代表の関本涼子先生とRTA指定スクールPoco a Poco代表の吉野陽子先生によるコラム。生まれたての赤ちゃんと最初の意思疎通、それは肌と肌を通じて行うタッチケア。

ベビーマッサージコラム
絵本の読み聞かせコラム

絵本の読み聞かせコラム

愛着形成に大変効果的とされる絵本。絵本の選び方や絵本の読み聞かせの効果、読み聞かせ方のコツやオススメの絵本などを絵本の読み聞かせ専門家の平松祐美子先生が紹介。

絵本の読み聞かせコラム
小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

「ムシ歯ゼロで元気なお口」を育むために、マタニティや0歳の赤ちゃんの頃からできることを、小児歯科の専門家としてお伝えするコラム。

虫歯予防コラム
子どもとのコミュニケーションや発達障がい

子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方

コミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方について臨床発達心理士の斑目雅美先生が子育て実践例を交えて解説。

臨床発達心理士コラム
お腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム

お腹の中の赤ちゃんと絆作り

臨床心理士の飯島ゆみこ先生によるお腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム。おなかの赤ちゃんとママとの絆を深め、子育ても楽しめるようになるヒントを臨床心理士の視点からお伝えしていきます。

臨床心理士コラム
~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大による身近で大切な人との幸せな関係を築く情報コラム。大切な人と幸せな関係を築ける『考え方』と『心の習慣』を『言葉』にして贈らせて頂きます。

幸せのレシピコラム
抱っこの専門家が伝える楽な抱っことおんぶのお話

楽な抱っこやおんぶの仕方

抱っこの専門家が楽な抱っこやおんぶの仕方から腱鞘炎・腰痛などの問題まで詳しく解説!乳幼児期の抱っことおんぶを、より快適に、気持ちよく、自由に楽しめるポイントを学びましょう。

楽な抱っこやおんぶの仕方
言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

「周りの子に比べてことばが少し遅い」「コミュニケーションがうまくいかない」そんな悩みを解決するコミュニケーションや発音を育てるトレーニングコラムです。

言語聴覚士コラム
子どもごはん

偏食・食べないを乗り切るご飯作り

偏食の子も食べない子も悩まないごはん作りを子どもごはんの専門家、美紀ピア先生が教えます。子どもごはんをサポートする食セッションで食の大切さを学びましょう。

子どもごはんコラム