【イヤイヤ期】どんなもの?ひどい時期はいつまで続くの?

スポンサーリンク

寝ているだけで「いい子だね」と言われる0歳児、たどたどしい仕草が愛らしく何をやっても許されてしまう1歳児。
このころは「赤ちゃんって本当に可愛いな」と実感することでしょう。

けれど子どもの成長は早いものです。
多くの子どもは2歳を迎えるころに、“イヤイヤ期”と呼ばれる時期に突入します。

イヤイヤ期とはどんなものか、いつまで続くものなのかを、対応法とともにご紹介します。

イヤイヤ期は成長の証し

子育てをするうえで避けては通れないのがイヤイヤ期です。
「魔の2歳児」という言葉を聞いたこともあるでしょう。
個人差はありますが、たいていの子どもが2歳前後にイヤイヤ期に突入すると言われています。

イヤイヤ期は、子どもが成長するうえで欠かせないステップのひとつ。
「イヤイヤ期なんてなければいいのに」と思っているママもいるかもしれませんが、これは心も体も順調に成長している証しなのです。

イヤイヤ期とはなんなのか

子どもはいつまでたっても受け身なままの赤ちゃんではありません。
やがては自我が芽生え、自己主張を始めます。
イヤイヤ期は、自立への第一歩である「第一次反抗期」なのです。

なんでもかんでも、やることなすことイヤだイヤだと反抗することからイヤイヤ期と名づけられました。
癇癪(かんしゃく)をおこし、床に寝転がりながら泣いたり、公共の場で大声で泣いたりとママを困らせる場面が多くなります。

何がイヤなの?

「お着替えしよう」「靴をはこう」「手をつなごう」とママがいろいろと言うたびに「イヤイヤ」と言われたらげんなりしてしまいます。
「何がイヤなの!?」とつい声を荒げてしまうママもいることでしょう。

子供にとってすべてがイヤなのではありません。
ほかに自分がやりたいことがあるのかもしれません。
そのことを必死にママに伝えたいだけかもしれません。

しかし、言葉で伝えたいことがまだ上手く言えないので「イヤイヤ」という言葉になってしまっているのです。

「伝えたいのに伝わらない」といったうまくコミュニケーションできないストレスを、子どもながらにもどかしく感じているのです。
その結果が癇癪をおこし大声で泣き、じだんだを踏むといった行動になるわけです。

そのほかの理由と赤ちゃん返り

上記であげた以外にもイヤイヤの理由はあります。
パパやママの関心をひきたい場合、体調や機嫌が悪い場合、パパママの反応見たくてしている場合などがそれです。

また、ママが妊娠をしていたり、下の子が産まれることで起こる“赤ちゃん返り”とイヤイヤ期が重なることもあります。
上の子どもはいきなり現れた見知らぬ赤ちゃんにママを取られ、さみしい気持ちでいっぱいです。
赤ちゃん返りを起こしている子は、今までできていたことができなくなったり、抱っこ抱っことせがんできたり、わざとママを困らせたりします。

赤ちゃん返りにも個人差があります。
ママは産まれた赤ちゃんのお世話に手一杯かもしれませんが、上の子どものケアもしてあげてください。
ぎゅうっと抱きしめたり、話を聞いてあげるだけでいいのです。
少したてば、子ども自ら進んで赤ちゃんのお世話をしてくれるようになります。

イヤイヤ期はいつまで続くのか?

成長の証しと言われても、毎日毎日イヤイヤに付き合っていたら精神的ストレスで参ってしまうことでしょう。
いつまで続くの?もう嫌だ!と育児に疲れてしまうのはごく自然なことです。

イヤイヤ期は個人差はありますが、早いと1歳半過ぎたあたりから始まり、遅くても3~4歳頃には治まります。
先輩ママによると、イヤイヤ期がほとんどなかったという子もいれば、6歳まで続いたという声もあり、本当にさまざまです。

プチイヤイヤ期がある

本格的なイヤイヤ期の前に、実は“プチイヤイヤ期”というものがあります。

生後半年ころになると赤ちゃんは寝返りをしたり、欲しいおもちゃを取りたがります。
そして上手くいかないと泣きます。
離乳食の味が気に入らなければペッと吐き出します。

これは赤ちゃんに自我が芽生えた証拠。
不安な気持ちや不快感をママに伝えるための行動です。
しかし、可愛いだけでまだまだすべてが許されるこの頃の行動は、イヤイヤ期と感じていないママも多いでしょう。

いつかは終わるイヤイヤ期

永遠に続くかと思えるイヤイヤ期もいつしか終わりを迎えます。
「魔の2歳児」「悪魔の3歳児」「天使の4歳児」という言葉があるように、成長の過程で、子どもは徐々に落ち着いていきます。

いろいろなことを学習していき、やりたいことや欲しいものがあればそれを言葉にして伝えるようになります。
1年前はひどい癇癪を起して、ほとほと参っていたのに…と成長ぶりに驚くママも多いはずです。

子どもは日々成長しています。
今まさにイヤイヤ期のピークにいるママも、あともう少しの辛抱ですよ。

イヤイヤ期の対処法

毎日繰り返すイヤイヤに、ママのイライラもMAXに。
ついコントロールがきかずに怒鳴ってしまい、やり過ぎたと反省し、また怒鳴る…そんな負のループに陥っていませんか?

ここからは、イヤイヤ期を上手に乗り切るおすすめの対処法をご紹介します。

心の余裕を持つ

イヤイヤでストレスが溜まり、どうしようもなくなる時は、まずはママ自身が一息つきましょう。

ひとりで部屋にこもったり、コーヒーを飲んだり、甘いものを食べたりしてください。
パパに協力してもらい、子どもを連れ出してもらうのもいいでしょう。
気持ちが落ち着けば、また子どもと向き合えるはずです。

子どもに共感し、選択肢を投げかける

子どもは好奇心が旺盛で、親から見れば危険なことでも手を出さずにはいられません。
危ないことはもちろんすぐに止めてあげましょう。

結果的にイヤイヤと泣いてしまっても、「うんうん、そうなんだ。これがしたかったのね」と共感してあげることが大切です。
「でもこれは危険なことなんだよ。じゃあ違うことしようか。〇〇と××のどっちにする?」と選択肢を投げかけて、子供自身に選ばせてあげてください。

そうすると子どもは「これがいい」と自分の意思を示します。
自分で選んだやりたいことができるわけですから、きっとご機嫌になるでしょう。

治まるまで待つ

ひどい癇癪をおこし、もう何を言ってもダメなときはしばらく放っておきましょう。
その間にママもひと息ついてください。
それくらいの心の余裕を持つことも大切です。

子どもはひと通り泣き終わると、意外にケロッとするものですよ。

頭ごなしに叱らない

つい感情的になり、「いい加減にして!」と怒鳴りたくなることもあるでしょう。
しかし、怒ったところで子どもは混乱しさらに泣くだけです。
「いい加減」とはどんなことか、2歳の幼児にはまだ理解ができません。

また「そんなに泣くなら、おやつなしだよ!」「わからないなら、どこにも行かないよ!」などの脅迫要素を含む𠮟り方は、子どもに恐怖心を植えつけるだけ。
良い叱り方とは言えません。

イヤイヤ期?それとも発達障害?

イヤイヤ期の期間やどあいには個人差があります。
少し諭せば話を聞いてくれる子どもから、ひどい癇癪で手がつけられない子どもまで、実にさまざま。
あまりにひどい癇癪だと、わが子の発達障害を疑いたくなるママもいるかもしれません。

うちの子、発達障害かも?

いったん発達障害という文字が頭をよぎると、心配でたまりません。
「周りの子どもたちはこんなにひどくない」「うちの子どもだけなんでこんなに癇癪をおこすの?」と悩み、ついつい他の子どもと比較してしまいます。

しかし、2歳の子どもが発達障害なのか否か、判断することは専門家でも難しいことです。
医師に相談したり、検診にいってもグレーゾーンや要観察と診断されてしまいます。

癇癪がひどい、というのは発達障害を疑うひとつの要素ですが、それだけで決まってしまうわけではありません。
結果、子どもの性格の問題だったということも多々あります。

発達障害が疑われる場合はどうすればいいのか

いつも一緒にいるママが、子どもの様子をよく観察することからはじめてください。
家での様子、外での様子、気になったことを書き留めておくといいでしょう。

イヤイヤ期と発達障害は似ていますが、子どもの年齢が上がり成長していくにつれて少しづつ変化があります。
医師や専門家が発達障害の診断をくだせるのは、子どもが5歳ころになってからです。
それまでの期間は、お父さんお母さんで温かく見守ってあげてくださいね。

今しかないイヤイヤ期を楽しんで乗り切ろう!

イヤイヤ期の意味や対応方法などについてお話してきましたが、いかがでしたか?

イヤイヤ期は厄介にみえますが、大人への第一歩。
子どもの成長に欠かせない、とても大切なものなのです。

そう遠くない未来、「あの時は大変だった」と親子で笑い話ができる日がくるでしょう。
ちょっとしたコツをつかんで、うまく乗り切ってくださいね!

イヤイヤ期の 記事一覧

【イヤイヤ期の対処法】お風呂は?ごはんは?しつけのコツを公開

「イヤイヤ期」…このネーミングは、子ども本人の状態を実にうまく説明しています。 イヤイヤ期を迎える子...

続きを読む

子どもの個性を伸ばすために守らなければならない五箇条(5)

前回の記事では、子どもに遊びを与える上で、守ると良い五箇条の4つ目をお話しました。 様々なタイプのイ...

続きを読む

子どもの個性を伸ばすために守らなければならない五箇条(4)

前回の記事では、子どもに遊びを与える上で、守ると良い五箇条の3つ目をお話しました。 子どもは好奇心の...

続きを読む

自由奔放タイプが最も伸びる褒め言葉

こんにちは。イヤイヤ期コンサルタントの西村です。 前回の記事では、「甘えんぼタイプの褒め方」について...

続きを読む

イヤイヤ期の子どもが伸びる!効果的な褒め方

こんにちは。イヤイヤ期コンサルタントの西村です。 前回の記事では、「マイワールドタイプ」の子どもの叱...

続きを読む

褒める意味はなんですか?

こんにちは。イヤイヤ期コンサルタントの西村です。 前回の記事では、叱り方に続いて悩みが多い、「褒め方...

続きを読む

最高の褒め言葉を使うための「こころがまえ」

こんにちは。イヤイヤ期コンサルタントの西村です。 前回の記事では、「なんのために褒めるのか?」という...

続きを読む

「ありがとう」の力

こんにちは。イヤイヤ期コンサルタントの西村です。 前回の記事では、「最高の褒め言葉を使うためのこころ...

続きを読む

「甘えんぼ」タイプの子どもの褒め方

こんにちは。イヤイヤ期コンサルタントの西村です。 前回の記事では、「ありがとうの力」についてお話しま...

続きを読む

「自己中タイプ」の子どもと、「バランス良子タイプ」のママの相性

こんにちは。イヤイヤ期コンサルタントの西村です。 前回の記事では、子どもとの相性として、「自己中タイ...

続きを読む

1 2 12
注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!