妊娠中は夜のスキンシップはしてもいいの?

妊娠中は夜のスキンシップはしてもいいの?

妊娠中の夜のスキンシップ

妊娠中の夜の夫婦生活に関しては、殆どのご夫婦が様々なことで悩まれているようです。ママが妊娠しても、パパの身体には何も変化がおこらないため、いつも通りの生活を送りがちです。ママの身体は妊娠前とは全く違います。どのように変化し、どのような事に気をつけなければいけないのか・・・。しっかり学んでおくことで、ママとパパの意見がすれ違い、お互いに嫌な想いをしてしまうということを避けられます。夜の夫婦生活で気をつけなければいけない点をお話したいと思います。

夜の夫婦生活はあってもいいの?

初めてパパになる方は「もしかして・・・1年くらいは夜のスキンシップは無し?」と考える方も多いようです。心配しないでください。夜の夫婦生活はママが妊娠していても可能です。ですが、妊娠中のスキンシップはいつも以上にママを思いやる気持ちがとても大切になってきます。つわりがツライ時期や、ママがお腹の張りで悩んでいる時は夜のスキンシップは出来ません。

考えてみてください。パパが1歩も動けないほどツライ二日酔いになってしまった時に夜のスキンシップに誘われたら・・・。頭がガンガンと痛く割れそう、今にも吐きそう・・・という時に、スキンシップに誘われても全くそんな気持ちにならないと思いませんか?つわりというのは、ひどい二日酔いが何ヶ月も続いているような状況です。吐き気や頭痛、めまいなど、人によって様々な症状があります。そんな状態で夜の生活を強要するのは、ママにとっては苦痛でしかありません。「あなたさえ良ければいいの?」と言われてしまわない為にも、ママの事をいたわる気持ちを持ちましょう。

妊娠中のスキンシップで気をつけなければいけない事

ママの体調がいい時はスキンシップを行っても構いません。ですが、以下の事だけは注意しましょう。

お風呂に入って綺麗な状態で行う
妊娠中は、感染症に感染するとママだけでなく胎児にまで影響が及ぶため、綺麗な体でスキンシップを行う必要があります。
乳首を刺激しすぎない
お腹が張ってしまい早産に繋がってしまう恐れがあるため
ママの身体が冷えないよう短い時間で終わる
体が冷えるとお腹が張るので早産に繋がってしまう恐れがある為
避妊具は必ず使う
避妊具を使用することで雑菌の進入を防ぎ、感染症を予防する
お腹が張ったらスキンシップを中止する
お腹が張ると早産に繋がってしまう恐れがあるため
体位に気をつける
子宮口を直接刺激するような体位は避けなければいけません。また、お腹も大きくなってくるため時期によって、好ましい体位が変わってきます。妊娠時期によって、ダメな体位などもありますので、しっかりと確認しておくことが大切です。体位については「妊娠中の正しいセックスを学びましょう!」記事でご紹介していますので、合わせてお読みください。
ソフトなスキンシップを心がける
ママ達はお腹や身体を長時間冷やしてしまうと、お腹が張るなどの症状が出てきます。お腹の張りは、切迫早産を引き起こす原因となりますので、いつもよりも短い時間で終わるように心がけましょう。

また、ママ達の身体は妊娠前とは違います。サービス精神旺盛な男性は、ママ達を喜ばせようと張り切ってしまい、ついつい一つ一つの動作が激しくなってしまいがいちです。妊娠中は膣が充血している状態で、とても傷つきやすい時期です。ソフトに触れるようにしましょう。

※器具を用いたりするのは、膣を傷つけるだけでなく早産を引き起こす可能性がありますので妊娠中はやめましょう。

胸の刺激も子宮を収縮させてしまう事が分かっており、早産を招く危険性があります。あまり胸を刺激しないようにしましょう。特に妊娠後期に入る頃は要注意です。

ママによって違いが出てくる時期

妊娠したママのタイプは、大きく2つに分けられます。「妊娠したら性欲が全くなくなってしまった」というママと、「今までは興味が無かったのに妊娠して性欲が強くなった」というママ。どちらのタイプになるのかは、妊娠して つわりが明けてみない事には分かりません。性欲が無くなったというママに関しては「性的意欲障害」という病名が付く、正真正銘の病気の一つです。妊娠中の「性的意欲障害」は、ホルモンバランスの崩れなどが大きな原因となってきますので、出産後は自然に回復する方も多いです。

性欲がなくなってしまったというママは、夜のスキンシップが始まっても気持ちがのらず、潤いが足りない事が多いです。潤いが足りないまま、スキンシップを続行してしまうと、膣壁が傷ついてしまったり、ママとしては痛いだけなので、妊娠中のスキンシップがツライだけのものになってしまいます。スキンシップの痛みが「性的意欲障害」を悪化させてしまうという事が分かっていますので、ママが性欲が無くなってしまった場合は、ママの事を考えてジェルを準備しておきましょう。もちろん、妊娠中にも安心して使える潤滑ジェルを選択しましょうね。

夜の夫婦生活を控えた方がいい時期とは?

妊娠3ヶ月目までは、デリケートな時期です。ママのつわりの時期でもありますが、流産などの危険性が高い時期です。妊娠3ヶ月目以降で、ママのつわりが治まる時期から始めましょう。また、33週以降は早産の原因になる可能性がありませすので、控えるようにしましょう。

※ママに流産や早産の危険がある場合や、絶対安静を言い渡されている場合は何週目であろうと夜のスキンシップを控えるようにしましょう。

「妊娠しないから避妊しなくていい!」は大間違い!

すでに、ママが妊娠している状態なので、もちろん妊娠に関する心配などはありません。男性としては「避妊具を使わなくてもいいんだ!」と少し嬉しくなってしまうのではないでしょうか。ですが、それは大間違いです。妊娠中“だからこそ”避妊具が大切になってきます。それには2つの理由があります。

まず1つ目が「赤ちゃんを感染症から守るため」。精液には様々な細菌(雑菌)がいます。避妊具を使わずにスキンシップを行うことで、子宮内に雑菌が混入してしまいます。そのことが原因で、卵膜が感染症を引き起こしてしまい、トラブルに繋がる可能性があります。絨毛膜羊膜炎などの感染症になる可能性がありますので気をつけましょう。

※絨毛膜羊膜炎に感染すると、赤ちゃんが極低出生体重児で生まれてしまったり、脳性麻痺や呼吸困難、肺炎などになる可能性があります。

2つ目は「精液は子宮を収縮させてしまうため」。精液の中には多くの「プロスタグランディン」という子宮を収縮させる作用がある成分が含まれています。早産や破水を引き起こしてしまう可能性がありますので気をつけましょう。

赤ちゃんとママの体を守るために、絶対に避妊具は着用するようにしましょう。

時には中止する事も大切

夜のスキンシップ中に、ママのお腹が張ってしまう事があります。ママがお腹の張りを訴えているのにも関わらず、「途中中断がきかない」と、パパの意思で続行してしまうと、様々な問題に繋がる可能性があります。上でもお話しましたが、お腹の張りは切迫早産を引き起こす原因になります。パパとしてはツライ状況になりますが、ママがお腹の張りを訴えたら、絶対に中止するようにしましょう。

妊娠中・育児に役立つコラム

  • 妊娠中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム
  • 育児中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム
  • パパになったらパパスタ!Papa Study
  • 母乳育児コラム
  • イヤイヤ期コラム
  • ベビーサインコラム
  • マタニティ整体と産後整体コラム
  • 産後のエクササイズコラム
  • ベビーマッサージコラム
  • 絵本の読み聞かせコラム
  • 小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防コラム
  • 子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方コラム
  • 臨床心理士
  • ~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム
  • 楽な抱っこやおんぶの仕方コラム
  • 言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング
  • 子どもごはん専門家

妊娠中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム

マタスタ
全てのマタスタを読む

育児中に役立つ赤ちゃんの部屋コラム

ママスタ
全てのママスタを読む


注目ページ!

新着記事

世界の子育て事情や体験談、話題の動画を配信赤ちゃんの部屋エンターテイメント 赤ちゃんの部屋エンタメ(エンターテイメント)のすべての記事 妊娠したらマタスタ マタスタのすべての記事
出産したらママスタ ママスタのすべての記事 パパになったらパパスタ パパスタのすべての記事
妊娠・出産・育児コラム
赤ちゃんの部屋コラム

赤ちゃんの部屋コラム

妊娠、出産、育児にはいろいろな悩みや疑問、発見や不思議、喜びや驚きなど今まで知る事のなかった世界があります。目からウロコが出るような妊娠・出産・育児に関するコラムをお届けしていきます♪

赤ちゃんの部屋コラム
母乳育児コラム

母乳育児コラム

あき助産師と助産院ばぶばぶ院長の小林ひさこ先生による母乳育児コラム。母乳育児を始める頃から卒乳までに役立つ様々な情報満載で、母乳育児の疑問や悩みを解決してくれます。

母乳育児コラム
イヤイヤ期コラム

イヤイヤ期コラム

NLP心理学を学び、一時保育所で働きながら100人以上のイヤイヤ期の子供の行動パターンや心理状態を日々観察することで、イヤイヤ期の対応法を体系化したイヤイヤ期専門家の西村先生によるコラム。

イヤイヤ期コラム
ベビーサインコラム

ベビーサインコラム

一般社団法人日本ベビーサイン協会代表理事の吉中みちる先生によるベビーサインコラム。手や指を使ったベビーサインのコミュニケーション手段を覚えて赤ちゃんとコミュニケーションをとりましょう!

ベビーサインコラム
マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体について助産師・看護師・ママズケア認定ベビーマッサージ講師・アラウンドバースセラピスト・受胎調節実施指導など様々な分野で活躍する佐藤先生が詳しく解説するコラム。

マタニティ整体と産後の整体コラム
産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズ

産後のエクササイズコラム

Beauty Space代表、日本マタニティフィットネス協会ママフィット認定インストラクターの荻野則子先生による産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズを動画でわかり易く解説。

産後のエクササイズコラム
ベルタ葉酸サプリ ベルタ妊娠線 ベルタ酵素
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

ははこぐさ治療室院長の奥山麻理先生と助産師・保健師・看護師の石坂晶先生によるコラム。お2人が紹介するベビーマッサージはママズケアのメソッドで、1日1回30秒から始められるベビーマッサージ。

ベビーマッサージコラム
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

RTA指定スクールでぃんぷる代表の関本涼子先生とRTA指定スクールPoco a Poco代表の吉野陽子先生によるコラム。生まれたての赤ちゃんと最初の意思疎通、それは肌と肌を通じて行うタッチケア。

ベビーマッサージコラム
絵本の読み聞かせコラム

絵本の読み聞かせコラム

愛着形成に大変効果的とされる絵本。絵本の選び方や絵本の読み聞かせの効果、読み聞かせ方のコツやオススメの絵本などを絵本の読み聞かせ専門家の平松祐美子先生が紹介。

絵本の読み聞かせコラム
小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

「ムシ歯ゼロで元気なお口」を育むために、マタニティや0歳の赤ちゃんの頃からできることを、小児歯科の専門家としてお伝えするコラム。

虫歯予防コラム
子どもとのコミュニケーションや発達障がい

子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方

コミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方について臨床発達心理士の斑目雅美先生が子育て実践例を交えて解説。

臨床発達心理士コラム
お腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム

お腹の中の赤ちゃんと絆作り

臨床心理士の飯島ゆみこ先生によるお腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム。おなかの赤ちゃんとママとの絆を深め、子育ても楽しめるようになるヒントを臨床心理士の視点からお伝えしていきます。

臨床心理士コラム
~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大による身近で大切な人との幸せな関係を築く情報コラム。大切な人と幸せな関係を築ける『考え方』と『心の習慣』を『言葉』にして贈らせて頂きます。

幸せのレシピコラム
抱っこの専門家が伝える楽な抱っことおんぶのお話

楽な抱っこやおんぶの仕方

抱っこの専門家が楽な抱っこやおんぶの仕方から腱鞘炎・腰痛などの問題まで詳しく解説!乳幼児期の抱っことおんぶを、より快適に、気持ちよく、自由に楽しめるポイントを学びましょう。

楽な抱っこやおんぶの仕方
言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

「周りの子に比べてことばが少し遅い」「コミュニケーションがうまくいかない」そんな悩みを解決するコミュニケーションや発音を育てるトレーニングコラムです。

言語聴覚士コラム
子どもごはん

偏食・食べないを乗り切るご飯作り

偏食の子も食べない子も悩まないごはん作りを子どもごはんの専門家、美紀ピア先生が教えます。子どもごはんをサポートする食セッションで食の大切さを学びましょう。

子どもごはんコラム