赤ちゃんのアレルギーとアトピーについて

スポンサーリンク

人の体には外部から侵入した異物を排除しようと「免疫」と呼ばれる機能が備わっています。免疫の働きとしては、体内の異物と闘う「抗体」を作り出し 、もう一度同じ異物が侵入してきたときにそれを体外に追い出す働きをします。
免疫は、ウイルスや細菌から身を守る為に必要不可欠ですが、無害な物質に免疫が働く事もあります。このように体の免疫システムが不利に働き、過剰反応を起こしてしまうことを「アレルギー」と言います。

アレルギーの原因としては、生活環境・抗原(アレルゲン)に過剰に反応・遺伝などが考えられます。体に現れる症状は、人によってさまざまです。アレルギーの代表的な疾患としては、食物アレルギー、小児喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎(花粉症)、アレルギー性結膜炎、アレルギー性結膜炎、アレルギー性胃腸炎、気管支喘息、薬物アレルギー、蕁麻疹があげられます。
赤ちゃんに多いのは植物アレルギー、アトピー性皮膚炎、小児喘息(ゼーゼーしやすい)などです。

赤ちゃんのアレルギーには、食物を消化する機能や、有害なものから体を守る皮膚のバリア機能が未熟なことが関係しています。そのため、成長につれて機能が発達すると、症状がやわらぐこともよくあります。
乳幼児期のアレルギーは、食べ物が関連していることが多いのですが、他にも家の中のダニのフンや死骸、浴室や洗面所のカビなどもアレルギーの重要な要因です。また、近年では「ペットアレルギー」も増加の傾向にあり、代表格は猫の皮膚腺や唾液のタンパク質が原因です。

アレルギー反応が起こる仕組み

赤ちゃんとlge抗体

  1. 体内に抗原・アレルゲンが入ってきます。アレルゲンと闘う「lgE抗体」が多く作られます。しかし、アレルゲンが食物の場合、本来は無害な為闘えません。
  2. 闘う相手が見つからないlgE抗体は、皮膚、鼻の粘膜、気道などにある「肥満細胞(マンスト細胞)」にくっ付きます。
  3. 新たに入ってきたアレルゲンが肥満細胞にくっ付いたlgE抗体にひっかかり、アレルギー反応を起こします。
  4. 脂肪細胞から、ヒスタミンなどの化学物質が細胞の外に放射され、皮膚や気道、粘膜を攻撃し、かゆみを起こしたり、炎症など体に不快な症状が現れるのです。
食物アレルギーの検査方法とアトピー性皮膚炎
アレルギーになりやすい食材とアレルギーの赤ちゃんの離乳食
ダニによる乳幼児のアトピー性皮膚炎について
アトピー性皮膚炎の特徴と原因と皮膚のトラブルについて
アトピー性皮膚炎の薬について
アトピーの赤ちゃんのスキンケア

アトピーの子にオススメ!離乳食レシピ本

「アトピッ子のお料理ブック」

アレルギーを持っているお子さんがいる方にオススメの本です!卵・牛乳・大豆・小麦を一切使用しない栄養たっぷりの料理を紹介しています。


アレルギーの 記事一覧

アレルギーになりやすい食材とアレルギーの赤ちゃんの離乳食の進め方

食物アレルギーの3大アレルゲン ■卵 最もアレルギーを起こしやすい食品で特に、「卵白」に含まれている...

続きを読む

アトピー性皮膚炎に使用する薬の種類と効果

アトピー性皮膚炎の治療 アトピー性皮膚炎の治療には、「原因や、皮膚症状を悪化させる要因を発見し、対策...

続きを読む

アトピー性皮膚炎の特徴・原因・皮膚のトラブル

アトピー性皮膚炎の特徴 乳幼児のアトピー性皮膚炎とは、痒みのある赤い湿疹でジクジクした感じのものが2...

続きを読む

ダニによる乳児のアトピー性皮膚炎について

チリダニアレルギー対策 乳幼児期のアトピー性皮膚炎には、チリダニの影響が強くなります。ダニというと人...

続きを読む

食物アレルギーの検査方法とアトピー性皮膚炎との関係

食物アレルギーとは? 赤ちゃんの気になる病気に「食品アレルギー」があります。赤ちゃんの10人に1人は...

続きを読む

妊娠・妊活中なら酵母葉酸100%の「ベルタ葉酸サプリ」あ

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?